ヘルドッグスのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 ヘ行
 > ヘルドッグスの口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

ヘルドッグス

[ヘルドッグス]
2022年上映時間:137分
平均点:7.08 / 10(Review 12人) (点数分布表示)
公開開始日(2022-09-16)
アクションドラマ犯罪もの刑事ものヤクザ・マフィア小説の映画化
新規登録(2022-08-03)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2023-12-21)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督原田眞人
演出岡田准一(技闘デザイン)
キャスト岡田准一(男優)兼高昭吾=出月梧郎
坂口健太郎(男優)室岡秀喜
松岡茉優(女優)吉佐恵美裏
北村一輝(男優)土岐勉
大竹しのぶ(女優)衣笠典子
金田哲(男優)三神國也
木竜麻生(女優)杏南
杏子(女優)恭子
大場泰正(男優)大前田忠治
村上淳(男優)番犬
酒向芳(男優)阿内将
赤間麻里子(女優)佐代子
尾上右近(二代目)(男優)サロンの常連客
原作深町秋生「ヘルドッグス 地獄の犬たち」(角川文庫/KADОKAWA刊)
脚本原田眞人
撮影柴主高秀
製作ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント(「ヘルドッグス」製作委員会)
東映(「ヘルドッグス」製作委員会)
エイベックス・ピクチャーズ(「ヘルドッグス」製作委員会)
ジェイ・ストーム(「ヘルドッグス」製作委員会)
配給東映
ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
特撮オダイッセイ(VFXプロデューサー)
美術福澤勝広
衣装宮本まさ江
編集原田遊人
録音松本昇和
柴崎憲治(音響効果)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
12.岡田君のアクション映画はホントはずれがありません。しかし今回のアクションの一番の見所は女ヒットマン。あそこまで本気で女の人を机にたたきつけるアクションは邦画ではなかったかも。
しかし、台詞が聞きづらい。邦画には音声さんとかいないんでしょうか?
木村一号さん [CS・衛星(邦画)] 8点(2024-02-12 15:24:54)
11.いや~ 原田監督らしい演出、脚本が なかなか面白い~ リアルなアクションがすごくイイ! 岡田准一 坂口健太郎も好演..ただ 最後はちょっと捻りすぎたかな..狙いすぎ...
コナンが一番さん [インターネット(邦画)] 7点(2024-02-12 11:22:41)
10.娯楽として楽しめるとは思うが、会話の内容が聞き取れず、人物関係がよくわからなかった。
海牛大夫さん [インターネット(邦画)] 5点(2023-08-01 19:53:48)
9.《ネタバレ》 岡田准一も坂口健太郎もいい俳優だねぇ 見てて違和感なかったです。
現代らしいヤクザもののアクション映画なんですけど面白い。主人公だけじゃなくて複数の物語も進みながら綺麗にまとまる。
脚本も演技も良い出来だと思います。目新しさはないけど、映画としてはよくできてる。
Keytusさん [インターネット(邦画)] 7点(2023-02-21 00:38:37)
8.《ネタバレ》 原作既読。完全に別物と感じましたが、どちらも良かったです。潜入捜査官ものと言うよりはバディもののアクション映画。みんな、かなりメチャクチャでぶっ飛んでるので、抱えてる秘密が明らかになっても驚きがなかった。女殺し屋が一番凄かった。
ラグさん [インターネット(邦画)] 7点(2023-02-12 21:41:39)
7.《ネタバレ》 岡田准一さんはすごいなぁ。俳優でも一般人でも、背が高いのが映える・良いと言われる時代に生まれ、失礼ながら背は小さい。しかしその存在感は際立っていて、主役を張ってもなんら違和感はない。違和感どころか、彼しかいない、とそう思わせる。「精悍なアクションスター」というイメージにふさわしい俳優、かと思いきやリメイク版『白い巨塔』の財前教授のような、頭のキレるエリートにもなれる。これぞ俳優、と思わせてくれる。

、、、という岡田准一さんが元警察官でヤクザの潜入捜査官、いわゆるアンダーカバーとして活躍する話。ヤクザの世界は知りません。はたして潜入捜査官というものが実際どれくらいそこに入り込むのか、そもそもそんな人達が実際にいるのか。それもわかりません。いたとして、「金ならいくらでも出す」なんてある種華やかな世界ではきっと無いんでしょうけどね。
兼高は潜入捜査官として警察に忠を尽くしながらかつての犯罪被害者達に義を尽くす忠犬なのか、潜入した極道の世界でただただ対峙した相手を食い破る狂犬なのか。我欲や己の利益になることは全くせず、文字通り人生をかけて自分の道を行く姿はある意味極道。作中で彼を慕う人が多くあるのも納得です。

あえて少し難癖をつけさせてもらうなら、11年も前の銃撃事件を今もみんながそんなに鮮明に覚えているとかあるんだろうかとは思いました。少し嫌な言い方ですが、そのレベルの嫌な事件なんて昨今では割と起こるレベルで、例えばいま、
「11年前に起きた一番大きな事件ってなんでしょう?」
って聞かれて即答できる人なんてほとんどいないと思う。好きだった店員女性だけならまだしも、その家族や一緒に撃たれて死んだ同僚の家族まで救済するなんて、さすがに出月がスーパーマンすぎる。

、、、というようなつまらない難癖もつけながら、しかしスカッとするクライムアクションでした。最後の兼高vs十朱の銃撃戦はまるでデビルメイクライの実写版のようでした。格好良かった。
TANTOさん [インターネット(邦画)] 9点(2023-02-07 18:54:18)
6.《ネタバレ》 原作は未読。予告のように全編総アクション!かと思ったらそれほど比重が多かったわけでもなく、かつ初めに設定をバババーッと話されるので途中誰が誰だかわからなくなってしまうというのはありましたが、岡田君のアクションの切れはさすが。そしてMIYAVIのスタイリッシュ組長みたいなキャラも個人的には好きで、なんだかんだ面白かったです。
クリムゾン・キングさん [映画館(邦画)] 7点(2022-10-16 19:48:56)
5.<原作未読>雰囲気が洋画に近い。岡田准一、北村一輝、吉原光夫など濃い顔がぞろぞろ出てくるというのも理由の一つだが、元々は海外ロケを予定していたらしく、それに近い場所を探して撮ったためであろう。そして派手に銃をぶっ放すアクションシーンも邦画でなかなか見られない迫力だった。主演の岡田も相変わらず凄いアクションで魅せてくれるが、ヤクザ組織で登りつめていく兼高はファブルとは違いギラギラしていて渋かっこいい。酒向芳、大場泰正など原田組と言える面々にもだんだん愛着が湧いてくるもんだ。唯一、攻めた配役となった坂口健太郎は好青年、良い人感が抜けきらずサイコ役としては物足りない印象もあるが、かわいい弟分として見ればまあまあ。で、やっぱり影のMVPは中島亜梨沙か。ようやるわ。
リーム555さん [映画館(邦画)] 7点(2022-09-20 20:10:15)
4.《ネタバレ》 滑舌がいま一つでナニ言ってるかよくわからん岡田准一と何だかあどけない坂口健太郎によるクライム・バイオレンス・アクション。サツがヤクザに潜入捜査するバディアクションだけど、お話の作りこみが甘い印象。ヒロインのマユちゃんもクールビューティーやってるんだけどナニしたいかよくわからん。カズキくんも相変わらずナニ言ってるかよくわからん。総合7点で良作の域なんだけど、このジャンルにしては物足りねえな。
獅子-平常心さん [映画館(邦画)] 7点(2022-09-19 01:56:27)
3.《ネタバレ》 ヤクザ・ヴァイオレンスとゆーか、も~ヤクザ・ファンタジー!てな如くに異様にスタイリッシュで格好の好い(格好付けまくりな)ヤクザの様子が終始描かれてゆくのですね。そしてソレを彩る殺人とセックス…実に男性的ではありますが、また実に普遍的・大衆的でかつシンプルな娯楽作品に仕上がっていたかと思います。アクションのキレ味にせよ、主演に岡田准一を起用できたコト(+その他キャストも男女ともに華と実力を兼ね備える面々で揃えられたコト)にせよ、また如何にも日本独自!といったヤクザ組織の在り方というテーマ部分を含めても、邦画のアクションとしては基礎的なクオリティに加えてユニークさも兼ね備えた良作だったかと思います。コレなら海外ともある程度は勝負できるのではないでしょーか(⇒ハリウッドのブロックバスターは別にしても)。

とは言え、お色気にせよアクションにせよもっと派手にやってる作品は外国映画なら幾らでも在りますし、あと本作って見映えはともかく中身は(実は)殆ど無いヤツかも知れないすかね。特に、コレだけヤクザをなんか凄そうな連中としてカッコ好く描いているにも関わらず、お話の結論としては内実はアンダーカバーだらけで一瞬で壊滅させられるという体たらくなワケで。オーラスは『ゴッドファーザー』のオマージュだったのかと(少しダケ)思ったりもしましたが、正直観終わってはちょっと笑ってしまいましたよね(なんか妙に可笑しくて)。

重ねて、ごく見映え重視で評価してのこの点数になります。岡田准一もそろそろハリウッドの方でも観たいですよね…
Yuki2Invyさん [映画館(邦画)] 7点(2022-09-18 16:58:24)
2.闇堕ちした理由が浅はかだし、強盗団がたかがスーパーを強襲した目的が弱い。
さらに、相手は女子高生、拳銃で脅すだけで充分なものをわざわざ撃ち殺す動機も不明。
と、色々と物語の導入部については粗い印象でしたが、登場人物の個性も立ってるし、
迫力あるアクションとセリフの応酬、テンポよく進むので全く退屈せず鑑賞できました。
ご都合主義な部分を除けば、今年度ナンバーワンの邦画アクションです!
シネマブルクさん [映画館(邦画)] 8点(2022-09-18 09:56:59)
1.《ネタバレ》 日本の映画監督は、絶対アフレコしたくないのかなあ? 
セリフが聞き取れません。映画館で大音響で見てるのに、聞き取れない・・

ヤクザ映画と言えばそれまでですが、イケメンと美女ばかりなので華がある。
アクションは岡田君が居れば間違いないけど、今回は女の殺し屋が素晴らしい。
元宝塚の美女が、アクションのみならず、見事な脱ぎっぷりで拍手喝采!
サイコパスとされてる健太郎君は、警察官へのリスペクトとか、予想と違って
拍子抜け・・ 原作がそうなのかも。いずれ予告編のイメージと違います。
ヒロインの松岡ちゃんの役どころが微妙かなあ。 アフリカの象を守る為に
日本のヤクザ組織を潰したいって、チョット違和感ある。
いずれヤクザ映画嫌いの自分が見てて、長さを感じなかったので、テンポは
良かったと思います。 DVD出たら、字幕で見直したいです。

最近のアクションって、スローモーションとかはオワコンなのかな、全然
アリマセンでした。 まあこの映画には必要性感じませんけどね。
グルコサミンSさん [映画館(邦画)] 6点(2022-09-17 00:34:05)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 12人
平均点数 7.08点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
518.33%
618.33%
7758.33%
8216.67%
918.33%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 6.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS