Mr.ノーバディのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ミ行
 > Mr.ノーバディ
 > (レビュー・クチコミ)

Mr.ノーバディ

[ミスターノーバディ]
Nobody
2020年【米】 上映時間:92分
平均点:7.12 / 10(Review 17人) (点数分布表示)
公開開始日(2021-06-11)
アクションファミリーヤクザ・マフィアハードボイルドバイオレンス
新規登録(2021-04-18)【にゃお♪】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
キャストボブ・オデンカーク(男優)ハッチ・マンセル
コニー・ニールセン(女優)ベッカ・マンセル
RZA(男優)ハリー・マンセル
クリストファー・ロイド(男優)デビッド・マンセル
マイケル・アイアンサイド(男優)エディ・ウィリアムズ
配給東宝東和
あらすじ
妻子と郊外の一軒家に暮らすハッチは、日々ルーチンの繰り返しに追われる平凡な中年男性。ある晩、就寝中に強盗に侵入されたが、彼が反撃出来るのに躊躇ったことから妻と長男はよそよそしい態度に。幼い愛娘だけはハッチになついていたが、強盗が娘の大切なアクセサリーを持ち去ったと思った彼は、突如思いがけない行動に。更には、偶々乗ったバスに粗暴な若者グループが無理やり乗り込んで来たことから彼の行動は益々ヒートアップし、その結果とんでもない大騒ぎが起きてしまう。一体彼は何者なのか?退屈な生活に我慢を重ねていた一見平凡なオヤジが、家族のため正義のため、そして何よりも自らの闘争本能のため、壮絶な戦いの世界へと舞い戻って行く姿を描く痛快バイオレンスアクション。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
17.《ネタバレ》 悪い奴が手をだしたら、メチャ、ヤベー奴で逆にボコボコにされる系の映画。ただ、前半、バスで喧嘩になるんだけど、一方的に敵をやっつけるんじゃなく、主人公も結構、ボコボコにされるってのが、なんか新鮮。後半の銃撃戦は、こっちのテンションもあがりまくりのカッコよい大量のモブキャラ殺しで、スカッと解決。
なにわ君さん [インターネット(字幕)] 7点(2022-05-11 11:48:18)★《新規》★
16.Breaking, Better callでは悪徳の弁護士、映画ではこんなにも動けるおじさん、おそるべしですね。
かなりすかっとします。強すぎる
HRM36さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2022-04-30 08:51:55)
15.《ネタバレ》 普通のおじさんとして始まる序盤から、実はやたらと強いことがわかる中盤、そしてランボー化する終盤まで、
おじさんの見事な変化が楽しめます。そしておじさんのお父さんもいい味出してます。
本作ではいつくかの楽曲が使用されてますが、その使い方がセンスいいですね。
ストーリー自体は見新しくないが、センスの良さで魅せている印象です。
あろえりーなさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2022-04-28 16:21:42)(良:1票)
14.現代基準のおしゃれなバイオレンスアクション映画だなぁ…という感想。

ストーリー的には古典的なお約束の範囲を一歩もはずれず非常にシンプルなものですが、逆に言えば結局一番面白いのはまさにその手垢のついた定番ストーリー。
その古典的お約束なお話をスタイリッシュな映像と音楽で描くことで2020年レベルの映画に仕上げていると思います。

そもそもこのタイプの映画に求められているのは純粋な娯楽なわけで、そういう意味ではこの映画の出来は満点に近いんじゃないでしょうか。

逆に言えば、それ以上の物は本当に何もありませんが。
あばれて万歳さん [インターネット(字幕)] 7点(2022-03-29 14:50:05)
13.《ネタバレ》 どこにでもいるそこら辺の奴、ではなく存在してはならない奴、なのね。
情報屋の女性が正体を知った瞬間に降りるって逃げ出すのは効果的。
でもって、無敵ではないのも新しくて良い。
元々年齢不詳に見えたクリストファー・ロイドがほんとに歳とってるのはちょっと切ない。
適度に傷つきつつ最後はやっつける、というのが爽快感が増すな。
いや、あっぱれ。
roadster316さん [インターネット(字幕)] 8点(2022-03-21 22:59:59)
12.《ネタバレ》 面白かった!
ツッコミどころはある。あるが鑑賞後は爽快だった。
尺も短くていい感じ。
細かい部分が気にならないジャンル映画だし。

殺しのライセンスを持っているが、普通の幸せも夢見てしまった。
が、やはり性に合うのはあちらって事でしょうな。

バスで久々の戦闘シーンでは感覚を取り戻しながらって感じでしたが、
後半に行くにしたがってドンドン迷いが無くなってくのも良かった。

そしてサウンドトラックが良かった。
パット・ベネターのハートブレイカーは特に痺れたなぁ。
movie海馬さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2022-03-20 02:56:50)
11.無慈悲に去っていくゴミ収集車、何の変哲もない通勤と職場、愛想のない思春期の息子、毎夜距離の空いた夫婦の寝室、家族の冷たい視線と小言、延々と繰り返される鬱積の日々……。
積もりに積もった欲求不満と、持って生まれた“或る狂気”がついに抑えきれなくなり、猫ちゃんのブレスレットが奪われたことを“きっかけ”に、地味な親父はブチ切れる!

破天荒で痛快。
「ジョン・ウィック」、「96時間」、「イコライザー」の系譜に位置する“舐めてたパンピーが実は殺人マシーン”モノの新たな傑作と言って相違ない。
もはやジャンル映画化されているキャラクターの基本設定はそのままに、主人公ハッチ・マンセルの人間性が独特で良い。

地味で大人しく、妻や息子からはやや蔑視され、毎日路線バスに揺られ、Excel入力を日がな繰り返す会計士の男が、突如秘めた暴力性を覚醒する様は、荒唐無稽で狂気的だけれど、同時に多大な娯楽性とカタルシスを孕んでいた。

自宅に押し入って去っていった強盗に対して、意気揚々と報復に行ったはいいものの、予想外の展開で“不発”に終わる主人公。悶々としたまま帰りのバスに乗り込んだところに、街のゴロツキどもが乗り込んでくる様子を見るやいなや思わずニヤニヤを抑えきれない主人公の様相からは、長年抑え込んできたのであろう彼の真の狂気性が溢れ出ていた。

そう、この男、間違いなく狂っている。
他の同系譜の映画のように、愛する家族を守るためにひた隠しにしていたその凶暴性を不本意に解放したのではなく、日頃の鬱積が溜まらなくなって、意識的に“暴発”させたと言ったほうが正しい。それは、家族との安穏な生活を自ら放棄したと言っても過言ではなく、明らかに“やりすぎ”であろう。
だがしかし、その“暴発”の様こそが、多くの鑑賞者、特に彼と同じように日々鬱積を抱える我々“親父”層には堪らないカタルシス解放の起因となったのだと思える。

このアクション映画が描き出した娯楽の本質は、まさしく世界中の“親父たち”が抱える「欲求」の実現化。
唯一の得意料理を家族に振る舞いたいし、贅沢な海外旅行を計画したいし、高級クラシックカーを乗り回したい。そして、娘には好かれたいし、息子には尊敬されたいし、妻とはいつまでも愛し合っていたいのだ。

無論、普通の親父には、そのためにロシアンマフィアを壊滅することなんてしないし、できないけれど、小さくても自分自身が孕む「力」を解放することは、できるかもしれない。
この映画のカタルシスの正体はそういうことだった。


主人公の父親役で登場するのは我らがクリストファー・ロイド。施設暮らしの老いさらばえた爺さんと思いきや、主人公以上の狂気性を爆発させて見せてくれる。
最高、続編も期待大。
鉄腕麗人さん [インターネット(字幕)] 8点(2022-02-23 00:02:37)
10.終始イコライザー的なノリですがMrノーバディ氏には三世代の家族がいる点が大きく異なる点です。イコライザー同様序盤は結構渋めですが、徐々にほころびが目立つようになってくるのも酷似しています。第一、日々の鍛錬を行っていない晩秋のオッサンが実践的に強いとかありえませんよねぇ。まあそういうリアル感を求めてもいけないのかもしれませんが、なんだかちょっとシラケちゃう点が目立ちます。(笑いどころかもしれませんが、おじいちゃんのパートも同様)

噂や雰囲気で凄みを演出する点はハナマル。また、Jazzを聴いたり無線から聞かれる謎の声などの演出も渋くて良いですが、若者数名との肉弾戦は無い。またその他の部分ももう少し工夫すればもっとよくなったハズですが、安易にドンパチに収束させる流れは短絡的で稚拙に感じました。そもそも今の時代はこういった直接的かつ過激なドンパチはみんな見慣れちゃっているので、新しい見せ方を開発していただきたかったところです。(ラストシーンを最初にもってくる意図もよく理解できなかったし、それが正しく機能しているとも思えなかった)

個人的にはソウル・グッドマンくらいの雰囲気のほうが渋くて良かったので今回はやり過ぎに感じました。総合的に見ると渋さを前面に出している割に子供っぽくてかなり軽いノリの作品ですが、まあ見られないこともないので甘めの点数にしておきます。
アラジン2014さん [インターネット(字幕)] 5点(2021-12-31 12:29:02)
9.大筋はジョンウィック、イコライザー。
ボロボロになりながら戦う姿はダイハード。
音楽の使い方はアトミックブロンド。
10年代にありがちなアクション映画…といった感じなのですが割と新鮮な見せ方も沢山あって飽きなかったです。
これが90分以上あったらくどくなっていましたね。90分という尺もシンプルな内容と相まって丁度いいです。
王道のハリウッドアクション映画の流れを汲むような作品でしょうか。
アメコミ系作品に飽きちゃった人にオススメ。
南雲しのぶさん [映画館(字幕)] 7点(2021-12-13 18:46:38)
8.《ネタバレ》 うーん。正直言って、メチャクチャじゃないですか。娘のブレスレットが見あたらないことが発火点だったと思いますが、そんなキャラクターかなあ。いえ、娘がとっても大事なのはわかりますが、それで家族を危険に晒すほど我を忘れる主人公とは思えない。反撃を開始し始めてからは、多少ダメージを食らっても見ていて負けるような気がしない。好きなシーン(火曜日にゴミを出し忘れるところ、ラザニア作ると宣言するとき、自慢げなところ)もあるんだけど、冒頭の強盗シーン(ゴルフクラブで殴りつけなかった)のように、本当に「NOBODY(なんでもない人)」が、暴力に対して、合理的で最低限の対処を繰り返し、難局を抜け出すような話ならよかったのに、と思っています。漫画「マイホームヒーロー」の鳥栖哲雄みたいに。「Mr」つけた邦題もどうか。Mrつけたら、NOBODYじゃないだろ。あえてかもしれないが、そんな映画じゃなかったと思うが。原題は、普通名詞だったはず。【追記】ああ、なるほど。目隠シストさん、ワタシもアレっと思ったクチです。確かに作中、彼の経歴を調べて「存在しない人」という意味でNOBODYを使っているシーンがあります。ただ、冒頭の1週間の繰り返しは、まさに「なんでもない人」のシーンですよね。タイトルのNOBODYは2つの意味を持つものであり、その意味でも「Mr」 はいらないだろと思っています。
なたねさん [DVD(字幕)] 3点(2021-12-07 06:08:58)
7.《ネタバレ》 邦題は『Mr.ノーバディ』原題は『Nobody』。私は勝手に「誰でもない男」=「どこにでもいる普通の男」と意訳してしまい、DVDパッケージのキャプションも相まって、マイケル・ダグラス主演の『フォーリング・ダウン』みたいに一般人がブチ切れるお話だとばかり思っておりました。しかしこれが全く的外れ。タイトルは『存在しない人』が正しく、主人公は何処にでもいる普通のオジサンではなく、国家レベルの力で存在を隠蔽してしまうトンデモない素性の男でありました。劇中の台詞を借りるなら、羊の皮を被った『狼』どころではなく『オルトロス』『キマイラ』あるいは『ケルベロス』クラスの化け物だったワケであります(注:当方現在『真・女神転生Ⅴ』にドハマり中です)。まあ、とにかく強いこと。でも決してスーパーマンではありません。普通に反撃をうけて傷だらけ。彼の凄さは技術面ではなく、精神面の方。修羅場を潜った経験値がべらぼうなんでしょう。そんな主人公のキャラクターが実に魅力的で、「やりすぎ」「無茶しすぎ」「ちょっとオフザケ」な超絶バイオレンスアクションを存分に堪能することができました。音楽もサイコー!大別すると『キック・アス』とか『ザ・ハント』と同じバイオレンスアクションで、コンプライアンス無縁の代物でありますが、体に良くないものほどオイシイのが世の常であります。
目隠シストさん [ブルーレイ(吹替)] 9点(2021-12-06 22:19:58)
6.《ネタバレ》 あらすじから96時間の父ちゃん(リーアム・ニーソン)的な強さを期待していたら、こちらの父ちゃんは結構やられます。
正体を知った相手に異常なほど恐れられる存在の割には、こちらの父ちゃんは結構やられます。
この父ちゃん本当に強いの?と疑ってしまいますが、打たれ強いのは確かです。
でも、毎週のゴミ出しがいつまでたってもきちんとできません。さすがにどうかと思います。
そんなこんなで、観終わってから今ひとつスカッとしません。
リニアさん [映画館(字幕)] 6点(2021-08-20 19:18:03)
5.《ネタバレ》 よくある「隠れ」スーパーマンが躍動するアクションスリラーで、お話の中身・キャラ設定・実際のキャラの出来映え等についても、さほど特筆するレベルなモンでもないかと思います。ボブ・オデンカークって、もっと全然年寄りなイメージだったんすけど(現実も還暦近いし)、今作では40代くらいの設定でしょうかね。だとしても若々しさやパワフルさといったものは(見た目的にも)あまり強くは感じられませんし、個人的にはジェイソン・ステイサムとかデンゼル・ワシントンとかキアヌ・リーヴス、とかの方がこーいうのとして好みではあります。

ただ、その肝心のアクションの爽快感とゆーのは率直にかなり素晴らしかったですね。例えば、音楽の使い方が実に好いです。ジャズ風の曲が多かった気もしますが(サッチモとか)ノリは好いしレトロな聴き心地もリラクサブルで、結構凄惨なアクションシーンなのですけど(主人公側もチョコチョコダメージ喰らってますし)実に心地好く眺めてゆけるのですね。その意味では、スピード感重視の(内容薄めな)展開運びも空気感を味わう上では適切だったかと。

全体的に非常にシンプルで軽~く観れるという映画です。暇潰しには確実に有用な作品でしょう。
Yuki2Invyさん [映画館(字幕)] 7点(2021-07-22 12:41:54)
4.《ネタバレ》 只管痛快!平凡なオヤジが実はとんでもない素性の持ち主で、そうとは知らずにかかって来る敵をバッタバッタとなぎ倒す、という設定はとりわけ珍しくもないのだけれど、涼しい顔して汗もかかず血も流さずに戦っていくという無敵のヒーロー像ではなく、殴られるは蹴られるは刺されるはで、満身創痍で戦っていく姿に妙に共感。
みじめに死んでいく敵に対して全く同情することなく、時として大笑いしながら鑑賞しました。よくよく考えてみると、いくら悪党と言えども偶々ヤバいオヤジに出くわしてしまったがために、一夜のうちに人生を終えてしまうという相当被害者的な巻き込まれ損な奴らなんだけどね。
そして、クリストファー・ロイド演じるお父さんがまたいい味出してます。息子の暴走に巻き込まれてしまう可哀そうな老人かと思いきや、嬉々として躊躇いなく至近距離からショットガンをぶっ放す。ある意味主役じゃん、みたいな存在感。
そして、全編通してスピーディーに展開していく物語は、この種の作品としてはちょうどいい尺。続編制作の噂があるみたいだけれど、こりゃあ続編に期待したくなります。
ところで、ロイド父さんはどこに行くのかな?老人ホームには戻れないですものね。もしかして、他の仲間も含めて実は皆ノーバディ?
ぽこた(ぺいぺい)さん [映画館(字幕)] 9点(2021-07-20 22:31:37)(良:1票)
3.《ネタバレ》 実に痛快でした。
予告編で、殴られっぱなしの敵のシーンで、イマイチな映画の印象でしたが
実は抵抗できない状態に追い込んでからの、パンチのシーンでした。
予告編の作り方が雑です。 本編はもっと面白い!

10数年振りのガチバトルで、徐々に闘争本能が蘇ってくる感じがいい。
なにしろそれまでのつまらない日常を描くシーンがコンパクトに編集してあり、
サクサク物語が進んでいき、もったりぷらずにバトル突入が、気の短いオイラに親切だ。
ヒューマンドラマの部分は徹底的に短く編集する潔さ、なのに俳優さんの爪痕も物語もしっかり。
で90分で完結。これぞ娯楽映画。 日本の映画監督には絶対に真似できない。

政府の秘密の任務をこなしていた過去の事は、絶対公できない為「ノーバディ」としか言えない。
その秘密を知ろうとする者は、消される危険性から、それに気付いた関係者が次々逃げていくシーンがいい。
しかも、主人公ノーバディの親父(元軍人)も老人ホームから現役復帰で、年寄りパワーが炸裂。
ロシアンマフィアとの全面戦争で、役者が揃って、エキサイトなクライマックスへ。
久々に、見てて拳に力が入る興奮の連続。
これは絶対映画館で見るべきです。 パットベネターのハートブレイカー いい曲使ってます。

追伸・・ エンドロール直後に退席した人、ラストシーンがもう一回ありましたよ? 見逃しましたねえ
グルコサミンSさん [映画館(字幕)] 9点(2021-06-26 19:21:56)(良:1票)
2.おもしろいです。 頭をすっからかんにして、純粋に映像を眺めるには十分に見ごたえがあります。 まあ、細かい部分での「?」は、たくさんあるのですが、そういうのは無視して楽しみましょ。 そういった作品ですね。
ミスプロさん [映画館(字幕)] 7点(2021-06-14 21:03:44)(良:2票)
1.《ネタバレ》 92分という尺のせいか、やや説明不足の感は有りました。
しかし、内容は大満足でしたよ。
(ジョン・ウィック+イコライザー)÷2に少し足りない。‥‥といった処ですかね。(まぁ、資金的な問題も有りそうですが)

普段は冴えない中年オヤジ
ある出来事から、息子には軽蔑され、妻との関係も上手くいかない。
ムシャクシャしてバスに乗ったところ、バスの中で街の不良グループに絡まれて喧嘩になってしまった。

ところが彼、昔は凄腕の殺し屋(ただし、そこまで圧倒的に強いわけではありません。)
その能力が覚醒し、グループを全滅させるのですが、その中の一人が、残忍・冷酷なマフィアのボスの弟だった。
さて、一体どうなることやら‥‥というあらすじです。

軽く観て、楽しむのにはうってつけの作品でした。
主人公の暗い過去の掘り下げ、妻や息子との関係の修復、マフィアのボスから盗んだ絵画のその後‥‥など、あと15分程度有れば描写出来たと思います。
そこは残念
終盤、倉庫内でマフィアを迎え撃つシーンも、もっと「ホーム・アローン」的にいろんなトラップが欲しかった。

主人公の父親役、御年82歳のクリストファー・ロイドもマシンガンを片手に大活躍してくれます。
この手の映画が好きな人は必見です。
スカッとする映画ですよ。
TerenParenさん [映画館(字幕)] 8点(2021-06-11 22:58:34)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 17人
平均点数 7.12点
000.00%
100.00%
200.00%
315.88%
400.00%
515.88%
6211.76%
7635.29%
8423.53%
9317.65%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review1人
2 ストーリー評価 6.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 5.00点 Review1人
4 音楽評価 6.00点 Review1人
5 感泣評価 1.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS