オー・ブラザー!のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > オ行
 > オー・ブラザー!
 > (レビュー・クチコミ)

オー・ブラザー!

[オーブラザー]
O Brother, Where Art Thou?
2000年【米】 上映時間:108分
平均点:6.49 / 10(Review 155人) (点数分布表示)
公開開始日(2001-10-20)
ドラマコメディアドベンチャー犯罪もの音楽ものロードムービー
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-08-01)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョエル・コーエン
キャストジョージ・クルーニー(男優)ユリシーズ・エヴェレット・マッギル
ジョン・タートゥーロ(男優)ピート
ティム・ブレイク・ネルソン(男優)デルマー
ジョン・グッドマン(男優)片目の聖書セールスマン:ビック・ダン・ティーグ
ホリー・ハンター(女優)ペニー・ウェーヴァリー
チャールズ・ダーニング(男優)パピー・オダニエル知事
スティーヴン・ルート[男優](男優)ラジオ局の人
レイ・マッキノン(男優)ヴァーノン・T・ウォルドリップ
ダニエル・フォン・バーゲン(男優)クーリー保安官
小山力也ユリシーズ・エヴェレット・マッギル(日本語吹き替え版)
井上倫宏ピート(日本語吹き替え版)
檀臣幸デルマー(日本語吹き替え版)
谷口節片目の聖書セ-ルスマン ビック・ダン・ティーグ(日本語吹き替え版)
唐沢潤ペニー・ウェーヴァリー(日本語吹き替え版)
桜井敏治トミー・ジョンソン(日本語吹き替え版)
富田耕生パピー・オダニエル知事(日本語吹き替え版)
木村雅史ジュニア(日本語吹き替え版)
多田野曜平ジョージ・“ベビーフェイス”・ネルソン(日本語吹き替え版)
廣田行生ホーマー・ストークス(日本語吹き替え版)
原作ホメロス『オデュッセイア』
脚本イーサン・コーエン
ジョエル・コーエン
音楽T=ボーン・バーネット 
カーター・バーウェル(追加音楽)
撮影ロジャー・ディーキンス
製作イーサン・コーエン
ワーキング・タイトル・フィルムズ
ユニバーサル・ピクチャーズ
タッチストーン・ピクチャーズ
製作総指揮ティム・ビーヴァン
エリック・フェルナー
特撮デジタル・ドメイン社(視覚効果)
シネサイト社(視覚効果)
美術デニス・ガスナー(プロダクション・デザイン)
ナンシー・ハイ(セット装飾)
ランドール・バルスマイヤー(タイトル・デザイン)
衣装メアリー・ゾフレス
編集ロデリック・ジェインズ
録音スキップ・リーヴセイ
グレッグ・オーロフ
ユージーン・ギーティ(音響効果エディター)
フィリップ・ストックトン
字幕翻訳岡田壮平
その他ジェニファー・ジェイソン・リー(スペシャル・サンクス)
あらすじ
1930年代、ミシシッピー州の片田舎での話。エヴェレットとピート、デルマーの3人の囚人が脱獄を図る。エヴェレットが入獄前に秘密の場所に隠していた120万ドルをダムの底に沈む前に掘り起こすのが目的だ。タイムリミットはわずかに4日。秘密の隠し場所に行くまでの途中、黒人のギター弾きに出会い、小遣い稼ぎにラジオ局で歌を披露したり、銀行強盗の車をヒッチハイクしてしまったり……お騒がせの旅路は続くのであった。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
155.《ネタバレ》 いやあー、馬鹿ばっかり笑。コーエン兄弟の、世間一般とややズレてる周波数な感性と合う人なら楽しめること請け合い。ワタシは彼らのコメディに反応する体質らしくて、ホメロスのオデュッセイアは未読だけどとても楽しかったな。
だいたい主演3人の顔が皆いいもんね。良い「ボケ」の顔をしている、という意味で。なんと二枚目G・クルーニーまでがのびのびと間抜け面をさらしているのが素晴らしい。ファイティング・ポーズ虚しく、相手のパンチ受けっぱなしじゃないですか。いや素晴らしい。
シュールにすっとぼけながら、さくさくとエピソードを展開してゆくスピードがちょうど良いのと、金色に輝く木々が心に沁みるアメリカ南部のロケーションの美しさ、それに音楽も素敵だときては全体に漂うなんとなく散漫な感じを差し引いても、この点数になりました。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2019-04-24 19:54:20)
154.コーエン兄弟に限ったことではないが、作家性の強い監督が豊富な予算を得て好き勝手撮ったらつまらなかったというお手本のような作品。
まず、テーマに一貫したものがなくジャンル不明な中途半端な物語であるという点。
次に、登場人物に全く魅力を感じない為、全然感情移入できない点。
現実離れした、無駄とも言える大仰なシーンが多くて閉口する点。
以上の理由により、全然面白くありませんでした。
ヴレアさん [DVD(字幕)] 3点(2016-11-12 21:01:18)
153.《ネタバレ》  地に足がついていないふわふわしたストーリー。寄り道が多すぎる作品は苦手。本筋から離れすぎないでほしい。変にファンタジーな雰囲気やテイストを挿入しすぎるのも好きじゃないです。いろんなエピソードが伏線なしで唐突にやってくるのも苦手です。まるで、『思いつきで出てきたエピソードを、適当に切り貼りしてみました。その結果、こんな作品になりました。』って感じに見えるのです。実際はそうでないと思いますが、『鑑賞者側がそう見える』ってのが問題なんです。
 したがって、個人的にはこの作品、とても面白いとは思えません。映画としての醍醐味も感じられません。コメディとしては笑うところがない。サクセスストーリーとしてはカタルシスが足りない。ドラマとしてはストーリー構成が散漫すぎて話にならない。ロードムービーとしては、同じような風景ばかりのうえ、警察の人間がすぐ追いついてきちゃうので、全然遠くまで逃げてきたって感じがしない。
 更に言うなら、時間の流れが不明瞭なのも、集中力を削がれる原因の一つです。
 全体的にしまりが無さすぎでゆるすぎます。
 ストーリー、脚本重視の方、ドラマに整合性を求める方にはとてもオススメできない作品です。ほんとに、何を楽しむ作品として作られたのか教えてほしいです。
たきたてさん [ブルーレイ(字幕)] 3点(2015-04-13 02:55:03)
152.なんとなくドタバタ騒ぎを楽しむ映画なんでしょう。音楽もちょっと古すぎました。途中出てくるやつらも悪い意味でマンガみたいなのばっかりだし。
マー君さん [DVD(吹替)] 5点(2015-03-01 12:17:18)
151.見終わった後、早速サントラが欲しくなった。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 7点(2014-08-17 21:48:48)
150.《ネタバレ》 ジョージクルーニーは渋くてダンディな男のイメージですが、泥まみれの脱獄囚をコミカルに演じてました。
コーエン兄弟常連のグッドマンとタトゥーロは出てくるだけで安心感がありますね笑。
相変わらずダメ男ばかりが出てくるコーエン兄弟的ロードムービーですが、ストーリーに難しさがないので、本作は何も考えないで鑑賞できますよ。
ところどころアホすぎてクスクス笑えるシーンが多々あり、上映時間も短いので、ダレる事なく最後まで見勧められました。
この3人組、けっこう悪い事いっぱいしてるのですが、度重なるラッキーで最終的にはハッピーエンドになりましたね笑。
迷信なんか信じるな、と科学信者だったエヴェレットですが、まさに水に罪を洗い流されたというところでしょうか。
TK of the Worldさん [DVD(字幕)] 5点(2014-07-29 19:12:14)
149.《ネタバレ》 南部のにおいが終始漂う、何とも土臭い映画です。どうやら原作がホメロス「オデュッセイア」で、時代背景などもよくよく奥深い映画のようですが、私は肩の力を抜いてコメディ映画を楽しもうと割り切って観ました。ジョージ・クルーニーは都会のプレイボーイを演じることが多いが、私は本作のような役こそが彼に一番よく似合うと思っています。脱獄囚であり、別れた女をあきらめきれない情けない男、そして伊達男への執着心(笑)。まさに愛すべきダメ男でした。
タケノコさん [DVD(字幕)] 6点(2013-08-18 20:49:26)
148.神話モチーフや、ある程度昔のお話ということもあり、若干苦手な映画でしたが、シーンがひとつひとつ印象的で、戯曲的な、アーティスティックな感じが強いです。ラストの普遍的なああいった表現を僕は個人的に好むので、プラス評価です。
バトルコサックさん [DVD(字幕)] 5点(2012-05-29 02:48:12)
147.カントリー版「トップガン」。ありがちな大恐慌時代のクライムロードムービーだが、センスのあるサウンドトラックで飽きさせない。「これは名作!」という類ではないが、たとえストーリーは忘れても映像や音楽は印象に残る作品である。
Arufuさん [DVD(字幕)] 7点(2011-06-02 17:39:20)
146.原作・ホメロス「オデュッセイア」は未見ですが、予備知識無く充分楽しめる作品でした
。原作を知っている人ならなお楽しめるでしょうね。

本作はミュージカルではないのですが、音楽の使い方が絶妙で、全体を力強く華やかに演出しています。コーエン兄弟の作品はどの作品も音楽のセンスが素晴らしいです。

ジョージ・クルーニーはこんなお間抜けなキャラクターもしっかりと、全く違和感無く演じています。いつもと違うジョージを観たい方にオススメかもしれません。

しかしコーエン兄弟は本作のような喜劇から「ノーカントリー」のような作品まで、その多才さに驚かされます。
おーるさん [DVD(字幕)] 8点(2010-04-13 21:14:06)
145.コーエン兄弟の作品らしくないような?いや、らしいような?何とも不思議な感じがこの映画の特徴であるようにも思えて不思議な作品!作品の雰囲気は悪くない。むしろ雰囲気はとても良い。しかし、コーエン兄弟の作品の特徴であるユーモアという意味において、あることはあるけど、弱くも感じる。音楽の素晴らしさと映像も素晴らしい。コーエン兄弟のアメリカ南部に対するあこがれのようなものが見られるし、感じることも出来る。そういう意味では良い映画かもしれない。面白くないわけではない。面白い場面の方が多いけど、ちょっと物足りない。まったりした雰囲気、何かコーエン兄弟の映画にしてはほんわかし過ぎて物足りない。それでもアカデミー賞作品「ノーカントリー」よりは個人的には好きです。
青観さん [DVD(字幕)] 6点(2008-11-29 23:52:02)
144.《ネタバレ》 カラーなのにセピア調な、良い意味で古臭さを感じるおだやかで、見た目がとてもきれいな映画。ミュージカル風で音楽も良い感じに使われている。ただストーリーの強引さとピンチを簡単に乗りきれすぎるところがイマイチ。コーエン兄弟だし、そういう映画なのかもしれないが、ちょっとシマリのなさすぎる映画かな。嫌いじゃないけど。
すべからさん [DVD(字幕)] 7点(2008-03-24 18:43:01)
143.この手の笑いはどうも苦手です。音楽は悪くないと思いましたが。
茶畑さん [DVD(字幕)] 4点(2008-03-15 21:28:02)
142.なんかこの映画好きなんですよ~、面白いからテレビでやってたらつい観てしまう。
映像が綺麗です。なんかしょっちゅうシュールだし。洪水にポマード?にまみれて
犬ぽんが流れてるのは秀越。
歌も耳から離れなくなるし、ジョージクルーニーのにわとり踊りをつい、真似してしまう。
ヨーデルも良い。
子供の頃、ハックルベリーフィンやトムソーヤーを読むのが大好きだったのを
思い出す(時代がちょっと違うけど)。墓を掘る奴隷?黒人の歌が凄くいいです。サントラ、探してみようかな、、。
クルーニーさんはどうせなら頑張って、南部訛りを極めて欲しかったな。主人公なんだから。
普通と訛りがしょっちゅう入れ替わって、普通になると妙に冷めてしまうよ。
梅干御飯さん [CS・衛星(字幕なし「原語」)] 8点(2007-12-18 18:47:18)
141.ストーリーよりもムードやキャラクターに重きを置いた作品なのでしょう。
追っ手を用意したりしているけれど随分ぼんやりした存在のままですし。
カラバ侯爵さん [DVD(吹替)] 2点(2007-11-06 19:38:13)
140.《ネタバレ》 これって数日間の話ですよね?よく分からないんだけど、たった数日でレコードが売れたり、全米の人気者になったりするものですかね?普段あまり映画にリアリティを求めない方なんですが、これはまるで数ヶ月間の話のよう。脱獄後、また捕まったタトゥーロがすぐ別の場所で労働に就かされているのも?(懲罰房に入れられたりしないものなのか?)ストーリーの根幹は面白いが、細部が穴だらけなのでシラけてしまう。クルーニーのコメディ演技は良かった。
フライボーイさん [DVD(吹替)] 6点(2007-11-06 15:37:43)(良:1票)
139.ジョージ・クルーニーということで見たのだが、オーシャンシリーズとは違う彼が見れたのでよしとする。
あるまーぬさん [地上波(字幕)] 5点(2007-07-24 13:28:47)
138.かっこいいジョージ・クルーニーがお間抜けキャラに徹してコーエン兄弟独特の雰囲気がよかったです。後半の「ズブ濡れボーイズ」を見てたらなんか「今宵、フィッツジェラルド劇場で」のカウボーイコンビを思い出してあ~、やっぱカントリーミュージックっていいなぁ・・としみじみ。でもたまに「え、いきなりそうなんの??」っていう突然さにはちょっとついてけなかったように思う。でもそんな感じがコーエン兄弟の映画らしさなんだよなぁ・・・。。
M・R・サイケデリコンさん [地上波(字幕)] 6点(2007-05-28 23:41:04)(良:1票)
137.けして悪い作品ではないが、コメディとして期待するとあまりに展開が淡々とし過ぎな感じ。ただ劇中に散りばめられた心地よい音楽が、作品全体を底上げして見るにたるレベルに押し上げている。この音楽がとても良く、もし無ければ本当につまらない作品になっていただろう。ただ何となく流しておきたいようなBGM的作品。
ムッシュ★いち~ろ!!さん [DVD(字幕)] 5点(2007-05-16 23:15:16)(良:1票)
136.《ネタバレ》 何か好きな要素ばかりな映画だったから期待して観たけど不完全燃焼に終わった感じです。KKKからの救出劇→みんなで♪ユア・マイ・サンシャイン♪→“ベビーフェイス”の連行シーンのくだりは最高だったんだけど、全体的にほのぼのノホホンとしすぎであのユル~い感じにあまり入り込めなかった。そもそも僕カントリーソング系あんま好きじゃないのかも笑
たいがーさん [DVD(字幕)] 6点(2006-11-19 16:00:06)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 155人
平均点数 6.49点
010.65%
121.29%
221.29%
385.16%
495.81%
52214.19%
62918.71%
72415.48%
84025.81%
9127.74%
1063.87%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.60点 Review5人
2 ストーリー評価 7.40点 Review10人
3 鑑賞後の後味 8.90点 Review11人
4 音楽評価 8.85点 Review14人
5 感泣評価 4.00点 Review2人
chart

【アカデミー賞 情報】

2000年 73回
撮影賞ロジャー・ディーキンス候補(ノミネート) 
脚色賞イーサン・コーエン候補(ノミネート) 
脚色賞ジョエル・コーエン候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2000年 58回
作品賞(ミュージカル・コメディ部門) 候補(ノミネート) 
主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)ジョージ・クルーニー受賞 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS