ANNA/アナ(2019)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > ANNA/アナ(2019)
 > (レビュー・クチコミ)

ANNA/アナ(2019)

[アナ]
Anna
2019年【仏・米】 上映時間:119分
平均点:7.33 / 10(Review 9人) (点数分布表示)
公開開始日(2020-06-05)
アクション
新規登録(2021-03-19)【あきぴー@武蔵国】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督リュック・ベッソン
キャストルーク・エヴァンス(男優)アレクセイ・チェンコフ
キリアン・マーフィ(男優)レナード・ミラー
ヘレン・ミレン(女優)オルガ
アレクサンドル・ペトロフ〔男優〕(男優)
脚本リュック・ベッソン
音楽エリック・セラ
撮影ティエリー・アルボガスト(撮影監督)
製作マーク・シュミューガー
リュック・ベッソン
配給キノフィルムズ
木下グループ
衣装オリヴィエ・ベリオ(衣装デザイン)
字幕翻訳佐藤恵子
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
9.エログロ要素はそれなりにありますが、恋愛要素は弱め。ただのバイオレンス・アクションに留まらず、視聴者を楽しませるちょっとした仕掛けが盛り込まれているので、頭を空っぽにしても見れるけど、少し考えながら見てもまた楽しい。
見どころはなんと言っても、ANNA役のロシアン・スーパーモデル、サッシャ・ルス!美しくてかっこよくて強すぎるANNAに終始魅了されっぱなしです。キリアン・マーフィーの抑えた演技にも注目。萌えます。リュック・ベッソン監督作品の好きな映画がまた一つ増えました。おもしろかった!
タピオカさん [インターネット(字幕)] 8点(2022-01-13 14:45:06)★《新規》★
8.《ネタバレ》 スパイアクション映画だけど、サスペンス要素あり、ミッションクリアが主題ではないヒューマンドラマという感じ。

アナが自由を手に入れるまでの葛藤が描かれている。

一度足を入れたら、解放されるには「死」しかない・・・そんな設定で任務を遂行し、自由を手に入れていく。

一つ一つのシーンの意味が、回想的に描かれ、謎が解明していく描き方はとてもワクワクさせてくれました。

それと、意外とグロイ。

バンバン容赦なく殺していく、冷酷さが描かれています。
でもどこかリアリティがあります。
実際、スパイの世界ってあんな感じなのかなぁ、と思わせる現実味もあります。

このぶっ飛んでるけど、リアリティがあるというのが、この映画の魅力でもあるのでは。
また見たくもなるけど、ちょっと重いかなぁ。

ラストシーンは、とっても緊張感があります。
そして、助けた人はやっぱりこの人なんだ・・・とちょっと想像できました。

いやぁー、あんな世界ほんと頭良くないとつとまらんですね。
頭がいいというよの、賢いというか、駆け引きというかそういう頭が使えないとダメですね。

絶えず、「命の危機」という状況の中で生活するってすごいストレスだろうな。
普通じゃ無理だね。

同棲してた彼女は、アナにとってどんな存在だったんだろう。
休暇をとってモードとレストランで話すシーンがありますが、その時のアナは素のアナだったのだろうか。

スパイとして、絶えず自分の素性を出せない中で、モードと一緒の時は、素でいられた唯一の存在だったと思う。
食事中に、モードが話しかけるが、アナは上の空でいる。
でもモードはそれに対して、怒ることはしない。
アナの素性は知らないが、唯一の理解者であって欲しい、そんな思いにさせるシーンでしたね。

表向きは、モデルという華やかでキレイな世界、そしてその素性はスパイというとってもダークな世界。
このコントラストが、ドロドロしたものではなく、スタイリッシュな描写に変わります。

おしゃれなスパイアクション、そしてサスペンスもの、ヒューマンでラマものとして男女問わず楽しめますね。
こんな要素を見事に盛り込んだ、脚本がすごいです。

スパイ映画好きの私でも、見応えがあり、テンポもよく飽きさせない展開があります。
この映画の評価の良さを考えた時、スタイリッシュ、サスペンス、ヒューマンドラマ、スパイ要素を見事に盛り込めたところにありますね。

映像にもの言わせてる映画が増えてるなか、やはり脚本が最重要であるということを再確認させられました。
レスポーラーさん [インターネット(字幕)] 8点(2022-01-13 11:27:44)★《新規》★
7.《ネタバレ》 リュック・ベッソンしてる映画。
ANNA 逆に描いたタイトルから少し察してしまった。

美しさに拘った描き方がとても好みで
主役のアナ役はハマっている。

それだけに、説明的な(SAW的な)ラストの説明描写は
不要だと思ってしまった。

ラストの云々の影響で
「騙された男二人が大勢の前で晒されてpgr」
みたいな鑑賞感を拭えず。。。
元祖さん [インターネット(字幕)] 6点(2022-01-12 22:15:21)★《新規》★
6.《ネタバレ》 KGBに所属する美人スパイの話

テンポが良く、展開も良い
アクションは悪くないが、音楽は印象に残らなかった。

アナが強すぎる・半数以上の相手が銃を持たず殴り掛かってくるというマイナス点はあるが、アクション自体に関してはかなりの高評価です。私の嫌いなカーチェイスも少なくて好印象
恋愛シーンも適度で、全てにおいて無駄なシーンが少ない。
展開も素晴らしい!が、ラスト読めてしまうのだけは残念

期待せずに観たということもあり、ヒロインも美人でかなり楽しめました。
メメント66さん [インターネット(字幕)] 8点(2022-01-02 17:50:38)
5.《ネタバレ》 久しぶりにエンターテイメント性重視の映画を見たので楽しめた。
ヤバイ状況に追い込まれると、数日前にさかのぼって実は,,,見たいなシチュエーションが多かったがそれが見ている人に疑心暗鬼にさせて良かった。
あとアナがメチャクチャ強過ぎるのも白けた。
ちょっとやり過ぎ感がある。
気になった点はあったが良い映画でした。
Dry-manさん [インターネット(吹替)] 7点(2021-12-01 07:38:51)
4.《ネタバレ》 最悪だった「ヴァレリアン」の影響も有り、期待度極小で臨んだ本作。
ハードルを下げていた事など通り越し、なんとまぁ往年のベッソン監督らしい小気味よい作品、良い意味で裏切られました。
「ニキータの現代版セルフリメイク」と揶揄する評も有るものの、やっぱりこの監督さんは美人の女性、
しかも監督本人の好みの女性が主役で、世の男共を蹴散らす設定で無いと本領発揮出来ない様だ。
なんせ、公式サイトの宣伝文句が『またそれか!』ですから。(大爆笑)
「ニキータ(アンヌ・パリロー)」しかり、「フィフス・エレメント(ミラジョボ)」しかり、「ルーシー(スカヨハ)」しかり、
全くしょうもないオッサンだ(褒めている、気持ちは良~く判る!)。
さて、新進気鋭のモデルさん、サッシャ・ルス嬢を新たに主役に迎えた本作、観ていてニヤリとしてしまう位に物語の
構成は「ニキータ」と同じです。
でも、時系列を小刻み且つ巧みに入れ替えたストーリー構成と、「ニキータ」のそれとはテンポ・アクションのキレが格段に洗練された各種アクションシーンは「ニキータ」を遥かに凌駕しており、ラストまで一気に観させるその勢いも有り、この手の女性が主役のアクション映画では最高傑作と評価しても良いと私は思ってます。
無駄に豪華な出演陣も作品に厚みを増す事に上手く効果を発揮しているし、何は無くとも主演のサッシャ嬢は静止状態の写真ではその魅力は半分も伝わらない、動き出して初めてその真価が判る女優さん。
次回作は有るのだろうか、期待して待ってます。
最後にベッソン監督、この人まだ錆びてませんよ(限られた環境下で、と言う条件付きですが笑)。


そうそう、「アデル」も有りましたね・・・笑。
たくわんさん [CS・衛星(字幕)] 10点(2021-09-22 13:17:46)
3.今度はソ連(現ロシア)の殺し屋。
リュックベッソンて殺し屋ネタほんと好きだね。
諜報部員ということもあって常にスリリング。
二転三転する展開、意外性の連続でおもしろさ。
スピード感のあるカーチェイスや戦闘シーン、
アクション映画としてもおもしろかった。

ニキータ、レオンのように恋愛劇を主軸にもってこなかったのも好感。
愛野弾丸さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2021-06-16 15:26:16)
2.リュック・ベッソン監督にしては普通じゃない?
少し前にジョン・ウィックを観たからかもしれないけど,何処かで見たようなシーンが多いと思います.
ただし,ストーリー展開は面白いです.
あきぴー@武蔵国さん [DVD(字幕)] 5点(2021-04-08 21:59:29)
1.《ネタバレ》 3人の女性と結婚した彼ならではの、満足のいくエンタメ映画。
「レオン」のようなベッソンでもなく、練りに練られたラストは、
女性映画としても、面白い。

いや~、この女性上官は、ベッソンが話の落としどころに悩んで、生まれたような
キャラだと思うよ。珍しいもんね、ベッソンにこのようなキャラは・・
一度は引退したベッソン。実は結婚を何度もして、話がまとまらなくなってたことも
あったのかなぁと思っちゃう。
でも、やはり私生活でも女性が上手だったか、このようなキャラが生まれたのでしょう。

面白い着眼点は、スパイはスパイとして、お互い認め合っていた時代が
あったという点。ホント~!??
トントさん [DVD(字幕)] 7点(2021-04-03 22:45:07)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 9人
平均点数 7.33点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5111.11%
6111.11%
7333.33%
8333.33%
900.00%
10111.11%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 7.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 Review0人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS