メメントのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > メ行
 > メメント
 > (レビュー・クチコミ)

メメント

[メメント]
Memento
2000年【米】 上映時間:113分
平均点:7.05 / 10(Review 470人) (点数分布表示)
公開開始日(2001-11-03)
ドラマサスペンス犯罪ものミステリー
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-10-25)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督クリストファー・ノーラン
キャストガイ・ピアース(男優)レナード
キャリー=アン・モス(女優)ナタリー
ジョー・パントリアーノ(男優)テディ
マーク・ブーン・Jr(男優)バート
スティーヴン・トボロウスキー(男優)サミー
ジョージャ・フォックス(女優)レナードの妻
トーマス・レノン[男優](男優)医師
カラム・キース・レニー(男優)ドッド
小山力也レナード(日本語吹き替え版)
塩田朋子ナタリー(日本語吹き替え版)
後藤哲夫テディ(日本語吹き替え版)
星野充昭バート(日本語吹き替え版)
安藤麻吹レナードの妻(日本語吹き替え版)
田中正彦(日本語吹き替え版)
中博史(日本語吹き替え版)
沢海陽子(日本語吹き替え版)
原作ジョナサン・ノーラン短編小説「メメント(Memento Mori)」
脚本クリストファー・ノーラン
音楽デヴィッド・ジュリアン
挿入曲デヴィッド・ボウイ"Something in the Air"
撮影ウォーリー・フィスター
製作ジェニファー・トッド[製作]
スザンヌ・トッド[製作]
エマ・トーマス(製作補)
製作総指揮アーロン・ライダー
クリストファー・ボール〔製作〕(共同製作総指揮)
ウィリアム・タイラー(共同製作総指揮)
編集ドディ・ドーン
スタントJ・アーミン・ガルザ二世(カメラカー・ドライバー)(ノンクレジット)
その他ジョナサン・ノーラン(プロダクション・アシスタント)
東芝エンタテインメント(提供)
あらすじ
妻を目の前で殺され、そのショックで10分しか記憶が持たなくなった男レナード。彼はメモやタトゥーに重要な事柄を記録し、妻を殺した犯人への復讐をしようとするが・・・時間軸を逆向きにするという奇抜な見せ方も話題となった傑作ミステリ。頭の準備をしてからどうぞ。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
21222324
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
470.《ネタバレ》 複雑で理解が難しい作品ではありますが、10年以上ぶりに2回目の鑑賞となった今回は内容はすっかり忘れていましたが、ルールを理解しているのでそこそこに理解はできました。普通の何の変哲もない物語を逆再生したら、本作のような作品になるのかが気になるところです。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2019-11-18 01:07:02)★《新規》★
469.《ネタバレ》 珍しい構成が巧みで、ゲームをしているようで単純に面白い。
込められたものも濃密で奥が深いように見える。DVDで物語を時系列順に見ることができるのが救いになった。
ざっくりいえば、テディを(間違っていると知りつつ)犯人に見立てて殺すことに決めてから、実際に殺害するまでの奇妙な流れを楽しむ映画、なんだが
順番がひっくり返ってるからそう容易くはない。レナードの、現在の状況がわからない感覚を同様に味わうための変則構成が慣れてないとどうにも理解を阻むだろう。
テディの役割が複雑怪奇で困惑させられる。何が真実で、何が嘘なのか?潜入捜査の刑事が殺人幇助なんてするか?
大前提が理解できないので言ってることが一から十まで信用できない。彼が信用できないとサミーとレナードの同一視ができない
テディの主張が事実なら、明かされていないだけでレナードは後から作った偽名で本名はサミーなのか?
殺害したジミーが死の間際に「サミー・・・」と呼んだのがそのためなら不自然ではない。逆にそうでもないと死の間際に呟くワードとしておかしい。
だがそうなると妻の死より以前の記憶も忘れたことになる。サミーそのものは確かにいたが、その症状は偽で保険金詐欺だったというのがテディの説明だ
しかし、だとすると話が戻るが先に述べたジミーの言葉が、会ったこともない、話に聞いただけのサミーというのでは、死にゆく者の発言として奇妙に過ぎる。
制作側はそこは曖昧なまま、どっちでもいいよと突き放して、自らの特異な病気の性質を盾に取ったレナードの「復讐ごっこ」を主軸として描いたに過ぎないのか?
謎を残したままの終幕なので、爽快感は無い。
うまシネマさん [DVD(吹替)] 6点(2019-11-14 23:59:24)★《更新》★
468.《ネタバレ》 その奇抜なアイデアで映画史に名を残したクリストファー・ノーランの出世作。10分経つと記憶が消えてしまうガイ・ピアースの記憶を遡って行くストーリーテリングはあまりにも有名になっています。この記憶を遡って行くストーリーが、なんというかまるで後ろ向きにどんどん歩いているときに感じるような居心地の悪さに通じるところがあります。ラストからリヴァースしてみると実は単純な物語だという指摘もありますが、それでも未熟者のわたくしには理解しきれないところが多々あります。以下、激しくネタバレいたしますので、悪しからず。 最初に観たときには、妻を殺したのは実はガイ・ピアース自身だったという解釈だったのですが、観直してみるとなんか違うように感じました。これはサミーの話がレナードの作り話だと土壇場でテディに明かされてからのすっ飛ばすようなストーリーテリングに影響されていることは間違いないです。正直な感想このあたりの展開は非常に判りにくい。最後まで(つまりこの物語の始まり)観ればテディ=ジョン・ギャメル=刑事だということが理解できるが、その前の記憶をたどってゆく(つまり冒頭で刑事と名乗ったテディが写真を撮られた以降、ああ、ややこしい)シークエンスでは彼は自分が刑事であることをほのめかすことすらしないのはなぜなんだろうか。こうなってくると、レナードが保険調査員だったという過去も果たして真実なのかアヤしくなってきます。テディやナタリーなどのレナード周囲の登場人物が、10分しか記憶が続かないレナードを自分たちの利益のために利用していたということだけはかろうじて理解できましたけど。とは言ってもレナードがテディを殺す動機はイマイチ理解できてませんけど。 近年の研究では人間の記憶というものは、本人が自己防衛のために改変しているということが定説となってきています。自分の記憶さえそんないい加減なものならば、アイデンティティとはいったい何なんだろうか、という疑問すら湧いてきます。この哲学的な命題を巧みに織り込んだのがこの映画だと言えるでしょう、観終わって決してスッキリした気分にはしてくれませんが。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2019-10-24 17:36:33)
467.ノーラン監督のブレイクスルーとなった作品で、何度か観返してしまう作品である。
時系列の分解、時間の逆進といったノーラン監督のエッセンスが詰め込まれた作品であると今ならそう評価できるかもしれない。

ただ後のノーラン作品にみられるようなヒューマニティは本作では皆無。もちろん予算の関係で、IMAXの映像特性を活かしたシネマトグラフィーや重低音を効かせたBGMといった特徴も本作には存在しない。終始沈鬱で不穏なノワールが展開される。基本的には時系列ネタ一本で勝負するスタイルの作品であるため、点数的には7点くらいが妥当ではないだろうか。ダンケルクやインターステラーのように人間性に訴えかける部分が少ないため、余韻があまりないのも弱点か。

正直に告白すると、初めて本作を観たときは、面白いとは思いつつも、なんか奇を衒った印象の作品だなあと思っていた。いわゆる面白いし評価はするけれども、決して好きなタイプの作品ではない、というのが本作だ。ノーラン監督についてもこのころは、暗いノワールばかりを作る、気取った印象のイヤな監督でしかなかった。しかし、本作の成功をきっかけに、ノーラン監督は色々と成長をしていく。成長の過程で人間性を全開にした作品も手掛けるようになった。ちなみに私はノーラン監督のクールさの中にある生真面目で熱い人間性が大好きだ。久しぶりに本作メメントを観返すと、作品そのものの評価はあまり変わっていないが、監督に対する印象はまったく変わったことに気がつく。今や映画界を牽引する巨匠の一人だが、このころはエッジの効いたとんがった作品を作っていたのだ。
nakashiさん [ブルーレイ(邦画)] 7点(2019-07-31 17:41:12)
466.《ネタバレ》 わかりにくい映画です。そして、わかりたいという意欲はわきませんでした。
なぜなら面白くないと思ったからです。
まっかさん [DVD(字幕)] 4点(2019-06-18 22:50:54)
465.好きなジャンルなんだけど、気力体力が充実しているときに見ないと病みそうで、とにかく見ていて疲れた。
一瞬たりとも見逃すと筋が追えなくなるので、映画館で観て一回で理解できた人は素晴らしい。

一度途中で挫折して、先日ようやく二度目の視聴。

こんなに面白い映画だったんだ、と一度挫折したことを後悔した。

絶対に見て損はしない。
SWさん [3D(字幕)] 8点(2019-04-25 18:31:56)
464.この映画に感動してログインネームをこれにしました。(どうでもいい)
素晴らしいの一言です
主人公が10分間しか記憶を保てない記憶障害という設定なのですが。
逆再生で上映されているため、見ている私達も同じ状況に立って見ることができます。
一回の視聴で全てを理解するのは難しいかもしれません。
見終わった後に感想サイト等を見てなるほど!と思えるのもこの映画の素晴らしさだと思います。
まだ観ていない方にも
この映画に限っては↑の情報だけをもって観て頂きたいのでこれで
見る価値ありです!
メメント66さん [インターネット(字幕)] 9点(2019-03-02 22:27:18)
463.◇ガイ・ピアーズの若かりし頃を見たくて、録画して見ました。従って、感想は、「うっわぁー!!ガイ若けぇーーーーっ!!体、細いぃぃぃーーっ!!」のみですw◇物語は、非常に複雑で、初見では映画のテーマや監督の言わんとしている事は、とてもじゃありませんが、辿りつけません。◇根気よく謎解きがしたい方には、向いているのかもしれません。◇しかし、謎を解いても、残る物は、何だかやるせない虚しさな気がします。◇私的には、初見で、エンディングロールを見ながら、大方の溜飲を下げられるコンパクトなストーリーが好きなので、物語に3点+若かりしガイに2点=合計5点献上です。
さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2018-07-10 17:08:03)
462.《ネタバレ》 ん?これってもしかして時系列が逆?
という疑問を持ちつつ、逆の可能性をもって視聴を進めるのが
非常に疲れた。

通常の時系列で流すと、非常にオーソドックスなシナリオと思うが、
逆にすることで思い込みと現実のはざまが曖昧になり味わい深くなるのか。

そんな感想を抱きつつも、2回観れば面白くなる、というものでも無いかなぁ。
忘れた頃、記憶が曖昧になった頃にもう一度見返す。
それを繰り返して、だまされだまされ、人生のENDまで。
元祖さん [インターネット(字幕)] 6点(2018-03-27 22:21:13)(良:1票)
461.記憶は主観であり記録は客観である、とはいいながら観てるうちにその記録(メモ)さえも本当に正しいのだろうかと疑心暗鬼になってくる。誰が味方で誰が敵なのか、過去にあった事件は何が真実なのか、サミーの案件は主人公にどう影響を与えているのか、最後まで真実が分からず予断を許さない。見終わったあとでさえ、あいつの言ってたことは本当なのか?と思ってしまう。そういう感想を持ってしまうことがこの映画の目的なんだね。好み40/50、演出11/15、脚本13/15、演技6/10、技術10/10、合計80/100→8/10点
chachaboneさん [DVD(字幕)] 8点(2018-02-22 21:56:57)
460.《ネタバレ》 2度目の鑑賞。昔公見た時はクリストファーノーランという名前も知らなかった時でそこまで面白かった印象はなかったのですが、今回クリストファーノーラン監督作品ということでじっくりみたらかなり面白かったですね。監督の名前は重要です(笑)サミーが記憶にないハズの人物を知ってるような目で見るエピソードが印象的でしたが、後からそれが主人公自身のエピソードだとわかるのは悲しいですね。今もこの主人公はジョン・Gを探して殺し続けているのでしょうか?なんとなくシャマラン監督のアンブレイカブルシリーズに出てくるリアルヒーローっぽいですね
映画大好きっ子さん [CS・衛星(字幕)] 9点(2018-01-31 23:18:24)
459.鑑賞後、非常に疲れを感じる映画。

普通に1回見ただけでは消化不良が否めないが、
凝った話でよくできているとは思う。

キャリー=アン・モスは実に美しい。
2年で12キロさん [インターネット(字幕)] 7点(2018-01-20 21:22:59)
458.《ネタバレ》 暴漢に襲われて妻を殺された主人公が、その出来事のために10分間しか記憶を維持できず、すぐに忘れてしまう記憶障害にかかる。
この記憶障害にかかった男が、妻の復讐のために手掛かりをすべてメモに残し、少しずつ増えて行くメモを見ながら犯人にたどり着き、復讐を果たす。
こうした発想をそのまま映画にしたら、結構面白い作品に仕上がっていたろう。記憶障害の男をわざとミスリードして利用する人々の狡猾。嘲笑。保身。次第に混乱してゆく記憶障害の主人公。その過程を通じて現れる、記憶そのものの不確実性など、傑作と呼べるものになる要素は多分にあったはず。
ところがこの映画では、そういった深い人間ドラマはほとんどない。その一番の原因が、この映画の見せ方。
この映画では、復讐を果たしたところから話が始まる。少しづつ過去にさかのぼりながら話を見せて行く。ということは結果が分かっているんだから犯人探しの面白さがない。なぜそんなことをするんだろう?という疑問がいつまでも続く。しかも細切れに過去にさかのぼるから、煩雑この上ない。結局最後になって記憶が書き換えられていたというオチで話が終わる。
人間ドラマほとんどなし。ただ話の筋を追うだけで精いっぱいの映画。
映画に出てくるのはしょうもない主人公の裸と何回も繰り返される過去。
そんな筋を追うだけのくどくどしい話に何時間もつきあったのかよ、と腹立たしい気持ちにさえなる。
kinksさん [DVD(字幕)] 3点(2017-11-29 00:03:53)
457.見始めて1時間までは何ともなかった。しかし、徐々に体調が悪くなってきた。胸がむかむかし、画面を見続けるのが辛くなってきた。見始めて1時間半ごろ、ついにディスクを一時停止して、トイレに駆け込む。強い吐き気があったが、しばらくすると治まったため、恐る恐る再び視聴。見終わると、倒れ込むようにして就寝、吐き気をまぎらわせるために、ラジオをつけて眠りについた。

後で考えると、あの症状は画面酔いだったとしか思えない。視覚から入る情報と体感している感覚のずれから起こる「酔い」という症状。各エピソードの推移が前後に激しく揺さぶられたので、話についていこうと躍起になっているうち、吐き気が起こってきたものらしい。体調不良を引き起こす映画なんて、びっくりだ! 本作の話をじっくり見て考えたいのに、再視聴するにはものすごく勇気がいる(涙)。もし『リング』の呪われたビデオが現存して、それを視聴したら、こんなふうに体調不良を引き起こすんだろうかと妙な方向に連想してしまった。
tonyさん [DVD(吹替)] 8点(2017-09-03 14:05:06)
456.時系列を追ってくのに初見では頭が付いていかず
映画感想サイトを梯子して納得したいい思い出があります。
TAKIさん [DVD(字幕)] 7点(2017-08-29 23:04:50)
455.《ネタバレ》 発想の勝利ですね、多くの映画を観てきましたが、中でもベスト5に入る大好きな作品です。
たまに見返したくなります。
この作品のように誰も考えつかないような手法の映画がこれからも多く世に出てほしいと思います。
ローグさん [DVD(吹替)] 10点(2017-07-09 21:02:10)
454.観賞後、すかさずリバース再生。逆から見るとホントの面白さが実感できる気がします。なんかリバースで見るとコミカルな作品にも見えなくもない。
tonaoさん [DVD(字幕)] 7点(2017-05-09 18:36:21)
453.頭フル回転させないと、よく解らない作品。こんな観ててしんどい作品は嫌いです。面白いとか以前の問題。
SUPISUTAさん [DVD(字幕)] 3点(2016-12-18 21:41:41)
452.《ネタバレ》 カラーのエピソードが逆の順番に描かれるのは分かるが、交互に差し込まれるモノクロのエピソードが順番に描かれているとは気付かなかった。そういう意味で記憶障害の追体験は出来たかと思う。あの編集がなければ平凡なノワール映画だろうが、アイディアの勝利。復讐を果たせてもすぐに忘れてしまうから、永遠に仇を追っていくかと思うと切ない。無間地獄だ。
Cinecdockeさん [DVD(字幕)] 5点(2016-05-16 20:41:55)
451.時系列をいじるのは効果として面白い。
加えて白黒の別時系列シーンも混ぜてより難解にしている。
ここまで複雑にする必要は無かったんじゃないかとも思うが、尋常ではない雰囲気を作り出している。

はっきり言って、一回見ただけでは注意深く見ても半分くらいしか理解できないと思う。
一回普通に見て、なるべく間を置かずDVD特典の正しい時系列でもう一度見るってのがベストだろう。
かなり凝ったストーリーで主人公の深層心理まで考えられてるのが解る。
たんたかたんさん [DVD(字幕)] 9点(2015-09-26 10:48:35)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
21222324
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 470人
平均点数 7.05点
051.06%
110.21%
261.28%
3142.98%
4224.68%
5418.72%
65812.34%
711724.89%
89720.64%
96814.47%
10418.72%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.82点 Review17人
2 ストーリー評価 7.77点 Review36人
3 鑑賞後の後味 6.65点 Review35人
4 音楽評価 5.89点 Review19人
5 感泣評価 5.07点 Review14人
chart

【アカデミー賞 情報】

2001年 74回
脚本賞クリストファー・ノーラン候補(ノミネート) 
脚本賞ジョナサン・ノーラン候補(ノミネート) 
編集賞ドディ・ドーン候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2001年 59回
脚本賞クリストファー・ノーラン候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS