ミナリのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ミ行
 > ミナリ
 > (レビュー・クチコミ)

ミナリ

[ミナリ]
Minari
(미나리)
2020年【米】 上映時間:115分
平均点:6.44 / 10(Review 9人) (点数分布表示)
公開開始日(2021-03-19)
ドラマ
新規登録(2021-02-07)【Cinecdocke】さん
タイトル情報更新(2021-04-26)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督リー・アイザック・チョン
キャストスティーヴン・ユァン(男優)ジェイコブ・イー
ハン・イェリ(女優)モニカ
ユン・ヨジョン(女優)スンジャ
ウィル・パットン(男優)ポール
脚本リー・アイザック・チョン
製作総指揮ブラッド・ピット
スティーヴン・ユァン
配給ギャガ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
9.《ネタバレ》 ラスト、「全てのおばあちゃんに捧ぐ」の文字が出る。
おばあちゃんを扱った映画は、とにかくやさしい。

韓国には「おばあちゃんの家」という名作があるが、
これも超ワガママな男の子と何も喋らないおばあちゃんのやりとりで、
優しさに充ちていた映画だった。

このミナリのおばあちゃんは、韓国ドラマに出てくるおばあちゃんみたいに
とにかくよくしゃべる。
そして中盤、孫のデビッドのやりとりで、涙が出るようなやさしいやりとりがある。
が、そのすぐ後に、おばあちゃんは体調を崩す。
ここらへんが人生なのだろうか・・

そしておばあちゃんのミスで大事件が起きる。
そこで孫2人が呆然としてるおばあちゃんのフォローをするのだ。

在米韓国人の厳しさのなか、このおばあちゃんと孫のやりとりに
観てる僕は、もう泣けました(笑)、
トントさん [DVD(字幕)] 8点(2022-09-04 11:03:14)★《新規》★
8.予告編に釣られ 鑑賞..この手の映画は好きだが イマイチかな~ 自分の夢を叶えるために 家族を振り回し 自分勝手に暴走してしまう夫の物語..期待ハズレ 残念..
コナンが一番さん [DVD(字幕)] 6点(2022-02-13 09:42:31)
7.《ネタバレ》 1980年代のアメリカ南部を舞台に、移民としてこの地にやって来た韓国系アメリカ人とその家族の苦難の日々を淡々と見つめたヒューマン・ドラマ。ほとんどのセリフが韓国語でありながらアカデミー作品賞にノミネートされたということで今回鑑賞してみました。何が起こるわけでもない平凡な日々をただ淡々と描きながら、それでも最後まで見せきるのはこの監督の高度な演出力によるもの。破天荒なお祖母ちゃんや日曜は十字架を背負って町を歩く変わり者の農夫など、なかなか印象的な登場人物がたくさん出てくるのも魅力の一つでしょう。どこまでも夢を追い求める夫と家族の安寧を第一に考える妻の次第に擦れ違ってゆく心理描写も非常に丁寧で惹き込ませます。ただ、自分としてはいまいち嵌まらなかったです、これ。最後まであまりに地味で辛気臭いお話が延々と続き、観終わって僕はちょっとげんなりしちゃいましたわ。「これからも苦難の日々は続いてゆく」というラストも気が滅入るばかりで爽快感なんて欠片もありませんし。一つの作品としてその完成度の高さは認めますけれど、正直自分の好みではありませんでした。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 6点(2022-01-08 02:33:44)
6.当たり前の毎日のありがたさなんて、もうあらためて言うべきことではないのでしょうが、とにかくもう、いたいけで観ていると息苦しくなる日々。何も起きないでと祈るような気持ち。韓国出身のアメリカ移民の1980年代の物語という文化もバックグランドも大分違うフレームなんだけど、日本の地方にすむワタシたち家族と何も変わらないです。最後に重篤とも言えるような事件が起こりましたが(ああ、起きちゃった)、それもまたなんでもないことなんですよ。いろんなことがあるけれど、一つづつ踏みしめて、前に進むだけ。ワタシたちは皆そうして生きています。いい映画だよ。
なたねさん [DVD(字幕)] 9点(2021-10-29 20:53:57)
5.《ネタバレ》 移民家族の側から貧しいながらも生活を営んでいく様を描いた映画は意外となかったなぁと。
それも韓国系・アジア系移民となると初めてお目にかかったような気がしますね。
ひよこの選別の仕事とか教会でのやり取りとか、色々と興味深かったです。
前半はなかなか引き込まれ、特におばあちゃんと孫のやりとりなんか見ていて面白かったですが、
後半からは物語としては失速、ラストにかけて半端さを感じる。
よくいえば、お決まりの起承転結から外れた、一つの家族のある地点からある地点を切り取って
そのまま見せました、という内容で自然だなと思いました。
あろえりーなさん [DVD(字幕)] 6点(2021-10-27 15:40:28)
4.《ネタバレ》 思ったよりも手強い映画でした。移民の成功物語では定番の周囲からの差別の問題や世代間のギャップみたいな話は出て来ず、主人公はひたすら「大地」と戦い、妻は信仰と夫への不信のあいだで揺れ動き、息子とおばあちゃんが少しずつ心を通わせる。息子とおばあちゃんのパートはハートウォーミングで楽しいのだけれど、それ以外は妙にストイックで劇的とはいえない描写が積み重ねられ、最後にたどり着いたのは、積み上げてきたものが崩れることで、バラバラになりかけた家族がかろうじて形を取り戻した、という話。ある意味、あのラストからが本当の「移民物語」のスタートだったのかなとは思うけれど、多用される宗教的メタファーをはじめ、たいへんに知的なドラマであったのだろうと思います(が、自分には響く部分は少なかった・・・)。個人的には、ポール・トーマス・アンダーソンの『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』に近い手触りの映画。見るときの調子や気分にも左右されそうだけれど、万人にわかりやすい映画でないのは確か。
ころりさんさん [映画館(字幕なし「原語」)] 5点(2021-05-04 08:28:51)
3.《ネタバレ》 地味だな〜!が、ラストシーン、息子が走るとこ、泣いた。
もういない、おばあちゃんに会いたくなった。(うちのおばあちゃんは上品です笑)
ギニュー隊長★さん [映画館(字幕)] 6点(2021-04-23 23:50:30)
2.《ネタバレ》 米国で農業を営む韓国人移民のホームドラマ。米アカデミー作品賞候補。主演のお父ちゃん役、何だかちょっと有吉っぽいよな。起伏がほとんどなくて、入り込めなかった。駄作。
獅子-平常心さん [映画館(字幕)] 5点(2021-04-04 00:28:55)
1.《ネタバレ》 移民を扱った映画は数あれど、韓国系アメリカ人家族が主人公なのが異色。暴力も差別も描かれず、常に穏やかで静かなトーンで進んでいくが、映画では描かれない苦難もたくさんあったはずだ。それを象徴するのが"ミナリ"。芹のことで、厳しい環境で育ち、二度目の収穫が美味しいことから、したたかに生きる家族の姿と重なる。父親が成功に邁進しようとすればするほどドツボにハマっていく悪循環の中、祖国から来た祖母によって一家に変化が訪れる。勿論、エキセントリックなキャラクターなだけに災厄も訪れるが、絶望の中にひとかけらの希望があった。キリスト教信仰が背景にあり、達観した心境すらある。映画監督になった少年が捧げる祖母への感謝。
Cinecdockeさん [映画館(字幕)] 7点(2021-03-20 01:22:24)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 9人
平均点数 6.44点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5222.22%
6444.44%
7111.11%
8111.11%
9111.11%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 5.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 5.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

【アカデミー賞 情報】

2020年 93回
作品賞 候補(ノミネート) 
主演男優賞スティーヴン・ユァン候補(ノミネート) 
助演女優賞ユン・ヨジョン受賞 
監督賞リー・アイザック・チョン候補(ノミネート) 
脚本賞リー・アイザック・チョン候補(ノミネート) 
作曲賞(ドラマ) 候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2020年 78回
外国語映画賞 受賞 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS