GO NOWのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > コ行
 > GO NOW
 > (レビュー・クチコミ)

GO NOW

[ゴーナウ]
Go Now
1995年【英】 上映時間:81分
平均点:7.17 / 10(Review 18人) (点数分布表示)
公開開始日(1997-10-04)
ドラマ
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-08-29)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督マイケル・ウィンターボトム
キャストロバート・カーライル(男優)ニック・キャメロン
ジュリエット・オーブリー(女優)カレン・ウォーカー
ジェームズ・ネスビット(男優)トニー
ソフィー・オコネドー(女優)ポーラ
トニー・カラン(男優)クリス・キャメロン
ロジャー・アシュトン=グリフィス(男優)ウォルシュ
字幕翻訳石田泰子
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
18.《ネタバレ》  難病ものではあるが、綺麗ごとだけでないリアルな情景も描かれていて考えさせられますね。正解のない、何をすれば良いのかも見えない状況に置かれた中での、家族や恋人、仲間達の支えが心を打ちました。
 ロバート・カーライルはやはり見事な演技でした。

TMさん [ビデオ(吹替)] 7点(2013-09-28 09:34:12)
17.精一杯頑張ること・愛情の美しさを痛いほど感じました。
りえりえさん [ビデオ(字幕)] 7点(2005-10-28 02:29:35)
16.短い作品だけど人生においての必要なもの(特に感情面)がぎっしり詰まっていて観終わった後ものすごく晴れ晴れしい気分になれました。この作品は誰にでも薦められる”いい映画”のひとつだと私は堂々と言えます。なぜなら私はこの作品とほぼ真逆な生活を送っているからです。
tetsu78さん 8点(2004-06-03 00:37:41)
15.テンポがいいのに上すべりじゃない。実はTVMだったってほんとかしら? ずいぶん丁寧に作ってある、と感心。肩の力の抜け方がいい。いわゆる「難病」ものが苦手な人にもこれはOKでしょう。「感動したい」病(失礼!)の人や「不倫はいけない」病(これも言いすぎ?失礼!)の人には向かないかも。ああやっぱり私ってほんとに口がわるいか。ごめんなさい。あまり深い意味ではないので、軽く受けとめてください。今までロバート・カーライルを観た中では、このときの演技が私は一番好きです。せつない。(このレビューで500作投稿と相成りました。約1年。1日あたり1本以上書いてきたってことですね。そう思うと感慨深いです)
おばちゃんさん 8点(2004-02-08 14:54:07)
14.最近のTVドラマにもこういうのありますよね。重度の障害を抱えつつも俗っぽい精神を隠さないというテーマ。すこし間違えれば陳腐になりがちな内容ですが、酒とサッカーという放蕩的イギリス労働階級の雰囲気がワサビのように効いていて、陳腐さを払拭しています。ロバート・カーライルとジュリエット・オーブリーのカップルは、女性のほうが体も大柄で、情けないやら微笑ましいやら複雑な印象を受けます。外見も内面も平凡で格好悪い主人公で正解です。公開当時も今もたいした話題になっていないですが、まさに掘り出し物を見つけた感じです。
USS_Barcelonaさん 9点(2003-12-07 21:23:10)
13.生きていることは素晴らしい、愛のない人生なんて…、と思わせる。イギリスはいいです。
Bridgetさん 6点(2003-08-26 00:51:47)
12.カーライル独特の"感情が匂う"演技が秀逸。サッカー、仕事、恋愛、突然降りかかる不幸、生きてゆく勇気。映画の中に強弱があって味が沁みてくる。
蒼黒№8さん 6点(2003-07-12 21:02:06)
11.ごめんなさい・・・どうしても好きになれないです。テーマが重いし、カーライルの演技がだめです。リアルなのかよくわからにですけど、この映画は直視できない感じです。
鉄男さん 3点(2003-05-08 21:40:27)
10.病気をもつ当人、それを支える家族、恋人、友人の気持ちが非常にリアルでした。見ているこっちも、どう接したら・・・と戸惑いました。ロバート・カーライルの熱演も良いが、ジュリエット・オーブリーが抜群に良かった!
もみじプリンさん 7点(2003-03-14 11:29:15)
9.カーライルの作品の中では一番好きです。ココで知ったのですがウインターボトムが監督だったんですね。良い筈だ・・・
venomさん 7点(2003-03-10 00:38:00)
8.多発性硬化症という、まだ治療法が発見されていない難病にかかった青年の話だが、決して重苦しくなくむしろ飄々とストーリーが展開されている。しかしリアルに闘病生活を描く事は決して忘れられておらず、ロバート・カーライルの演技もしっかりと胸を捉える。個人的には「そこそこかな」という感じだったけど、試合のシーンをほぼ一人芝居で巧みに演じたサッカーチームの監督に+1点で7点で。
woodさん 7点(2003-02-26 13:22:47)
7.カーライルの演技と、今までの闘病物と一味違った演出が素晴らしい。サッカーチームの仲間の陽気さが、重くなりがちなテーマの救いでもあり、悲痛さを増す要素にもなっている。彼女<ジュリエット・オーブリー>の強さと弱さの描写のバランスも絶妙。ただ、最後は思ったより普通だったのがちょっと残念な気がするが、あれはあれで良かったんでしょう。
クロマスさん 7点(2003-02-09 17:40:42)
6.生きる勇気が沸いてくる
ごーさん 5点(2003-01-25 15:35:41)
5.ロバートカーライル良いっすね。サッカーというスポーツも好きですし、主人公の苦悶、葛藤もまた良く伝わってくる。重い話になりがちなところ、ロバートカーライルがなんとも言えない演技で魅了させてくれる。ラストも良い。
恥部@研さん 8点(2002-12-13 12:17:03)
4.この映画というよりカーライルの主演映画はイギリスの曇り空が実に良く合う。作品だけを見ると悲しいんだけどあの音楽で救われる。
ポン引きさん 8点(2002-11-23 21:17:59)
3.いやー、何というかロバート・カーライルは上手い!!とってもロマンティックで、途中二人とも浮気してるんだけど、それでも彼は彼女の所に戻るし、彼女は彼と結婚するし。レンタルしてよかったーと思えた。以降3回ぐらいレンタルして見た。
ロシアンカエサルさん 8点(2002-07-30 23:23:08)
2.とても泣けました。病気が題材なのに決して暗くはならず、人の温かさを感じられて とても後味の良い映画でした。ロバート・カーライルは何を演じても上手いですね。ウィンターボトム監督の作品は心に残るものが多いです。
pikoさん 9点(2002-04-04 16:05:40)
1.不治の病の主人公が回りの人に支えられながら生きていく暗くなく前向きなストーリー
mamikさん 9点(2001-08-17 16:19:07)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 18人
平均点数 7.17点
000.00%
100.00%
200.00%
315.56%
400.00%
515.56%
6211.11%
7633.33%
8527.78%
9316.67%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 Review0人
3 鑑賞後の後味 Review0人
4 音楽評価 9.00点 Review1人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS