キングダム 運命の炎のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 キ行
 > キングダム 運命の炎の口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

キングダム 運命の炎

[キングダムウンメイノホノオ]
2023年上映時間:130分
平均点:6.62 / 10(Review 13人) (点数分布表示)
公開開始日(2023-07-28)
公開終了日(2024-01-10)
アクションドラマアドベンチャー戦争もの時代劇シリーズもの歴史もの漫画の映画化
新規登録(2023-04-26)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2024-02-14)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督佐藤信介
演出下村勇二(アクション監督)
キャスト山﨑賢人(男優)
吉沢亮(男優)嬴政 / 漂
橋本環奈(女優)河了貂
清野菜名(女優)羌瘣
満島真之介(男優)
岡山天音(男優)尾平
三浦貴大(男優)尾到
(女優)紫夏
山田裕貴(男優)万極
高嶋政宏(男優)昌文君
要潤(男優)
加藤雅也(男優)肆氏
高橋光臣(男優)干央
平山祐介(男優)蒙武
片岡愛之助(六代目)(男優)馮忌
山本耕史(男優)趙荘
長澤まさみ(女優)楊端和
玉木宏(男優)昌平君
佐藤浩市(男優)呂不韋
大沢たかお(男優)王騎
萩原利久(男優)蒙毅
浅利陽介(男優)亜門
杉本哲太(男優)道剣
濱津隆之(男優)澤圭
やべきょうすけ(男優)有義
桜井日奈子(女優)東美
村川絵梨(女優)友里
小栗旬(男優)李牧
吉川晃司(男優)龐煖
佐久間由衣(女優)カイネ
原作原泰久「キングダム」(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載)
脚本黒岩勉
原泰久
作詞宇多田ヒカル「Gold ~また逢う日まで~」
作曲宇多田ヒカル「Gold ~また逢う日まで~」
主題歌宇多田ヒカル「Gold ~また逢う日まで~」
製作市川南〔製作〕
集英社(製作幹事/映画「キングダム」製作委員会)
日本テレビ(製作幹事/映画「キングダム」製作委員会)
ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント(製作幹事/映画「キングダム」製作委員会)
東宝(映画「キングダム」製作委員会)
読売テレビ(映画「キングダム」製作委員会)
博報堂(映画「キングダム」製作委員会)
Studioぴえろ(映画「キングダム」製作委員会)
配給東宝
ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
特殊メイク藤原カクセイ(特殊メイクキャラクターデザイン)
特撮神谷誠(VFXスーパーバイザー)
美術藤原カクセイ(特殊造形デザイン統括)
衣装宮本まさ江(衣装・甲冑デザイン)
編集今井剛
照明加瀬弘行
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
13.《ネタバレ》 私も「え、ここで終わりなの!?」と思いました。てっきり最終作なのと思ってたので。
完全につなぎの作品なので少々天水は下がりますが、それでも引き続き高いクオリティを保ってましたね。
なぜ中華統一を目指すことになったのかについての紫夏とのエピソードが一番グッとくるシーンです。
あろえりーなさん [ブルーレイ(邦画)] 6点(2024-02-25 20:44:22)《新規》
12.《ネタバレ》  ひたすら戦いに終始した前作は単純に楽しめたのだけど今回は物足らなさが残ったわ。映画を見終わってのいちばんの感想は「え~?そこで終わりぃ?」だったわね。

 まず嬴政の回想シーンが思いのほか長くて、ああつまり回想って言ってもそこがこの映画の前半の見せ場ってワケね、っていうのはもちろん見終わってから判るコト。回想シーンの中に更に回想があるっていう(嬴政の回想の中に紫夏の回想が入っちゃうという人称のブレっぷり)のはたとえ原作マンガがそうだとしてもミスね。そこも本体であるならば回想というカタチは取らない方が良かったんじゃないかしら。

 で、そこから戦いへと向かってゆくのだけど、たかおの王騎はもちろん最高として前作で活躍したキャラはそーんなには目立たなくて結局は信と羌瘣よね~みたいな。そしていよいよここから、ってところで終わっちゃう。物語として映画として、なんか食い足らなさハンパないんだけど。龐煖とか楊端和とか出すだけ出してはいはい今回はここでおしまい、って物語があんまり転がっていないわ。『帝国の逆襲』くらいには物語転がしてよ。

 あと前作同様イマジナリーラインめちゃくちゃね。回想シーンでの荷馬車チェイス、追われる側と追う側がそれぞれ一体どっち向かってるのよ?みたいだったわ。

 まあなんだかんだ言いつつも豪華キャストで繰り広げられるスケールの大きな娯楽映画、次が楽しみなんだけどね。っていうか河了貂の出番少ないわよ。
あにやん‍🌈さん [映画館(邦画)] 6点(2023-09-05 16:14:22)
11.前作以上に終わり方に納得できない。
映画を見た満足感がない。
さらに、脚本全体として、原作の取捨選択ができていないから、話がとっちらかってる。
特に、政の秦への帰還に、あんなに尺を取る必要があったのか。
さらに、これを中華統一を行う理由にしていたけど、全然理由になっていない。
武力統一するんだから、その過程で最低でも何十万人も死ぬんだよ?
敵だけじゃなく、味方だってたくさん死ぬはず。
こんな個人的な思い出を理由にしたら、家来は言うこと聞かなくなるでしょ。

それでも、この映画はすごく人気があるようなので、今後も続編がどんどんできそうな勢い。
そこで心配なのが、「俳優は年を取ってしまう問題」。
特に心配なのが、羌瘣と河了貂の女優二人。
今は原作と瓜二つの見事な少女感だけど、これから3年5年10年と経ったらどうするんだろう?
この二人だけ、今のうちに先のシリーズ分も撮りだめしとくべきじゃなかろうか。
この映画の退屈なシーンで、そんなことを考えてしまった。
まかださん [映画館(邦画)] 5点(2023-09-03 22:47:28)
10.《ネタバレ》 三作目である今作では「馬陽の戦い」がメインとなりますが
原作では11巻から16巻とちょっと長めであり

今まで4巻ぐらいでまとめていたので
途中で区切るのは止むを得ないところであって

紫夏の話と馮忌との戦いがメインって感じでした

で、前作でも思いましたが地味に配役が良いんですよねぇ
渕さんとか亜門が地味に似てました。
竜川もなかなか良かったです。

その上で前作より対戦感がでていて
ロングショットとクローズアップのバランスが良かったのと
龐煖の圧倒的な武とか体格の凄さも違和感なく描かれていましたし

羌廆と信の殺陣も良かったです。
130分とのことでしたが、あまり長さは感じなかったです。

「われぶしん」で終わった以上4作目が感動作になるのがまちがいないので
ぜひ公開して欲しいところです。

7点で
シネマレビュー管理人さん [映画館(邦画)] 7点(2023-08-17 22:29:26)
9.《ネタバレ》 シリーズ第3弾。吉沢くんの壮絶な過去が語られる前半と、趙軍との戦闘がダイナミックに描かれる後半。100人の隊を率いるまでに成長したワラベ・シン。愛之助の首をジャンピングカットして大手柄。総大将として戦闘に臨んでも、ニヤニヤヘラヘラ…。良いコトを言ってても全くシマリがないオカマ・オウキ。今作は次作への繋ぎのようなカンジだけど、個性派キャラが魅力的で楽しめた。最後に出てきたヤツはキッカワさんか。良作。
獅子-平常心さん [映画館(邦画)] 7点(2023-08-14 01:40:57)
8. 
クレヨンしんちゃんを観終わった後、時間が微妙。
そのまま帰ろうかな、と思ったけど…まだ11時前だ。
ならば、もう一本!と…コレにした。

――キングダム/運命の炎(2023年)

いや、もう鉄板的に好い映画シリーズだと思う!
間違いなく面白かったし、何よりも日本でこんな大作が作れるんだなぁ~…なんて気持ちと羨望を絡めて観ていた。
何よりも凄い!と思うのは「日本での独自性」が確りと残っている処だろう。
いや、お手軽って意味じゃなく、子供や年齢を重ねた人が観ても、確実に伝わる言葉や挙動のやり取りが確りあって、話が(若干のチープさを感じつつも)胸に入ってきやすい。
漫画のキングダムは(余り)読んでないけど、それと同等に分かりやすいだろうし、映画独特のアクションの見せ場も確立してると思う。

さて、この作品の監督…「佐藤信介」さんに注目した事は無いけど、作った映画は(何故か)結構な数を観ている。
そしてコミックで映画化した作品が凄く多いんだね…ちょっとビックリ。

【佐藤信介の映画化されたコミック】
 2019:キングダムシリーズ
 2018:いぬやしき
 2018:BLEACH/ブリーチ
 2016:IAM A HERO/アイアムアヒーロー
 2016:デスノート/Light up the NEW world
 2011:GANTZシリーズ

凄いラインナップのコミックだな…マジで。

ただ、ネタバレはしないけど…もう、ここまで分かりやすく「次に繋げられる」と、思わず笑いが出てしまうほど。
作品的にも、前2作の回想シーンなんかもあって余計に、この作品全体に引き込まれてゆく。
いや、映画が面白かったからまだ許すけど、こんな区切り方をするなら「2ゖ月以内に上映」して欲しいですわぃ…いや、ホンマに!

     *     *     *

しかし、最近は(何作かの)区切りになってる映画が絶大に増えてきたなぁ、本当に。
ただ、そんな中でも「ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE」は、考えれば考える程に”切れ目”が凄かった。
そして後から知ったのだが、その切れ目についてはプロデューサー、監督…そしてトム・クルーズで散々話し合ったらしい。

要は1本の映画を観た後の「爽快感を大事にした!」との事。
ならば、結果的に前編と後編に別ける意味は「事件の壮大さ」と「敵の屈強さ」が増している事だろう。

いや~…次に繋がってはいるが、それ以上に「1本の映画を観終わった満足感があった」のが凄い。
そこって映画を創った人間が「自分らに戒めた境界線」のお陰なんだろうなんだなーと…今も思うんだ。

やっぱ、映画製作って製作資金も異常に大事だが、やっぱり「意識」が要だ。
作り手の意識が本当に大事だな、とつくづく思う。

そう…人を惹きつけずに居れない意識だ。
たとえ、狂っていても……大事。


.
映画の奴隷さん [映画館(邦画)] 7点(2023-08-10 07:11:41)(良:1票)
7.よく撮ってあると思います。殺陣も素晴らしいです。でも、なぜか入り込めないのは何故だろう。これ以上の映画化は望めないようにも思いますが。。
よしふみさん [映画館(邦画)] 6点(2023-08-06 23:30:53)
6.《ネタバレ》 前作同様に邦画としてはこれ以上ないというスケールで見応えまりました。
前半の回想シーンはちょっと長め?とは思いましたが、王としての覚悟に目覚めるくだりなどよかったと思いますし、その後のストーリーも、前作では延々戦いが続いているというイメージでしたがうまい具合に緩急ありましたし、武将同士の白兵戦の戦略合戦といった頭脳線と漫画的な迫力の戦闘シーンなど見ごたえがあって長い時間も気にせず楽しめました。
ただ面白かった半面今回も「続く」で終わってちょっともやっとしてしまうので、そこはもう少しどうにかしてほしいと思いましたが、劇場で観るには十分面白い作品だと思いました。
クリムゾン・キングさん [映画館(邦画)] 7点(2023-08-03 22:43:01)
5.《ネタバレ》 確か2と同時撮りだったのですかね?なので、質感自体はかなり前作と近かったと思いますし、内容もまま似てるとゆーか前半が嬴政の過去エピソード+後半は2と同じよーな大合戦、という感じですかね。どちらかとゆーと個人的には2よりもバランスは好かったかな…と(⇒前半がまあまあ面白く観れたので)。でも、後半の合戦部分は逆に2の方が好かったかな~とも(⇒100人の飛信隊がメインなので途中がチョイ地味かな…)。あと、いよいよ更に更に人間離れしたヤツが出始めるので、全体的にもより一層「漫画チック」な質感の方に近付いて来た様にも思われましたね(⇒そのコト自体は、コレも個人的には「やり過ぎると冷めちゃう」という感じではありますね)。ちょっと悩みに悩みつつ、前作の評価との整合性を鑑みるとこの点数くらいかな、と。もう一つダケ気になってるのは、このシリーズって何作までつくる積りなのでしょーかね?(⇒別にあと5,6作品くらいはフツーに付き合う気で居ますケドも…)
Yuki2Invyさん [映画館(邦画)] 6点(2023-07-30 21:29:16)
4.《ネタバレ》  キングダム3作目。
 前作をふまえた話になっているし、今作も「つづく」的な終わりになっているので、もう固定客で勝負というところでしょうか。
 前半の紫夏編は泣かせます。
 本来、嬴政が人質だった年齢は9才なので子役がやるべきでところ、自分にやらせてくださいと直訴までして吉沢亮が演じたというエピソード。熱演でした。
 9才ならば草むらに逃げても仕方ないですね。
 後半の戦闘シーン。大体、邦画だとアップの画面の多用でごまかすことが多いですが、引きの画が多い印象。横から砂煙を上げて突進してくるシーン、臨場感がありました。
 でも、最後に龐煖の登場シーンで勝利に水を差された感があり、単作として後味の良い映画とはなっていません。その部分は次作への予告だとしても減点です。
 
 あと、上映前の映画予告編で「沈黙の艦隊」が出てきました。
 なぜ今、沈黙の艦隊?というのと、主人公の海江田を演じるのが大沢たかお!「全軍、前進」とか言いそう。
ぶん☆さん [映画館(邦画)] 7点(2023-07-30 21:04:38)
3.《ネタバレ》 <原作未読>相変わらず邦画のレベルを超越した大スケールの戦争が描かれている。王騎の下で修業を積んだ信が100人を率いる将らしく、立派に、頼もしくなっていたのは感慨深い。構成的には紫夏で一旦クライマックスを迎え、いよいよ趙との決戦だが、1、2とは異なり次回作への繋ぎという印象が強いため一映画としての評価は芳しくないかもしない。でも無理に詰め込むよりはこちらの方がベターだろうか。4を楽しみに待つ日々が今日始まった。
リーム555さん [映画館(邦画)] 8点(2023-07-28 23:03:26)
2.前の話しからしっかり繋がり、次へ期待を持たせる。
中ほどの話しとしては良く出来ていた。

杏さん演じる紫夏が光っていた。
迷う嬴政を励まし、背中を押す姿には感動。
この作品の大きな見どころ。

そして、待ってました大騎将軍。
存在感バッチリ、駆け引きの天才、頭脳明晰。
その一挙手一投足に、こちらもハラハラドキドキ。

信と羌瘣(山崎賢人さんと清野菜名さん)のアクションも凄かった。
この二人で偉業を成し遂げたと信じられる、見応えある動きに拍手。

来年はラストのあの人の大暴れの続編、観られるのでしょうか。
ワクワクしながら続きを楽しみに待つこととします。
たんぽぽさん [映画館(邦画)] 8点(2023-07-28 21:17:38)
1.《ネタバレ》 3作目でようやく李牧、龐煖(ホウケン)とこれからの主要キャラも登場したのだが、続きはまた今度とは「え、うそっ!」てな感じだった。
前回は本編終了後に「3作目は来年公開!」的な予告映像があったので、当然3作目が一旦の締めになるだろうと勝手に思っていたので、今回の中途半端な終わり方には超がっかり。
おまけに今回は次回予告も無く、4作目が公開されるかどうかもあやしい・・・。
そもそも上映時間は長いが回想シーンが多く、その中でも紫夏のエピソードに時間を取りすぎだ。確かに重要ではあるが、中途半端に切り取るぐらいならテンポが悪くなるだけなので、紫夏編として別作品で作っては?それに杏は杏でしかなかったし、紫夏のイメージに合っていないと思う。(あくまで個人の意見です。)
不満はまだある。長澤まさみは回想シーンとラストにチョットだけの顔みせだけ。前回も思わせ予告だった気がするので、これはもう、出る出る詐欺だ。
出る出る詐欺と言えば、小栗旬と吉川晃司もそんな感じでラストにちょっとだけ登場した。2人はまだ登場したばかりなので何とも言えないが、いい役者さんなのでうまく役を昇華させるに違いないと信じることにした。

1作目の完成度が高かったため、さらなる期待が膨らむシリーズだったけど、2作目、3作目と原作のストーリーをただ追いかけるだけのダイジェスト感が否めない。前作(2作目)は次回作への繋ぎの作品で、締めの3作目で盛り上がるかと思いきや、3作目は4作目に向けた前編だったとは!思いたくないが、まさか4作目は中編で、5作目が後編だったりして。。。

コロナの影響もあり、また役者のスケジュールの都合もあり、で大変な撮影だったと思うが、あきらかな別撮りシーンの差し込みが多く見て取れて、その都度違和感を感じてしまい、画面から感じる迫力も乏しかったのは残念だった。
リニアさん [映画館(邦画)] 6点(2023-07-28 18:15:19)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 13人
平均点数 6.62点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
517.69%
6538.46%
7538.46%
8215.38%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review1人
2 ストーリー評価 6.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 6.50点 Review2人
4 音楽評価 5.00点 Review1人
5 感泣評価 7.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS