クレオパトラ(1963)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ク行
 > クレオパトラ(1963)
 > (レビュー・クチコミ)

クレオパトラ(1963)

[クレオパトラ]
Cleopatra
1963年【英・米・スイス】 上映時間:251分
平均点:5.93 / 10(Review 27人) (点数分布表示)
公開開始日(1963-11-26)
ドラマ歴史もの伝記もの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-11-30)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョセフ・L・マンキウィッツ
キャストエリザベス・テイラー〔女優・1932年生〕(女優)クレオパトラ
リチャード・バートン(男優)アントニー(アントニウス)
レックス・ハリソン(男優)シーザー(カエサル)
ロディ・マクドウォール(男優)オクタヴィアヌス
ジョージ・コール(男優)フラウィウス
ヒューム・クローニン(男優)ソシゲネス
アンドリュー・キア(男優)アグリッパ
グレゴワール・アスラン(男優)ポティナス
マイケル・ホーダーン(男優)シセロ
ロバート・スティーヴンス〔男優・1931年生〕(男優)ゲルマニクス
フランセスカ・アニス(女優)クレオパトラの侍女
マーティン・ランドー(男優)ルフィオ
小川真由美(女優)クレオパトラ(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
石田太郎マーク・アントニー(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
内田稔ジュリアス・シーザー(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
樋浦勉アポロドーロス(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
仁内建之ルフィオ(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
木原正二郎ブルータス(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
筈見純アグリッパ(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
平林尚三ラモス/ポティナス(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
青野武ゲルマニクス(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
藤本譲シセロ(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
寺島幹夫カシウス(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
土師孝也プトレマイオス13世(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
富川徹夫オクタヴィアヌス(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
江守徹マーク・アントニー(日本語吹き替え版【TBS】)
北村和夫ジュリアス・シーザー(日本語吹き替え版【TBS】)
脚本シドニー・バックマン
ラナルド・マクドゥガル
ジョセフ・L・マンキウィッツ
音楽アレックス・ノース
撮影レオン・シャムロイ(撮影監督)
ジャック・ヒルデヤード(ノン・クレジット)
クロード・ルノワール(第二班)
製作ウォルター・ウェンジャー
配給20世紀フォックス
特撮L・B・アボット
美術ジョン・デ・キュア
ハーマン・A・ブルメンタル
ジャック・マーティン・スミス
ウォルター・M・スコット(装置)
ポール・S・フォックス(装置)
レイ・モイヤー〔美術〕(装置)
衣装アイリーン・シャラフ
レニー
ヴィットリオ・ニーノ・ノヴァレーゼ
編集ドロシー・スペンサー
エルモ・ウィリアムス(ノン・クレジット)
録音ジェームズ・P・コーカラン
フレッド・ヘインズ
マレー・スピヴァック
あらすじ
紀元前1世紀。エジプトの女王クレオパトラは絶大な人気があるローマの武将シーザーを大使としてもてなすが、二人は恋に陥り、女王はシーザーの息子を生む。しかし、シーザーはローマに帰国後、政敵に暗殺され、すでに成人しているシーザーの養子オクタビアヌスが跡を継ぐ。一方、エジプトにはシーザーの親友で政敵を倒したアントニーが着任するが、アントニーのクレオパトラに対する同情は恋愛感情に変化していく。ローマでオクタビアヌスが権力を固めるのにつれ、クレオパトラは女としての気持ちと女王としての責任の間で揺れ動く。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
27.「エリザベス・テイラーのファッションショー」とは言いえて妙だと感心するが、そのファッションがとても美しいのだ。背景となるエジプト王宮も、実際がどうだったのかはさておき、豪華でなかなかのもの。ローマ入場シーンの迫力もすごい。ストーリーは特にどうということもないのだが、ファッションだけでこの長丁場、十分堪能できました。
駆けてゆく雲さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2019-09-10 16:49:57)★《更新》★
26.古代史重要人物のキャスティングは10年前に作られた同監督の「ジュリアス・シーザー」よりしっくりきます。まあお金もかけてますからね。一応史実通りに物語は進んでいきますが、ヒロイン・ヒーローの心情描写となると、色の付け過ぎだろって部分もありますが・・・それにしても贅沢な製作費で日本の大河とは比較にならない程の壮大な時空の広がりが堪能できます。長い映画でしたが作者の意図がこめられた当初の5時間超え版も見てみたくもなりますが・・・
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2018-12-24 12:14:37)
25.エリザベス・テイラーのファッションショーの合間にローマとエジプトが戦争してる感じの作品。
1963年の作品とは思えないくらい映像が綺麗だったことに驚いた。
クレオパトラの生涯を描いてるんだろうけど、エリザベス・テイラーの生涯を描いてるように思えてならない。
リチャード・バートンとくっついたり、離れたり、またくっついたりするのも史実通り。
あと、シーザーなのか、カエサルなのかはっきりさせて欲しい。
耳にはシーザーって聞こえてくるのに字幕はカエサルになってて、ややこしい。
バカみたいに長い作品だったけど、良いおっぱいだったので、損はしてないと思う。
もとやさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2018-11-21 14:58:35)
24.久しぶりに観たけど昔観たときと印象は変わらず、とにかく「金掛かってんな~」と。撮影当時、現場は映画史に残るグダグダっぷりだったことは有名だけど特別酷い仕上がりとも思えず、大道具、小道具、そしてエキストラの実物の持つ迫力が作品に重量感を与えている。個人的には「ベンハー」や「十戒」よりも造り込まれていたように思う。只、ストーリーが世界史の上辺の部分を淡々となぞるだけで、尺も長すぎるので正直ちょっと退屈。今現在の感覚ならば一般受けとは程遠いかもしれない。
J.J.フォーラムさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2018-11-21 00:26:36)
23.《ネタバレ》 これはたしかに、「金はかけたが中身はそれに見合っていない」映画ですね。話が地味すぎる。大半が政治的な駆け引きか、あるいはクレオパトラとシーザー/アントニーとのロマンス。どちらも盛り上がりに欠ける内容です。相対的にアクションが少ない。クレオパトラのローマ入場場面は盛り上がりますが、演出としてはやはり単調。それでも前半はまだ見られます。ただ、シーザー役は完全にミスキャストでしょう。レックス・ハリスンといえば『マイ・フェア・レディ』に代表されるように、学者系・文化系が似合っています。どこをどう見ても歴史に名を残すような大将軍とは思えません。これが致命的。後半は、クレオパトラが誇り高く気品にあふれていることはわかりますが、プライドが高すぎてワガママという気もしてきます。それにひきかえアントニーが情けなさすぎ。前半はどちらかというとシーザーが主人公でクレオパトラは助演という役回りだったのが、後半はクレオパトラが中心になって、よかったのかどうか難しいところです。確実にすばらしかったのは最後の自決場面で、ここではクレオパトラの誇り高き美しさがきわだっていました。しかし、そこまで行くのがあまりにも長すぎました。
アングロファイルさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2012-07-19 21:00:53)
22.《ネタバレ》 いや~、ほんと凄いですね。これだけの大掛かりで豪華絢爛なセットの数々に、大多数のエキストラ、そのエキストラに着せる衣装と小道具と、まさに超大作ですよ。巨大な神殿も、当時の船も全部ほんとに作ってる。相当な制作費がかかってることは一目瞭然で、それ故に20世紀フォックスが傾いちゃうのも頷ける。まぁ、この映像を見るだけでもそれなりに価値があるとは思うのですが、いかんせんストーリーが大味。クレオパトラの女心もどうにもよくわからず感情移入しにくいし、アントニーもみっともないだけのおっさんやし。「ベン・ハー」みたいにアクションスペクタクルがあればいいのに、そういう見せ場が船での闘いのシーンぐらいで他にほとんどなく、いわば「舞台劇」に終始してるんですよね。せっかく豪華なセットを作ったんだから、パレードとかだけで見せるのでなくスペクタクルもやってほしかったかな。そんなわけで、ストーリーはともかく、今ならみんなCGでやっちゃうであろう当時の凄まじい物量作戦で作られたこの製作陣の努力、これに6点を献上。
あろえりーなさん [DVD(字幕)] 6点(2012-03-28 01:50:53)
21.世紀の美女を世紀の女優が演ずるということもあって、大変な話題になった映画である。しかし映画が壮大な歴史スペクタクルであるにも関わらず、評判は必ずしも良くなかった。それは撮影期間が長引いたのと、巨額の費用を要したからであろう。
映画会社の経営を危機に貶めたこの映画は、費用に見合う興行成績を伴わなかったために失敗作とまで言われたが、私はそれは当てはまってないと思う。十戒やベン・ハー、天地創造と並ぶ歴史劇の名作だと思う。
戦前のデミル監督の「クレオパトラ」は、非常にまとまったコンパクトな映画であったが、マンキウィッツの「クレオパトラ」はどこまでも、壮大であり華やかである。しかもクレオパトラを美女としてだけでなく、深い愛情の持ち主として表現していると思う。それだけに見終わった後の感動が大きい。
またマンキウィッツは本来「シーザーとクレオパトラ」「アントニーとクレオパトラ」の2本の約6時間にも及ぶ長大な映画を考えていたらしい。しかし、それは観客が長すぎて敬遠してしまうということで、4時間の1本の映画に改変され、さらに上映時には3時間あまりにカットされてしまった。
私が最初見たのはこの3時間にカットされた短縮版であったが、DVDになって元の4時間版を見ることができた。どこがどう短縮されていたのかは今となってはわからないが、クレオパトラのスフィンクス像に乗ったローマ入場シーンをもしカットしたとしても話は繫がるが、それでは大変味気ないものになってしまうだろう。映画とはそういったものだ。
ESPERANZAさん [映画館(字幕)] 7点(2011-07-22 12:06:00)
20.いやあ~長かった。休日の朝から観るには長過ぎるし、ハラハラドキドキのスペクタルものを期待しずきたのか?それともハリウッドの歴史に間違いなく名前を残す美女、←ここだけは絶対に譲れない。美女と言えばこの女優なくして語れない。エリサベス・テイラーのクレオパトラぶり、イメージにぴったしなその美貌、何度も眠くなりかけている所で最後まで眠らずに見れたのはエリサベス・テイラーあればこそである。話としてのワクワク感、面白さという意味でもそれほど感じられない。それでもエリサベス・テイラーを見るという意味では見て損はない。見て良かったと言える。クレオパトラ=エリザベス・テイラー!これを見てしまえば、他のクレオパトラものは観るのをよそう!なんて気分になってしまうほどエリサベス・テイラーの美しさで3時間を超える長さを観ることが出来た。男たる者、やはり美しい女にはついつい見惚れてしまう者であるということが解った映画でもある。
青観さん [DVD(字幕)] 6点(2010-08-14 12:45:46)
19.お金は掛かってるのは判るが、前半も後半も特別引き付けられるものがない。これじゃぁコケても止む無し。クレオパトラが何を求めていたのかも明確に見えてこない。ある程度男を焚き付けてはいるが、そんなに権力欲があったようにも描かれず、なんか中途半端でぼやけ気味。その時々で目指すものが違うような。最後はメロドラマで綺麗に終わるけど、なんだかね。
MARK25さん [CS・衛星(字幕)] 3点(2008-04-20 18:11:42)
18.《ネタバレ》 数年ぶり2度目観賞。「世紀の大失敗作」と言われたほど巨額の制作費がつぎ込まれた4時間を超える歴史スペクタクル“大傑作”。このジャンルでは最高評価!前半はローマ帝国のユリウス・カエサルとエジプトの女王クレオパトラによる征服・恋愛物語。壮大なセット、万民のエキストラ、絢爛豪華な衣装―クレオパトラのローマ入場シーンは映画史上随一と言える名場面。後半は三頭政治を経て、カエサルの遺志を継いだアントニウスとクレオパトラがカエサルの養子・オクタヴィアヌスと戦います。激しい恋愛と熾烈な戦いの果てに待つのは悲劇の結末。劇中、終始煌びやかな豪華シーンの連続。さらにエリザベス・テイラー、リチャード・バートン、レックス・ハリソン、ロディ・マクドウォールら錚々たる名優たちが豪華共演。間違いなく映画鑑賞生涯に残る大傑作!!
獅子-平常心さん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2007-06-12 20:55:09)
17.《ネタバレ》 
前半は8点以上献上!面白い、シーザー(マイフェアレディの男優)ニヤケ顔だけどまあ満足。

クレオパトラ(エリザベス・テーラー)実は古い史劇は前苦手だったので、

エリザベスも初めて見たのですが、気品があってよかったです。


歴史を考えると次の日は面白くないよなぁと覚悟はしていました。

やはり・・後半は5点かなぁ・・

次の日に続きを見ますと、面白くない。

やはりシーザーは暗殺されアントニウスはオクタブィアヌス

(後のローマ初代皇帝アウグストゥス)と対立する。

ここら最近よく見る映画ですからもうつまらなさは見えている。

女で男も変わる、男で女も変わる・・

アントニウスのなんと間抜けなことか。

恋焦がれる気持ちもわかるがこのふたり(特にアントニウス)には、

私は全く同情も共感もできなかった。

まるで三国志の呂府のようでした。(漢字合ってるかな?)

家族を捨てては不倫ものでよくあるが、

部下を捨てて逃げるまでゆくともう、一国の将軍などと見るのは恥ずかしい。

すでに次の本当の皇帝はわかっているので、

若いながらも冷酷ながらもオクタブィアヌス側のほうを応援していた。

シーザーの子(クレオパトラの子)が殺されてもね。

アントニウスが自害したときに「英雄の死は叫べ!」と言うくだり、

目先のことにこだわって大事なものを見失う、そんなバカなアントニウスでも、

英雄として認めたんですから。

ジュリアス・シーザーというシェイクスピア映画でのアントニウスは英雄でした。

その場面を思い出しました。

じゃあクレオパトラばかりが悪いのか?

でもこの踏みにじられた国を存続するには仕方なかったのでしょう。

ただ、理想が高すぎる。野望は男異常です。

アントニウスは愛が全てだったけれど、クレオパトラは国が全てだった。

選んだ男の愛では国に変えれなかった。

国が滅びることと愛がつきることは同じでした。

ふたりは同じ地で結ばれたのですが、歴史は変えられなかったのです。

面白い時代でここらは好きなのですが、

私はこの映画の後半はもっともっと暗くしてほしかったです。

あきれて感情移入もできないので前半の切なさや感動が飛んでしまいました。

アルメイダさん [ビデオ(字幕)] 7点(2005-07-17 07:18:00)
16.物的再現には全力を投入して、これでもかというくらいの視覚世界を展開しているのだが、肝心の、それによって何を表現したいのかという部分がほとんどすべて欠落しているのです。あと、セットなんかは結構頑張っていろいろ作っているのですが、照明が悪いのか、全部ハリボテ感満載なんですよね・・・。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2005-01-22 02:52:54)
15.世界征服をもくろむローマ帝国、アレキサンダー大王の威光から時が経ち斜陽のエジプト。こんな時代に翻弄され翻弄する世紀の美女クレオパトラ。壮大な古代絵巻を見れて時代の生き証人になれた気分です。アクチウムの海戦での敗戦は無念でしたが、(ご丁寧に名札がついていた)おもちゃの船には笑いました。エリザベス・テイラーといえばクレオパトラ。よかった。
杜子春さん 7点(2004-12-24 18:09:37)
14.この手の史劇嫌いじゃないんだけどな・・・。セットとか衣装とか豪奢さを極めつつも、意外に戦闘シーンがあっけないのが物足りないといえば物足りないですね。自分はエリザベス・テイラーの美貌の全盛期は1950年代だと信じて疑わない人なので(既にこの時期には頬のあたりにたるみというか衰えが見られる)せめて「ジャイアンツ」から「熱いトタン屋根の猫」にかけての頃この映画が製作されていたなら、キャラクター的に彼女以外の人選は有り得ないと思われるので、もっと評価が高くなったのではないかと考えてしまう訳です。 ↓かーすけ様、ちなみに自分が昔テレビで見たのは小川真由美ヴァージョンでした。誰が配役考えたのか判りませんがイメージピタリでしたね。(あとヴィヴィアン・リー→栗原小巻ってのも)
放浪紳士チャーリーさん 7点(2004-10-03 15:55:59)
13.《ネタバレ》 とにかくうち震えたんです、初めて観る歴史モノ大スペクタクルの見ごたえに。2週に分けて放映する日曜洋画劇場は当時ビデオなんてないから値打ちがあったなぁ(しみじみ)。口を開けてしばらくしてから発声するリズに、ファンじゃなかったらムカつくでしょうね(わかるわかる)。TV放映は小川真由美さんだったか武藤礼子さんか忘れましたが吹き替えなので全然気にならなかったのであります。壺(箱?)に手を入れるシーンは一生忘れられません。ホホ。/(04/10/05)↑☆放浪紳士チャーリー様☆私は'75か'76の放映を見ましたんです。小川さん、そうですね!(たぶん武藤さんはジャイアンツですよね。/小巻さんの「風~」と信じてウン十年。一昨年、ヴィヴィアン・リーの声でやっと見ました。違和感なかったです。それって逆? 女コマキスト)
 
かーすけさん 9点(2004-09-03 16:07:28)
12.《ネタバレ》 豪華。ローマでのシーザリオンお披露目行進なんてすごかったですよね。それでまたツーンとプライドの高い、「女王でしてよ」と顔に書いてありそうなE・テイラー。この役のオファーがあったとき、自分にぴったりと思ったに違いないですよ、彼女。このような歴史や文芸映画って、一回観ただけでもいろいろと勉強になるので重宝しています。その上これは豪華なシーンもあり、映画が娯楽だった時代、みんなこぞって観に行ったというのも納得いく作品です。
のはらさん 6点(2004-04-15 23:20:43)
11.エジプト王宮の豪華なセットやエクストラを多用したスペクタクル、エリザベス・テーラーを始めとする名優を投入した豪華キャスト・・・なのに「ベン・ハー」のように好きになれないのは、やはり、プトレマイオス朝エジプトやクレオパトラの生き方そのものにあまり魅力がないせいだと思います。クレオパトラを最後に滅亡したプトレマイオス朝エジプトは元来ギリシア人の征服王朝で、ギリシア系の王族や貴族の白い肌と彫りの深い顔立ちを維持するために近親結婚を繰り返したので、遅かれ早かれ王室や高級官僚にとんでもない劣性遺伝が顕在化して滅びる運命だったのです。それに王朝の存続だけを考えてローマの武将に肌を許すクレオパトラは女王というよりも超高級娼婦だし、シーザーにとってはクレオパトラを愛人にすることはエジプトを征服するのに自分の部下の血を流さずに済む一挙両得の方法だったし、アントニーに至っては悲しいかな、本国ローマでシーザーほどの人望もなく、帰国してもシーザーの養子のオクタビアヌスに頭を押さえられてうだつが上がりそうにないのでクレオパトラと結んでエジプト王になろう、と考えたのに決まっているのです。いくら名優でも史実を超えることはできないということだと思います。だったら、いっそのことレックス・ハリソン主演で「ジュリアス・シーザー」という映画を作り、「ブレイブハート」のような北方民族とローマ軍の戦闘もふんだんに描き、E.テーラーが助演としてシーザーの最後の勝利を恋愛で飾ったクレオパトラという女を演じたら(アントニーはコケになりますが)もっとダイナミックで納得のいく作品になったと思うのですがもう遅い。また、歴史に翻弄される男女関係の無常をテーマとしてストーリーを構築するのならスペクタクルではなく、女王や武将の地位を忘れさせるようなシンプルな舞台で照明だけを使ってシェークスピアの台詞を語るようなのがいいんじゃないでしょうか・・・?
かわまりさん 5点(2004-04-07 02:17:43)
10.時代考証に金かけたなあというのが伝わってきます。なんぼかかっているか値踏みしていくだけでも楽しめまっせ。個人的にはエリザベステイラーもOK。そそられます。懲り懲りの美説も楽しめます。この時代が好きで、ある程度予備知識がある方には気に入ってもらえるのではないでしょうか。
tantanさん 6点(2004-01-15 23:30:38)
9.《ネタバレ》 なんてステキな世界! アタシはエジプトが大好きなもんで、最高に楽しんだわ。 舞台美術と衣装デザインは、だけど。 映画としてはみんなが言ってるように、ひたすら長いし…内容も可もなく不可もなくって感じ。 なぜかしら?と考えてみたんだけど、それはこの映画には感情移入できる登場人物が一人もいないという事実のせいだとアタシは思うの。 クレオパトラも悪女になるならそれに徹してくれればカッコイイのに、なんか中途半端だし、アントニーなんてどこまでも煮え切らない、どこがいいのか全然わからない男だし…。 でもね、考えてみればアタシに古代エジプトの女王や古代ローマの武将の気持ちがわかるはずがないのよ。 というわけで無理矢理納得することにするわ。 ホホ。 でも登場人物の心理がもっとわかりやすく表現されてたら、もっとよかったかもしれないわね。 この点数はすばらしい舞台美術と衣装デザイン、そしてエリザベス・テイラーのあの古めかしい美しさ(特に鼻のラインがとってもキレイなの!)に献上よ。
梅桃さん [ビデオ(字幕)] 7点(2003-12-07 20:28:14)
8.20世紀フォックスを経営の危機に陥らせてまでこの映画が目指したもの、というのが見えないのがツラいです。巨大なセットや凄い数のエキストラ、でも、そんな事がクレオパトラの生涯を描くのに重要な要素には思えず、そもそもエリザベス・テイラーの存在感はあっても、そこからクレオパトラという女性の魅力、というのにも繋がってゆかず・・・。この女性が大きな時代を作り歴史を作っていった、そこに製作者なりの視点が見られず、無理にスペクタクルな要素を盛り込みましたみたいな感じで、製作当時としても、話題先行の空疎な大作って感じだったんじゃないかなぁ、なんて思いました。リバイバルでテアトル東京のシネラマで見られた事だけは大切な思い出となりましたが(中学校の映画教室でテアトル東京の2階席貸切ってのも、今考えたらすっごい贅沢・・・)。
あにやん‍🌈さん [映画館(字幕)] 5点(2003-12-03 09:51:58)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 27人
平均点数 5.93点
000.00%
100.00%
200.00%
327.41%
413.70%
5725.93%
6829.63%
7622.22%
827.41%
913.70%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 8.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

【アカデミー賞 情報】

1963年 36回
作品賞 候補(ノミネート) 
主演男優賞レックス・ハリソン候補(ノミネート) 
撮影賞レオン・シャムロイ受賞 
作曲賞(ドラマ)アレックス・ノース候補(ノミネート) 
視覚効果賞 受賞 
音響賞ジェームズ・P・コーカラン候補(ノミネート) 
音響賞フレッド・ヘインズ候補(ノミネート) 
美術賞ジャック・マーティン・スミス受賞 
美術賞ウォルター・M・スコット受賞(装置)
美術賞ジョン・デ・キュア受賞 
美術賞ハーマン・A・ブルメンタル受賞 
美術賞ポール・S・フォックス受賞(装置)
美術賞レイ・モイヤー〔美術〕受賞(装置)
衣装デザイン賞アイリーン・シャラフ受賞 
衣装デザイン賞レニー受賞 
衣装デザイン賞ヴィットリオ・ニーノ・ノヴァレーゼ受賞 
編集賞ドロシー・スペンサー候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1963年 21回
作品賞(ドラマ部門) 候補(ノミネート) 
主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)レックス・ハリソン候補(ノミネート) 
助演男優賞ロディ・マクドウォール候補(ノミネート) 
監督賞ジョセフ・L・マンキウィッツ候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS