野性の呼び声のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヤ行
 > 野性の呼び声
 > (レビュー・クチコミ)

野性の呼び声

[ヤセイノヨビゴエ]
The Call of the Wild
2020年【米】 上映時間:99分
平均点:5.50 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
公開開始日(2020-02-28)
アドベンチャー動物もの小説の映画化
新規登録(2021-06-24)【かたゆき】さん
タイトル情報更新(2021-06-26)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督クリス・サンダース
キャストハリソン・フォード〔1942年生〕(男優)ジョン・ソーントン
ダン・スティーヴンス〔1982年生〕(男優)ハル
オマール・シー(男優)ペロー
カレン・ギラン(女優)マーセデス
ブラッドリー・ウィットフォード(男優)ミラー判事
磯部勉(日本語吹き替え版)
音楽ジョン・パウエル
撮影ヤヌス・カミンスキー
製作アーウィン・ストフ
配給ウォルト・ディズニー・ジャパン
編集ウィリアム・ホイ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》 ハリソン・フォード爺さんと野犬バックが大自然を行くアドベンチャー。犬なれど人並みに目で語るオイラ。物語に深みはないけれど、犬の視点で見る大自然はとっても美しい。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 6点(2021-08-22 02:51:45)★《新規》★
1.《ネタバレ》 ゴールドラッシュに沸く19世紀アメリカを舞台に、一人息子を亡くし失意の中に生きていた老人と悪徳業者にさらわれ流転の身となってなってしまった大型犬との友情を描いた冒険ドラマ。主演を務めるのは、大御所俳優ハリソン・フォード。まず特筆すべきなのは、やはり主役となる大型犬を最新のCG技術を駆使して生き生きと描いているところでしょう。鼻の濡れた感じだとか微妙に汚れた毛並みなどもはや本物としか思えません。犬が水から上がってきたときの全身の毛の濡れた質感なんてあまりにもリアル。そんな犬たちが雄大な大自然を背景に躍動的に駆けまわる姿は癒し効果抜群でした。ただ、それに対してお話の方は正直微妙。飼い犬としてのほほんと生きていた主人公バックが突然、弱肉強食の大自然の中に放り出され、様々な出会いと経験を経るうちに逞しく成長してゆくというが本作のおおまかなストーリー。率直に言ってこれがさっぱり面白くない。主人公のバックが大した苦労もないままに困難を易々と乗り越えてゆくものだから、最後まで説得力というものが皆無なのです。それに、郵便物を運ぶためにそり犬となって雪山を駆け抜ける前半部分と老人とともに金脈を求めて山の中へと分け入ってゆく後半部分が全く繋がっておらず、一編の物語としては散漫というしかありません。映像技術的は文句なしに素晴らしかっただけに、もっと脚本を練って欲しかったですね。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 5点(2021-06-26 02:19:33)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 5.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5150.00%
6150.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 5.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS