The Son/息子のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 サ行
 > The Son/息子の口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

The Son/息子

[ザサンムスコ]
The Son
2022年上映時間:123分
平均点:4.67 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
公開開始日(2023-03-17)
ドラマ戯曲(舞台劇)の映画化
新規登録(2023-06-12)【Сакурай Тосио】さん
タイトル情報更新(2023-06-17)【Cinecdocke】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督フローリアン・ゼレール
キャストヒュー・ジャックマン(男優)ピーター
ローラ・ダーン(女優)ケイト
ヴァネッサ・カービー(女優)ベス
アンソニー・ホプキンス(男優)アンソニー
原作フローリアン・ゼレール『Le Fils 息子』
脚本フローリアン・ゼレール
クリストファー・ハンプトン
音楽ハンス・ジマー
撮影ベン・スミサード
製作フローリアン・ゼレール
イアン・キャニング
製作総指揮ヒュー・ジャックマン
フィリップ・カルカソンヌ
配給キノフィルムズ
あらすじ
美しい妻と生まれて間もない愛息とともに、幸せに包まれた生活を送る敏腕弁護士のピーター。ある日突然、前妻のケイトから彼女と暮らしている長男ニコラスが、学校にも行かず様子がおかしいとの連絡がある。ピーターは早速ニコラスに会いに行くが、沈んだ表情の我が子は母親との暮らしに耐えられず父親であるピーターと暮らしたいと訴える。ピーターは戸惑いつつも我が子の願いを受け入れ4人での新たな生活が始まるが、ニコラスの心には容易には埋めることの出来ない深い闇があったのだ。「ファーザー」のフロリアン・ゼレール監督が、自らの戯曲「Le Fils 息子」を原作に描くヒューマンストーリー。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.《ネタバレ》 両親の離婚が一つの引き金になっているのかも知れませんが、現状に失望し将来に何一つ希望を持てなくなってしまった17歳の息子。自らの経験もあって旧態依然とした親子関係、父親のあるべき姿、息子のあるべき姿に捉われ続けることしか出来ない父親。只管に息子を溺愛することこそが母の愛と信じる母親…。

キャラクター設定はとことんベタです。ですから、その登場人物たちが織りなす親子のそして夫婦の愛憎劇もベタです。大いに既視感があり、特に斬新なドラマとは言い難い作品です。

なので、俳優陣の熱演が楽しめる良作(いろいろ言いつつも2時間超集中して鑑賞していました)とは思いつつも、殆ど感情移入出来ずに(反論する意味で逆に感情移入していたのかも知れませんが)終わってしまいました。ラスト近くの出来事も、その後父親の見る幻影も想定内、と言うかある意味予定調和的に受け止めてしまい、物語の落としどころ的にそれで良いのか?という疑問が残りました。ラストシーンも然りです。

前妻から主人公を奪い取った?今の妻の視点がもう少し欲しかったかなと思います。登場人物中(したたかささえ感じるぐらいに)最も冷静に3人の関係を観察していた人物。ラストシーンではすっかり傷付いているであろう前妻は姿を見せず、今の妻だけがクローズアップされます。その彼女の姿が、仕草が、言葉が意味するものは、果たしてこの物語を締めくくれるものなのでしょうか?ただただ疑問でした。

監督の前作が素晴らしかっただけに残念でした。「家族三部作」の残る一作の映画化に期待したいと思います。

ちなみに、私もドラム式洗濯機が一度ならず登場したことに若干の恐ろしさを感じていました。ホラーじゃないんだから大丈夫、と思いつつも杞憂で良かった。
タコ太(ぺいぺい)さん [インターネット(字幕)] 5点(2024-03-25 13:24:18)
2.ニコラスの心の闇は両親の離婚によってもたらされたのか、それ以前だったのか?
赤ん坊を洗濯機に放り込むのではないのか、怖かったのですが杞憂に終わりホッとしたのですが、
やりきれない結末が堪えます。
The Grey Heronさん [DVD(字幕)] 6点(2024-01-08 02:24:46)
1.ファーザーで感じた違和感の答え合わせみたいな作品でした。やはりこの監督は現実の社会や人間にあまり興味がないのではないかと思います。鬱病という概念が全く浸透していないような世界で繰り広げられる不自然な物語は一応認知症への啓蒙になっていた前作ほどの価値もありません。構成や演出の斬新さがなくなれば頭の中で考えられて作られただけの全く新しいところのない平凡な物語が残るだけです。あの陳腐な息子との海での思い出の回想シーンは何の意味があるのでしょうか。描かれる世界の狭さが平凡な日本映画みたいで苦笑するしかありません。海外のレビューサイトでは酷評されてるのですが日本ではそこまででもない様子なのはある意味納得ではあります。
Сакурай Тосиоさん [インターネット(字幕)] 3点(2023-06-16 23:11:22)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 4.67点
000.00%
100.00%
200.00%
3133.33%
400.00%
5133.33%
6133.33%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【ゴールデングローブ賞 情報】

2022年 80回
主演男優賞(ドラマ部門)ヒュー・ジャックマン候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS