ウーマン・トーキング 私たちの選択のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 ウ行
 > ウーマン・トーキング 私たちの選択の口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

ウーマン・トーキング 私たちの選択

[ウーマントーキングワタシタチノセンタク]
Women Talking
2022年上映時間:105分
平均点:6.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
公開開始日(2023-06-02)
ドラマ小説の映画化
新規登録(2023-09-07)【Cinecdocke】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督サラ・ポーリー
キャストルーニー・マーラ(女優)オーナ
クレア・フォイ(女優)サロメ
ジェシー・バックリー(女優)マリチェ
ジュディス・アイヴィ(女優)アガタ
ベン・ウィショー(男優)オーガスト・エップ
フランシス・マクドーマンド(女優)スカーフェイス・ヤンツ
小林沙苗オーナ(日本語吹き替え版)
永宝千晶マリチェ(日本語吹き替え版)
久保田民絵アガタ(日本語吹き替え版)
川田紳司オーガスト・エップ(日本語吹き替え版)
塩田朋子スカーフェイス・ヤンツ(日本語吹き替え版)
野沢由香里グレタ(日本語吹き替え版)
脚本サラ・ポーリー
音楽ヒドゥル・グドナドッティル
製作フランシス・マクドーマンド
製作総指揮ブラッド・ピット
配給パルコ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》 2000年代後半、南米ボリビアのメノナイト(キリスト教一派)のコミュニティで日常的に起きていた昏睡中の性暴行事件。
その実話をモチーフに2010年の南十字星の見える英語圏某所に移し替え、
文字の読み書きも許されなかった被害者女性たちの決断。
テーマがテーマだけあり、娯楽要素を捨て去ってまで訴えたストイックな社会派会話劇。

去るか、闘うか、赦すか──
18世紀同然の生活を営む彼女たちと次世代の子供たちの未来を大きく左右する重い選択。
力では負けてしまう女性の立場なら、女性全員で村を去るでお終いだが、本当にそれで良いのか?
その三つの選択をさらに深掘りして、民主主義が如何に築かれ、秩序が作られていくか、社会の問題が浮き彫りにされていく。

閉鎖的な世界で赦しの名のもとに弱き者への暴力の正当化。
宗教は救いにもなれば、都合の良い思考停止の暴力装置にもなりえるのだ。
次の世代へ負の連鎖を繰り返されないために価値観のアップデートと教育の大切さが可視化され、
それを担うのが外の世界を知っている書記担当の男性なのが皮肉に思える。

彼女たちは新たな"国家"の建設を目指し、モーセの出エジプトの如く大移動する。
希望の船出のように見えて、その一本の道が海のように閉ざされることはない。
家畜もいないと分かれば、時代遅れの屈強な男たちが連れ戻すために逆襲するだろう。
新たな秩序を築くだろう彼女たちがどう動くか、我々が生きているこれからの時代とリンクしている。
Cinecdockeさん [インターネット(字幕)] 6点(2023-09-29 23:39:03)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 6.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
61100.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【アカデミー賞 情報】

2022年 95回
作品賞 候補(ノミネート) 
脚色賞サラ・ポーリー受賞 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2022年 80回
脚本賞サラ・ポーリー候補(ノミネート) 
作曲賞ヒドゥル・グドナドッティル候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS