ゴーストバスターズ/フローズン・サマーのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 コ行
 > ゴーストバスターズ/フローズン・サマーの口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

ゴーストバスターズ/フローズン・サマー

[ゴーストバスターズフローズンサマー]
Ghostbusters: Frozen Empire
2024年上映時間:115分
平均点:5.25 / 10(Review 4人) (点数分布表示)
公開開始日(2024-03-29) (公開中)
アクションホラーSFコメディファンタジーシリーズもの
新規登録(2024-03-30)【まいか】さん
タイトル情報更新(2024-04-16)【M・R・サイケデリコン】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ギル・キーナン
キャストマッケナ・グレイス(女優)フィービー・スペングラー
キャリー・クーン(女優)キャリー・スペングラー
ポール・ラッド(男優)ゲイリー・グルーバーソン
ダン・エイクロイド(男優)レイモンド・スタンツ博士
ビル・マーレイ(男優)ピーター・ヴェンクマン博士
アーニー・ハドソン(男優)ウィンストン・ゼドモア博士
アニー・ポッツ(女優)ジャニーン・メルニッツ
ウィリアム・アザートン(男優)ウォルター・ペック市長
上白石萌歌フィービー・スペングラー(日本語吹き替え版)
梶裕貴トレヴァー・スペングラー(日本語吹き替え版)
朴璐美キャリー・スペングラー(日本語吹き替え版)
木内秀信ゲイリー・グルーバーソン(日本語吹き替え版)
玄田哲章レイモンド・スタンツ博士(日本語吹き替え版)
安原義人ピーター・ヴェンクマン博士(日本語吹き替え版)
菅原正志ウィンストン・ゼドモア博士(日本語吹き替え版)
安達忍ジャニーン・メルニッツ(日本語吹き替え版)
日笠陽子ラッキー・ドミンゴ(日本語吹き替え版)
高山みなみポッドキャスト(日本語吹き替え版)
森田順平ウォルター・ペック市長(日本語吹き替え版)
小形満図書館長(日本語吹き替え版)
脚本ジェイソン・ライトマン
ギル・キーナン
ダン・エイクロイド(オリジナル脚本)
ハロルド・ライミス(オリジナル脚本)
音楽ダリオ・マリアネッリ
エルマー・バーンスタイン(テーマ音楽)
作詞レイ・パーカー・Jr"Ghostbusters"
編曲リック・ジョヴィナッツォ
ダリオ・マリアネッリ
主題歌レイ・パーカー・Jr"Ghostbusters"
撮影エリック・スティールバーグ
製作ジェイソン・ライトマン
アイヴァン・ライトマン
製作総指揮ギル・キーナン
ダン・エイクロイド
制作東北新社(日本語吹き替え版)
配給ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
特撮ソニー・ピクチャーズ・イメージワークス(視覚効果)
ダブル・ネガティブ社(視覚効果)
衣装ルース・マイヤーズ[衣装]
日本語翻訳佐藤恵子
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
4.《ネタバレ》 新シリーズ第2弾。前作に続いてゴーストバスターズ2代目・3代目の戦い。まいに~ち、吹雪、吹雪、氷の世界~♪by井上陽水。もう一度観る。
獅子-平常心さん [映画館(字幕)] 6点(2024-04-14 01:29:07)
3.《ネタバレ》  なんか見ててあんまり面白くなくて、でも『ゴーストバスターズ』って1作目からずっと女性版以外あんまり面白くないよねー、って。

 前作同様、フィービーが魅力的なキャラなんだけど、今回何がイヤだったかって大人たちがみんな良識人ぶった存在で、映画自体がそれを肯定してる感じなのがもうつまんない。フィービーの若さゆえの未熟さがダメなのよねー、って感じの映画で、いや彼女に謝らせるなや、みたいな。親たちも旧バスターズもみーんなつまんない存在。幽霊の友達だけが面白かったのにそれをネガティブな要素にしてるものだから救いがないわ、って。

 ゴーストバスターズ的に特に新ネタがあるって感じでもなくて相変わらずのネタで引っ張ってる状態(スライマーにマシュマロマン、図書館での1作目の再現ネタなんか寒いわ、フローズンムービーだわ)、ボスキャラ最弱じゃね?みたいな状態で(復活から退場まで随分とアッサリだわよ)なんか1つのネタで延々引っ張ってますって出涸らし感ハンパないわ。
 音楽もエルマー・バーンスタインをリスペクトし過ぎちゃってるし、なんかもう全然違うコトできないのかしらねぇ? 女性版の続きが見たいわねぇ。
あにやん‍🌈さん [映画館(字幕)] 4点(2024-04-08 15:55:49)
2.ハロルド・ライミス亡き今、存命の第1作出演者が元気なうちになるべくシリーズ作を作っておこう、ぐらいのノリの作品で、どうということもないんですけれど、それでいきなり登場するのがウィリアム・アザートンというのが、なかなか意表をついてます(マクレーン家に押しかけたレポーター、じゃなかった、ゴーストバスターズに言いがかりつけてたあのイヤミな役人ですね)。ちなみに第1作を監督したアイヴァン・ライトマンも鬼籍に入り、今作は彼に捧げられてます。
こうやって、製作から40年(!)経っても、話題になり、シリーズ作が作られ、当時の出演者が引っ張り出され、見てる側も懐かしいなあ、と思ったりするのも、それだけ1作目のインパクトが大きかったということなんだろうけれど、過去の資産でやりくりしてるばかりで進歩がない、という気もして。今の若い人たちは過去の作品も今の作品も自由に楽しめて羨ましくもある反面、さて、今の映画の中に、40年後にも話題になり出演者が引っ張り出されるような作品ってあるんだろうか、と思うと、少し気の毒な気もします。いや、その方がむしろ自然、なのかも。
さて本作、ゴーストバスターズの面々も子供からさらに孫の世代になっている訳ですが、冒頭からいきなりゴースト退治で騒動を起こし、どっちかというと周りから顰蹙を買っている。やはりゴーストバスターズたるもの、こうでなくては。CGは多様されますが、カーアクション等のシーンにはどこか、アナログ的な感じもあって。ゴーストの描写なども、そうですね。
かつて、能天気な教授たちが大学をクビになって立ち上げたベンチャー企業だったゴーストバスターズが、ここでは家族経営の零細企業(?)になってますが、この一家が登場するシーンではクローズアップがあまり使われず、カメラは一歩引いて、「家族」を映そうとする。ちょっと微笑ましいですが、テーマとしては血の繋がらない父と娘とのギクシャクした関係、みたいなのもある訳で、そういう部分の描写はちょっと弱いですかね。しかしそれでも何でも、娘が別行動をとり始めると、ゴーストの少女と知り合うサブストーリーが生まれて物語が広がり始める。こういうのがまた、イイじゃないですか。
いや、サブストーリーというほど独立した物語でもないし、メインの物語自体があまりオハナシとして成立してない気もするので、ゴチャゴチャした印象が拭えないですが、とにもかくにも、クライマックスはゴーストバスターズそろい踏み。ま、コレがやりたかったんですよね。いや、メンバー増えも増えたり、何人いるのよ。
1作目へのオマージュ目白押しですが、どちらかというと1作目を改めて見て「予習」してからこの作品を見るよりも、この作品を見た後で1作目を見て「復習」する方が、楽しいんじゃないか、という気がいたします。
鱗歌さん [映画館(字幕)] 7点(2024-04-07 21:05:43)
1.フローズン・エンパイア、をサマーにしたんか。なんでかな。
女の子が前作から何も成長してないように思えた。ま、作品自体は想像以上でも以下でもない。見るものがなかったのだ、特に見たかったら違う評価もできたかもしれんが。。。何も残らん
HRM36さん [映画館(字幕)] 4点(2024-03-30 17:32:41)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 4人
平均点数 5.25点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4250.00%
500.00%
6125.00%
7125.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 6.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS