東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -決戦-のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 ト行
 > 東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -決戦-の口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -決戦-

[トウキョウリベンジャーズツーチノハロウィンヘンケッセン]
2023年上映時間:96分
平均点:5.67 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
公開開始日(2023-06-30)
アクションドラマSFシリーズもの青春もの漫画の映画化バイオレンス
新規登録(2023-05-22)【Сакурай Тосио】さん
タイトル情報更新(2023-05-29)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督英勉
演出諸鍛冶裕太(アクション監督)
キャスト北村匠海(男優)花垣武道
吉沢亮(男優)佐野万次郎
山田裕貴(男優)龍宮寺堅
今田美桜(女優)橘日向
鈴木伸之(男優)清水将貴
清水尋也(男優)半間修二
磯村勇斗(男優)千堂敦
間宮祥太朗(男優)稀咲鉄太
眞栄田郷敦(男優)三ツ谷隆
杉野遥亮(男優)橘直人
永山絢斗(男優)場地圭介
村上虹郎(男優)羽宮一虎
高杉真宙(男優)松野千冬
高良健吾(男優)佐野真一郎
脚本高橋泉
製作大多亮
フジテレビ(映画「東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編」製作委員会)
ワーナー・ブラザース(映画「東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編」製作委員会)
講談社(映画「東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編」製作委員会)
制作KADOKAWA
配給ワーナー・ブラザース
衣装宮本まさ江
録音柴崎憲治(音響効果)
照明三善章誉
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.《ネタバレ》 ヤンキー映画は嫌いな私だが、1作目は面白かったんです。
で、今作。やっぱりヤンキー映画は向かないなーと思いました。
いくら何でも理不尽な理由で兄貴を殺されて、逆恨みされて殺されかけて。そんな奴を許す、その感情移入は出来ません。
ヤンキーに散々嫌な思いをさせられた、私の問題だとはおもいますが。いくら映画とはいえ楽しめませんでした。
木村一号さん [CS・衛星(邦画)] 3点(2024-05-06 20:42:18)
2.《ネタバレ》 このシリーズは良いですね。
なんだか、ブレイキングダウンみたいで好きです(笑)。
ペヤングのくだりはグッときちゃいました。
あろえりーなさん [ブルーレイ(邦画)] 7点(2024-02-16 21:23:31)
1. 
まず、アレだ!
1作目も観ていないし、前編の【運命】も観ていない。
漫画もたまーに観る程度だったんだけど…Blu-rayになる前に本作を観て置こうと。
最悪のタイミングだな、マジで。

――東京リベンジャーズ2/血のハロウィン編【決戦】(2023年)

まず、俺は「不良系の漫画」はかなり好き。
そして、やくざ映画も好きだけど不良系の映画も好きだったりする。
今までなら、一番好きだった不良系の映画は2007~2009年に上映した「クローズZERO&クローズZEROII」だ。
ドラマにピッタリ合ってた音楽と合わせて最高だったなぁ、と思う作品。

今回は(前作は観てないけど)戦闘シーンが、かなり壮大に長かったね。
けど、ちゃんとロングバトルの意味はあったし(若干の理不尽さがあるにせよ)キャラが燦然と光っており、故にラストシーンで泣きそうになる。
リアリティーを残しつつも「あのようなキャラ劇」があると……男って堪らん気持になるんだよね。
ともあれ、続編シリーズはまだまだ続くと思うし、この映画も「キングダム」と同じく、追いかけて行きたい日本映画と思う。
あ、晩年の始皇帝となった「漂」って同じ役者の吉沢亮さんなんで、若干面白かったけど。
いや、マジで「仮面ライダー メテオ」から大出世だな。

そういや、不良系の漫画…敢えて「ヤクザ漫画」との境界線を作る意味で「ヤンキー漫画」って言い方にするけど…想えば、本宮ひろ志の「男一匹ガキ大将」や「さわやか万太郎」などから始まり(俺が忘れてるのもあると思うけど)年齢を重ねつつ、数々のヤンキー漫画に目覚めてゆく俺。

年齢を重ねた今となっては、時代ぞれぞれのコンプラとかもダイレクトに作中へと吸収してきたジャンルだなーなんて思うね。
ヤクザ漫画との境界線が異常に難しいが、俺はかなり好きなジャンル。
作品はリアリティーがあるのが好きだが、それだけじゃなくキャラが立ってるのが最高かも知れない。

     *

     *

色々と考えるなぁ…今更だが”今までの人生”について。
何故「俺はヤンキー漫画が好きなんだろう?」なんて、過去の想い出と共に想起する。

俺は住んでいた場所、そして家族構成(つか、姉とそのツレ)がアレだったので、嫌でもダークサイドの世界をガキの頃から知る事が出来た。
母親はヤクザの知り合い、姉はヤンキーの知り合いが多かったし、その怖さも知ってたけど…ヤンキーの服なんかも御下がりを貰えてたし、更には「どうやったら可愛がって貰えるか」もガキの頃から学習していたと思う。

うん、此処では書けない事も多いし、強烈すぎる想い出の嵐の数々。
映画「スターシップ・トゥルーパーズ」でも告げていたが「暴力だけがどんな問題も解決できる」はまさにそうだな、と思う…理想はさて置きだけど。
実行はしないけど、俺自身は凄く説得力のある言葉と思うし(心理的納得は別として)その解決を、目の当たりにしてきた小学生、中学生、尼崎市での青春時代。
鮮烈な暴力に…泣きそうになりながらも、保身もあって納得してきた事が多い。


今の仕事は好きだ…大好きだ。

行政の仕事をした俺も、大学で授業を教えてる俺も間違いなく俺。
振り返らんし、後悔はしたくない。
けど、覚悟が無いまま、口だけでイキってる奴を偶に見る。
途端に、殺意が湧いてくることがあって、その時にかなり焦る自分が居る。

――男の価値は覚悟だ。

それは、喧嘩の「強い・弱い」の問題じゃない。
例えるなら…恐くても逃げない回数が道だと思ってるし、自分を強くすると信じる。

敵に囲まれて、逃げた人間を俺は信用しない。
どんなに生意気な事をホザこうが絶対に絶対に信用しない。

あー、こんな事を書いてたら「いい歳コイて何を言っている?」なんて思われるだろう、きっと。
でも、まぁ…俺はこの文章を書き出した時に程度の覚悟をしている。

だから、構わない。
俺は「そんな世界」と「男の筋道」を信じている。
どんな職業でも「逃げない魂」を持つ奴を、ただただ尊敬してる。

だから、言っておく。

――調子に乗ってたら、マジでブッ殺すぞ?

なんて、ヤンキー映画を観た後のトーク。

きっと、アレだ…アレ!
あの「仁義なき戦い」を観た後の観客ってこんな心境。

あ~…恐いね。

でも、アレだ。
仲良く過ごすのが一番いいよ…マジで。

道と筋を信じながら、さ。

.
映画の奴隷さん [映画館(邦画)] 7点(2023-08-17 21:04:33)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 5.67点
000.00%
100.00%
200.00%
3133.33%
400.00%
500.00%
600.00%
7266.67%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review1人
2 ストーリー評価 5.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review1人
4 音楽評価 7.00点 Review1人
5 感泣評価 8.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS