ポルトガル、夏の終わりのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ホ行
 > ポルトガル、夏の終わり
 > (レビュー・クチコミ)

ポルトガル、夏の終わり

[ポルトガルナツノオワリ]
Frankie
2019年【仏・ポルトガル】 上映時間:100分
平均点:5.00 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
公開開始日(2020-08-14)
ドラマ
新規登録(2020-12-17)【Yuki2Invy】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
キャストイザベル・ユペール(女優)フランソワ・クレモント(フランキー)
ブレンダン・グリーソン(男優)ジミー
マリサ・トメイ(女優)アイリーン・ビアンキ
ジェレミー・レニエ(男優)ポール・ガニエ
パスカル・グレゴリー(男優)ミシェル・ガニエ
グレッグ・キニア(男優)ゲイリー・アーチャー
配給ギャガ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.シントラの街並みの美しさには目をみはるものがあります。有名どころが揃っていながら抑揚無い退屈な作品でした。
The Grey Heronさん [DVD(字幕)] 4点(2021-02-26 23:57:01)★《新規》★
1.《ネタバレ》 ラストシーンが出色の出来でしたね。山の稜線、広がる海、そこに集まる人びと、いつしか海に沈んでいく太陽が、そこに一筋の光る道を照らし出す。それは正にある人生の終わりを象徴する様な、それでいてどこか温かく、かつその先の希望というものさえ感じさせる様な。一人また一人と画面からフェードアウトしてゆき、誰もいなくなったトコロで計算どおりのジ・エンド。このシーンを思い付いたがためにそこに向かって組み立てた、とでもゆー様な話だったかも知れません(静かに心に沁み入る様な好いラストでした)。

このとおり、非常に静かな物語で正直あまり抑揚というものはありませんが、本作にはそれ故のリアリティというものがつくり出せており、そしてそんな中に真摯に繰り出される俳優陣の演技には、それでも随所にジワっとズシリと効いてくる様なパワーというものが大いに感じられました。ポルトガルの情景というのも中々面白いですね(南ヨーロッパ風の乾いた雰囲気も滲ませながら、アフリカに近いというトコロなのか、何とも言えない自然の力強さも持ち合わせている、というか)。心が穏やかになってゆくという様なダウナー系人間ドラマです。私自身は結構好きなタイプ。
Yuki2Invyさん [映画館(字幕)] 6点(2020-12-17 18:46:34)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 5.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4150.00%
500.00%
6150.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS