THE LEGEND & BUTTERFLY レジェンド&バタフライのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 レ行
 > THE LEGEND & BUTTERFLY レジェンド&バタフライの口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

THE LEGEND & BUTTERFLY レジェンド&バタフライ

[レジェンドアンドバタフライ]
THE LEGEND & BUTTERFLY
2023年上映時間:168分
平均点:5.50 / 10(Review 14人) (点数分布表示)
公開開始日(2023-01-27)
公開終了日(2023-05-12)
ドラマラブストーリー時代劇歴史もの伝記もの
新規登録(2022-11-03)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2024-03-18)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督大友啓史
キャスト木村拓哉(男優)織田信長
綾瀬はるか(女優)濃姫
伊藤英明(男優)福富平太郎貞家
中谷美紀(女優)各務野
宮沢氷魚(男優)明智光秀
市川染五郎(八代目)(男優)森蘭丸
音尾琢真(男優)木下藤吉郎
斎藤工(男優)徳川家康
北大路欣也(男優)斎藤道三
高橋努(男優)池田勝三郎/池田恒興
本田博太郎(男優)織田信秀
和田正人(男優)前田犬千代/前田利家
橋本じゅん(男優)丹羽長秀
池内万作(男優)柴田勝家
本田大輔(男優)林秀貞
浜田学(男優)佐久間信盛
尾美としのり(男優)平手政秀
森田想(女優)すみ
脚本古沢良太
音楽佐藤直紀
津島玄一(音楽プロデューサー)
撮影芦澤明子
製作早河洋
東映(「THE LEGEND & BUTTERFLY」製作委員会)
ジェイ・ストーム(「THE LEGEND & BUTTERFLY」製作委員会)
テレビ朝日(「THE LEGEND & BUTTERFLY」製作委員会)
東映アニメーション(「THE LEGEND & BUTTERFLY」製作委員会)
東映ビデオ(「THE LEGEND & BUTTERFLY」製作委員会)
ティ・ジョイ(「THE LEGEND & BUTTERFLY」製作委員会)
企画須藤泰司(企画プロデュース)
配給東映
編集今井剛
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
14.面白くない。
シナリオがひどすぎる。
とにかく、心を動かすような展開は全くなかった。よくこんなシナリオが通ったな、と思う。どこに面白さを感じればいいのか全く分からなかった。有名な役者がいっぱい出て、制作費もそれなりにかけても、シナリオがこれでは駄目だろう。
しかし、信長と濃姫の関係も、なにか終始「嘘くさい」「作り物」な感じが拭えなかった。君たちは本当に愛し合っているのかい?

戦闘シーンが少なくて退屈なんて意見もあるが、まあそもそも恋愛が主軸の話なので、戦闘シーンが少ないのは仕方がない。
織田信長が主人公だからといって、戦やってないと駄目なんて思い込みは持たないでおきたい…のではあるが、メインの恋愛がまるで面白くなかったので、せめて戦シーンが面白ければ救いようもあったと思ってしまう。
信長が途中から突然、戦の鬼になり、濃姫のことなんてどうでもいいって言い出すあたりはわかるんだけど、安土城を作ったあたりから突然腑抜けになって、「濃姫、恋しいよう」なんて言い出すこの心情の変化は何によってもたらされたのか不明。描き方がいまいちだな。
明智光秀の裏切りの理由や人物像の新解釈は面白かった。
日本映画としては随分お金をかけて作ったらしいが、それでもあの程度の映像しか作れなかったのか。日本映画の現状は厳しいのだなと考えさせられた。
椎名みかんさん [インターネット(邦画)] 4点(2023-10-31 05:48:30)(良:1票)
13.《ネタバレ》 終始、信長と濃姫って本当にこんな関係だったんだろうか、と疑ってしまうリアリティの無さがこの映画の根本にある。
幻想的な雰囲気を出したいということで蝶が飛んでいるシーンがあるわけだけど、戦場で屍まみれの中にはおらんよ。リアリティがないのよ。
仮に二人の性格が映画上の設定だったとしても、こんなに惹かれあうような関係性になるのかがあまり理解できず、感情移入していかない。2時間半以上の映画だけど冗長で、恰好の良さばかり、画面の迫力ばかりを追ってしまうもんで、各シーンで何を伝えたいのかが曖昧。最後の最後まで中二病っぽい恰好付けた映画に見えてしまう。
Keytusさん [インターネット(邦画)] 4点(2023-07-31 01:12:04)(良:1票)
12.不評の声が聞こえてくる 本作..半信半疑で 鑑賞..う~ん、なかなかの 凡作..東映70周年記念作品..お金の使い方 間違ってる..こんな企画(脚本)しかなかったのか..残念...
コナンが一番さん [インターネット(邦画)] 4点(2023-06-03 12:39:09)
11.キムタクの信長だった(いい意味で)。
TERUさん [インターネット(邦画)] 7点(2023-05-28 16:35:48)
10.《ネタバレ》 時代的にも、お姫さんの背が高過ぎでアウト。
序盤の2ショットでは、ハッキリ木村君の方が低いのがバレてる。
ヒロインのキャスティングミスなのねん。
そのまま押し通すかと思いきや・・ 後半での2ショットは上半身だけになり
はるかチャンが見下ろされている不思議な構図も・・ なんやねん?

身長詐欺疑惑のある木村君を採用するならば、相手役は「堀田 真由」162cmとか
「今田 美桜」157cm、「小芝 風花」158cmなどの小柄な女優さんから選ぶべき。

逆にはるかチャンを据えるなら、主役は西島君や高橋君に小栗君、183cmの福士君とかがベストかも。

で、映画の中身は若くして政略結婚した信長と本妻のラブストーリー。 なのコレ?
ラブシーンも含め、中途半端なシナリオと演出で、何を見ているのか???ばかり。
ラストの夢オチ脚本で、夫婦愛のクライマックスねえ・・  
死に際の現実逃避と言ったら毒があり過ぎるけど、陳腐の域から出てないし中途半端なのも事実。
脇役の人物像を軽く流して、主演2人にフォーカスしたのに、どーも違和感しかない。
とても成功した作品には見えませんでした。 残念。
グルコサミンSさん [インターネット(邦画)] 4点(2023-05-28 13:41:06)
9.《ネタバレ》 途中、「こ、これは伝説の神作品だ!俺は今クソ映画界のニュースターを目撃しているんだ!」という感じでクソ映画好きの魂が燻ぶられる感動を味わっていたのですが・・・夢オチってサイテー!!!

ということでレジェバタとかいうダサいハッシュタグが付いているこの映画を見てきました。
元々は本作を見る気が無く、イベント割のチケットが余ってたので、アバターとこちらとで悩んでて「いくら映像が綺麗とはいえシーシェパードが作った映画を3時間も見るのもなんだかなぁ・・・たまには邦画界にも金を落とすか」という感じで見に行ったので、まさか3時間ものとは思っておらず・・・
見ている間ずーっと「2時間ってこんなに長かったっけ?」と久々に長さを長さとして感じる鑑賞状態でした。

途中まではほんと邦画のダメなところの詰め合わせハッピーセットみたいな感じで、金をかけているはずなのに一番織田信長の話の中で重要と個人的には思っている今川義元との合戦が丸々カット。まさか1秒も合戦シーンが映らないとは思ってもみませんでしたよ。
んで見ているこちらが恥ずかしくなるようなツンデレ合戦。お互い「おもしれー女」「おもしれー男」と言い合ってるって評価していたネット上の批評を後から見て、大爆笑してました。確かに。
居たのかどうか、存在そのものが怪しい濃姫というキャラなので、まあ好き放題にキャラづくりしてましたなぁ。その分織田信長が本当にただのうつけものって表現になっており、信長ファンがみたら怒んないのかな?って余計な心配をしながら見てました。
そして極めつけは、「ここで感動してください!」って雰囲気の時にかっちょいい音楽を大音量でドーン!ああ、これが邦画センスだよなぁ・・・と別の意味でウルっと来ました。音楽は良いんだけどね。

あと貧困街での無理やりな理屈で発展した殺陣とチョメチョメのシーンはなんだかなぁ・・・「うそやろw」って乾いた笑いが漏れてしまいました。

役者の演技は悪くなく、キムタク信長もこれはこれで良いでしたね。
そして斎藤工の家康。これが一番よかった。あのわずかな演技シーンしかなかったのに抜群の存在感と、スタッフロールを見た時の「え!?お前だったのか!!!」のびっくりは楽しかったですね。
あとスタッフロールが環境音のみで始まり、余韻を残そうとする演出は中々よかったかなと思います。

しかし、そんなことはどうでもいい。
肝心なのは終盤から始まる大航海時代モノだよ!
途中までは「はやくおわんねーかなぁ~」って気分でだらーっと見てたんだけど、本能寺の変で一変し、床の下から脱出しホイホイ逃亡し始めたころは「え!?なんぞ!?これ、やばい映画が始まったのか!!??」と期待感が膨らんだのですが、それを上回る大展開が始まり、まさか織田信長は死んでおらず、”キャプテン”ジャック・スパロウになってその後大活躍したのだ!という展開にぼくだいかんげきでしたよ。源義経のチンギス・ハーン以上にびっくりだよ。
ここの展開は「俺は神映画をみているのだ・・・早く世の中の(クソ)映画ファンに向けて大発信しなければ!」と感動で目がウルウルしてましたんよ。

が、夢オチかーい!!!(テンポが変わりすぎてて変だなぁとは思ってたけど)

ということで、上記のように圧倒的ファンタジー展開で終わってくれれば、柳生一族の陰謀みたいな超歴史改編モノとして評価は8点に爆上がりだったのですが、無念。
とはいえ知り合いには飲み会のネタとして大いに盛り上がったので、とても良き映画でした。
圧倒的なネタを提供してくれたことに敬意を表して、3点!!
みーちゃんさん [映画館(邦画)] 3点(2023-02-15 09:22:14)(良:1票)
8.《ネタバレ》 第六天魔王を名乗った信長は、それでも人として本能寺で死んでいった…その信長を、光秀は裏切ったのではなくて見限ったのだ、というアイデアも含めて、個人的には見たコトが無かったこのお話の解釈がまずは新鮮でもありましたし、展開運び+実際の演技・演出も含めてごく「しっくり来る」流れだったと思いました。個人的には相当面白く観終われたのですが、そもそも信長のその人間らしさや或いは「弱さ」の方の描き出しにコンセプトを置いた内容自体や、そんな信長と濃姫の色恋沙汰がほぼほぼ9割がたを占めてるというコト(⇒168分の映画にしては中身がもしかしたら普通かも…)+(⇒大河ドラマ的なのを期待して観に行ったら合戦シーンとかほぼ無かったんだケド…)とかには疑問を抱く方も居るのかな~て気もしました。一点、長大な歴史物語を映画で描くのにどーしてもダイジェスト的な(かいつまんだ)シナリオになるのは仕方が無いとしても、それでも信長くらいの超有名人だと(+濃姫は史料が殆ど無いので描くのに制約も少ないし)こーいう感じで映画化してもワリと違和感無く付いてゆけなくもねーな…とは感じましたかね(⇒でもまあ時間の流れはリアルとは感じられ得ない…て欠点は確かに在りますケドね)。

主演2人に関して、まず綾瀬はるかはとにかく超・美しかったですね~専任メイクの方の仕事が尋常じゃないのか、それとも何らかCG的なモノの助けを借りているのか、ま~アップのショットはどれも「生身のモノとは思えない」という肌の美しさでしたね(眼福)。そしてキムタクの信長ですが、ギラギラした「如何にもな」序盤の信長ぶりも(ある意味やっぱ当然に)かなりハマってたと思います、が印象的だったのは中盤の魔王になりかけて寧ろ魂が抜け落ちてゆく様な虚ろでやつれた様子の方でした(なんかも~キムタクに見えなかったです)。この部分の展開=信長が人でなくなってゆくハズの部分については(私としても)少し運び方自体も軽かったかな~とソレ自体はややイマイチにも思えたのですが、演技そのモノとしてはかなり好みな方のヤツでした。キムタクも、他の元SMAPの方々に倣って新境地開拓!でしょーかね。
Yuki2Invyさん [映画館(邦画)] 8点(2023-02-06 17:34:24)
7.《ネタバレ》 ラスト、画面が暗転してから音だけが余韻となって流れる…その瞬間、大河ドラマの鎌倉殿の13人を思い出した。この様な演出は最近はやりなのかな?
本作、事前の情報でラブストーリーと承知の上での鑑賞だが、時代からどうしても激しい合戦シーンを期待してしまい、そういう意味では期待外れで物足りない(これは仕方ないけど)。
じゃ、ラブストーリーとしてはどうかというと、もう少し2人が一緒のシーンが多くあって、互いに愛情が芽生える部分に時間を割いてもよかったのではないかと思う。信長は初めから好きだったのだろうが、姫は最初あれだけ嫌っていたので、2人の距離の近づき方がいきなりな感じがして、ちょっと残念。
リニアさん [映画館(邦画)] 6点(2023-02-06 01:50:02)
6.《ネタバレ》 大友啓史監督、キムタクと綾瀬はるか主演による邦画歴史大作。ちょっぴり優男なキムラ信長と気丈で賢妻の綾瀬コチョー。お二人のラブストーリーを中心に描く戦国ファンタジー。一度離婚するんやったかな?本能寺で自害直前に見たのは、愛する妻と共に豪華船で世界へ出航する夢。何だか「龍馬伝」のラストみたいやな。コチョーはホンマに病死やった?創作部分が多いけど、これはこれで楽しめかな。でっぷり太られたサイト―家康、笑わせてくれるぜ。良作。
獅子-平常心さん [映画館(邦画)] 7点(2023-02-05 02:30:45)
5.信長と帰蝶のラブストーリーであれば6点。
歴史モノとしては1点。
信長と帰蝶以外の描写が薄すすぎる。
「レジェンド&バタフライ」だから
仕方なしか。
SODOMOJOさん [映画館(邦画)] 6点(2023-02-04 14:57:09)
4.《ネタバレ》 言ってみれば、よくできた大河ドラマの総集編。
年月も、空間もぶっとばして断片的にいくつかのエピソードを繋げ、本能寺の変へ繋げていく。
自分は信長好きで、小説も歴史書もいっぱい読んでたから、ついていくのに何の苦労もなかったが、一般レベルの知識の人が見てどうだろう?
一例をあげれば、信長上洛と、一連の騒動の後の敗戦シーン。
自分は、断片的な台詞から、すぐに朝倉を攻めようとして、浅井に裏切られ、危機一髪で撤退した直後だと理解できたが、一般的にはどうなんだろう?
 あと、まあ大枠は歴史的なエピソードに沿った流れの中で、わざわざ時間を割いてまで、貧民部落での信長と帰蝶の、敢えて言おう架空の「虐殺」を描いて、それを二人を本当に結びつけるきっかけにしたのは、下の方と同様、大いに疑問を感じる。
こちらの方が、長い歴史の中で乱暴狼藉を働いてきた比叡山の僧侶と、そもそも寺にいること自体がおかしい「女子供」を殺したことよりも、よほど「人でなし」に感じたんだが。

 ただ、明智光秀像と、その謀反の動機がとても新鮮で面白かったこと、綾瀬さんがとても綺麗だったことを入れれば、まあ、1回だけ見るのには面白い映画かな。あとは、地上波待ちで。
rhforeverさん [映画館(邦画)] 7点(2023-01-31 18:45:35)
3.《ネタバレ》 まず、内容とは関係ないのですが、東映の創立70年記念のロゴ。
東映のマークがロゴの真ん中に入ってるおかげで、創立700年に見えちゃいました。
木村拓哉、綾瀬はるか他、出演陣の演技は良かったし、
建物、背景のCGは自然に見えるリアルさだったし、尺は少ない物の合戦のシーンも迫力はあるのですが…
物語中盤のスリの子どもを追いかけ、行きついた貧民の集落での殺戮から血まみれのチョメチョメという展開に付いてゆけず…
ラストのバレバレの夢落ちが長いのもどうかと思い、そしてダメ押しのような「人生五十年」。
乗り切れないままの3時間弱でした。
こんさん99さん [映画館(邦画)] 4点(2023-01-29 23:42:51)
2.《ネタバレ》  「ぎふ信長まつり」に46万人が集まったということでキムタク信長を見るのも一興と映画館に足を運んできました。
 これは完全に信長と帰蝶(濃姫となってましたがバタフライですからね。)のラブストーリーですね。
 なので、戦闘などについてはサクサク進んでいきます。
 「あずみ」張りのシリアスな使い手の帰蝶とそれに敵わない信長。ターニングポイントは長良川の戦いの後の
「お主の役目はわしの妻じゃ」ですね。
 本能寺では、抜け道があって途中で行き詰まったという説もあったので、それに乗っかるかと思わせて、夢落ちでした。
 あと、信長と光秀の茶番を見抜いた家康がエンドロールで斎藤工と出たときには会場がざわつきました。
ぶん☆さん [映画館(邦画)] 6点(2023-01-29 21:19:31)
1.まだ20代半ばだった木村拓哉が織田信長を演じたスペシャルドラマの記憶がうっすら残っている。あれから四半世紀の時が流れキムタクも晩年の信長がよく似合うおじさまになった。尾張のうつけから第六天魔王へ… その過程で信長自身も深く傷ついていく。そんな魔王最大の支持者として登場する明智光秀。比叡山焼き討ちにおける積極姿勢も近年よく採用されるようになった。その光秀が起こす天正10年の大事件。自分が今まで観てきたどの「本能寺の変」とも異なる動機で、一つの解釈としてなるほど面白かった。信長と並ぶもう一人の主人公濃姫は資料が少ないため高い自由度をもって描かれているが、マシーンのように人を殺しまくったり賛否は分かれるかもしれない。ただし綾瀬はるかの美しさは目の保養である。東映70周年記念の大作として宣伝されているが、実際のところ合戦シーンはかなり控えめ。そこに期待していた分、ガッカリ感もあるにはあるが、信長帰蝶のラブストーリーを重視したと考えれば許容の範囲内か。168分を長いと感じさせなかったことからも悪い出来ではないと思う。なかなか楽しかった。
リーム555さん [映画館(邦画)] 7点(2023-01-27 23:20:01)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 14人
平均点数 5.50点
000.00%
100.00%
200.00%
317.14%
4535.71%
500.00%
6321.43%
7428.57%
817.14%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 5.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review2人
4 音楽評価 4.00点 Review1人
5 感泣評価 4.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS