Mank マンクのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > マ行
 > Mank マンク
 > (レビュー・クチコミ)

Mank マンク

[マンク]
Mank
2020年【米】 上映時間:132分
平均点:8.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
公開開始日(2020-11-22)
ドラマモノクロ映画伝記もの配信もの
新規登録(2020-11-08)【Cinecdocke】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督デヴィッド・フィンチャー
キャストゲイリー・オールドマン(男優)ハーマン・J・マンキーウィッツ
アマンダ・セイフライド(女優)マリオン・デイヴィス
チャールズ・ダンス(男優)ウィリアム・ランドルフ・ハースト
リリー・コリンズ(女優)リタ・アレクサンダー
アーリス・ハワード(男優)ルイス・B・メイヤー
トム・バーク〔1981年生・男優〕(男優)オーソン・ウェルズ
ジョセフ・クロス(男優)チャールズ・レデラー
音楽トレント・レズナー
製作デヴィッド・フィンチャー
エリック・ロス
配給ネットフリックス
美術ドナルド・グレアム・バート
編集カーク・バクスター
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》 過去最高のアメリカ映画No. 1に君臨し続ける『市民ケーン』。ハーマン・マンキーウィッツ(マンク)はいかにしてその脚本を書き上げたのか、映画のモデルとなったウィリアム・ハーストとの関係を振り返る回想シーンと並行して描かれる。自分にとって『市民ケーン』は、あまりに有名な作品のため一度は鑑賞したが、ほとんど印象には残っていない。『市民ケーン』がアメリカ映画史においてどういう位置づけにあるかくらいは知っておかないと完全に置いてけぼりになるが、その程度の知識であっても、フィンチャーの巧みな語り口でとても楽しめる。マンクを演じたゲイリー・オールドマンは、全編出ずっぱり。才能があり、信念を貫くも、ユーモアとだらしなさの融合した憎めない役がはまっている。特殊メイクで誰だかわからないチャーチルより、マンクの方がオスカーに相応しい。
カワウソの聞耳さん [映画館(字幕)] 8点(2020-12-02 21:38:15)★《新規》★
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 8.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
81100.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS