Menu
 >
 >
 > シンデレラ(1950)

シンデレラ(1950)

(シンデレラ姫(初公開時))
Cinderella
1950年【米】 上映時間:74分
平均点: / 10(Review 40人) (点数分布表示)
ラブストーリーファンタジーアニメシリーズものファミリーロマンス小説の映画化
[シンデレラ]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2015-05-23)【イニシャルK】さん
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ウィルフレッド・ジャクソン
ハミルトン・S・ラスケ
クライド・ジェロニミ
演出加藤敏(日本語吹き替え版)
アイリーン・ウッズシンデレラ
ヴァーナ・フェルトンフェアリー・ゴッドマザー
ジェームス・マクドナルド〔1906年生・声優〕ジャック/ガス/ブルーノ
高乃麗アナスタシア(日本語吹き替え版)
藤田淑子ドリゼラ(日本語吹き替え版)
京田尚子フェアリー・ゴッドマザー(日本語吹き替え版)
富田耕生国王(日本語吹き替え版)
山寺宏一ジャック(日本語吹き替え版)
川村万梨阿スージー(日本語吹き替え版)
茶風林郵便屋(日本語吹き替え版)
糸博大臣(日本語吹き替え版)
鈴木弘子ナレーター(日本語吹き替え版)
原作シャルル・ペロー「シンデレラ」
脚本ジョー・リナルディ
アードマン・ペナー
音楽オリヴァー・ウォーレス
ポール・J・スミス
作詞マック・デイヴィッド「夢はひそかに」/「ビビデ・バビデ・ブー」他
ジェリー・リヴィングストン「夢はひそかに」/「ビビデ・バビデ・ブー」他
作曲マック・デイヴィッド「夢はひそかに」/「ビビデ・バビデ・ブー」他
ジェリー・リヴィングストン「夢はひそかに」/「ビビデ・バビデ・ブー」他
挿入曲ヴァーナ・フェルトン「ビビデ・バビデ・ブー」
製作総指揮ウォルト・ディズニー
配給ブエナビスタ(リバイバル)
録音東北新社録音制作(日本語吹き替え版)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
40.《ネタバレ》 冒頭の、ネズミ&性悪猫ルシファーのドタバタ劇が中でも印象に残ります。継母たちだけでなく、猫すらもシンデレラに風当たりが強い。ゆえに、シンデレラの不遇が余計に際立つし、だからこそネズミや小鳥が彼女を支える温かさが際立ちます。
演出やストーリーはさすがに65年後に作られた実写のほうが優れているけれども、内容は実写版と所々違うので、新たな発見でいっぱいで楽しめました。
カジノ愛さん [インターネット(字幕)] 6点(2017-11-17 05:59:49)《新規》
39.わかりやすく子ども向けには良いと思う。昔見たときはシンデレラの足ってそんなに小さかったのかぐらいにしか思わなかったのだけど、見直して新たな疑問。ガラスの靴も魔法のはずなのに、どうしてこれだけは元に戻らなかったのだろうと。ま、いいか、童話だから。
ESPERANZAさん [DVD(吹替)] 6点(2015-03-25 20:35:25)
38.今見ると絵のクオリティもストーリーも物足りない。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 5点(2014-08-29 01:54:50)
37.《ネタバレ》 ディズニー・プリンセスの中でもクラシックと呼べる作品でしょうが、その為か現在のプリンセス物と比べるとやや物足りなさを感じた点が多かったです。ネズミ達と意地悪なネコの追いかけっこも楽しいとはいえ、基本的にシンデレラの物語の中核に関わってくるのは終盤だけですので、そこまでのシーンのそれはかなり冗長に感じました。そのシーンでシンデレラという物語が一々止まってしまうと言いましょうか。それから美しい心を持った者は容姿も美しく、憎まれ役は醜くというパターンはエンタメの謂わば基本ですが、シンデレラを虐める継母と、特にその娘二人が不細工に描かれているのはやや単純な発想ではないかと思います。今のディズニーですとこの悪役にもドラマを持たせるのでしょうが、本作は基本的にはそういう配慮も一切ありません。
但し、そういう不満点を吹き飛ばしてくれたのが素晴らしいスコアの数々。特に「So This is Love」の美しさは頭一つ抜けている。魔女のおばあさんが登場する楽しい雰囲気の「Bibbidi-Bobbidi-Boo」も良い。
民朗さん [DVD(字幕)] 5点(2014-06-02 22:27:06)
36.王道。ディズニープリンセスの中で一番このドレスが好き。でも王子(吹替)が女っぽくて嫌。
movie海馬さん [映画館(吹替)] 7点(2014-05-07 23:24:00)
35.小さな仲間・助力者ってのがディズニーアニメの特徴で、小さなものと大きなものの対比が作品を膨らませている。小さなものから見た家と、シンデレラから見たお城が比例関係になっている。ネズミが階段を鍵持ち上げていくとこなんか、お城の階段を縮尺している。猫とネズミによって脇で語られる小さなギャグが、本筋でのイジメに話を自然に戻している。それがどうしたって言われても困るんだけど、そうやってスケールの違う二つの世界で話を往復させることによって、物語の世界構造をしっかりとさせてたんじゃないか。ディズニーアニメにおける悪役ってのはいつも魅力的だが、とりわけ本作の継母はピカイチ、助演女優賞ものだ。アニメは性格や役割りをここまで純化できるって見本。王様と家来のベッドでの弾みながらの会話もアニメならではの楽しみ。泣けるのはネズミたちが作った衣装を(製作過程も素晴らしいのだが)、小鳥が扉開いて見せるとこからで、妖精ばあさんが奇跡を次々に起こしていくあたりが頂点。考えてみるとあのばあさんかなり唐突なんだけどね。
なんのかんのさん [映画館(吹替)] 8点(2012-04-15 09:53:00)
34.数年ぶりに再鑑賞しました。配色がとても可愛かったり、ドレスが揺れる度にキラキラしたり、ディズニーの世界に存分に浸れました。
*まみこ*さん [地上波(吹替)] 10点(2011-12-13 03:13:18)
33.ディズニーの古いアニメ映画。
歌あり、笑いあり、夢が一杯のエンターテイメント作品。
絵がうまくて色が綺麗。キャラもかわいい。
特に色の使い方は実写を意識しているのか、
落ち着いた色を多用していて、とても観やすい。
現実、ファンタジー、コミカライズのバランスがよく取れていて、
半世紀以上も前に作られた作品とはとても思えない。
ディズニーはやっぱりレベルが高い。
MAHITOさん [DVD(字幕)] 7点(2011-07-06 06:38:47)
32.《ネタバレ》 あの黒くて如何にも性格の悪そうな猫と他のネズミたちの攻防の面白さに加えて音楽の素晴らしさ、安心して見ていられるし、子供が観ても楽しめる。大人も楽しめるそんな作品になっている。ここらがディズニーの凄さである。シンデレラの邪魔ばかりするあのクソ婆とその二人の娘には腹が立って仕方ないが、それでも面白いし、カボチャの馬車、馬車に必要なのはの後のネズミには笑ってしまいます。なんでやねん?と突っ込み入れてしまうのは私だけでないはずです。どんな悪事にも負けずに頑張るシンデレラが可哀想であり、また意地らしくて良い。ところであのクソ婆から産まれてきた二人の姉妹、やっぱり親に似て、性格のブスさが顔によく現れている。シンデレラが幸せになれて良かったし、ざまあみろ!クソ婆、クソ姉妹と思いました。
青観さん [DVD(吹替)] 8点(2011-01-26 20:50:53)
31.タイトルは『シンデレラ』で内容的にも確かにそうなんですけれど、映画の半分は“トムとジェリー”。ネズミ対ネコの死闘(?)が見どころ。ウチの子もノリノリで観ておりまして、ネズミが抱えたチーズを落としそうになると、つい画面へ手をのばしたり、ポケットのカギを盗もうとするシーンでは怖がって自分も逃げ回ったり。映画を観ても楽しめるし、子供を観てても楽しめる。そんな作品。
鱗歌さん [DVD(吹替)] 8点(2010-01-03 08:44:52)
30.シンデレラのキャラクターデザインがいかにもこの時代の美人の基準って感じだったり、王子様のキャラが全く見えないので、本当にそれが幸せな選択なのか疑問だったり、ネズミのガスがアメリカンなお笑い系キャラでひたすらウザかったりしましたが、主題歌とドレスの変身シーンだけでもう十分、ウットリ満足。ディズニーというブランドのアイディンティティみたいな映画なワケで、それを大前提として見れば、見事なバランスの上に立った映画というところ。子供が、そして子供に戻った大人が楽しめてこそのディズニーワールド。ひとときの夢の世界。ただ、デジタルで大々的に修復された映像はペカペカにデジタライズされ過ぎちゃって、本来持っていたであろうハンドメイドな質感を激しくスポイルしちゃっているので、その点は今のディズニーも、もう少し考えて欲しいですね。あれじゃ、今のデジタル撮りテレビアニメと同じフィールドに存在する映像だわ・・・。
あにやんさん [DVD(字幕)] 7点(2009-04-29 00:40:42)
29.クラシックなのだが、白雪姫よりは現代的視点?が入っていて、シンデレラがやられっぱなしの弱い娘になっていない。ただ、最近のディズニーのように、ヒロインの強さや意志があざとくなりすぎない(笑)さじ加減が良い。まあ結果的には魔法とか動物とかの他力本願だが、元々おとぎばなしだからこれでよいのだ。って原作相当変えてるが、幼い頃から慣れ親しんだのはディズニーの絵本のシンデレラだもん(個人の事情ですいません。原作を先に知っていたリトル・マーメイドは正反対の評価になる)。絵本だけでなく映画もあの頃観ていれば、きっと夢中になったろうなあ。近年作られた続編はこの名作を汚した犯罪級の駄作。
あっかっかさん [DVD(字幕なし「原語」)] 7点(2009-01-13 13:45:49)
28.主人公シンデレラの描き方は文句のつけようがありません。容姿や優しい性格がよく表れていて、彼女の喜びと悲しみが胸を打ちます。その反対で、その他のキャラクターはいささかお粗末に感じます。継母は見るからに意地悪そうでしたが。全体的には動物キャラに頼りすぎていると感じました。ラストも、もっと捻りが欲しかった。
shoukanさん [DVD(字幕)] 6点(2008-03-17 00:18:40)
27.同情した子が報われました、という安心しかない。
作画としても微妙。
カラバ侯爵さん [DVD(字幕)] 0点(2007-11-29 03:11:54)
26.魔法使いのおばさんが出てくるまでがとても長く感じてしまったのは「エパー・アフター」を観ていたせいなんだろうか。でもエバー~未見の幼児もだるそうにしていた。しかしそこからは絶好調。ゆるやかな流れのアニメーションも素晴らしかった。それと関係ないけど魔法使いのおばさんを観ていて「シュレック2」の妖精のゴッドマザーを思い出してしまってからは、声だけ聞いてると彼女に思えてしまって苦しんだ。
ジェイムズさん [DVD(吹替)] 5点(2007-04-19 18:52:11)
25.原作変えすぎ、もはやこっちが本当の話になっている。
ディズニーってすごいわ
甘口おすぎさん [ビデオ(吹替)] 5点(2007-03-15 20:01:32)

24.まずキャラクターの設定が秀逸です。ヒロインの凛としたたたずまい、継母+姉妹の悪役ぶり、動物キャラも楽しい。演出もエンターテイメント性に溢れ、かつ丁寧な仕事ぶりが伺えます。そして映像が抜群に素晴らしい。鮮やかな色彩と緻密な作画。華やかさだけではない、“絵”の魅力がありました。うっとりして、ちょっと泣きそうになるくらい。名作と呼ばれるものの中には、“当時にしては”と注釈が付く場合があります。映像技術は日進月歩。この部分では、近年の作品にアドバンテージがあるのは明らかです。しかし本作はそのような気遣いを必要としません。完成度は驚くほど高い。誰もが知る有名な童話、馴染みのあるディズニーキャラクター。そのため自分のように、“何となく観たような”気になっている方もおられるかもしれません。でもご注意ください。本作を観ないのは本当にもったいないです。
目隠シストさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2007-02-06 18:06:35)
23.《ネタバレ》 ラスト。「もう片方の靴があります」って言って自分で靴を出してきて、それを履いて「ぴったり!」って・・・当たり前でしょ。あなたの靴なんだから。
θさん [DVD(吹替)] 3点(2007-01-29 18:49:51)
22.《ネタバレ》 ディズニーの王道♪ 女の子ならば1度は憧れるSTORY!文句なく夢がふくらむ単純明快ながら飽きないアニメ♪♪
うさぎ大福さん [DVD(吹替)] 8点(2007-01-21 20:50:26)
21.初めて観ました。動画のクォリティは半世紀後の現在観ても全く色褪せてない。メインの物語を彩るサブ・ストーリーや脇役の構成等も、ほとんど現在のディズニー・アニメと同じ(つーか、徹底してこの伝統を貫いてるんでしょうけど…)。本作を観て思ったのは、意外にもシンデレラが逞しいなぁってこと。もっと弱々しくて、可哀想に描かれてるのかと思ってたら、結構毎日を楽しく過ごしてる様だし、性格的にもはっきりした性格みたい(「エバー・アフター」のシンデレラとそんなに遠くなかった)。どう考えても、王子様は末永く尻に敷かれてしまうことでしょう、めでたしめでたし、7点献上。
sayzinさん [CS・衛星(吹替)] 7点(2006-08-02 00:01:46)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 40人
平均点数 6.67点
012.50%
100.00%
212.50%
312.50%
400.00%
5512.50%
6512.50%
71435.00%
81025.00%
912.50%
1025.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.66点 Review3人
2 ストーリー評価 6.66点 Review3人
3 鑑賞後の後味 8.66点 Review3人
4 音楽評価 8.33点 Review3人
5 感泣評価 5.33点 Review3人

【アカデミー賞 情報】

1950年 23回
オリジナル主題歌ジェリー・リヴィングストン候補(ノミネート)「ビビデ・バビデ・ブー」
オリジナル主題歌マック・デイヴィッド候補(ノミネート)「ビビデ・バビデ・ブー」
作曲賞(コメディ)オリヴァー・ウォーレス候補(ノミネート) 
作曲賞(コメディ)ポール・J・スミス候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS