ブリジット・ジョーンズの日記のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > ブリジット・ジョーンズの日記
 > (レビュー・クチコミ)

ブリジット・ジョーンズの日記

[ブリジットジョーンズノニッキ]
BRIDGET JONES'S DIARY
2001年【米・英】 上映時間:97分
平均点:6.48 / 10(Review 375人) (点数分布表示)
公開開始日(2001-09-22)
ドラマラブストーリーコメディシリーズものロマンス小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-06-27)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督シャロン・マグワイア
キャストレネー・ゼルウィガー(女優)ブリジット・ジョーンズ
コリン・ファース(男優)マーク・ダーシー
ヒュー・グラント(男優)ダニエル・クリーヴァー
ジェマ・ジョーンズ(女優)ブリジットの母
ジム・ブロードベント(男優)ブリジットの父
セリア・イムリー(女優)ウナ
ジェームズ・フォークナー(男優)ジェフリー
シャーリー・ヘンダーソン(女優)ジュード
サリー・フィリップス(女優)シャザ
ジェームズ・キャリス(男優)トム
エンベス・デイヴィッツ(女優)ナターシャ
オナー・ブラックマン(女優)
ニール・ピアソン[男優](男優)リチャード・フィンチ
松本梨香ブリジット・ジョーンズ(日本語吹き替え版)
井上倫宏マーク・ダーシー(日本語吹き替え版)
森田順平ダニエル・クリーヴァー(日本語吹き替え版)
川久保潔ブリジットの父親(日本語吹き替え版)
原作ヘレン・フィールディング「ブリジット・ジョーンズの日記」
脚本リチャード・カーティス
アンドリュー・デイヴィス〔脚本〕
ヘレン・フィールディング
音楽パトリック・ドイル〔音楽〕
作詞オーティス・レディング"Respect"
主題歌ロビー・ウィリアムス"Have You Met Miss Jones?"
挿入曲ダイアナ・ロス"Ain't No Mountain High Enough"
ジェリ・ハリウェル"It's Raining Men"
アレサ・フランクリン"Respect"
ロビー・ウィリアムス"Not Of This Earth"
シェリル・クロウ"Kiss That Girl"
撮影スチュアート・ドライバーグ
製作ティム・ビーヴァン
リザ・チェイシン(共同製作)
ジョナサン・カヴェンディッシュ
デブラ・ヘイワード(共同製作)
エリック・フェルナー
製作総指揮ヘレン・フィールディング
制作ワーキング・タイトル・フィルムズ
配給UIP
特撮ダブル・ネガティブ社(視覚効果)
美術ジェマ・ジャクソン
編集マーティン・ウォルシュ
字幕翻訳戸田奈津子
その他ユニバーサル・ピクチャーズ(提供)
あらすじ
ブリジット・ジョーンズ(レニー・ゼルヴィガー)は30台の女性。独身。恋人なし。太りぎみ。目標は禁酒、禁煙、ダイエットだが、意志が弱くて続かない。今年こそ彼氏をと思うけれど、昔馴染のマーク(コリン・ファース)の印象は最悪、上司のダニエル(ヒュー・グラント)は女たらし・・・。ヘレン・フィールディングのベストセラー小説を映画化。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910111213141516171819
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
375.《ネタバレ》 痛い。とにかく痛い主人公。最後にコリン・ファーストと結ばれて良かった。
ゆっきーさん [DVD(字幕)] 6点(2018-05-08 20:38:09)
374.これは男がみておもしろい作品ではないのかなと思った。
へまちさん [DVD(字幕)] 4点(2017-12-08 10:30:32)
373.30代独身女性の赤裸々な告白が、当時はセンセーショナルで人気を博した原作でした。今映画を見返すと、公開当時とは印象が違い、普通に面白いコメディ映画に感じられます。公では口にしなかった言葉や話の内容が、現代では当たり前のこととなっているので、映画自体はコメディの部分だけが残っていると感じられるのでしょう。
shoukanさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2017-06-17 23:27:36)
372.《ネタバレ》 レニー・ゼルウィガーの代表作といえば、やっぱりブリジット・ジョーンズ。
体当たり演技が光りますね。バニーガール姿とか、下着姿とかでその豊満な肉体を惜しみなく披露。
イケメン二人と三角関係演じてるわけだから、十分リア充やと思うんですけどね。
どこにでもいそうな、ぽちゃアラサー。だけどちゃんと夢も見させてくれる。そんな内容がヒットしたのかも。
あろえりーなさん [地上波(吹替)] 6点(2016-12-30 17:24:41)
371.ありがちな展開のラブコメですが、レネーの愛らしさが引き立っている。でも印象に残るのもレネーだけ。
nojiさん [DVD(字幕)] 5点(2016-11-13 00:16:16)
370.レニー・ゼルウィガーが絶妙な存在感を示していて楽しめました。
TMさん [地上波(吹替)] 7点(2016-11-06 09:19:44)
369.《ネタバレ》 当初、英国の現代女性はずいぶんガサツで開けっぴろげなのねーと観ていたけど、徐々に可愛らしく思えてきた。
人気レポーターに転身するくだりは、まるで日本ドラマのノブタのような上手すぎる行き方。
恋愛のわくわく感より、そうそう恋愛って馬鹿みたいだし、しんどいよねーということを思い出して共感した。

あれだけの人気映画だったのに初観で、けっこう楽しめました。
nina09さん [インターネット(字幕)] 7点(2016-04-11 13:40:57)
368.久しぶりに観たらかなり笑える。こんなに面白かったっけ?しかしやはりラブコメなので全体的に軽いです。リアルに三十路独女を描いたという意味では高評価(ホントにリアルか?)ですが、映画としは「並」評価です。

太ってるし、タバコブカブカ、ワインガブガブ、大股開いてソファでダラけているシーンは凄いです。でもそんなブリジット(レニー)が妙に魅力的でかわいらしいから不思議。なんだか三十路にもなったら男も女もきちんと家庭に収まっているほうが自然だなぁと妙に納得の描写でした。。

イチイチ笑えるシーンが多いのでコメディ系を探している方は一見の価値有りの映画です!音楽のチョイスがとてもイイ映画です。
アラジン2014さん [DVD(字幕)] 5点(2015-09-18 17:56:49)
367.流行りましたね。いまこれを見る若者はいるのだろうか
HRM36さん [DVD(字幕)] 8点(2015-06-30 16:53:58)
366.「32歳」の主張が弱かった気がします。というか、やってることが結果的に10代20代のそれと一緒なので、そっちに目がいっちゃって32歳という設定が相対的に弱く見えちゃった、というところでしょうか。真面目な男とチャラ男に同時に言い寄られ云々・・・ってもはや32歳関係ない普通のラブコメなのでは。あと太ってる扱いされてましたが、これも主張が弱く、痩せたと言われても、え、そう?と思う程度でした。まあそこは映画なので難しい。普通のラブコメが主で、32歳とか太ってるとかは味付けな本作でした。恋愛ものとしてはそうなるのも当たり前なのかもしれないけど、何か勿体ないというか・・・。それにしても、良い友達だなぁ。
53羽の孔雀さん [DVD(字幕)] 5点(2015-06-22 05:55:19)
365.ベタベタのラブコメで、バニーガール姿や消防署での尻のアップシーン、下着姿で街中を疾走などのエロ要素も絡んで・・・とくれば、どうしようもなくくだらない内容になりそうなのに、主人公や作品全体がなぜか下品に感じないのは、米ではなく英映画だから?ただ、わざわざレンタルして気合いを入れて見るほどの内容でもなく、ヒマつぶし程度にはちょうどいい映画、といった感じでした。
ramoさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2014-12-30 13:16:25)
364.《ネタバレ》 理想が高く、面食い。勝負下着はセクシーさよりも実用性。ミニスカートを褒められれば、翌日はシースルーの上着で出社。イケメン上司に食事に誘われればほいほい家まで付いていってベッドイン。夢の中ではその上司との結婚式。これが三十路女の実力か。素直に怖ええ!と思ってしまった。しかし、そんな痛々しい三十路女の生き様を余すことなく体現してみせたゼルウィガーの演技は見応えたっぷり。
しかし、もちろんそんなに絵に書いたような幸せが訪れるはずはない。
無情にも裏切られ、また独りになるが…
まさかのモテキ到来!
自分を巡って2人の王子様が殴り合いの決闘を始めるという。
こんなの現実ではありえない。ハーレクイン小説の中だけにしてくれ!
と叫びつつも、拍手喝采している自分が居た。
思いっきりベタだけど、思いっきり青春。
とにかく、この不器用な主人公を応援したくなったのは確かだ。
ヴレアさん [映画館(字幕)] 7点(2014-11-10 20:25:25)
363.もっといい映画かと思ったけどそれほどでも。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 4点(2014-09-25 00:02:04)
362.そこそこ笑えたラブコメディですがあまり印象に残らない作品ですね。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2014-08-06 20:50:59)
361.《ネタバレ》 なーんだ、最初からモテモテじゃん。もっと三十路独身女のさみしさみたいのがあるかと思ってたよ(意外)。ストーリー的には正直なんてないが、ズバリ決まったキャスティングの勝利ですなこれは。とても実は芸達者なレネー、今回は大幅増量(+イギリス英語が上手)して頑張ったね+ラブコメならこの人!(笑)のヒュー、見た目はいいけどホントはダメ野郎を好演+見た通りの堅物キャラのコリンと、みんな結構「素」でやってる?ぐらいの自然さがよかったですね。でもちょっと品がないのがアレだったけども、レネーの可愛さに6点でゴザイマス
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-12-07 08:07:22)
360.《ネタバレ》 何処か憎めないブリジットが良いですね、緩い感じで楽しめました。現代版「高慢と偏見」の様な気がしなくもない、オマージュ?なのかは知らないけど、コリンファースがTV版でダーシー役で名前もどこかダブります。英国ものは自分に合っているような気がしなくもない。
ないとれいんさん [DVD(字幕)] 7点(2013-09-17 07:17:19)
359.《ネタバレ》 ○力の抜けたいい塩梅のラブコメ。○主演3人のバランスは絶妙だが、肝心のストーリーはいまいちかな。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-09-12 19:52:33)
358.《ネタバレ》 女子かっと突っ込みたくなるくらい女性向きのラブストーリーでした。プロット、展開は気恥ずかしくなるくらい王道で、良い言葉で言うと安心感、本音ではサプライズ無しです。少女マンガみたいでした。ラストのオチだけは題名にかかっていてしゃれていたかな。女性には夢や希望を与えるのかなあ。男性だって、綾瀬はるかが福山さんやキムタクじゃなくて幼馴染のドランク塚地を選ぶという純愛ストーリーだったらぼくも夢もてるだろうからこんなものかなあ。ま、少なくとも、マークはともかくダニエルがブリジットに執着するというのは現実的には考えにくいだろうなあ。レニーは感情豊かに好演でした。そして、ヒューグラントは文句なし。こっちの予想期待に応えてくれる完璧なキャラでした。
タッチッチさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-08-27 18:01:52)
357.《ネタバレ》 ストーリーはたいした内容もないが、小ネタが面白くてセリフもウィットに富んでいる。
ラブコメといえば主人公は若くてスレンダーなものだが、従来のものとかけ離れていてユニーク。
マークに彼女を寝取られたというダニエルの話はすぐバレそうな嘘で、場当たり的なダニエルの軽さを端的に表している。
キャラクター造形のうまさで、凡庸な話を一段上の物語に格上げできたようだ。
飛鳥さん [ビデオ(吹替)] 6点(2013-06-10 00:28:01)
356.なんたって配役がパーフェクト。ブリジットには、もうレニーしか考えられないし、H・グラントの不誠実炸裂っぷりもC・ファースの生真面目キャラもぴったりはまる。30女の恋愛コメディとしてエピソード等はベタだけど、役者さんたちののびのびした明るさと、コリンのお料理姿がキュートだったり(個人意見)でなかなかに楽しい作品。ブリジットがやたら出してたお尻よりも、個人的にはどぎつくはっちゃけてたブリジットおかんの方が妙に印象に残ってしまった。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-03-02 17:24:22)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910111213141516171819
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 375人
平均点数 6.48点
000.00%
192.40%
230.80%
3133.47%
4246.40%
54913.07%
66316.80%
79725.87%
88322.13%
9256.67%
1092.40%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.25点 Review12人
2 ストーリー評価 5.11点 Review18人
3 鑑賞後の後味 5.86点 Review23人
4 音楽評価 7.17点 Review17人
5 感泣評価 3.14点 Review14人
chart

【アカデミー賞 情報】

2001年 74回
主演女優賞レネー・ゼルウィガー候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2001年 59回
作品賞(ミュージカル・コメディ部門) 候補(ノミネート) 
主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)レネー・ゼルウィガー候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS