モータルコンバット(2021)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > モ行
 > モータルコンバット(2021)
 > (レビュー・クチコミ)

モータルコンバット(2021)

[モータルコンバット]
Mortal Kombat
2021年【米】 上映時間:110分
平均点:6.50 / 10(Review 4人) (点数分布表示)
公開開始日(2021-06-18)
アクションファンタジーシリーズものリメイクゲームの映画化
新規登録(2021-04-26)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2021-04-29)【にゃお♪】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
キャスト浅野忠信(男優)ライデン
真田広之(男優)スコーピオン/ハサシ・ハンゾウ
チン・ハン〔1969年生〕(男優)シャン・ツン
ジョー・タスリム(男優)サブ・ゼロ/ビ・ハン
ルイス・タン(男優)コール・ヤング
ジェシカ・マクナミー(女優)ソニア・ブレイド
製作ジェームズ・ワン
トッド・ガーナー
制作ニュー・ライン・シネマ
配給ワーナー・ブラザース
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
4.《ネタバレ》 前の映画は見てません。ゲームもやってません。キャラはなんとなーく知ってますが設定などはさっぱりです。
全世界でもトップクラスの売り上げを誇る格ゲー「モータルコンバット」の実写版。
当然ながら日本では売れてません。最新作は確か販売もしてません(輸入盤でプレーすることになる)。

とにかくサブゼロがかっこいい。主人公が割と空気。
サブゼロアクションを堪能するための映画となっちゃってます。でもいいシーンは大体予告で使われちゃってるんだよなぁ。
敵陣営がライデンの拠点に攻め込んで来て一旦敗走するものの、すぐにリベンジ戦になるときの勢いの良さがすさまじい。
「1対1で戦えば勝機はある!」って、さっきそれで負けてなかったっけ?
しかも1対1の場面を作るのが、ライデンのワープ能力。敵も味方もワープさせてないか?展開の移行の仕方が雑すぎてもはや何が何だか。
そんな物語性皆無のお話で、展開も読めまくりですが、サブゼロとのバトルが点数を大幅に引き上げて6点。サブゼロのアクションが弱けりゃ3ぐらいだよ。

あと魔界の神?とやらがさえないおっさんにしか見えなくて、威厳もなんもねぇ。
魔界の神の玉座、壁も天井も無いので環境劣悪だな。クラウドファンディングでもっと良いところに住めるようにがんばれよ、とか思ってた。
おバカなノリのノー天気アクション映画。最近こういうのが続くね。逆に新鮮だわw
みーちゃんさん [映画館(字幕)] 6点(2021-07-20 10:50:09)★《新規》★
3.《ネタバレ》 何も前提を入れずに気楽に観に行きましたが、思ったよりだいぶん楽しめましたよ。元ネタは残虐がウリの格闘ゲームとのことですが、この映画版でもその格闘は武器で斬ったり刺したりのオンパレードな血ミドロで(かなり痛そう)、かつトドメの所謂「フェイタリティ」は確実に18禁レベルのハードスプラッタ連発、という有様でした(実際はR15+ですケド)。が、何ちゅーかやっぱり少し「背徳的」とも言えるよーな優れた爽快感がありましたね。一点注文を付けるなら、もう少し敵に対する恨みつらみが募ったトコロでカマしてくれるとより一層爽やかだったかも知れません(まあ、話の内容・キャラ設定のつくり込みはかなり甘めな作品なので、ソコは如何ともし難くはあるのですケド)。

前述どおり、話の内容や世界観には大した中身・工夫も無くて、要は、敵味方色んなキャラがワンサカ出てきてそいつらがバトルロイヤルでひたすら闘うよ!というだけの話です。その一番肝心な登場キャラに関しては(ココは原作準拠なのだとは思うのですが)中々彩り・バランス好く集められていたのではないでしょーか。主人公はチョイ地味な気もしますが、女キャラは可愛かったですし、我々日本人なら何と言っても真田広之の絶大な存在感は非常に嬉しいトコロです。続編の製作自体はかなりの確度で期待できるのではないかと(出来がどーなるかは分かりませんケド)。
Yuki2Invyさん [映画館(字幕)] 7点(2021-06-24 21:05:52)
2.《ネタバレ》 元のゲーム版は初期をちょっとやったくらいです。実写映像を取り込んでいて目を引きましたが操作性やグロ具合で日本ではあまりウケませんでしたね。 アジア風味が強いので映画はどうなることかと思ってましたが浅野忠信が目を光らせて出てきた時は笑いました。大物のライデン役をやらせてもらってますが割とハマってましたね。まあ全てはOPを飾り、最後には復活を遂げ復讐を果たした真田広之が貫禄のアクションで持っていきましたが、この二人を起用したのは正解だったと思います。モータルコンバットのファンの方にはまずまずだったのではないでしょうか。 ただまあ固有名詞がやたらと出てくるし、敵味方それなりの数が出てくる割に駆け足気味なので世界観を含め分かりづらかった気がしますね。110分と今どきコンパクト気味な時間だし、シリーズ化を狙うならもうちょっと丁寧に作っても良かったような。
ロカホリさん [映画館(字幕)] 6点(2021-06-23 02:41:16)
1.《ネタバレ》 ストーリーの入り込みやすさというか単純明快さでいえば95年版の方が好きなのですが、なんと言っても本作は近年の原作ゲームでより一層残虐度が増したフェイタリティの再現と、圧倒的に格好いい真田広之の役回りです。
もはや主人公食う勢いですが、そんなのお構いなしに暴れ回る冒頭(と終盤)だけで観てよかったと思える作り。
そして旧作ではマイルドだった(と言ってもこの頃の原作ゲームの描写自体の限界でもあったのですが)フェタリティがしっかりと「トドメの一撃」として無慈悲かつグロテスクに演出されていてもはやそこらのスプラッター映画よりも過激なのがまたいいです。
アクションに関してもスピード感が増していて迫力ありますし、欲を言えばもう少しストーリーを単純にして時間を短くしてくれれば良かったかなーとも思いましたが、十分面白い作品でした。
クリムゾン・キングさん [映画館(字幕)] 7点(2021-06-20 02:32:23)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 4人
平均点数 6.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6250.00%
7250.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS