よだかの片想いのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヨ行
 > よだかの片想い
 > (レビュー・クチコミ)

よだかの片想い

[ヨダカノカタオモイ]
2021年【日】 上映時間:100分
平均点:8.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
公開開始日(2022-09-16)
ラブストーリー青春ものロマンス小説の映画化
新規登録(2021-11-13)【たくわん】さん
タイトル情報更新(2022-04-01)【Yuki2Invy】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
キャスト松井玲奈(女優)前田アイコ
中島歩(男優)飛坂逢太
藤井美菜(女優)ミュウ先輩
三宅弘城(男優)安達
青木柚(男優)原田
手島実優(女優)城崎美和
脚本城定秀夫
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》 2021/11/6 東京国際映画祭にて鑑賞

主演の女優さんの事は詳しくは知らない。
「これが観たい」と思った時にはほぼチケットが売り切れている「TIFFあるある」を経て、
私は本作のポスタービジュアルが妙に気になり、予備知識皆無で本作鑑賞に至った。
贔屓の女優さんの一人である藤井美菜が出ているのも鑑賞して初めてその場で知った程なのだ。

私は宮沢賢治の作品が苦手だ。
本作のモチーフになっている「よだかの星」は、幼少の頃学校の授業で読み、
余りにも切ない内容に家に帰ってから号泣した位である。

そんな本作、主演の女優さんの力演も有り、人の外見を扱う難しい題材ながら希望を感じさせる静かな力を秘めた作品となっている。
意識して邦画鑑賞の為に映画館に足を運ぶ様にしているが、日本映画は本作の様な派手さは無くとも静かに・じっくりと人の情感に訴える作品をこれからも焦らず創り上げていけば良いのではないかとしみじみ思った。

調べると主演の女優さんは「〇〇坂□□」系の出身だそうだ。
顔は決して私のタイプでは無いが、内に秘めた強い心・気持ちをじっくりと・丁寧に演じていて好感が持てた。
終盤、自ら恋人に判れを告げるまでの一連のシーンでの演技は素晴らしかった。
たくわんさん [映画館(邦画)] 8点(2021-11-15 11:33:52)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 8.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
81100.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS