西部戦線異状なし(2022)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 セ行
 > 西部戦線異状なし(2022)の口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

西部戦線異状なし(2022)

[セイブセンセンイジョウナシ]
All Quiet On The Western Front
(Im Westen nichts Neues)
2022年上映時間:148分
平均点:7.00 / 10(Review 6人) (点数分布表示)
アクションドラマ戦争もの歴史もの小説の映画化配信もの
新規登録(2023-01-25)【Cinecdocke】さん
タイトル情報更新(2023-12-10)【Cinecdocke】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督エドワード・ベルガー
キャストダニエル・ブリュール(男優)
坂詰貴之(日本語吹き替え版)
内田夕夜(日本語吹き替え版)
辻親八(日本語吹き替え版)
原作エリッヒ・マリア・レマルク「西部戦線異状なし」
脚本エドワード・ベルガー
作曲ヨハン・セバスチャン・バッハ"Ich ruf zu Dir, Herr Jesu Christ, BWV 639"
製作エドワード・ベルガー
製作総指揮ダニエル・ブリュール
配給ネットフリックス
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
6.《ネタバレ》 1930年製作のハリウッド版は視聴済みであるものの、本作はリメイクではなく古典の反戦小説の再映画化であり、
現代の観点で脚色されたのもあるからか、似通ったシーンがほとんどないに等しい。
せいぜい冒頭の生徒たちの出兵を煽る教師と、中盤の妻子持ちの敵兵を直接殺してしまった狼狽ぐらいだろうか。

死んだ兵の服をはぎ取り、洗濯・お直しして新兵の服として提供するところからして、
ただの部品としか見ていない戦争の非情さを良く表している。
憔悴していく主人公の青年と並行する形で軍部上層部のやり取りで見られる豪華な食事もそう。
あと少しで停戦なはずがお偉いさんの大義のために無理矢理突入させられ、
理不尽な形で消費されていく主人公を含むその他大勢の兵士たちの死…

非常にオーソドックスながらハリウッド版とは違ったドライさが突き刺さる。
確かに今の時代だからこそ見るべき映画なのかもしれないが、現代ならではの新しい切り口が欲しかった。
もし本作みたいなことが日本で起こったら、我々にできることは国外脱出するか、
国会議事堂を包囲して大規模な反戦デモを敢行することくらいだろう。
Cinecdockeさん [インターネット(字幕)] 6点(2023-12-09 01:41:41)
5.西部戦線異状なしが再度映画化されるのを知った時、今更これを映画化するの?というのが正直な感想でした。この映画がアカデミー賞を取れなかったのは新しいものが何一つ描かれていないからでしょう。原作が古いというだけでなく最近の作品としても1917の二番煎じ感は否めませんし、予算もそれより少ないためかスケールでもやはり負けています。兵士も人間だった、その人間性を奪った戦争は悪である、確かにそれは正しいですし何度でも語る価値はあるのでしょうが、それはまた単純かつ素朴な認識でしかないとも思います。第一次世界大戦はそれ以降の戦争と比べると兵士の犠牲ばかり語られて民間人の犠牲があまりピックアップされないのはなぜなのでしょうか。確かにこれは現代の技術で作ることのできる最高にリアルな塹壕戦なのかもしれません。ただ1930年版と比べてこの作品の映像が本当にリアルなのかは一考に値するでしょう。汚しや特殊メイク、画面の色遣いは今の戦争映画というジャンルの流行りに合わせたものでしかなく、絵画的な美しいロングショットが何度も挿入されたり、ホラー映画じみた画面の薄暗さは果たして当時の空気感を伝えるという点で1930年版より優れていると言えるでしょうか、むしろFPSゲームに近い部分さえあります。正直陳腐化した戦場の表現よりも農家からガチョウを盗み追われる場面の方が身に迫る恐怖と後ろめたさを感じました。
Сакурай Тосиоさん [インターネット(字幕)] 4点(2023-09-01 23:28:14)
4.《ネタバレ》 第1次大戦を舞台にした戦争映画。小さな陣地を守るために多くの犠牲を払う。ほとんど動かなかった戦線。だけど、異常だらけに見える戦場。まるでピクニック気分、意気揚々と戦場へ赴くオイラたち。凄惨すぎる、こんなはずじゃなかった。殺し合いの果てに、戦争終了まで残り数分で命を落とすオイラ。ちょっと大げさすぎる演出もあったけど、戦場の過酷さは大いに伝わってきた。オンガクは「たーじゅうじゅう♪」がメインやな。
獅子-平常心さん [インターネット(字幕)] 7点(2023-06-05 01:20:26)
3.《ネタバレ》 極端な程に賛否両論で評価が二分されている「エブエブ」に次ぎ、2023年のアカデミー賞を席巻した本作。
夜23時過ぎに軽い気持ちで観る映画では有りませんでした。
正に実際の戦場とはこの様な場所なのだろうと思わせる、リアルに徹した描写の連続。
敵味方を問わずそれぞれに人生が有り、愛する家族が待っているであろう兵士一人一人の存在はまさしく「虫けら」同然。
最初は希望に燃え明るい表情だった主人公は加速度的に硬く無表情になって行く。
私は兵士達が戦車に踏み潰され、火炎放射器の餌食になる余りにも凄惨な描写に途中で観るのを止めようとさえ思いましたが、
本作制作陣の思いを汲んで頑張って最後まで見届けました。
余りにも理不尽な終戦間際の無意味極まりない出撃、そして停戦時間を過ぎた途端にまるで何事も無かったかの様に
塹壕で行き違う兵士達。
いったいあの多大な犠牲は何だったのかと戦争と言う不条理に居てもたってもいられなくなり、この思い・怒りを一体どこにぶつければ良いのかと、私は深夜に独り呆然としておりました。
とどめは最後の説明、僅か数Kmの陣地を奪い合う為に数万の兵士達が戦死したとの事。
一体何なんでしょうか?これって。
余りにも、余りにも酷過ぎます。
今のご時勢、どうしても本作の様な作品を観た後は以下の内容に気持ちが傾きがちになりますが、敢えて書きましょう。
こんな不条理で愚かな馬鹿げた事が、今もウクライナの地で繰り返されている。
私が一人深夜に映画を観ているこの瞬間も、こうして感想をしたためている正にこの瞬間も、
ウクライナの地では大勢の人たちが偽政者達の愚か極まりない行為の犠牲になっている。
例え本作がロシアが戦争を仕掛ける前に製作されていたとしても、本作は私が抱いた様な思いを世界中の出来るだけ多くの人達にも持って貰おうと言う思いが絶対に有った筈。
そう考えると、今年のアカデミー作品賞はエブエブでは無く本作に獲得させるべきだったのかもと思ってしまう。
アカデミーは本作に長編外国語映画賞、「ナワリヌイ」に長編ドキュメンタリー賞を獲得させる事で戦争と独裁権力に反対する意思表示は果たしたのかも知れないけれど、果たしてそれだけで本当に良かったのだろうかとずっと考えています。
一分一秒でも早く、ウクライナに平和を。
戦場にいる兵士一人一人が、無事の帰宅を待つ家族の元に帰る事が出来ます様に。
そして最後に、プーチンに神の鉄槌を。(もっと厳しい表現にしようと思ったが、この程度にしておきます)
たくわんさん [インターネット(字幕)] 10点(2023-03-20 15:04:13)
2.《ネタバレ》 凄惨を極めた第一次大戦下のヨーロッパを舞台に、愛国心から志願した若き一兵士の目を通して戦争の真実を見つめた反戦ドラマ。過去に何度も映画化されたドイツの作家レマルクの古典的反戦小説『西部戦線異状なし』を再び映像化したという本作、今年のアカデミー作品賞はじめ数々の部門でノミネートを果たしたということで今回鑑賞。いやはや、予想していたこととは言え、凄まじい内容でした。汚泥と硝煙に塗れた塹壕戦はこちらにまで血の臭いが漂ってきそうなほどリアルで、観ているだけで胃のあたりが重くなります。さっきまで和気藹々と話していた同僚の兵士が上官の命令とともに出撃し、呆気なく命を落とすシーンは戦争の不条理を否が応でも分からせてくれますね。そんなこと気にもしない国の上層部は、きれいな広い部屋で豪華な食事にありついている……。戦争の実態をこれ以上ないくらい皮肉たっぷりに描いている。そして最後。あと15分で停戦が成立するというのに、将軍の意地とプライドのために再び出撃させられる一兵士たち。まさに無駄死にとしか言いようのない絶望感漂うラストは、戦争の虚しさをこれでもかというほど訴えかけてきます。自分や自分の大事な人がもしこの場に居たらと思うと堪えられない……。今も同じようなことがウクライナで起こっているのだろう。ますます混迷の度を深めてゆく現代社会に於いて、真に観るべき映画の一つと言っていい。
かたゆきさん [インターネット(字幕)] 8点(2023-02-13 07:05:32)
1.《ネタバレ》 感情の動きがリアルで悲しい。少し前向きな展開になったかと思えば悲劇が待っているという、オーソドックスだがそれが刺さる。反戦映画としてはお薦めしたい。特に最後の突撃の憤りと虚無感。
ラグさん [インターネット(字幕)] 7点(2023-01-29 16:26:51)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 6人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4116.67%
500.00%
6116.67%
7233.33%
8116.67%
900.00%
10116.67%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 7.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review1人
4 音楽評価 6.00点 Review1人
5 感泣評価 Review0人
chart

【アカデミー賞 情報】

2022年 95回
作品賞 候補(ノミネート) 
撮影賞 受賞 
作曲賞(ドラマ) 受賞 
視覚効果賞 候補(ノミネート) 
音響賞 候補(ノミネート) 
美術賞 受賞 
脚色賞エドワード・ベルガー候補(ノミネート) 
外国語映画賞 受賞(国際長編映画賞)
メイクアップ&ヘアスタイリング賞 候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2022年 80回
外国語映画賞 候補(ノミネート)(非英語映画賞)

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS