Menu
 >
 >
 > アメリ

アメリ

Amélie/Amelie[英]/Amelie from Montmartre
(Le Fabuleux destin d'Amelie Poulain)
2001年【仏・独】 上映時間:120分
平均点: / 10(Review 539人) (点数分布表示)
ドラマラブストーリーコメディファンタジーロマンス
[アメリ]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-05-27)【S&S】さん
公開開始日(2001-11-17
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ジャン=ピエール・ジュネ
キャストオドレイ・トトゥ(女優)アメリ・プーラン
マチュー・カソヴィッツ(男優)ニノ・カンカンポワ
ジャメル・ドゥブーズ(男優)リュシアン
ドミニク・ピノン(男優)ジョゼフ
イザベル・ナンティ(女優)ジョルジェット
ヨランド・モロー(女優)マドレーヌ
リュファス(男優)プーラン氏
アンドレ・デュソリエナレーション
林原めぐみアメリ(日本語吹き替え版)
宮本充ニノ(日本語吹き替え版)
根本泰彦リュシアン(日本語吹き替え版)
池田昌子[声]マドレーヌ(日本語吹き替え版)
内田直哉ジョゼフ(日本語吹き替え版)
池田勝プーラン(日本語吹き替え版)
銀粉蝶ジョルジェット(日本語吹き替え版)
原康義イボリト(日本語吹き替え版)
野沢那智ナレーション(日本語吹き替え版)
久保田民絵(日本語吹き替え版)
茶風林(日本語吹き替え版)
佐々木敏(日本語吹き替え版)
石住昭彦(日本語吹き替え版)
定岡小百合(日本語吹き替え版)
出演スペンサー・トレイシースタンリー・バンクス(映画「花嫁の父」より)(ノンクレジット)
ジョーン・ベネットエリー・バンクス(映画「花嫁の父」より)(ノンクレジット)
脚本ジャン=ピエール・ジュネ
ギョーム・ローラン
音楽ヤン・ティルセン
撮影ブリュノ・デルボネル
製作クローディー・オサール
製作総指揮クローディー・オサール
配給アルバトロス
美術アリーヌ・ボネット(プロダクション・デザイン)
衣装マデリーン・フォンテーヌ
編集エルヴェ・シュネイ
あらすじ
アメリ(オドレイ・トトゥ)はモンマルトルのカフェ・ムーランで働く22歳。幼い頃から父と二人暮しだった彼女は、いつのまにか空想好きでエキセントリックな女性になっていた。そんな彼女が、駅で証明写真機の下を探る男性ニノ(マチュー・カソヴィッツ)に一目惚れする。彼女は、ダイアナ妃が亡くなったニュースを見ながらアパートの浴室でみつけた小さなブリキの箱を持ち主に届ける事ができれば、新しい世界に飛び込んでみようと決心する。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
21222324252627
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
539.《ネタバレ》 フランス語の響き、フランスらしい音楽、おしゃれな街並みという土台の上に、アメリの世界観を乗せ、フランス映画独特のセンス、美しい映像技術で見事に料理した、「オールフランス」の相乗効果で、完成度の高い作品に仕上がった印象です。

最初、アメリのキャラクターはちょっと苦手な感じでしたが、品の良いユーモアが心地よく、最後まで楽しめました。写真の男の正体がわかるシーンなどは、座布団一枚差し上げたいくらいです(笑)

人とのコミュニケーションが不器用な人間って、少年時代の宝箱や遅配の手紙のような話を「妄想」して楽しむ傾向が、他の人よりも強いんですよねー。そういうタイプの人の心理描写が秀逸で、そこが、ただの雰囲気映画・不思議ちゃん映画とは決定的に違います。

人の感情を弄ぶような「みんなを幸せにしてあげますミッション」を遂行するアメリに対して「おまえ、天使にでもなったつもりかよ!」と、普段なら怒りのツッコミを入れたくなるところですが、まぁこういうイタイ子ちゃんのやることだから・・・と、不思議と気になりませんでした。そりゃ、現実にこんなことしてるヤツが自分のまわりにいたら、グーで鼻殴りますけどね。でも隣のおっさんと八百屋にしたようなことは、自分もやりそうです(笑)

以前は「フランス映画、良さがさっぱりわからん!」状態だった自分も、本作をはじめ、良質のフランス作品に触れる機会が多く、フランス映画アレルギーが少しずつ緩和されてきた気がします。
ramoさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2017-08-26 22:09:00)
538.キモイ女の真骨頂。
行動の一つ一つが意味わかんないし。
クロエさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2017-08-23 21:19:06)
537.《ネタバレ》 コミュニケーション不全というよりも、感情を表に出すのが苦手な女の子が勇気を出して一歩前に踏み出した、というお話ですね。主人公アメリを軸として、様々なサブエピソードが詰まった映画と思って見ると楽しめるのではないでしょうか。人生訓のような物も語られていますが、独特の感覚で作られた華やかな映画は画を観ているだけで楽しい。こういう映画もありかと。翌々考えてみれば、初見だと思っていたこの映画、以前観た記憶がうっすらと蘇ってきました。そんな映画です。
kirieさん [DVD(吹替)] 6点(2017-01-20 10:26:45)
536.これは面白い。
これだけキャッチーにつくられるとワクワクしてしまう。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 8点(2014-08-15 10:48:40)
535.評価が分かれる映画。
この主人公の気持ちに入り込むことは(特に男性には)難しい。そして、ストーリーもダイレクト感が無いので、「面白い、意義深いはず」と思わないと厳しいかも。
自分には合わなかったということで。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2014-04-13 13:58:35)
534.一見オシャレなだけのようで深いメッセージ性が隠された素晴らしい作品










pillowsさん [DVD(字幕)] 10点(2014-04-05 03:26:26)
533.主人公の心理描写が良い。
この映画の場合、その描写が不思議と綺麗で独特なので面白い。
パリやフランスの文化を織り交ぜ表現しているのだろうか。観ていて楽しくなる。
妄想で世界を創り上げるアメリの世界観を、
豊富に表現しているこの映画は必見です。音楽も素晴らしい。
功聖良さん [ブルーレイ(字幕)] 9点(2014-04-03 23:24:41)
532.《ネタバレ》 これはカップルがデートで観てこそ価値のある映画。おしゃれな映画をかわいい彼女と観た思い出的な?おっさんが休日に家でごろごろしながら観るには退屈すぎる。観るシチュエーションによって評価は大きく変わるのは間違いない。
いっちぃさん [地上波(字幕)] 4点(2013-11-30 17:48:54)
531.《ネタバレ》 10数年ぶりに鑑賞。自分が、あまりに内容を覚えていない事実に驚く。
この人だれだっけ?この後なんだっけ?の連続。歳は取りたくないもんだ。
この作品は、フランス語の響きとパリの町並みが背景にないと成立しないだろう。
画面全体から溢れ出す雰囲気そのものが楽しい。
アメリ幼少時代の「しかめっ面」から大人時代の「笑顔」への対比。
彼を前にして名乗る事が出来ず、バシャーと水の様に消えるシーンが好き。
なんという、いじらしさ・いとおしさ。惚れてまうがな。
アメリの魔法も完全ではないらしい。タバコ売り場の彼女とレコーダー男とは、
結局は上手く行かない…。何ごとも継続させるには、やはり本人の努力がないとね。
トゥトゥがカフェで働いていたら町中の男達が放っておかないと思うのだが…。
ま、それを言ったら映画にならないけど。
じょるるさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-10-21 02:29:44)
530.《ネタバレ》 登場人物はまあ魅力的なのですが、お話が絶望的に面白くない。とくに最初の20分くらいは苦痛ですらありました。後半少々持ち直しましたが。アメリがニノにアルバムを返す段取りなど、回りくどすぎてとてもついて行けません。アップの多用とかナレーションもうるさくてむしろ邪魔。あまりこういう表現は使いたくないのですが、「お花畑な映画」という印象。
アングロファイルさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2013-10-20 10:35:43)
529.《ネタバレ》 ○怒涛の序盤から期待したが、そのテンポにも慣れ、そのくどい内容から徐々に退屈に。○画的な美しさとオドレイトトゥのかわいさは良かった。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2013-10-14 21:13:41)
528.《ネタバレ》 現実から逃避していた空想癖の不思議ちゃん。
他人と関係を適切な関係を結べなかったアメリが世界と調和していく様子が微笑ましい。
オシャレでウィットに富んでいて、特に女性に人気のある作品だというのもわかる気がする。
出てくるのがどこか変な人ばかりだが、その不器用で変なところに愛を感じる描き方。
八百屋へのボディブローのような地味に効く嫌がらせが笑える。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 6点(2013-09-24 22:10:29)
527.センスの良い笑いや、アメリ本人の可愛らしさ以上に、成長や旅立ちといった意味合いが見えて面白い。
nojiさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-06-09 23:13:42)
526.そう言われてみれば、女性向けの映画なのですが、不思議なシチュエーションとキャラの魅力だけでも楽しめる映画ではないでしょうか。
minさん [DVD(字幕)] 7点(2013-05-28 21:02:40)
525.《ネタバレ》 正直最初の20分くらいは退屈に感じていたし完全に女性向けの映画だと思っていましたが、序盤の何気なく張られた伏線が次々と回収されていく様を見てもしかしたらこれは凄い映画なのでは?と感じはじめました。アメリはとてもキュートで彼女の仕掛ける悪戯の数々は自分本位でもあるがそのどれもが優しさに溢れ暖かい。でも周りの人々を変える力はあっても内気で引っ込み思案な彼女は好きな人に思いを打ち明けることすら出来ません。そんなアメリに対してラストにレイモンは「君の骨はガラスじゃない、人生にぶつかっても大丈夫だ」と諭します。生きていると色んな困難や壁が立ち塞がるものですが、壁にぶつかる事自体を恐れてはいけないんだ、チャンスがあったら飛び込む勇気が必要、それで失敗してもいいじゃないかそれも人生さ・・・というメッセージを感じました。どちらかというと困難な事があると避けて通ってきた自分のような人間にはガツンと響くメッセージで行動する事の重要性を教えられた気がします。これから先何度でも見返したいかけがえのない作品になりました。
キリンさん [DVD(字幕)] 10点(2013-01-13 02:01:35)
524.ジャン=ピエール・ジュネ作品初鑑賞。冒頭部のコメディチックなシーンは個人的にツボで、このままコメディ映画として作られていればかなりの良作だったはず。が、以降はフランス映画っぽい軽さがあんまりしっくり来なくて他のレビューワーと同じく「女性は好きそう」と「軽い映画が好きな人は好きそう」っていう感想で片付く。
これが面白かったら「ミックマック」観ようと思ってたけど、ちょっと時間を置いてアメリを忘れた頃に観ようかな
amierさん [DVD(字幕)] 6点(2012-12-26 14:05:41)
523.《ネタバレ》 不思議な魅力を持った映画。

女子ウケしそうで、少女漫画みたいな感じ(て、少女漫画見たことないので想像)。

可愛いんだか可愛くないんだか微妙だなと思いつつ、時々アップになるアメリの目力に
オジサンやられてしまったよ。

何か変化のない日々を過ごしているので、この映画のように小さな幸せを感じるイタズラを私にもして下さい・・・なんて思っちゃいました。

そして子供の頃、よくやった石投げ水切り・・・久しくやってないんで、今度やりますかね。

八百屋の青年が少年隊のカッちゃん(植草克秀)に見えて仕方ありませんでした。


ぐうたらパパさん [インターネット(字幕)] 7点(2012-12-01 15:20:36)
522.この映画は一種独特の雰囲気と世界を持つ。その雰囲気に合わないとつまらなく思ったり、見るのを挫折してしまうかもしれない。私もどちらかと言うとその一人だった。だがある日「愛してる、愛してない...」を見た後、思い出してもう一度見直してみると味わい深く見れるではないか。要はフィーリングなんだなあと思う。今では現実と空想が入れ混じる空間や人と人とのふれあいが、ほほえましくさえ思える。なおこの映画音楽は秀逸、音楽だけで情景が浮かぶようだ。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 7点(2012-10-10 11:12:04)
521.《ネタバレ》 大人に成り切れない、どこかに少女のように純粋な心とそして子供特有のある種の残酷な毒を残したまま成長してしまったアメリ。まぁ、要するに世にいうイタイ女性なんだけど、その人物造形が奇跡のように魅力的。フランスのお洒落な街並みで繰り広げられる、自分の大好きな人を今よりもほんの少しだけ幸せにしてあげようというアメリの数々の〝悪戯〟も、その動機があまりにも純粋な心から発せられているから、素直に応援してしまいたくなってくる。そんな彼女を客観視するような、早口で捲くし立てるナレーションもグット。そして現実と極力、関わらないように生きてきた彼女自身の不器用な恋の行方……。そんな大人のおとぎ話のような世界が、ジュネ監督のセンス溢れる映像美によって、奇跡のように美しい映画となってしまった。日々の生活に疲れたとき、人間関係に悩んだときなどに、子供の頃のおもちゃ箱をそっと覗き込むように、何度も観返したい映画の一つ。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 10点(2012-08-12 17:26:38)
520.妄想好きな大人の女性心をお持ちの方向けの動く絵本な感じです。映像もVFXも色合いも服装も音楽もお話も「おしゃれカワイイ」
movie海馬さん [映画館(字幕)] 8点(2012-06-24 23:32:55)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
21222324252627
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 539人
平均点数 6.77点
030.56%
1101.86%
2152.78%
3142.60%
4397.24%
5468.53%
67814.47%
710519.48%
812423.01%
96512.06%
10407.42%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.52点 Review21人
2 ストーリー評価 6.71点 Review32人
3 鑑賞後の後味 7.74点 Review35人
4 音楽評価 7.90点 Review31人
5 感泣評価 5.85点 Review14人

【アカデミー賞 情報】

2001年 74回
脚本賞ジャン=ピエール・ジュネ候補(ノミネート) 
脚本賞ギョーム・ローラン候補(ノミネート) 
撮影賞ブリュノ・デルボネル候補(ノミネート) 
音響賞 候補(ノミネート) 
美術賞アリーヌ・ボネット候補(ノミネート) 
外国語映画賞 候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2001年 59回
外国語映画賞 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS