プロミシング・ヤング・ウーマンのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > プロミシング・ヤング・ウーマン
 > (レビュー・クチコミ)

プロミシング・ヤング・ウーマン

[プロミシングヤングウーマン]
Promising Young Woman
2020年【米】 上映時間:113分
平均点:6.25 / 10(Review 4人) (点数分布表示)
公開開始日(2021-07-16)
サスペンス犯罪もの
新規登録(2021-05-06)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2021-10-17)【3737】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
キャストキャリー・マリガン(女優)カサンドラ
ボー・バーナム(男優)ライアン
アリソン・ブリー(女優)マジソン
クランシー・ブラウン(男優)スタンリー
ジェニファー・クーリッジ(女優)スーザン
製作マーゴット・ロビー
製作総指揮キャリー・マリガン
配給パルコ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
4.《ネタバレ》 何の予備知識もなく鑑賞。まさかのリベンジもの。もう少し前向きな明るい映画かと思っていた。全体の流れはまずまず。ただ、すぐ復讐に入らずに何年も放置していたのは何故?とか男誘って制裁って云ってるけど、男に実害ないし普通逆切れで襲われるだろ、とか気になる点もちらほら。演出面に残念な点が多く、特に親友の映像を出さない意図が解らない。事件のシーンを描く必要はないが、仲の良かった姿を描けばもっとがっつり感情移入できたと思う。なかなかの脚本と秀逸な演技を演出面が足を引っ張ったやや残念な作品。
ふじもさん [映画館(字幕)] 6点(2021-08-17 19:55:12)
3.《ネタバレ》 ムム…リベンジものですが、スリラーではないのですね。そもそも、お決まりのエロやヴァイオレンス・残虐描写というのはほぼ無いと言ってよいです。「前途を約束された女性」だった主人公が、とある事件の所為で七年も苦しみ抜いた末に、ふとそれを乗り越えかけた様子も見せつつも、結局は呪縛から逃れられず最悪の結末を迎える、という本質的には全く爽快・痛快なお話ではないのです。非常に迷いましたが、私のポリシーからは少し外れる映画なので1点引いておきます。

ただ、映画としては相当に好く出来ている方です。結論的には主人公の女性を描くことに完全にフォーカスした作品だと言えると思いますが、それを演じるキャリー・マリガンは諸々と絶品な出来でしたね。やさぐれて老け込んで疲れ果てた様な気怠い様子から、一転して怒りを迸らせて凄む様子の迫力たるや。また、いっとき前向きになる場面の幸せそうな様子も(儚げな翳を含みつつも)非常にチャーミングでした。もう一つ、先ほど老け込んでと言いましたが、作中年齢は30歳のトコロ実際のマリガンは30半ばで、ソコのちょっと「薹が立った」感じもなんか妙に色っぽく見えたりしましたですね。中々に魅力的な女優さんだと思いました(だから尚更、このラストの無念さが際立つのですケド)。
Yuki2Invyさん [映画館(字幕)] 6点(2021-07-31 21:45:05)
2.《ネタバレ》 化粧の濃ゆい、お持ち帰りオンナのフリした復讐女をキャリー・マリガンが怪演。悲願の復讐をしくじり、返り討ちを食らうアタシだけど痛快な結末。コメディ風サスペンス。もう一度観る。
獅子-平常心さん [映画館(字幕)] 6点(2021-07-31 19:18:27)
1.《ネタバレ》 簡単にいえばリベンジものなのですが、血生臭い描写だったり過激な描写で押し通す作品ではなく、ストーリーと演出で見せてくれる作品でした。
お持ち帰り男に精彩を加える場面と、主人公がだんだん前を無効とする場面の対比や、制裁を加える場面では、実際に何をしたか、というのを明確に描写していない分恐怖心を煽るものでとても良かったです。
せっかくできた恋人が実は、な展開はだいたい予想ができますが、自身が始めた弔い合戦が元で、結局破滅してしまう不毛さ、そして加害者側はのうのうと生きている非常さはなかなか恐ろしいものがありました。
結局、実際に何があったのか、などは明言されていないので、どこまで彼らがひどいことをしたのかはこちらの解釈に委ねられるのですが、若気の至りで許されるのか、命をかけるまでのことだったのか、復習は果たして最善の策だったのか、などなど、色々と考えさせられる作品でした。
そんな悶々とした考えをふっ飛ばしてくれる痛快のラストは、一件の価値ありだと思います。
クリムゾン・キングさん [映画館(字幕)] 7点(2021-07-17 12:20:50)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 4人
平均点数 6.25点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6375.00%
7125.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 6.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

【アカデミー賞 情報】

2020年 93回
作品賞 候補(ノミネート) 
主演女優賞キャリー・マリガン候補(ノミネート) 
監督賞 候補(ノミネート) 
脚本賞 受賞 
編集賞 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS