キネマの神様のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 キ行
 > キネマの神様の口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

キネマの神様

[キネマノカミサマ]
2021年上映時間:125分
平均点:5.86 / 10(Review 22人) (点数分布表示)
公開開始日(2021-08-06)
公開終了日(2022-02-02)
ドラマ青春もの小説の映画化
新規登録(2020-12-17)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2024-03-04)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督山田洋次
助監督朝原雄三
演出鈴木功(録音技術指導)
キャスト沢田研二(男優)ゴウ(円山郷直)
菅田将暉(男優)若き日のゴウ(円山郷直)
宮本信子(女優)円山淑子
永野芽郁(女優)若き日の淑子
小林稔侍(男優)テラシン(寺林新太郎)
野田洋次郎(男優)若き日のテラシン(寺林新太郎)
北川景子(女優)桂園子
寺島しのぶ(女優)円山歩
リリー・フランキー(男優)出水宏
志尊淳(男優)水川
前田旺志郎(男優)円山勇太
原田泰造(男優)家族の会主催者
片桐はいり(女優)常連の女性客
松尾貴史(男優)キャメラマン・森田
広岡由里子(女優)淑子の母
北山雅康(男優)借金取立人
近藤公園(男優)
渋川清彦(男優)
松野太紀(男優)授賞式の司会者
迫田孝也(男優)岡村
前田航基(男優)照明助手
山崎貴(男優)小田安三郎
今井翼(男優)木村
広田亮平(男優)
翁華栄(男優)
笠井信輔(男優)
江川央生(男優)
松本岳(男優)
豊原江理佳(女優)
原作原田マハ「キネマの神様」(文春文庫刊)
脚本山田洋次
朝原雄三
阿部勉【監督】(脚本協力)
山本一郎〔プロデューサー〕(脚本協力)
音楽岩代太郎
作詞野田洋次郎「うたかた歌」
作曲野田洋次郎「うたかた歌」
主題歌RADWIMPSRADWIMPS feat.菅田将暉「うたかた歌」
菅田将暉RADWIMPS feat.菅田将暉「うたかた歌」
撮影近森眞史
製作大谷信義(製作代表)
早河洋(製作代表)
木下直哉(製作代表)
奥田誠治(製作協力)
松竹(「キネマの神様」製作委員会)
テレビ朝日(「キネマの神様」製作委員会)
木下グループ(「キネマの神様」製作委員会)
博報堂(「キネマの神様」製作委員会)
博報堂DYメディアパートナーズ(「キネマの神様」製作委員会)
朝日放送テレビ(「キネマの神様」製作委員会)
読売新聞社(「キネマの神様」製作委員会)
松竹ブロードキャスティング(「キネマの神様」製作委員会)
製作総指揮迫本淳一
企画松竹
配給松竹
特撮山崎貴(VFX監修)
渋谷紀世子(VFXプロデューサー)
白組(VFX制作プロダクション)
編集石島一秀
録音岸田和美(録音監修)
その他志村けん(献辞)
岩代太郎(指揮)
深澤宏(プロダクション協力)
野田高梧(「東京物語」脚本)
小津安二郎(「東京物語」脚本・監督)
東京現像所(ラボ)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
22.《ネタバレ》  映画を見る本当の楽しみの一つとして、全く期待もせず予期せず見た映画が、面白かった、良かったと言えるのは滅多にない喜び。
そもそもこの枠は、石田えり目当てに釣りバカを見るつもりだったのに、ほかの映画やってて、まあしょうがないかという感じで見たんだが・・・

 ぶっちゃけ、スクリーンの中から俳優が出てくるとか、映画を見ながら死んでいくとか、まあどこかで見たようなストーリーで新味はないんだけど、加齢で理解力が落ちている人間にはそれがありがたく。
全編、ほぼ予想通りの展開を十分楽しませていただきました。

っていうか、何よりもカニよりも北川景子!!
ガッキーにしろ、広瀬すずにしろ、あるいは宮崎あおいにしろ、どうしてもより若いころと比較してしまうと、ちょっとって感じがあるんのだけど、北川景子だけは別物だねえ、一時より今現在の方がとてもきれいになっている。
女優好きの自分的には、北川景子の美貌だけで十分価値がある映画かと
rhforeverさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2024-05-04 21:15:50)
21.《ネタバレ》 この映画を、タイトルだけ見て、ふーん、昔の映画ねぇ、で、その後の老人の話ねぇ ふーん。

で終わるんだったら、ただの3点もつかない映画だ。その点だけで見れば、山田洋次監督作品の中では”駄作”に近い作品になっているだろう。

が、この映画製作時、世界中が大変なことになっていたのを考慮し、不世出の役者がこの映画の本当の”主役”であったことを知るものにとっては、「山田さん、よくぞ残してくれた」の思いに近いだろう。

この映画の優れた演技者は、菅田将暉、永野芽郁、北川景子、野田洋次郎と私は見る。主人公たちの4人のはつらつとした演技が無ければ、老年時の悲しさが引き立たない。

特に北川景子は頑張ったと思う。

ひねくれた意見ではあるが、沢田研二は、そのまま志村けんの演技指導のまま。そう感じた。沢田氏も不世出の歌手であり、TVドラマなどではきちんとした演技も、そして怪演技もしてきた人だ。そのひとが志村氏の設定のまま演ずる。そこに私はずーーと違和感を感じた。

沢田氏を知る人にとっては「ほんとにこの人の演技なの?」という疑問が最初から最後まで付きまとう。

お願いがある。この映画のDVDには、志村けん氏の過去の映画登場シーンも併録してほしい。そうでないと、なんでこんな平板な、底が薄く見えるような映画をここまで一生懸命みんなが演じたのかわからないじゃないか。

だからものすごく注釈をつけなければならない映画。あーそんな映画、過去に”名作”と呼ばれた事がないよね。

コロナで日本が大変だったのを映像として残した点、志村氏を知るものから見れば涙物の映画。それぞれ+1点。合計で5点をつけた。

そこまで。それ以上の点数は巨匠である山田監督を貶めそうな気がする。そういう意味である。

ただ、この映画が中止にならなかった事。その努力をした人々には感謝しよう。しっかり後生に記録を残してくれたのは感謝だ。(ただし志村氏の記録も併設してよ!)
亜輪蔵さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2023-12-02 18:30:48)(良:2票)
20.《ネタバレ》 Wikiを見たところ、原作は映画の現代パートの方なんでしょうか?で、過去パートは映画オリジナルってこと?原作ではコロナも出てこないだろうから、作品の6~7割の部分がオリジナルなのかな?松竹映画100周年記念作品とのことで、キネマの天地でも描かれていた往年の輝かしき日本映画界に再びスポットを当てた映画となっている。
志村けんさんの突然の訃報から、どれだけ脚本が変わったか気になるところだけど、沢田研二さんが志村さんの代役に徹しているのが凄い。当時音楽活動中心で、映画やテレビと言った映像の仕事には出ていなかった沢田研二が、志村のために用意されたゴウという登場人物を淡々と演じている。その代役の徹底ぶりは素晴らしいと思った。

過去パートの甘酸っぱい三角関係、忙しいけどワイワイ楽しげな撮影現場から、歩の失業、ゴウの借金、病気、コロナと暗い話題ばかりのクタクタな現代パートの繋がりの段差が大きすぎて、このジイさんが本当にあのゴウか?って思ってしまったり…
コロナの影響で閉館する劇場。実現しなかった斬新なアイデアを、人生の終わりに体感するゴウ。ソーシャルディスタンスの空いた席に、スクリーンから飛び出した桂園子が座るなんて、かなり素敵なアイデアだと思う。でもソーシャル関係なしにガラガラの劇場なのと、モト映画界の人なのに上映中に孫にべらべら喋るゴウ。このクライマックス、もっと丁寧に創っていれば、更に良いシーンになったかなって思った。
『古き良き映画業界と、その後の映画人たち』が本来の骨格だったところ、映画を創っている途中で『衰退していく映画産業と新型コロナによる社会の変化』に枝分かれして、そっちに進んでしまったような印象を持ちました。
K&Kさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2023-05-22 23:34:01)(良:1票)
19.北川景子も永野芽郁も、いい雰囲気を出していた。菅田将暉もさすがだと思った。
けれど、全体的なトーンがちぐはぐな感じ。このサイトでの評価が今一つなのもうなずける。
海牛大夫さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2023-04-22 08:18:14)
18. 映画づくりを通して描いた人生賛歌。映画界の内幕話をさりげなく散りばめている。女優のトイレ難は福本清三氏の著書にも書かれており、世間一般でも似たような話を聞いたことがある。
 飲んだくれでギャンブル好きの主人公はステレオタイプだが、沢田研二はハチャメチャぶりが足りない印象。逆に寺島しのぶは演技を少し抑えた方がよかった。宮本信子は二人の思いを受け止める夫人役を手堅く演じた。全体的に、家族愛の物語としてはちょっと弱いかな。
 コロナという時事も絡めながらいかにも山田洋次らしい演出。スクリーンから抜け出した園子とゴウのシーンはF・キャプラのテイストだね。映画のスタッフが映画を観ながら死ぬ展開は、かつてテレビ「相棒」で同じようなシークエンスがあったことを思い出す。
 腹を壊しピーゴロゴロでゲーリー・クーパー・・・懐かしい。かなり前に職場で先輩が話していたネタだね。
風小僧さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2023-04-16 19:31:49)
17.期待はしていなかったが、ある意味 期待どおり..イイ話に着地するのかと思いきや、微妙なストーリー展開に..主人公たちの若いころと現在の 性格 言動が あまりにも違いすぎるのでリアリティーがない..ゴウがクズすぎることにも 違和感が..凡作..残念..
コナンが一番さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2023-04-10 19:42:56)
16.《ネタバレ》 松竹100周年ということで、映画愛みたいなものをテーマにしたったんでしょうけど、タイトルからも連想する「キネマの天地」のレベルにすら遠く及んでいませんでした。人格設定も演技も演出も、すべてが安直で、練った気配がありません。●しかもこの作品には核爆弾級のギャグがあって、食堂でリリー・フランキー達が映画談義をするシーン、自信満々に「その台詞は邪魔」「脚本は10のところを7で止める」などと言い放っている。いや、この作品自体が、邪魔な台詞ばっかりで、10のところを100くらい喋らせてるでしょ。さらに、孫と祖父が脚本を作るシーンで、孫が「クライマックスにその台詞はストレートすぎる」などと言っちゃってますが、まさにストレートな台詞ばかりで構成されているこの脚本の中で、一体何を言っている(言わせている)のでしょうか。脚本家が自分で書いていることの意味を分かっていないのか、分かっていてあえてやっている(あるいは、せざるをえなかった)のか、謎は尽きないところですが、この脚本のレベルの前には、真相はどうでもいいです。●往年の名女優の役名が桂園子というのも、絶対に園井恵子のもじりなんでしょうけど、こういった中途半端なレスペクトもどきにも腹が立ちます。
Oliasさん [CS・衛星(邦画)] 1点(2023-04-05 02:19:45)(良:2票)
15.BSプレミアムでの視聴。
「キネマの天地」同様に、山田洋次監督の往年のキネマ愛を感じさせる良作。
ただ、ダメ老人に成り下がったゴウの再生、栄光といったカタルシスまでは感じられず。

原作は読んでないが、本来の志村けんが演じたとしても「東村山音頭」がチョイスされていたのだろうか?
彼への追悼の気持ちでジュリーにこれを歌わせたとしたら、それはそれで感慨深い。

当時の大スター女優を演じた北川景子、ゆりあんレトリィバァのネタの「昭和の女優の喋り方」を彷彿とさせた演技はお見事。
園子さん、大スターなのにとても優しくてイイ人なんだけど、ラストのシーンでは死神に見えてしまった・・・
ハリーハウゼンさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2023-04-01 09:35:51)
14.原作未読だが、コロナや出演変更等々もあって映画化には失敗しているように思える。何もかもが中途半端というか。原作は娘視点で見たダメ父ということになっているらしいが、そのダメ父を変に踏襲したまま、主人公にしてしまったのが大きな要因に思える。80近くになって見たら、また違った印象を持つのかもしれないが。女優陣は概ねよかったと思うが、男優陣がイマイチ。志村けんだったら、もうちょっと「喜劇」になったのかも。
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2023-03-30 12:27:33)
13.《ネタバレ》 ゴウはろくでなしな爺様だけど、若かりし頃には輝いていたときがあった・・・
人生どこでどう転ぶかわからないし、完璧な人間などいないということですね。
志村けんの劇場長編デビュー作になるはずだったこともあり、心に染みるものはありました。
完全に代役に徹していたジュリーの演技も悪くありませんでした。
コロナ禍のシーンとか、ちょっと展開に不自然な点もありましたけど、幻の企画になったかもしれないところを、映画を完成させたスタッフ、キャストの皆様、お疲れさまでした。
J.J.フォーラムさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2023-03-30 11:34:35)
12.《ネタバレ》 ゴウの現在があまりにも人として終わっていて、それだけで応援したり前向きな気持ちになって見られない映画でした。
この映画に対するコメントではないですが、最近こういう映画多いような気がする。人間的にどうかという人をことさらに持ち上げて、良い人でしたねって感じで終わるやつ。いやいや、この映画で言えばこのゴウとかいう人も大概のクズ。若かりし時はそうでもないが、老いてしまってからは別人かってくらい人が変わっている。借金しまくって家族に迷惑をかけ、女房や娘は小間使いくらいにしか思っていない、孫が必死で説得してくれて『キネマの神様』を現代風にアレンジして賞に応募するもその動機は100万円。お孫さんとシナリオをアレンジするシーンは好きでしたが、その賞金の使い方もあまりにも。。。で、自分だけさっさと綺麗に死ぬという。勝手すぎるでしょ。周りの人間からしたらたまったもんじゃない。不快でした。あれで感動させようとしてるとしたらネタでしかないと思いますが、他の方はどうなんでしょうね。

そして、特に新型コロナの現代の中で描写する必要もなかったと思う。そこと繋げる意味、何かありました?それともこれって実話なんですか?それならまだわかりますが。。。

感覚として理解し難いことが多くて、あまり楽しめなかった映画でした。
TANTOさん [インターネット(邦画)] 3点(2022-12-31 22:35:36)(良:1票)
11.《ネタバレ》 山田洋次監督にはいつも穏やかな安らぎをいただいていて、本当に感謝です。
可笑しくて、しんみりして、やさしい目線。
小林稔侍さんは当然言わずもがなとして、志村けんさんの遺志を汲んだ沢田研二さん、とっても素敵でした。役柄的にはどーしよーもない爺さん(笑)だけど。
永野芽郁さんはヒロインとして、誰からも好かれる素晴らしいし資質、北川景子さんは往年のスターの風格を感じさせる余裕がありました。
また映画撮影現場の雰囲気や撮影所の雑多な情景。
『ゴウちゃん』『ゴウちゃん』とみんなが声をかけてくるあたたかい職場がうらやましかったですね。
コロナ禍で社会は大きく変わったけど、この作品を観て、また少し元気を貰いました。
できることを、やるしかないですね。
劇中の撮影現場もバタバタしてました。
わたしたちもジタバタ頑張りましょう。
末筆ですが、松竹さん100周年おめでとうございます。
ろにまささん [CS・衛星(邦画)] 7点(2022-08-19 05:43:47)
10.沢田研二出演以外の知識無く。小中学生時分大ファンで「勝手にしやがれ」でレコード大賞受賞した時は、舌打ちする両親を尻目に感激に浸ったものです。「時の過ぎゆくままに」と共にカラオケレパートリーに入っております。何十年かぶりに接した姿に絶句。若き日の妖艶さが失せて妖怪(ごめんなさい)のようなお顔と体型。嗚呼・・・・お芝居は見れない事は無いといった感じ。
志村けんさんの代役だったのだそうで。ドリフの少年少女合唱隊早口言葉での二人を思い出しました。

松竹100周年記念に相応しい山田洋次監督の手堅く尚且つ万感の想いが籠もっているかのような良作にしみじみさせられました。
The Grey Heronさん [DVD(邦画)] 7点(2022-08-15 19:42:26)
9.松竹100周年記念作品、託されたのはもちろん『男はつらいよ』シリーズの山田洋次監督。新型コロナウイルスと志村けんの死… 大変な思いで完成させた映画なのは承知だけど、正直に言うと視聴途中でリタイアしかけて、思いとどまって、を何回か繰り返した。展開がだるいのと、山田監督は日本映画黄金期を懐古する作品を以前にも撮っているため、目新しさが殆ど無かった点を挙げておきたいと思う。個人的には菅田将暉と永野芽郁のラブストーリーをもっと見たかったかなと。良かった点としては永野芽郁が年取って宮本信子、野田洋次郎が年取って小林稔侍という違和感のない配役。急遽代役を引き受けた沢田研二もお疲れ様でございました。
リーム555さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2022-07-04 23:31:43)
8.《ネタバレ》 山田洋次監督の懐古趣味的な映画であるが、正直内容が退屈すぎて萎えそうになった。
小津安二郎の「東京物語」の時代設定であれば主人公の78歳には無理があるのではないか?
スクリーンから主役が飛び出すというストーリーは今更感があるが、木戸賞受賞とかありえない。
永野芽郁から宮本信子のバトンタッチに関してはまったく違和感がなかった。
とれびやんさん [インターネット(邦画)] 5点(2022-06-26 13:40:18)
7.《ネタバレ》 うーん…全くピンと来ない………いずれ再見するかも知れませんが、自分でもこれはちょっと残念です。。

やはりジェネレーションギャップとしか言えないのかも知れませんが、正直ジュリーという人に対する確固たるイメージが私の中には無いのですよ(『太陽を盗んだ男』とか、他は歌の方の『勝手にしやがれ』くらいしか知らんモンで)。そーすると、ついこないだの例の騒動のコトもありますし、今作でも見た目なんかもワリと険のある感じで…とか、あとは何より作中でも終始一貫してほぼ完全なダメ人間(もはや「クズ」の域)だし…となると、どーにも主役に好感が持てなくて結果お話にもまるで入ってゆけなかったのですよね。確かに、コレがもっと大いに茶目っ気のある志村さんだったらだいぶ違ってただろうなァ…とは(個人的には)も~思わざるを得ないトコロでありましたし…でもゆーて、年回りや知名度(或いはタレントとしての「格」)はともかく、やっぱりそもそも随分とキャラが違うという2人に(私には)思われたのですよね(だからそもそもコレは「ミスキャスト」なのではないか、と)。まあ、2人にはプライベートな親交もあったとのコトらしいですし、その上で志村さんの代役を引き受けるという勇敢な人もおそらく他に居なかった…という事情があってのコトなのでしょーケドも。

でも重ねて、シナリオだってな~んか好く分からんですよコレ。どーもボヤっとしてるとゆーか、そもそも過去のパートでゴウが映画監督を諦める理由からしてよー分かりませんし、作品世界にコロナ禍の状況を持ち込む理由もソレこそ「何となく」にしか見えませんし、んでゴウが最後に脚本の賞を取ったコトにだって一体どーいう意味があったのですか?(このコトで彼は人生に少しでも「本質的に」前向きになれたのでしょーか?=名誉だの100万円だのを得るコトなんかよりソッチの方がもはや彼の人生においては余程重要なコトなのではないのでしょーか?)。そして私が絶対的に手落ちだと思うのが、彼の奥さん(淑子さん)のお話には全く何のカタも付いてない…というコトですね(正直、ココだけはも~ちょっとワタシ的には許容範囲の外ですね)。

ひとつだけ、コレは好かったと思うのは実は北川景子です。映画全盛期の「往年の大女優」の若い頃を演じさせるのなら、確かに彼女が今の日本で一番ハマるのではないか…とすら思えましたですね。どだい「普遍的」てナンだろう?とも思ったりしますが、その昔の女優さんの美人な感じってのは今よりも諸々と「普遍的」なモノだったなあ…とは、私も確実にそー思うトコロではあるのでして…
Yuki2Invyさん [ブルーレイ(邦画)] 4点(2022-04-09 00:50:21)(良:2票)
6.引き受けた沢田研二は漢気があったと思う。しかし、ここは"上島竜兵"で勝負をかける手もあったのではないか。【追記220511】ああ。もう。本当に、上島さんの”ゴウ”が見たかったです。
なたねさん [DVD(字幕)] 7点(2022-03-26 20:54:22)(良:2票)
5.《ネタバレ》 小林さん以外、山田組が出てないんだけども、
立派に山田洋次の映画だった。

山田さんが映画愛を歌った映画は多いのだけど、
これは映画に想いを持ってかれた男の話だった。
ラストも映画のヒロインと行ってしまった・・
幸せですね!

P.S.「カイロの紫のバラ」かと思ってましたが、バスターキートンなんですね。
あと出水宏って清水さんかなぁ。言われてみれば、山田さんの好きそうな映画撮る監督ですもんね♪
トントさん [DVD(邦画)] 8点(2022-02-28 14:35:10)(良:1票)
4.《ネタバレ》 二人で一役の「ゴウ」に「淑子」に「テラシン」、洋次郎→稔侍がギャップなく一番自然でした。
心に刺さるのは原作の方が優っていましたが、「歩」のセリフにグッときたり東村山音頭にウッとなったり、卒寿を迎えられた偉大な監督には人生100年時代の昨今更なる新作を期待しちゃいます。
いい味が出ているジュリーには申し訳ないですがやっぱり志村けんバージョンが観たかったのと、個人的には思わず感情移入してしまう寺島しのぶが一番光っていました。
ProPaceさん [映画館(邦画)] 7点(2021-09-28 16:11:26)
3.《ネタバレ》 木場の109シネマズで鑑賞。

笑いあり、涙ありの良作。
個人的には傑作といっても過言ではないと思う。

登場人物全員が誰かのことを想い、愛に溢れた映画である。
何より監督が志村けんさんのことを想い、リスペクトしているのがひしひしと伝わってくる演出である。
節々に出てくる志村けんさんに関する演出のシーンと表彰式のシーンは涙を流さずにはいられなかった。

鑑賞中にどうしても志村けんさんが出演していたらということが頭をよぎってしまったため(不可抗力だが)マイナス1点としたが、登場人物も音楽も含めて大好きな作品としてお勧めしたい映画。
モク男さん [映画館(邦画)] 9点(2021-08-31 11:29:07)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 22人
平均点数 5.86点
000.00%
114.55%
200.00%
314.55%
429.09%
5731.82%
614.55%
7627.27%
829.09%
929.09%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 10.00点 Review1人
2 ストーリー評価 8.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 9.00点 Review2人
4 音楽評価 9.00点 Review1人
5 感泣評価 9.00点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS