風の電話のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > カ行
 > 風の電話
 > (レビュー・クチコミ)

風の電話

[カゼノデンワ]
2020年【日】 上映時間:139分
平均点:7.00 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
公開開始日(2020-01-24)
ドラマ
新規登録(2021-02-10)【あきぴー@武蔵国】さん
タイトル情報更新(2021-03-06)【あきぴー@武蔵国】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督諏訪敦彦
キャストモトーラ世理奈(女優)ハル
西島秀俊(男優)森尾
西田敏行(男優)今田(特別出演)
三浦友和(男優)公平
渡辺真起子(女優)
山本未來(女優)
占部房子(女優)
池津祥子(女優)
石橋けい(女優)
篠原篤(男優)
脚本狗飼恭子
諏訪敦彦
音楽世武裕子
製作ブロードメディア・スタジオ
電通
テレビ東京
イオンエンターテイメント
朝日新聞社
企画泉英次
プロデューサー泉英次(プロデュース)
制作ブロードメディア・スタジオ
配給ブロードメディア・スタジオ
イオンエンターテイメント(配給協力)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.《ネタバレ》  モトーラちゃんの演技は最初「きついわー」と思ったのね。東日本大震災を題材に、一家でただ一人生き延びてしまった少女を演じるには、ちょっと荷が重すぎるんじゃない?って。
 現実としてあの震災はまだまだ生々しい傷をのこしていて、1つの閉じた作品としてパッケージングして昇華してしまうことが正しいとは到底思えないし、モトーラちゃん以外にもお馴染みな顔の役者さん達の作り物なカンジがリアルの重さに対してあまりに無力なんじゃない?とも。

 でも、その作り物、創作の中にどんどん沁みこんで侵食してくる現実が境界を曖昧にして創作が現実に対して抗いきれなくなってゆく、そしてカメラはその過程を捉えてゆく感じでとても不思議なモノを見ている感覚になったのね。
 入管に囚われたクルド人難民のエピソードなどは、もうその殆どがリアルで、その前で役者はただ与えられた役だけが形骸化されて残っているような状態。その状況を前に創作は果たしてどんな希望を与えられるっていうの?

 一人の少女の旅は、今の日本にこびりついたリアルを背景とすることで虚実の狭間を彷徨うの。その世界ではモトーラちゃんの特異な存在感は演技力云々で量ることなど意味がなくなって、こちらはただただ不安定な彼女という存在と時間を共有し、寄り添ってゆくのね。
 そして旅の末に辿り着く風の電話は何かを具体的に救済する訳でも、この物語自体に救済をもたらす訳でもないけれど、そこに少しでも思うところ、感じるものがあるとしたら、今はそれだけでも十分なのかもしれないわ。

 今のこのニッポンに生きる意味を考える、癒しとか救いとかいう判りやすいコトバとは違うモノを探る、そんな時間をくれる映画だと思うの。
あにやん‍🌈さん [映画館(邦画)] 9点(2021-04-08 16:28:03)(良:1票)★《新規》★
2.《ネタバレ》 故郷へ向かう主人公の旅のうえに、幾つかのエピソードを散りばめてはいるものの、物語にせよ演出にせよ作為的・フィクション的なものをあまり感じないというか、殆どドキュメンタリにも見える、という感じ(率直に「映画」を観た、という感覚がなくて)。その意味では、ある面で「志の高い」作品なのだとも思える。かなり間をゆったりと取った作品だが、ひとつひとつのシーンには結構観入ってしまいました。

※正直、あの震災というのは、映画の題材としては自分の中でまだ消化しきれない、と感じています。

主演のモトーラ世理奈さんという人は、非常に独特な雰囲気のある方で、本作に関しては間違い無くハマリ役だったと思う。こーいう言い方はやや語弊があるかも知れないが、元気とか活力というものを(この映画の中では「適切」に)己の顔から消し去っていた、という感じで。先に『タイトル、拒絶』を観ていたのですがそっちでもなんか暗い役だったので、次はもっとキャピキャピした彼女の演技を観てみたいですね。
Yuki2Invyさん [DVD(邦画)] 6点(2021-03-20 11:30:34)
1.主演のモトーラ世理奈の雰囲気はすごくいいが、脚本が現実離れしていてイマイチしっくりきません。
「東日本大震災で被災した女子高生が、広島にいる叔母に引き取られ、叔母が病気にで倒れた後、出身地の岩手県大槌までヒッチハイクで帰る」って、周りの大人は何やっているの?と思ってしまう。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 6点(2021-02-17 18:41:48)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6266.67%
700.00%
800.00%
9133.33%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 4.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 Review0人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS