水曜日が消えたのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ス行
 > 水曜日が消えた
 > (レビュー・クチコミ)

水曜日が消えた

[スイヨウビガキエタ]
2020年【日】 上映時間:104分
平均点:7.33 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
公開開始日(2020-06-19)
公開終了日(2020-12-14)
ドラマサスペンス
新規登録(2021-06-16)【木村一号】さん
タイトル情報更新(2021-07-05)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
キャスト中村倫也(男優)斎藤数馬
きたろう(男優)医師
深川麻衣(女優)瑞野
音楽林祐介
和田亨(音楽プロデューサー)
撮影沖村志宏
製作日本テレビ(「水曜日が消えた」製作委員会)
日活(「水曜日が消えた」製作委員会)
配給日活
美術丸尾知行
録音柴崎憲治(音響効果)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.《ネタバレ》 どことなくやり尽くされたテーマの様でありながら、すごく新鮮な印象にまとめたのは凄かった。
曜日ごとの人格ながらもスポットを火曜日と水曜日にあてて物語をすすめていくところは、うまかったですね。
ひきこまれて、心配して、応援したくなって、幸せを願う。
自分も一ノ瀬になった気がして。
ひとつに戻るか、七人で生きていくか。
エンドロールをみるにつけ、これでよかったのかな、と思わせる雰囲気が素敵でした。
中村倫也さんの演技がもちろん最大の見せ場ではあるけれども、火曜日が好きになったヒロインと火曜日を好きになったヒロイン、二人ともかわいくて、この映画を素敵に彩ってくれたと思います。
かなり絞り込んだであろう脚本や、コミカルにも依りすぎない演出、サスペンス的な要素のためのクールな画づくりなど、じつはなかなかに観るものを惑わせるというか惹きつけてやまない仕掛けが満載の、満足感のある作品でした。
ろにまささん [CS・衛星(邦画)] 8点(2021-07-03 01:02:07)《新規》
2.曜日ごとに変わる7人の人格。
そのうちの水曜日の人格が消えて…というお話。

人格の入れ替わりや、曜日の飛ぶ感覚、
不思議な感覚を味わえたのがおもしろかった。
人格を使った意外性や伏線などもあって良。
中村倫也が演じる人格の妙の賜物。

ヒリついたサスペンス物かなと思いきや、
あんがいやんわりとして安心して観れました。

「7人」がニュアンスで終わってしまったのは惜しい気も。
でもエンドロールまで楽しめる。
愛野弾丸さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2021-06-20 14:50:28)
1.多重人格のお話。中村倫也っていう俳優さんの映画は見たことがなかったのですがイメージとして軽そうな感じで敬遠していたのですが、思ったよりきちんと演技をするひとでした。この時代なんだから付箋ばっかりじゃなく、もう少しビデオとかでやりとりしていそうなものですが、それを抜きにしても最後の落ちはよかったです。
木村一号さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2021-06-20 13:24:24)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 7.33点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
7266.67%
8133.33%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS