映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争 2021のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > エ行
 > 映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争 2021
 > (レビュー・クチコミ)

映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争 2021

[エイガドラエモンノビタノリトルスターウォーズニイマルマルイチ]
2021年【日】 上映時間:108分
平均点:5.80 / 10(Review 5人) (点数分布表示)
公開開始日(2022-03-04)
公開終了日(2022-08-12)
SFコメディアドベンチャーファンタジー戦争ものアニメシリーズものファミリーリメイクTVの映画化漫画の映画化
新規登録(2020-12-17)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2023-01-15)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督山口晋
水田わさびドラえもん
大原めぐみのび太
かかずゆみしずか
木村昴ジャイアン
関智一スネ夫
香川照之ギルモア
松岡茉優ピイナ
諏訪部順一ドラコルル
朴璐美パピ
梶裕貴ロコロコ
玄田哲章ゲンブ
三石琴乃ママ
折笠愛しずかのママ
柳沢栄治PCIA隊員
鳥海勝美オペレーター
瀧本富士子地下メンバー
萩野志保子出木杉
原作藤子・F・不二雄
脚本佐藤大[脚本]
音楽服部隆之
作詞松井五郎「ココロありがとう」
編曲Official髭男dism「Universe」
主題歌Official髭男dism「Universe」
撮影熊谷正弘(監修)
製作藤子プロ
小学館
テレビ朝日
シンエイ動画
小学館集英社プロダクション
アサツー ディ・ケイ
企画藤子プロ
プロデューサー藤子プロ(監修)
配給東宝
作画丸山宏一(キャラクターデザイン)
石垣純哉(メカデザイン)
山口晋(絵コンテ)
美術白組(ミニチュア制作)
編集小島俊彦
録音田中章喜(録音監督)
北田雅也(音響効果)
その他堂山卓見(おまけ映像)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.《ネタバレ》 なんだか駄作にリメイクされてる。スネ夫の葛藤が秒で終わり、力を手にしたと解った瞬間イキって強者ヅラしてドン引きしました。石ころ帽子の存在が謎で敵に触ってるけど、敵がスルーしてる謎仕様。観てて違和感あるって。挿入歌がビリーバンバン、エンディングにOfficial髭男dismって狙いがわかんねぇよ。
真尋さん [インターネット(邦画)] 3点(2022-09-12 01:46:02)
4.《ネタバレ》 なんか全然盛り上がらずに終わってしまった感じ。一応は大統領のあの演説が山なんだろうけど、そんなに感動しないし「もっとドラえもんたちに頼ったらいいのに」という疑問がずっと続くのも減点。あとどうしてビッグライト使わないの? あったよね?? さらに「夏期講習だから」って理由で消える出来杉が不憫でならない。いいかげんに冒険に行かせてやれよ! 
空耳さん [インターネット(邦画)] 4点(2022-08-18 01:52:38)
3.今の時期に、戦車が街を破壊するような絵を見るのはしんどいものがあります。ロシアも同じように良い形で終わってほしい。。
よしふみさん [映画館(邦画)] 6点(2022-04-03 15:31:25)
2.「2021」という“未来”に蘇った「宇宙小戦争(リトルスターウォーズ)」。
オリジナル版の公開から36年余りという年月を経て、新時代の子どもたちに向けてリメイクされた本作は、稀代のSF漫画家による普遍的なジュブナイルと、“Sukoshi Fushigi”な空想科学の魂に満ち溢れていた。
オリジナル公開当時3〜4歳だった自分は、その時代から「ドラえもん」を愛し続け、今現在に至る。
食い入るようにスクリーンを見つめる我が子らと並んで観ながら、思わず目柱が熱くなったことは言うまでもない。

リメイクに当たって、キャラクター設定の追加やチューンナップ、ストーリー上の幾つかの改変ポイントはあったが、ストーリーテリングは概ねオリジナル作品に忠実で、改変による破綻や違和感は殆ど無かったと思う。

敢えて重箱の隅をつつくとすれば、冒頭の展開がやや駆け足だったため、ピリカ星の少年パピが10歳にして大統領であるというサプライズが薄れてしまっていたり、のび太たちが取り組んでいる特撮映画制作のくだりがほぼオープニングのみで処理されてしまうので、前フリとして弱く、中盤以降のスネ夫のミニチュアによる活躍が盛り上がりきらない印象を受けた。
……などというイチャモンレベルの違和感はあったけれど、それは実際些末なことだろう。(東宝特撮映画風のオープニングクレジットはナイスだった!)

むしろ、改変によってキャラクター造形やドラマ性が深まっている要素も確実にあり、総じて良いリメイクだったと思える。
少年大統領のパピは、原作及びオリジナル映画では、さすがに聖人君子過ぎて、完全無欠過ぎるキャラクターだったが、本作では姉ピイナを新登場させることで、垣間見える幼さや弱さも含めて少年らしい側面を描き出すことができていた。

また、悪役のドラコルルにおいても、単なる悪人キャラではなく、属するクーデーター軍の忠実な軍人としてのキャラクター性が強まっていた。
決して冷酷無比ではなく、心の奥底では絶対的支配者であるギルモア将軍の蛮行に虚無感を覚えていたり、むしろ敵対するパピに対して信頼感や敬意を孕んでいる節すらあった。そして、ラストでは部下の処遇を心配するなど人間的な深みが増していたと思う。

この敵側のキャラクター性の改変は、ストーリー全体のテーマにも影響しており、暴力による独裁や支配がいかに愚かで、虚しいものであるかを物語る上で、より効果的に機能していたと思う。
のび太たちが攻撃をする対象があくまでも「無人機」であることを念押しした台詞回しにも現代的な心配りと、憎しみの螺旋を断ち切ることへの強い思いを感じた。

そして、この「のび太の宇宙小戦争」が物語るそのテーマ性は、本作がコロナ禍による一年間の延期を経て、今この時期に公開されたことに運命的にリンクする。
世界は今、ロシアによるウクライナ侵攻に伴う「戦争」の只中だ。
本作の中で描き出されたシーンの数々は、現実世界で日々伝えられる映像と多々重なる。その深刻さは、事程左様に重くのしかかるようだった。

きっと今この瞬間の現実世界においても、ドラコルルのような悲しき軍人が虚しい暴力を望む望まざるに関わらず振るい続けているのだろう。
僕の横で、純粋な眼差しをスクリーンに向ける子どもたちにそんなことを意識させる必要はないけれど、僕たち大人たちは、この状況の意義を深く考えるべきだと思った。
鉄腕麗人さん [映画館(邦画)] 8点(2022-03-29 22:40:01)(良:1票)
1.《ネタバレ》  ドラ映画としては監督&脚本が新人コンビである為、不安も大きかったのですが……中々の仕上がりになってたと思います。

 まず、何と言ってもアクション描写が素晴らしい。
 小説版を読んだ時点では「アストロタンク」だの「アストロスラスター」だのといった兵器名が並んでるのを見ても、全然ピンと来なかったのに、映画本編を観た今となっては、こうして名前を書き込んでるだけでもワクワクが甦って来ちゃうくらいですからね。
 火力重視の戦車モードと、機動力重視の戦闘機モードを使い分ける戦闘シーンが、本当に見事でした。

 正直、最初は(どうして戦車に名前を付けたの?)(変形する必要あったの?)って疑念を抱いたりもしたんですが、それが映画を観ていく内に「名前を付けて正解だった」「変形させて正解だった」と思えてくるんだから凄い。
 この「謎が解き明かされていく」ような感覚は、ちょっと独特な楽しさがありましたね。

 例えば、原作漫画では「パピ君が銃を使って探査球を撃ち落とす場面」が、本作では「スパナを投げて探査球を破壊する場面」に変更されているんです。
 (何故?)と思っていたら、後に「野良猫のクロの口に翻訳ゼリーを投げ込み、説得するパピ君」という場面に繋がって、そこで(おぉ、なるほど! だから事前にパピ君のコントロールの良さを示しておいたのか……)と納得出来ちゃう。
 この改変、原作で一番不可解な部分である「窮地に追い込まれたパピ君が、突然謎の超能力でクロを洗脳して助かる」という場面を、自然に変える事にも成功しているんだから、本当に効果的だったと思います。

 悪役のドラコルル長官も「原作以上に知的で、部下想いな一面がある軍人」というキャラに生まれ変わっていたんだから、嬉しかったですね。
 ギルモア将軍から「有人兵器ではなく、無人兵器を用いるように」と命じられた際の
「我々の犠牲を恐れているのでしょうか?」
「……将軍が恐れているのは反乱だ。我々ですら信用ならんのさ」
 という副官とのやり取りなんて、もう痺れちゃうくらいに良い。
 万策尽きて敗れた後、巨人と化したジャイアンに対しても一切怯まず「長官から手を離せ!」と銃を向ける副官という描写も、ドラコルルの人望が伝わってくるものがあり、好きな場面。
 最後まで毅然とした態度を貫き、降伏する代わりに部下の安全を保障して欲しいと交渉するドラコルルの姿は、作中で一番恰好良いと思えたくらいです。

 それと、地球人であるのび太達だけでなく、ピリカ星の人々が頑張って「自分達の手で自由を掴もう」と独裁者に立ち向かう要素がアップしているのも、良かったと思います。
 これに関しては、旧アニメ版の「宇宙小戦争」でも同じような試みが為されていたのですが、本作の方が更に徹底しているし、戴冠式におけるパピ君の演説などによって、市民による革命に至る流れも、とても自然になっていましたからね。
 「原作を改変し、原作より面白くなった映画」という意味合いでは、間違い無く本作の方が上だと思います。

 「アストロタンクの戦闘シーンが素晴らしかっただけに、ラストの巨人VS小型兵器という戦いが見劣りして感じる」「自由同盟のリーダーが恰好良くなっていただけに、出来れば本職の声優さんを配して欲しかった」など、細かい不満点は色々あるんですけど……
 明らかに長所の方が多いので、まぁ良いかって気持ちになっちゃいますね。
 なんていうか「才能は豊かだか、経験が足りない若手監督」っぽさを感じる作風というか「ここは、もっとこうすれば良いのに」って思える箇所が多い映画なんだけど「ここは素晴らしい、本当に素晴らしい!」って箇所も同じくらいあるっていう……
 悪く言えば完成度の低い、良く言えば破天荒でパワーを感じる品に仕上がってたと思います。

 あと、出木杉くんの扱いが良かったというか「皆の仲間外れにされてる」感じが薄くって、むしろ「出木杉くんも皆の仲間」って形になってたのも、凄く嬉しかったですね。
 冒険に参加出来なかった理由も「塾の合宿で不在だったから」と、きちんと理由が説明されているし、ラストにて一緒に「宇宙大戦争」を観て、冒険の顛末をのび太達から教えてもらう事になるのも、良いオチだったと思います。

 おまけ映像からすると、次回作は「創世日記」か「ブリキの迷宮」が有力に思えますが……
 いっそ出木杉くんと一緒に冒険するような、オリジナルストーリーの映画でも良いなぁと思えちゃうくらいでしたね。
 そんな「禁じ手」を用いたとしても、きっと面白くなると信じられる程に、今のドラ映画はクオリティが高い。

 また来年も、映画館に足を運ぼうと思えるような、良い映画でした。
ゆきさん [映画館(邦画)] 8点(2022-03-04 12:48:39)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 5.80点
000.00%
100.00%
200.00%
3120.00%
4120.00%
500.00%
6120.00%
700.00%
8240.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS