サスペクト-薄氷の狂気-のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 サ行
 > サスペクト-薄氷の狂気-の口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

サスペクト-薄氷の狂気-

[サスペクトハクヒョウノキョウキ]
Night Hunter
2018年カナダ上映時間:98分
平均点:6.00 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
公開開始日(2020-01-17)
アクションサスペンス犯罪ものミステリー
新規登録(2021-08-30)【タコ太(ぺいぺい)】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
キャストヘンリー・カヴィル(男優)マーシャル
ベン・キングズレー(男優)クーパー
アレクサンドラ・ダダリオ(女優)レイチェル
ブレンダン・フレッチャー(男優)サイモン
スタンリー・トゥッチ(男優)ハーパー
ネイサン・フィリオン(男優)クイン
音楽ベンジャミン・ウォルフィッシュ(音楽製作)
撮影マイケル・バレット〔撮影〕
あらすじ
凍えるような深夜の森の中、何者かに追われ逃げ惑う若い女性。追い詰められた彼女は高架下へ落下。捜査官のマーシャルは翌朝発見された女性の遺体の状況から、裏に何かがあるに違いないと疑い捜査を開始し、現場近くの家屋に住む容疑者サイモンの身柄を確保する。しかし彼は質問にまともに答えることが出来ない。マーシャルに代わってプロファイラーのレイチェルが真実を聞き出そうと奮闘するが、その間にも新たな事件が発生する。容疑者勾留中の新たな事件。果たして真相は?
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》 女性の暴行事件が起こっていることを匂わせる謎めいた冒頭。
そしてあっさりと事件の容疑者の身柄が拘束される。
しかし、事件は終わらない。
ラストの氷上のサスペンスではその結末は読めてしまったものの、
やはりこういう映画では並々ならぬ存在感を見せるベン・キングズレーに、
捜査官役のアレクサンドラ・ダダリオもなかなか見応えのある熱演を見せる。
これもサスペンスの一つのカタチではあるのですが、
容疑者を逮捕、解決したはずの事件は続くモノとしてなかなか面白い作品です。
とらやさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2023-10-27 17:20:21)
1.《ネタバレ》 《大いにネタバレです》
何となく既視感のあるオープニングから、ありがちなストーリーかな?と一抹の不安を感じつつ観始めたものの、スピーディな展開に程良い尺も相まって一気に楽しめました。が、サイモンが双生児というオチには不満が残ります。プロファイラーが多重人格であることを突き止め、別人格が起こした事件か?では、何故容疑者拘留中に更なる事件が?多重人格はストーリー上の見せ球で、真犯人は思いもしない別人なのか?等々思いを巡らさせておきながら双生児オチとは?!普通に兄弟じゃなくて敢えて双生児に設定したのは何故なのかが疑問です。確かに、悲しい出自が生み出した兄弟の異常な関係性から始まる凶悪事件。登場人物一人ひとりが胸に抱える悲しみ等々、ストーリーを構成するファクターはしっかりまとまっていて、観終わってみればハッピーエンドとは言えないまでもきちんと落ち着くところに落ち着くのですが、どうにもサイモン双生児設定の必然性が理解出来ず消化不良です。それと、最後のシーンって必要でしょうか?父娘関係を修復したところに、命の恩人だからとレイチェルをクルマに同乗させる必要は?父娘関係大丈夫?と心配になってしまいました。総体的には決して否定的ではありませんが、理解出来ないままの疑問というか不満が残ってしまい6点献上です。
タコ太(ぺいぺい)さん [インターネット(字幕)] 6点(2021-09-01 00:12:20)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 6.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
62100.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS