漁港の肉子ちゃんのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > キ行
 > 漁港の肉子ちゃん
 > (レビュー・クチコミ)

漁港の肉子ちゃん

[ギョコウノニクコチャン]
2021年【日】 上映時間:97分
平均点:6.36 / 10(Review 11人) (点数分布表示)
公開開始日(2021-06-11)
ドラマコメディアニメ小説の映画化
新規登録(2021-05-31)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2022-02-08)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督渡辺歩
大竹しのぶ肉子ちゃん
Cocomiキクコ
花江夏樹二宮
中村育二サッサン
山西惇ゼンジ
下野紘トカゲ、ヤモリ
吉岡里帆みう
宮迫博之セミ
原作西加奈子「漁港の肉子ちゃん」(幻冬舎文庫)
音楽村松崇継
作詞吉田拓郎主題歌「イメージの詩」
作曲吉田拓郎主題歌「イメージの詩」
編曲武部聡志主題歌「イメージの詩」
主題歌GReeeeNエンディングテーマ「たけてん」(ユニバーサルミュージック)
製作吉本興業
企画明石家さんま
プロデューサー明石家さんま(プロデュース)
制作STUDIO 4℃(アニメーション制作)
配給アスミック・エース
作画小西賢一(キャラクターデザイン/総作画監督)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
11.《ネタバレ》 さんまさんがプロデュースって、どこまで制作に携わってるかわかりませんけど、映画の内容だけで評価するなら、私はよかったと思いますよ。 肉子ちゃんのビジュアルと関西弁はアニメ映えするし、STUDIO 4℃による北陸の港町のキレイな風景に、美味しそうなご飯の数々も素晴らしい。 そして肉子ちゃんのキャラによるものだろう、親子ものの切ない話でありながら、ウェットなシーンでもなぜか賑やかで温かくて。でも、キクコちゃんが (肉子ちゃんの) 実の子ではない、というのは、誰がどこから見てもわかるので (笑) 、驚いた人いるのかなあ。 あと個人的には、最後に逃げられた (読書家の) だんなさん、どこかで再登場したら面白かったと思うけど。 トトロのオマージュは遊び心があって良し。しかし言っちゃあなんだが、肉子ちゃんのビジュアルとシルエットなら、トトロってよりはむしろ 魔人ブウ だよね (`O´)
タケノコさん [インターネット(邦画)] 7点(2023-02-02 21:49:50)★《新規》★
10.原作未読だが、少5にしては内面が大人過ぎて違和感。キャラクターの造形もいいんだか、悪いんだか。女の面倒くささは伝わってくる。
東京50km圏道路地図さん [地上波(邦画)] 4点(2023-01-10 00:37:32)
9.《ネタバレ》 公開時、キャッチコピーで炎上していたが気持ちは分かる。
吉本興業と明石家さんまが関わっているだけあり、どこか偽善的でキャスティングにきな臭さは感じなくはない。
とはいえ意外にも違和感がなく、STUDIO 4℃制作なので世界観のクオリティの高さは折り紙付き。
フレンチトーストやミスジステーキ丼といった料理のディテールに本気が感じられる。

かなり重くなりそうなエピソードもコッテコテの三枚目の肉子のお陰で緩和されていた。
娘の出生の秘密についてはかなり早い段階で分かってしまうし、もう少し意外性は欲しかった。
お互いの想いを打ち明けた血の繋がらない母娘は、これからもこの漁村で終の棲家として、
前を向いて生きていくだろうと思わせる温かな人間模様。
笑いも悲しみも一緒くたに包み込んだ、ザ・人情喜劇と言ったところ。
Cinecdockeさん [地上波(邦画)] 6点(2023-01-06 23:54:58)《更新》
8.《ネタバレ》 序盤は退屈だったけど、出生の秘密が語られ始めて、急に面白くなった。
泣ける話だけど、親に捨てられて可哀想という感情ではなくて、今が幸せで良かったという嬉し涙だったように思う。
肉子ちゃんがダメな親という描かれ方をしていたけど、いろいろ苦労したんだろうな。
深刻な話ではあるけど、肉子ちゃんのキャラクターのお陰で心が救われた気がする。
もとやさん [地上波(邦画)] 7点(2023-01-05 16:09:01)
7.支離滅裂のようですが、考えたら、自分の小さいときの記憶ってこんなもんかも。変わったことしてみたくなったり、孤独を感じたり、でもそこに愛があって、救われるね、この映画。
Cocomiさんの声が自然ですごくよかったので驚きました!いいデビューでしたね
HRM36さん [インターネット(邦画)] 6点(2022-12-21 22:08:40)
6.《ネタバレ》 とても美味しそうなお肉の一枚絵ではじまる美味しそうなおはなし、、、かと思いきやお肉の赤みが太ったおばちゃんになって踊り出す。
「あ、これ違うわ」
その時そう思った。

しばらくは喜久子の話す肉子のそれまでの経緯。その後喜久子の学校生活になり二宮の話になりが繰り返ししばらく続く。最後に肉子の彼氏疑惑からの喜久子の本当の親の話になり、それで終わり。ざっとあらすじを語ればこんなもんだろう。
タイトルにある漁港よりも肉子よりも、ずっと喜久子の話だった。そんな彼女を包む環境が漁港であり肉子だったわけだが。どっちかと言うと喜久子の外的環境より、彼女が友人や肉子に対して思う内的環境に焦点が置かれていたように思う。だって、映画の大半は彼女の気持ちや心の声を追っていた。仲が良いようで内心不満に思っていた友人だったり、大好きな母だが友達には肉子が母親とバレたくないと思ってみたり、そんな母に彼氏ができたと思って気を遣ったり。

肉子がどういう女性かは全部見た後でもよく分からない。喜久子曰く、「肉子ちゃんみたいには絶対なりたくない、だけど肉子ちゃんのことは大好き」というのが一番わかりやすいセリフかも知れない。彼女を見ていて楽しそうだし幸せそうだが彼女みたいになりたいとは思われない。それは彼女の外見なのか、立ち居振る舞いなのか、はたまたその両方なのか。。。私の立場でいうなら、「友人としては楽しいがそれ以外の付き合い方はわからない」と言ったところか。そんな女性を母として持つ年ごろの女の子の苦悩がよく見える映画だった。

明石家さんまプロデュース、とかは別に要らない情報だったな。隠してくれればいいのに、見えてしまうとそちらに何かが引っ張られてしまう。本人がクレジットしてくれって言ったのかな。それけ周りが忖度したのか。いずれにせよ、余計な情報だった。
TANTOさん [インターネット(邦画)] 6点(2022-11-28 22:10:36)(良:1票)
5.《ネタバレ》 なかなかクセが強いオープニングに、最後まで楽しめるかなぁ…と不安になったけど、考え方の大人びた小学生と、子供みたいな親。ついでに喋る動物。現代版じゃりン子チエみたいで案外しっかり楽しめました。

バスケから始まるマリアちゃんの乱。弱いもの救済の体で自分に都合の良いように画策、失敗。それに対し、ことぶきセンターで二宮に話す喜久子の本心がリアルで、観ていてこっちまで心が痛くなりました。不器用なマリアに比べて案外器用に世渡りをしていく喜久子。近くにいる友だちが固定でないのも器用な証拠だろうか。夏祭りなんてこのメンバーで行くんだぁって、これもまたリアル。
喜久子と二宮の関係も面白くて、お互いに変顔しあったり、運動会の時メダルをキラキラさせてみせたりも、なんか、良かったなぁ。
私としては喜久子とクラスメイトの話だけでも充分に楽しめたけど、出生にまつわるエピソードと、病院で肉子に本心を打ち明けるところは結構もらい泣きしましたよ。

原作未読だけど、平屋住まいをグラスボートにしてるのかな?電気は?ガスは?冬は?時化の時は?目覚めたら床下を魚が泳いでるのはメルヘンチックな感じだけど、そういうのちょっとジブリらし過ぎかな。
トトロネタも入ってたし、出てくる飯が美味そうなの…は、良かったと思うけど。
それよりトカゲやセミが喋ったり、神社が話しかけてきたりって、そのうち意味が解るだろうと思ってたら、結局どこにも繋がって無かったみたい。
あと霊媒師とか、肉子の前世の話とか。なんかそこで軽く触れるだけなら、無理に入れなくてもって思ってしまった。何で氷川神社がエロ神社って呼ばれてるのか知りたかったわ。
K&Kさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2022-10-27 01:17:38)
4.原作未読。
プロデューサーや声優人に身内受け的なものを感じ取りながら、
画風には興味があったのでテレビ放映を機に視聴。
ハードルが下がりまくっていたのも功をそうしたのか
いやいやなかなか良い映画でした。
肉子ちゃんにはまったく感情移入出来なかったけど。
Pが最後に出てきたのが余計だったなぁ。「ほんまや!」
movie海馬さん [地上波(邦画)] 6点(2022-09-27 20:08:46)
3.《ネタバレ》 タイトルと看板イメージのせいで、全く見る気ありませんでした。陳謝。
先入観低すぎて、触りだけ見て消そうかと思いつつ録画見始めたのですが、
二宮君の変顔に、ハマり過ぎて、最後まで一気に見てしまった。

娘が母親の肉子と、本当の母親について初めて語り合うシーンがいいです。
11歳の娘が精神的に大人過ぎて、母親の精神年齢と逆転してて笑える。
自信の出生の重い話の時でも、淡々と受け入れていく娘が頼もしい。
小学生親子のありがちな日常風景ですが、不遇な母娘を取り巻く人々の
不器用な愛が溢れていて、気の毒で、可哀想で、愛おしくて、なのに羨ましい毎日。
観終わって、心の中に何かが確実に残る1本です。
後で、原作の小説も読んでみたいかなあ。
グルコサミンSさん [地上波(邦画)] 8点(2022-09-25 21:57:41)
2.《ネタバレ》 原作未読、さんまのまんまゲスト声優さんからの宣伝番組を観て気になり観ました。少しおバカだけど憎めない肉子ちゃんがすてきですね。交友関係が広そうなさんまさんは、こういう作品のプロデュースは向いているかもですね。小説も読んでみようかなと思いました。
ないとれいんさん [映画館(邦画)] 7点(2021-06-21 16:29:13)
1.《ネタバレ》 さんまさんプロデュースの本作、機会がございましてカミさんと劇場にて鑑賞致しました。若干独特の「ノリ」にお~と思いつつ楽しく鑑賞させていただきました。主役の肉子ちゃんの声担当の大竹しのぶさんは流石(さすが)なのですが、キクリン演じたcocomiちゃんが良かった!どうも声優初挑戦だったみたいだけど全く感じさせなかったね!! とても良い声だったな~ &その他楽しい面々(マツコなかなかだった、でももうちょっと出て欲しかったね~))も楽しそうでしたね。これもさんまさんの雰囲気だったのでしょうね。とっても面白くて感動しました。※観終わってカミさんが親不孝マグカップ買ってましたw こういうのも映画の楽しみの一つデスネ 
Kanameさん [映画館(邦画)] 7点(2021-06-18 21:15:43)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 11人
平均点数 6.36点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
419.09%
500.00%
6545.45%
7436.36%
819.09%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS