461個のおべんとうのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヨ行
 > 461個のおべんとう
 > (レビュー・クチコミ)

461個のおべんとう

[ヨンヒャクロクジュウイッコノオベントウ]
2020年【日】 上映時間:119分
平均点:6.60 / 10(Review 5人) (点数分布表示)
公開開始日(2020-11-06)
ドラマ青春もの実話もの小説の映画化グルメもの
新規登録(2020-11-01)【3737】さん
タイトル情報更新(2021-11-11)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
キャスト井ノ原快彦(男優)鈴本一樹
森七菜(女優)仁科ひろみ
工藤遥(女優)柏木礼奈
野間口徹(男優)徳永保
坂井真紀(女優)遠藤咲江
倍賞千恵子(女優)鈴本奈津子
阿部純子(女優)矢島真香
音楽津島玄一(音楽プロデューサー)
主題歌井ノ原快彦「Lookin'4」
製作ハピネット・ピクチャーズ(「461個のおべんとう」製作委員会)
東映(「461個のおべんとう」製作委員会)
テレビ東京(「461個のおべんとう」製作委員会)
ジェイ・ストーム(「461個のおべんとう」製作委員会)
博報堂DYミュージック&ピクチャーズ(「461個のおべんとう」製作委員会)
配給東映
美術福澤勝広
編集川瀬功
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.《ネタバレ》 両親は息子のことが大好きで、映画でよくみるような虐待やひどい叱責があるわけでもない。いたって大事に息子のことを育てているし、息子は息子でけっこう素直。人並みに親へのわだかまりや自分自身と環境への不満などはあるみたいだけど、基本的に勤勉で真面目な性格。自分で自分のことを責任持ってなんとかしようとする、きちんとした子供だと感じました。作中で語られるように、たしかに「これは毎日のお弁当の話で、それ以上でもそれ以下でもない」のかもしれません。

ただ、前半少し残酷だなと思ったのは、両親の離婚やその後の息子の人生について、父母両方ともに「あなたが決めていいのよ」「お前のやりたいことをすればいい」と選択の責任をすべて息子に振るのはちょっときついなと思ってしまった。そこはもう家庭の教育方針になると思うのですが。彼は高校に行き、まともな友人に囲まれ結果幸せな高校生活を送れたと思うのですが、仮に息子がグレて普段あまり人のいない自宅が変な友人のたまり場のようになってたらどうしたんでしょうね。そういう意味で『望み』という堤真一さん主演の、子供が不良グループに巻き込まれて死んでしまう、という映画を思い出しました。ぜんぜん描かれ方の違う映画ですが、場合によってはそういう可能性もあるんだろうなと思ってしまった。

はじめに書いたように、井ノ原さん演じる父親もまた母親も子供のことが大好きで、そこに愛情をかけることには余念がありません。ですが、変化し成長するのは息子ばかりで、父親はお弁当を作るようになったということ以外は特に変わらず。母親も高校3年間でほとんど出番なく。まあ「お弁当以上の話はない」と先にことわられてますけど。色々見せておいてあまり回収されないストーリーだったので、空中で放置されたような変な感覚のまま残されてしまったのがちょっと・・という感じで終わってしまったのがなんだか残念です。
TANTOさん [インターネット(邦画)] 6点(2021-11-26 20:58:57)★《新規》★
4.父親がお弁当を作ると映画になるのか・・・
どうでも良いけど,ライブハウスで演奏する程度で生活が成り立つとは思えないですけどね.
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 5点(2021-11-14 18:41:36)
3.《ネタバレ》 あのう、、ここは井ノ原さんの (隠れ) ファンサイトでしょうか?(笑) 確かに、これは完全に「井ノ原さん」の映画ですねぇ。イケメンで、歌えて、料理ができる。そして、頑張りすぎず、(ってがんばってるけど) あくまで自然体でちょっとユルい感じがまたいいんだ、これが。 しかし、時代も変わったな、という感想を持ったのも事実で。うちの父さんたら、怒ったらすぐに「ちゃぶ台」ひっくり返すような、そんな「昭和」の親父だったから、働きながら僕のために高校3年間461個のおべんとうを作る、なんてとても想像できません。おまけに、石原裕次郎さんみたいな服装してたし。(それは関係ない) とにかく、昔の邦画では絶対ありえないストーリーだし、理想の父親像の変化、を改めて感じた映画でございました。 ・・って、私自身が父親になったことがないので、いい歳して息子目線のコメントになってもうた・・(泣) もちろん、色とりどりの「お弁当」を眺めるだけでも楽しくて、とてもよい映画であったと思いますが、エンディングの親子そろったハーモニーは苦手でした。だって、あれのせいで本当にファン向けのプロモーションビデオのようになってしまいましたから。
タケノコさん [インターネット(邦画)] 7点(2021-08-25 00:01:27)
2.《ネタバレ》 井ノ原クン
いい歳の取り方してんな〜
やわらかい顔してんな〜
とてもフランクな父親役でしたが、まるで違和感がなかったな〜
いい役者になってらっしゃったんだな〜
結構、惚れ惚れしながら見ててしまいましたよ 
顔良し、表情良し、台詞良し。
ヘアスタイリングだってよろし、帽子良し、黒縁眼鏡がまた更に良し。
そして、声良し、歌良し、ライブシーンがまた更に良し。

人物評のみとなってしまいましたが、
父親評として、
この場合の息子側の思いは抜きにして、
彼は素敵な父親演じてんじゃないかと思えます。
というか、演じてる風には思えないです。
現ジャニーズ所属の彼が既婚者なのか家族持ちなのか知りませんが、
彼はホントにあんな感じの爽やかで良い感じの父ちゃんになれるイイ男なんじゃなかろうかとさえ思えます。でも自分がなんで彼のことをこんなに誉めちぎってしまっているのか、それが不思議です。
3737さん [DVD(邦画)] 8点(2021-07-25 11:45:55)(良:1票)
1.《ネタバレ》 基本的な部分は極めてベタな話ではあるのですが、個人的には全然嫌いじゃないヤツです。ラストなんか、私も高校時代を思い出して「ああ、お袋の弁当旨かったなあ…」と少しホロリとしてしまいました。メインの部分は親子の映画、あるいは青春映画だと言えますが、同時に料理映画や音楽映画としての要素を多分に含んでおり、全体としての彩りの良さも観ていて中々快適です。ただし、親父の能天気なキャラそのまんまというか、とにかく為る様に為るさ!な非常に緩ーい話なので、あんまりアレコレ考えこまずに気楽に観るべき作品、だとは言えます。461個のおべんとうって結局何だったの?と訊かれたとしても、それはホラ、まあ、愛だよ、と言っちゃえばそれで本当に充分、という感じですかね。

いちおう、少しだけ気になった点を(備忘として)残しておくなら、親父の話が(思いのほか)わりかし整理されて終わるのに対し、息子の成長という部分のゴールは案外けっこう適当です(友達と喧嘩→仲直り、というひとつのベッタベタなシークエンスでまるっと誤魔化しちゃってる様にも見える、というか)。もうひとつ、前述の親父の能天気さ(からの全体の楽しい雰囲気)が演出の最大の勘所なのは重々承知なのですが、個人的にはいくらなんでもちょっと能天気すぎないかと。もうちょっと子育てについて思い悩むシーンがあったり、ある分野で成功している人ならなおさら仕事に対しては実は真剣に取り組む場面があったりした方が、キャラに深みが出た様にも思います。もう一点、3年間毎日お弁当つくりました!とはいっても、コレをやってるお母さんというのは世間にいくらでも居るハズです。ソレをお父さんがやると映画になっちゃう、とゆーのは、そもそも果たしてどうなのかと。

とは言え、重ねて本作、私は結構好きです。イノッチはこれ以上無いホドのハマリ役でした。
Yuki2Invyさん [映画館(邦画)] 7点(2020-11-14 18:41:28)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 6.60点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5120.00%
6120.00%
7240.00%
8120.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS