ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービーのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 サ行
 > ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービーの口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー

[ザスーパーマリオブラザーズムービー]
The Super Mario Bros. Movie
2023年上映時間:92分
平均点:6.80 / 10(Review 35人) (点数分布表示)
公開開始日(2023-04-28)
公開終了日(2023-09-06)
アクションSFコメディアドベンチャーファンタジーファミリーゲームの映画化CGアニメ
新規登録(2023-02-05)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2023-12-19)【Cinecdocke】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
演出三間雅文(日本語吹き替え版)
クリス・プラット〔1979年生〕マリオ
チャーリー・デイルイージ
アニヤ・テイラー=ジョイピーチ姫
ジャック・ブラッククッパ
キーガン=マイケル・キーキノピオ
セス・ローゲンドンキーコング
宮野真守マリオ(日本語吹き替え版)
畠中祐ルイージ(日本語吹き替え版)
志田有彩ピーチ姫(日本語吹き替え版)
三宅健太クッパ(日本語吹き替え版)
関智一キノピオ(日本語吹き替え版)
武田幸史ドンキーコング(日本語吹き替え版)
楠見尚己クランキーコング(日本語吹き替え版)
浦山迅カメック(日本語吹き替え版)
間宮康弘スパイク(日本語吹き替え版)
木村昴(日本語吹き替え版)
原作任天堂
作曲布袋寅泰"Battle Without Honor or Humanity"
ジョルジュ・ビゼー"Habanera"
フェリックス・メンデルスゾーン”Midsummer Night's Dream, Op. 61 (Wedding March)”
挿入曲a-ha"Take On Me"
AC/DC"Thunderstruck"
ジャック・ブラック"Peaches"
製作クリス・メレダンドリ
任天堂
配給東宝東和
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
35.全く期待していなかったが、楽しい映画。
物語としてもこれ以上には作りようがない、とも言える。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2024-01-13 20:56:47)
34.アニメならではの爽快なアクションシーンの数々はなかなか楽しめた。でも特に特筆すべきこともないかな。お気楽なポテチムービーですね。

ヒロインであるピーチ姫がそんなに可愛くないのが残念。それと、字幕版で鑑賞したのですが、ピーチ姫の声がオバさんぽいからなおのことでした。試しに日本語吹き替えで観てみたら、日本語の方が若々しくっていかにもお姫様!て感じだった。

任天堂さんのゲームの中で「メトロイド」が超大好きなので、もしよければ映像化、お願いしますm(_ _ )m
Dream kerokeroさん [インターネット(字幕)] 5点(2024-01-13 19:17:12)
33.《ネタバレ》 「クッパが可哀そう・・・」と言う感想は正統派マリオファンの皆様的には「×」なのでしょうか?
やり方の是否は別として、彼は好きになった女性と結婚したかっただけなのに、最後は小さくされて瓶詰になるなんて不憫すぎるのでは?
なんてひねくれた感想を持つオヤジがここに一人。
映像的には絢爛豪華で観ていて楽しいです。映画館上映での世界的ヒットも納得。
たくわんさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2024-01-08 17:18:15)
32.期待以上でも以下でもない。
マリオカートやドンキーコングなどいろんなマリオが見られた。
世界中で大ヒットらしいが、それほどでもないだろ…っていうのが正直なところ。
木村一号さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2024-01-07 17:19:02)
31.面白かったー!!
マリオで遊んだ方ならハマるのでは?
キッズのみならず既に大人の方々で初期『マリオブラザーズ』『ドンキーコング』〜『マリオカート』あたりやっていた人も十分に楽しめる作品かと。
 
まさに私はその大人でありまして、掴みからグイっと持っていかれ中弛みもなく面白かったです!
 
でも心に残るかと言われれば残らないと思う、でも見てる間は楽しかった!
 
ピーチ姫は今風ですが、それも嫌味がない作り。続編もありそうですね。
movie海馬さん [CS・衛星(吹替)] 8点(2024-01-04 23:10:27)
30.《ネタバレ》 いちマリオファンとして楽しかったと同時に、観ても観なくても自分にほとんど影響のない映画だとも思った。マリオギャラクシーやマリオオデッセイなど、マリオシリーズの名作ゲームをプレイした時のほうがずっと世界に入り込めたし、しっかり心を動かされた。アトラクション映画、コマーシャル映画、という辛口評価が上がったのもよくわかる。ただ、任天堂もアトラクション映画でありコマーシャル映画のつもりで作ったと思うから、そこを批判しても仕方がないかなとも思う。マリオが喋ってる!マリオに家族がいる!レインボーロードだ!DKと共闘してる!など、純粋ファン目線で楽しむのがいいと思う。
クリロさん [インターネット(字幕)] 6点(2023-12-14 15:04:49)
29.ものすごく“真正直”な「スーパーマリオブラザーズ」の映画化だった。
子供から大人まで誰が観ても楽しめるだろうし、ゲーム世界を映画として具現化したそのクオリティそのものは極めて高く、隙がないと言える。
休日の昼下がり、小学3年生の息子と二人観るには、とてもちょうどいい映画だろう。

ただし、全くと言っていいほど“驚き”は無かった。
私自身、子供時代からプレイし続けてきて、先日も最新作「ワンダー」を子どもたちのために買ったばかりだが、詰まるところ、良い意味でも悪い意味でも、ゲーム世界そのままの映画であり、何かそれ以上の付加価値があるものではないと感じた。
勿論、マリオやピーチ姫、キノピオやクッパたちに登場キャラクターとしての人格は備わっているのだけれど、決してゲーム世界で想像した以上の「言動」を起こすわけではなかった。
稀代のアクションゲームの映画化において、特筆すべき“驚き”が無いということは、やはり致命的な欠落だと思う。


「スーパーマリオブラザーズ」というゲームの魅力は、そのアクション性の豊富さや、そのイマジネーション溢れるユニークな世界観もさることながら、何よりも主人公である「マリオ」や敵役である「クッパ」に対する愛着の深さにこそあると思う。
配管工のヒゲおやじが、カメが巨大化した化け物に繰り返し挑み続けるこのゲームが、世界中から愛されているのは、一重にそのキャラクターたちが魅力的だからだろう。

ではなぜキャラクターが魅力的なのだろうか?
どのシリーズ作においても、マリオがピーチ姫を助けに行くに当たっての具体的な経緯や、クッパがキノコ王国を支配しようとするに至ったバックグラウンドが詳しく説明されているわけではない。
マリオはいつだって、オープニングでさらわれたピーチ姫を取り戻すために問答無用に冒険をスタートさせる。
でも面白い。それは、プレイヤー一人ひとりが彼らのキャラクター性を「想像」するからだと思う。
プレイヤーは、「1-1」がスタートした時点で、マリオがどういう人間なのかということを無意識レベルで想像し、彼に憑依する。そしてゲームを進めていくにつれて、ピーチ姫やクッパのキャラクター性に対してもより一層想像を深めていく。
その想像の深まりと共に、プレイヤーはゲーム世界に没頭し、コースをクリアしていくことに快感を覚えていく。それが、「スーパーマリオブラザーズ」のゲームの魅力、そこに登場するキャラクターたちの魅力だと思う。

つまり何がいいたいかと言うと、この映画作品で描き出されたマリオをはじめとするキャラクターには、世界中のゲームプレイヤーたちが延々と繰り広げてきた「想像」を超えるものが存在しなかったということ。
言い換えれば、極めてベタで平均的な「想像」に終止したキャラクターが、ゲーム世界そのままの映画の中で活躍する様を見ているようだった。
それはすなわち、他人がプレイしている「スーパーマリオブラザーズ」を見ているようでもあり、楽しくはあるけれど、当然ながら自分自身でプレイしている時のような、驚きや快感を伴う面白さは無かった。

「スーパーマリオブラザーズ」の映画化においてもっと追求すべきだったのは、世界中のプレイヤーたちが想像し得なかったキャラクター像の「創造」、もしくは実際にゲームをプレイしているとき以上の「体験」だったのではないかと思う。
鉄腕麗人さん [インターネット(吹替)] 6点(2023-11-19 22:24:37)
28.《ネタバレ》 あのスーパーマリオをいったいどんな風にアニメ化するのか期待と不安両方入り混じる中観てみたのですが、
これは考えつく限り最良に近い形で映画にしたのでは?と思うほどの出来栄えでした。
いやもちろん中身はないのですけど、それぞれのキャラクターがしっかり活かされていて、
それだけで最後まで楽しく鑑賞させるという力技を披露しております。
マリオはもちろんのこと、弟のルイージの頼りないけど守ってあげたい感、
ピノキオの「可愛すぎまーす」ってのが可愛すぎますし、ピーチ姫は思っていたより
アグレッシブで今風のキャラだなと感じました。
そして何より悪役のクッパが弾き語って熱い思いを吐露したり、
悪いやつなんだけど魅力的でとてもよかったです。
これなら続編展開も難なく作れるであろうことは容易に想像でき、最初の一作目としては申し分ないなと思います。
あろえりーなさん [ブルーレイ(吹替)] 7点(2023-10-08 15:22:02)(良:1票)
27.ゲームの要素を上手く取り入れているし、映像表現も流石のハリウッドのCGでよく出来ている。ピーチのキャラが印象的。ただ、全体としては何がどうということはなく、映画としての評価はそんなに高く出来ないと言ったところ。
スワローマンさん [インターネット(字幕)] 5点(2023-09-23 17:41:25)
26.マリオの魅力が90分ギッシリ詰まってる素晴らしい作品ではあるが、やはり90分程度ではどんなに頑張っても、マリオという長年愛されてきたミスタービデオゲームの魅力を全て表現しきれていなかった。
ゲームの雰囲気や設定を活かしているからこそ、自分の好きだったシリーズの要素をもっと入れて欲しいと言う欲が出てしまった。
できることならこの1作で終わらせず、どんどんシリーズ化していって欲しい。
そしてできることなら次回は大好きなルイージ(マリオはゲームの持ち主や年長者に取られていたので結構愛着がある)の出番をもっと増やして欲しい。
ムランさん [インターネット(吹替)] 8点(2023-09-05 21:11:22)
25. 一言でいえば、最高でした。
 とにかく、マリオが心から好きなスタッフが、マリオが心から好きな人たちのために誠心誠意をもって作っているなというのがひしひしと感じられました。
 それは当然と言えば当然なんだけど、これだけ長く続いてきて、プレイしたことなくてもほぼ誰でも知ってるであろうゲームの世界を、今更映画にするって、簡単なことじゃないと思うのです。
 これだけの映画を作るには大勢の人たちの力が当然必要不可欠なんだけど、いろんな考えを持ったいろんな人の手が加わったら、俺たちはいったい何を見せられているんだ?というような、マリオのナントカ風ナントカ仕立てとか、いやそれならまだよくて、マリオが脇に追いやられて、ナントカカントカのマリオ風味とかみたいな映画になりかねないんですよ。
 いやそれがもう、最初から最後まで、「うおーっ、マリオだ!!!!!」なんですよ。誰もが知っている、誰もがイメージするマリオの世界がそこにあるんです。むしろ、見ている僕が、「そうだ、マリオってこうだった」と思わず再認識させられたくらいの、マリオ世界の解像度の高さでしたね。それを、大勢の映画スタッフをその一方向に向かわせたというのは、並大抵のことではないと思うのです。
 やはりそれは、製作者でありマリオの生みの親である宮本茂さんが、何年経とうが、どれだけゲームが進化しようが、マリオに対する姿勢がずっとブレずに変わっていなかった証なのだと実感しましたね。今までいろんな作品が映画化されて、どうしてこうなった?というものばかり見せられてきた中で、この『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』は、後世に語り継ぐべき成功例なのではないでしょうか。
portさん [映画館(吹替)] 8点(2023-08-18 14:22:10)(良:1票)
24.4歳の息子と観てきました。息子は楽しそうでしたが、大人は正直退屈すると思います。
クッパが襲ってきて、困ったピーチをマリオが助けるという何の捻りもないストーリー。そこが良いとの声もありますが、ボコボコに殴られる貧乏配管工マリオはちょっとイメージとの乖離があったし、完全に武力でクッパを叩きのめすのも如何なものか。それにピーチが可愛くないんですよね。アクションやギャグも面白さ、新鮮味を全く感じませんでした。
しかし、made in Japanのキャラクターがここまで特大ヒットを飛ばすのは喜ばしいことではあります。やっぱり任天堂は凄いですね。
ところであの捕まってた星は何なんですか?
Kの紅茶さん [映画館(吹替)] 6点(2023-08-12 15:19:04)
23.マリオの世界観を崩さず、よく出来た映画でした。
ケンジさん [映画館(吹替)] 7点(2023-07-23 22:07:20)
22.《ネタバレ》 4DX3D吹き替えにて鑑賞。
ストーリーは予想通りで正直退屈だった。でもこの映画はアトラクションとして楽しむものだと思った。だからぜひ4DX3Dで見てほしい。
ゲームの中に入ってキャラを追いかけるかのようなカメラワークはとても迫力があった。
マリオがあるステージをクリアするのに悪戦苦闘している姿は、昔の我々プレーヤーそのものだった。
カートでチェイスする場面もゲーム以上に迫力があった。
マリオのゲームをしていた人たちには感情移入できると思う。キャラの心情に感情移入ではなく、ゲームの世界に入り込むという意味で。
2曲ほど80年代の洋楽がBGMに使われていたが、これは当時キッズだった頃を思い出させる良い演出だ。(世代が違う人たちには?だけど。)
6月の任天堂の公式発表で2023~24にかけてマリオ関係のゲームタイトルが相次いで出る事が分かった。
マリオの映画のエンディングで謎の卵が最後に映っていた。マリオをもっと盛り上げて、映画でも続編があるのかな?と思わせる感じがした。
S.Oさん [映画館(吹替)] 8点(2023-06-30 13:32:41)(良:1票)
21.原作であるゲームがあまり好きでない私は、まるで楽しめませんでした。ゲームの出てくるシーンやアイテム、キャラクターが登場するので、原作のゲームが好きな人にはたまらないのかもしれませんが、そうでない私にとっては、稚拙な物語の映像がきれいなアニメ映画でしかありません。もっと良いストーリーが見つかってから作ればいいのに。
shoukanさん [映画館(字幕)] 3点(2023-06-16 22:15:39)
20.ジェットコースターに乗ってるだけの映画。つまらなくはなかったけど、少し期待が大きかったかな?
よしふみさん [映画館(吹替)] 6点(2023-05-27 17:31:57)
19.《ネタバレ》 面白かったですよ。普通に面白かったです。ただまあみんな言ってることだけど、それ以上でもなくという感じではあります。

自分はスーファミまでのマリオしか知らず、64は持っていなかった、そしてその時期から格ゲー勢になった為、以降のマリオは一切触っておりません。3DSのマリオも何か買ったんだけど、あんまりやらずに終わったなぁ。やはり2Dで遊びたいおっさんなんですね。

話の展開があまりにも爆速すぎるのと、クッパの歌にあんまりノレなかったんだけど、そこ以外はゲームのネタが各所に散りばめられてた為見ていて楽しかったです。
ただ、マリオじゃなければ楽しかったか?といわれると、うーんて感じ。超お子様向けのCGアニメって感じで。
ピーチが戦う女性を演じるってのもまあ悪くは無いかな。ピーチの昔のゲームとのキャラ変については色々思う所はあるけど、それ以外にポリコレ臭がしなかったし、気持ちよく見ることができたと思います。こういうのでいいんだよ、こういうので。
みーちゃんさん [映画館(吹替)] 6点(2023-05-22 10:54:41)
18.《ネタバレ》 任天堂のゲームをやり込んでいる人が喜ぶオマージュが随所に散りばめられ、往年のファンにはたまらない作りになっている。ただ、マリオが任天堂初出場したのはドンキーコングであり、その確執の歴史から言えば今回のようにマリオがコングと初対面、というのは少し違う気がした。
牢獄で光る緑のキャラ(故宮博物院の白菜?)が放つ皮肉な哲学は、薄気味悪くも、ある意味で真実を語っており秀逸。
チェブ大王さん [映画館(吹替)] 5点(2023-05-21 22:05:08)
17.《ネタバレ》  自分で遊んだマリオのゲームは64まで、の私でも楽しめるのかなと不安でしたが、問題なく楽しかったです。
 特に感動したのはコング軍団の中に懐かしいキャラクター達を見つけた時ですかね。令和の劇場であのカップルの姿を拝むことになるとは思ってもみませんでした。私の人生で最も長い時間操作した任天堂キャラたちだったので再会が嬉しかったです。
 そんな感じで最新作に触れてないオッサン世代もニッコリできる造りになってます。というかちょくちょく挟まれる挿入歌の懐メロっぷりを見るに我々世代がメインターゲット、または同じ世代がこの映画を作ってるんじゃないかという気すらしました。現役マリオ世代の子供たちはちゃんと楽しめたんだろうか?
 実写の方のレビューでも書きましたが、オーバーオールのヒゲ親父がこんなメルヘンチックな世界で戦ってるの違和感あると昔から思ってました。が、今回の映画でその辺の事情が明らかになりました。マリオブラザーズって異世界転移モノのお話だったんですね。いつものキノコ王国舞台の話もいいですが、個人的にはブルックリンで兄弟が配管工として仕事するお話も90分フルで見てみたいです。
 
 不満…というほどのものではないですが、気になったのはたぬきマリオの描写ですね。私の記憶ではあんな不思議な飛び方はしてなかった。そしてあんなに縦横無尽に飛び回れるならゲームの中で本気を出してほしかった。つーかせっかくのたぬきなんだから地蔵プレスでマグナムキラーを叩き落せばよかったのでは?というかマグナムキラーが相手ならマントマリオも見たかった。あっちの方がヒーローっぽいし。
池田屋DIYさん [映画館(吹替)] 7点(2023-05-17 19:22:32)
16.《ネタバレ》 10歳の息子と嫁さんとで観に行きましたが、せっかくなんで、4D×3Dってので観てきました。4Dってあんな、動いてましたっけ?水しぶきとか、匂いとかはわかってたんですけど、座席は振動くらいかなって思ってたら、マリオがドッタンバッタンするたびに、結構、座席もガタンガタン動いて、映像がマリオで3Dなんで、気分はもうアトラクションって感じでした。なんで、純粋に映画だけの評価ができません。ただ、ただ楽しいー。完全に映画の世界に入っちゃってました。ちなみに、キノコ王国の雰囲気が、USJの任天堂ワールドな感じで、今度、USJ行ったら、余計にテンション上がっちゃうかも。こんだけ、売れたら、絶対、パート2ありますよね。
なにわ君さん [映画館(吹替)] 10点(2023-05-13 21:28:25)(良:3票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 35人
平均点数 6.80点
000.00%
100.00%
200.00%
312.86%
400.00%
5822.86%
6720.00%
7720.00%
8720.00%
925.71%
1038.57%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 9.33点 Review3人
2 ストーリー評価 6.25点 Review4人
3 鑑賞後の後味 7.75点 Review4人
4 音楽評価 8.50点 Review4人
5 感泣評価 5.50点 Review2人
chart

【ゴールデングローブ賞 情報】

2023年 81回
主題歌賞 候補(ノミネート)"Peaches"
アニメ映画賞 候補(ノミネート) 
シネマティック&Box Office業績賞 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS