黒い十人の女のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ク行
 > 黒い十人の女
 > (レビュー・クチコミ)

黒い十人の女

[クロイジュウニンノオンナ]
1961年【日】 上映時間:103分
平均点:6.79 / 10(Review 43人) (点数分布表示)
サスペンスコメディモノクロ映画犯罪ものミステリー
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2021-05-31)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督市川崑
キャスト船越英二(男優)風松吉
山本富士子(女優)風双葉
岸恵子(女優)石ノ下市子
宮城まり子(女優)三輪子
中村玉緒(女優)四村塩
岸田今日子(女優)後藤五夜子
倉田マユミ(女優)十糸子
紺野ユカ(女優)櫛子
大辻伺郎(男優)野上
伊丹一三(男優)花巻
浜村純(男優)警官に扮した俳優
夏木章(男優)テレビ局イ
伊東光一(男優)羽織の男
永井智雄(男優)本町芸能局長
佐山俊二(男優)若山
ハナ肇(男優)ハナ肇(クレジット「ハナ肇とクレージー・キャッツ」)
植木等(男優)植木等(クレジット「ハナ肇とクレージー・キャッツ」)
谷啓(男優)谷啓(クレジット「ハナ肇とクレージー・キャッツ」)
犬塚弘(男優)犬塚弘(クレジット「ハナ肇とクレージー・キャッツ」)
桜井センリ(男優)桜井センリ(クレジット「ハナ肇とクレージー・キャッツ」)
安田伸(男優)安田伸(クレジット「ハナ肇とクレージー・キャッツ」)
脚本和田夏十
音楽芥川也寸志
撮影小林節雄
築地米三郎(特技撮影)
製作永田雅一
企画藤井浩明
配給大映
美術下河原友雄
編集中静達治
録音西井憲一
照明伊藤幸夫
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
43.《ネタバレ》 夜道を歩く女。その女を追い掛ける女。と女と女と女と・・・何だこりゃ?幽霊まで出てきた。こういうシュールな画は大好きです。
逢引きの部屋の押し入れから出てくる女。と女。バチバチ火花散る女の争いに、そんな事どこ吹く風な男がひとり。女との関係を巧妙にひた隠してきて楽しんでたわけでなく、来る者拒まずで、気がついたらこうなっちゃってたんだもん、仕方ないよ~。

十人の女の中で、中心になるのは五人。女たちの名前と人数の関係は見てる時は気が付かなかったけど、そうだったのかぁ。
でも十人どころじゃないっぽいのは、設定的に良かったのか悪かったのか、風と危うく関係を持ちそうになった新人女優が百瀬。ってことは、他にも重市から九十九まで居たのか?なんて勝手な想像が膨らむ。

話し合いの結果十人の女に殺される事になるなんて、男冥利に尽きるというか、きっと男の理想の最後だろうね。
いよいよの殺人の舞台、テーブルに一列に並んで座る女たちの画もシュール。
問題は殺されて(狂言)から。まさかの自殺者、まさかの離婚、まさかの飼い殺し、まさかの9,000円カンパ。
男の生き甲斐が仕事だったのが、可愛そうというか何と言うか…

最後の燃え盛るトラックと無関心の市子。明日のトップニュースになりそうな横転事故より、社会的に抹殺された無価値な男を、骨の髄までしゃぶり尽くすのが女って生き物だよ。って言いたいのかと解釈。
K&Kさん [インターネット(邦画)] 6点(2022-05-29 15:00:31)★《新規》★
42.《ネタバレ》 船越英二が演じる風松吉のキャラは、実はいろんな女優たちと浮名を流していた市川崑がモデルなんじゃないかな。それを奥さんの和田夏十が脚色しているところが、ある意味この映画で一番恐ろしいところかもしれません。とはいえ市川崑の死後雑誌に載った有馬稲子の赤裸々な手記などからすると、市川崑自身は風松吉みたいな優しさを武器にするタイプのプレイボーイではなかったようです。 物語自体はかなりブラックでちょっとシュール、冒頭から普通に演技している宮城まり子が実は幽霊だなんてこの時代の邦画にしてはかなり洒落た演出です。実質的にストーリーに絡むのは五人の女というわけですが、どの女優も芸達者なのが素晴らしい。とくに山本富士子と岸恵子の、決して荒々しいセリフを使っていないけどバチバチ火花が散るような演技対決は見ものです。船越英二のいかにも業界人らしい無責任な世渡りは秀逸、「彼は誰にでも優しくするけど、実は誰にも優しくないのよ」というセリフもありましたが、これはこの男の本質を鋭く突いています。ただ忙しくしているだけで決して仕事に情熱があるようには見えない船越英二が、会社を退職させられて岸恵子に軟禁されると急に「男の対面がつぶされた」と泣くわけでここにはなんか「お前キャラ変したのか」と突っ込みたくなりますが、実はここに高度成長期のサラリーマンの心理が良く出ています。実際は大して重要な仕事をしていないのに、脚光を浴びる業界にいるとそのこと自体に自分のアイデンティティを見出す、現代のサラリーマンにもあてはまるんじゃないでしょうか。
S&Sさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2019-02-28 00:11:28)
41.《ネタバレ》 十人といっても、中心になるのは半数の五人程度ですが。ブラック・ユーモアというよりは、シニカルなところがあってなかなかよかった。映像的にもモノクロを縦横に駆使した美しさに堪能させられました。男女関係よりも、「人と人との関係が希薄になった時代」というものがテーマのようで、それでいて風が多くの人と関わる仕事をさせてくれと懇願するあたり、皮肉が利いています。おそらく、当時よりも人間関係がさらに希薄になった現代ですが、それでも鑑賞に耐える作品になっていると思います。
アングロファイルさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2017-05-08 10:11:18)
40.《ネタバレ》 なんなんでしょう。女性が社会に進出して、男の立場が弱くなっていく世の中をシニカルに描いたのかな?
セリフのひとつひとつにブラックユーモアを感じます。飄々とした男を演じた船越英二は上手かったですね。
大女優も数多く出演していて、若かりき頃が見れて興味深い。こんな時もあったのねぇと。
内容云々よりも、フィルムノワール風のモノクロ映像美に惹かれました。
あろえりーなさん [地上波(邦画)] 5点(2016-08-18 23:47:25)
39.シュールな感じもするが、セリフに入り込めば面白い作品だろうと思う。
simpleさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2016-07-30 16:50:19)
38.《ネタバレ》 当時としては、面白い映画だったんだろうね。
面白いセリフもあるし。最後の車の事故は、何か意味ありなのかね。
cogitoさん [DVD(字幕)] 6点(2016-06-26 14:09:06)
37.船越英二は名優です。つかみ所のない現代風の男をうまく演じていると思うけど、なぜ彼に女性たちが惹かれるのかがわからん。男への復讐を決意するも、いざという時にあたふたして見なかったふりをする女たちのコミカルさには笑ったけど。女性優位社会への恐怖感のようなものを表現したかったんだろうか?
カニばさみさん [DVD(字幕)] 6点(2016-03-14 02:58:39)
36.《ネタバレ》 「好きな男性のタイプは、優しい人!」とか女性が言ってたとしても、別に、例えばお年寄りに席を譲るような男性が好きなわけじゃなくって、「この私に対して」優しい人、という意味なんでしょう。
さてこの映画。「名うてのプレイボーイに弄ばれた女たちが、一致協力して男に復讐するオハナシ」という体裁ながら、なかなかそうスムーズに事が運ばないところがミソ。復讐されるべき男ってのは、なるべく卑怯で狡猾で、できればマッチョな方が、復讐され甲斐もあろうかというもの、それが本作では船越英二なもんで、どうにも頼りない。この自分が殺されなきゃならないほど悪いことをしたか、と本人が思うのもごもっとも、こんな敵役には向かないフニャフニャ男を殺すオハナシなんて、まさにオハナシになりません。という訳で、事態は迷走を始めて。迷走すればするだけ、映画が「女優の演技合戦」みたいになっちゃうのが、チト重くもあるんですが。
何にせよ、現実では、殺されるなんていうのは悲劇中の悲劇、だけど映画なら、殺されて映えるキャラってのもある訳で、結局、「殺される価値のない男」は殺されることもなく葬られてしまう。
この「誰のためにもなってない」感って、何なんでしょうね。
鱗歌さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2016-01-07 22:52:18)
35.これってもしかして、撮りたいシーンがいくつかあって、そこから逆算して間をつなぐように脚本が書かれたんじゃないかと。そう思ってしまうくらい、いくつかの破壊的なインパクトのあるシーンと、それ以外の流しているだけのシーンの落差が大きい。初期設定と船越英二のキャラは十分すぎるほど魅力的なんですけどね。
Oliasさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2016-01-04 01:31:24)
34.中身はコメディのようだけど皮肉や滑稽さが伝わってこない。サスペンスっぽいけど緊張感もなし。ユニークな映画もただただ退屈なだけ。
ProPaceさん [CS・衛星(吹替)] 4点(2015-12-13 23:08:29)
33.リアリティーが無さ過ぎて、サスペンスにもコメディーにもなってないし、中身がない。昔の女優カタログとして見る分にはよいのだろうけど、それだけの作品でしかない。
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(邦画)] 4点(2015-12-11 14:46:49)
32.女優の皆さんがホント素敵で。観る側もその時代に感情移入出来たらホント素敵な1本。
movie海馬さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2015-03-05 01:40:03)
31.1が市子、2が双葉、3が三輪子と1から10までの数の並びになっていることに驚く(ついでに姓も)それで10人の女なのだが危うく11番目(これが11でなく一挙に百)も登場しそうになる。、奥さんが1でなく2なのは「ふうふ」なのだからか。対する夫はまさに風のごとくあっちに流されこっちに流され・・・、この辺がご愛敬というかサスペンスより舞台劇風のユーモアたっぷり。ただ最後の落ちはややハテナ?
ESPERANZAさん [DVD(邦画)] 7点(2014-09-14 21:55:18)
30.《ネタバレ》 女優陣の演技は、皆さんの感想と同感で、それぞれすごい存在感。 それにもまして、しっかりとした個性的なキャラの女性を、飄々とした男が一人で受けて立つ、こんなすごい役回りをこなす船越英二って、すごい役者だったんだなと脱帽。 できれば、結局、何もしない生活を受け入れた途端に、岸恵子からも他の女からも完全に見放されてしまって、それでも飄々と職場に戻ってしまうってシナリオにしたほうが、更に船越英二の良さが活かせたかもしれない。
nobo7さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2014-06-01 22:55:10)
29.《ネタバレ》 ブラックですね、今のドラマや映画なんかに見慣れてると陳腐になってしまうが、こっちが大先輩ということを考えると、画や、視角が斬新かつおもしろい。コメディなんだし、一見掴みどころのない二枚目かと思えば三枚目だった船越英二の落ちていくところが、女は怖いねというところ、後に想像の余地があるのがもっと怖いか。
minさん [DVD(邦画)] 7点(2013-09-24 23:11:03)
28.ファーストシーン、光と影のサスペンスであると同時に、女がぞろぞろと歩いているどうしようもないおかしさ、見てるほうとしては、まだどういう設定か分からないんだけど、市川さんの映画だなあ、とシミジミ思わされる。働く女性ってのがかなり定着してきた時代(翌年に鈴木英夫の『その場所に女ありて』)。それまでの養い・養われる、という男女の定型が崩れ出してきた。これ見ると、男のほうは仕事の手順忘れていたりして、女のほうがギラギラ働いている。なのに男にはまだメンツがあって、そこらへんに悲喜劇が生まれる。あるいは、女は男によく優しさを求めるけれど、優しい男とはこういう残酷もある、って言っているのか(「誰にも優しいってことは、誰にも優しくないってことでしょ」)。でそれを上回る残酷を、女が優しさとして発揮した、というストーリーなのか。とにかく和田夏十のそのシニカルさを徹底した視線が感じられる。宮城まり子の存在が、ちょうど『鍵』の北林谷栄を思わせ、ゴタゴタやってるのを外から見る者としての役割りを担っていたよう。最後に二人が自閉的に籠もってしまうってのは、なんとも不気味。二人で向かい合って喋るシーンが多かったなあ。
なんのかんのさん [映画館(邦画)] 7点(2012-09-24 10:21:01)
27.現代映画に慣れてしまった私には魅力的なストーリとは思えなかった。女の怖さというのもヒシヒシと訴えかけられるような感じもなく、あくまで他人事として観ていられるもんだし。
afoijwさん [DVD(邦画)] 4点(2012-01-06 22:21:18)
26.女達の様々な思惑が絡まり合う、サスペンスタッチのブラックコメディー。
設定自体が面白く、演出の方も中々凝っていて、丁寧に作られている作品なのだが、
お話的にはあと一歩。ストーリーで見せるというより、
どこかユーモアを感じてしまうシチュエーション、役者達の軽妙なセリフ回し、
スタイリッシュな映像など、どちらかと言えば感覚で楽しむ映画。
山本富士子、岸恵子は存在感抜群、中村玉緒は今と違って若くてかわいい。
尻軽男の船越英二もいい味を出しているが、飄々とした表情を見せたときには、
観ているこちらも一瞬殺意が湧いた。邦画では、ちょっと変わった作りの映画。
MAHITOさん [DVD(邦画)] 6点(2011-08-14 12:05:58)
25.《ネタバレ》 横で少し見てた母親の「こんな男が10人もの女と関係を持つようには到底見えない」が一撃必殺すぎた。
θさん [DVD(邦画)] 7点(2011-06-26 11:45:25)
24.映画館の「吾輩は猫である」で、市川崑ファンデビューしながら、今の今まで、この伝説の作品を観る機会がなかった。予想通り、シンプルに市川先生の良さが生きている作品と思うが、もう少し、ヌーベルバーグっぽいストーリーだと、まだまだ今でも通用すると思う。
みんな嫌いさん [DVD(字幕)] 7点(2009-01-11 22:05:12)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 43人
平均点数 6.79点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
436.98%
536.98%
61023.26%
71637.21%
8818.60%
912.33%
1024.65%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 10.00点 Review1人
2 ストーリー評価 7.66点 Review3人
3 鑑賞後の後味 7.33点 Review3人
4 音楽評価 6.50点 Review2人
5 感泣評価 1.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS