フロム・ダスク・ティル・ドーンのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > フロム・ダスク・ティル・ドーン
 > (レビュー・クチコミ)

フロム・ダスク・ティル・ドーン

[フロムダスクティルドーン]
From Dusk Till Dawn
1996年【米】 上映時間:109分
平均点:6.79 / 10(Review 207人) (点数分布表示)
アクションホラーシリーズもの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-04-30)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ロバート・ロドリゲス
助監督ダグラス・アーニオコスキー
キャストジョージ・クルーニー(男優)セス・ゲッコー
ハーヴェイ・カイテル(男優)ジェイコブ・フラー
クエンティン・タランティーノ(男優)リチャード・ゲッコー
ジュリエット・ルイス(女優)ケイト・フラー
サルマ・ハエック(女優)地獄のサンタニコ
フレッド・ウィリアムソン(男優)フロスト
トム・サヴィーニ(男優)セックス・マシーン
チーチ・マリン(男優)国境警備員/チェット・プッシー/カルロス
ケリー・プレストン(女優)ケリー・ホーグ(ニュースレポーター)
ジョン・サクソン(男優)スタンリー・チェイスFBI捜査官
ダニー・トレホ(男優)レイザー・チャーリー
ジョン・ホークス〔1959年生〕(男優)ピート・ボトムズ
マイケル・パークス〔男優・1940年生〕(男優)アール・マクグロウ
グレゴリー・ニコテロ(男優)セックス・マシーンの仲間
ローレンス・ベンダー(男優)食事中の客(ノンクレジット)
ロバート・ロドリゲス(男優)バンドのメンバー(ノンクレジット)
野沢那智セス・ゲッコー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
大塚周夫ジェイコブ・フラー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
広川太一郎リチャード・ゲッコー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
笹岡繁蔵セックス・マシーン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
松本梨香ケイト・フラー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
宝亀克寿レイザー・チャーリー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
辻親八国境警備員/チェット・プッシー/カルロス(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
糸博フロスト(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
城山堅アール・マクグロウ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
加瀬康之セス・ゲッコー(日本語吹き替え版【ネットフリックス】)
野島昭生ジェイコブ・フラー(日本語吹き替え版【ネットフリックス】)
勝杏里リチャード・ゲッコー(日本語吹き替え版【ネットフリックス】)
魚建国境警備員/チェット・プッシー/カルロス(日本語吹き替え版【ネットフリックス】)
原作ロバート・カーツマン(原案)
脚本クエンティン・タランティーノ
音楽グレーム・レヴェル
撮影ロバート・ロドリゲス(カメラ・オペレーター)
ギレルモ・ナヴァロ
製作ロバート・カーツマン(共同製作)
エリザベス・アヴェラン(共同製作)
ジャンニ・ヌナリ
ミラマックス
製作総指揮ロバート・ロドリゲス
クエンティン・タランティーノ
ローレンス・ベンダー
特殊メイクK.N.B. EFX Group Inc.
ロバート・カーツマン(メーキャップ監修)
グレゴリー・ニコテロ(メーキャップ監修)
ハワード・バーガー(メーキャップ監修)
ノーマン・カブレラ
特撮K.N.B. EFX Group Inc.(アニマトロニクス)
振付サルマ・ハエック(ノンクレジット)
編集ロバート・ロドリゲス
録音ロバート・ロドリゲス
スタントグレゴリー・ニコテロ
ウィリアム・H・バートン
トロイ・ギルバート
スコット・ワイルダー〔スタント〕
バディ・ジョー・フッカー
スティーヴ・ホラデイ
その他スコット・スピーゲル(スペシャル・サンクス)
あらすじ
メキシコ目指して逃亡中の凶悪犯ゲッコー・ブラザースは元牧師のフラー一家を拉致り、何とか国境突破に成功。仲間と落ち合うため、砂漠のど真ん中にあるバー「ティティー・ツイスター」(おっぱいグルグルバー)にやってきた。しかし、そこには恐ろしい秘密があるのだった・・・
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
207.はちゃめちゃで、めちゃくちゃ面白かった。ジョージにはもっとこういう映画に出てほしい。
センブリーヌさん [ビデオ(字幕)] 7点(2022-02-04 03:34:58)★《新規》★
206.映画はアートであると同時に商品でもある。仮に映画そのものの評価が低くても、観客動員数が良ければその映画は成功と言えるのだ。
興行収入を上げることのみに力を注ぎたいのなら、必ずしも「面白い映画」を作る必要はなく、「面白そうな映画」でもいいわけである。
面白そうな予告編やあらすじに釣られて観てみたら、内容がスカスカだった・・・という経験をされた方は少なくないだろう。そういう映画の中には、あくまで「面白そうな映画」として作られただけのモノもきっとあるはず。

だが、本作は違う。実際に映画を観ないと体験できない楽しさと驚きを与えてくれる。他人からあらすじを聞いただけでは味わえない面白さがちゃんとある。
タランティーノやロドリゲス率いる製作陣が「面白い映画」を本気で作ろうとしていたのが分かる。「どうやったら観客に楽しんでもらえるだろう」と趣向を凝らして作っているのが画面からみっちりと伝わる。

これは観た人全員が満足するかは分からない。後半のバカバカしさに乗れない人もいるだろう。しかし、観ている最中から心を鷲掴みにされて、見終わる頃には本作に愛着が沸いてしまう人も多いはずだ。
バカバカしいけどアツい映画。
Y-300さん [ブルーレイ(字幕)] 9点(2021-07-16 22:41:46)
205.前半と後半がここまでジャンルチェンジがある映画は類を見ない。
ジョージクルーニーは若くてかっこいいし、タランティーノの気味悪さはさすが。
そしてユニークなヴァンパイアとの死闘。
破茶滅茶が以外にも新鮮で血しぶきが異様におもしろいバイオレンスアクション。
セックスマシーンがいいキャラしてる。
mighty guardさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2021-03-28 23:49:34)
204.前半のクライムアクションの雰囲気を後半のホラーアクションで全てぶち壊す。これぞエンタメ。これぞB級。
真尋さん [DVD(吹替)] 7点(2020-08-30 23:42:34)
203.《ネタバレ》 クライムアクション(サスペンス気味)から急転直下のバンパイアアクション、なのはあまりにも有名。
で、わかってても楽しめてビックリするのはさすが!
ジュリエット・ルイスには生き残るだけの色気がありました。
タランティーノのバイオレンスはもう特許的発明みたいなもんですね。緊張と緩和のなんたるかをよくわかってらっしゃる。
とにもかくにもハチャメチャなのに楽しい作品。
ろにまささん [CS・衛星(字幕)] 7点(2020-04-18 20:08:13)
202.《ネタバレ》 最初見たときはクライムサスペンス的な映画と思ってたので
途中から、はい??何が???へ???? みたいな感じでした。
結果としてハチャメチャなのが面白いわけですがw

ゲッコーの、クールなキレっぷりがカッコよく、
ジョージクルーニーの代表作と言っても過言では、あるかな?w
タランティーノの変態っぷりも効いてます。
ジュリエットルイスのエロロリっぷりもさすがです。
こんなグチャグチャな映画もよろしいのではないでしょうかw
こっちゃんさん [DVD(字幕)] 7点(2019-04-02 11:19:07)
201.紹介してくれた知人からは、「見ていると驚く」程度の前情報で鑑賞。「ファニーゲーム」のような嫌な展開に向かうのかと思いきや、あの急展開には驚くと共に笑ってしまいました。後半はメチャクチャやって、脇役顔の男がカッコよかったりしますけど、もう少しメリハリがあったらなと思いました。
次郎丸三郎さん [DVD(吹替)] 6点(2016-06-13 17:32:23)
200.《ネタバレ》 いやあ・・、いいのか こんなコトして。先人達が築き上げてきた映画理論というか、システムを思いっきり無視してやんの。そうだな、都市計画を練るとして、交通インフラをどうしようか、高架を通してスクランブル交差点も作って、時差式信号も配置して云々と整備された中を信号も歩道も無視して道ですらないトコまでぶっちぎって目的地まで行く、そんな感じだ。いいのか前半のクライム・パートは。どこ行ったんだ。タランティーノが気色悪いけどそれだけでいいのか。まあ、百歩譲ってゾンビならゾンビものとして頭を切り替えよう。だがしかしセックスマシーンのアイツ、ゾンビですらねえーっ。驚いちゃったよ、ここ。遊星からのなんとやらが混じってるよおお。
自由さでいったらシベ超といい勝負なんだけど、なんせ役者は一級品の芝居だしカメラも美術も上手いしお姉ちゃんたちも美形ときてる。勢いにのまれて、こんな高得点をつける私。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2015-02-10 23:37:37)
199.《ネタバレ》 ハイ、ビックリ映画です(笑)。まさかこんな展開になるなんて…まったく予想できませんでしたね~。そんな意表を突く展開を楽しめた人はある意味ラッキー、楽しめなかった人はまぁ相性の問題と思いますヨ。貴重なブレイク前のジョージ・クルーニーが見れるというのも一つの見どころだと思うんですが、タランティーノの「ぶっ飛んだ」世界観こそがこの映画の最大の見どころだとオモイマスハイ
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2015-01-10 21:51:28)
198.《ネタバレ》 ロドリゲス監督の悪ふざけと勢いが最高潮に達したのはこの作品ではないか。奇才の仲間入りを果たしたタランティーノと共に、向かうところ敵なしのやりたい放題のオンパレード。前半の緊張感溢れるクライムサスペンスの形を成しながらも、後半のバンパイアホラーは反則としか言いようがない。でも、この馬鹿さ加減、嫌いではない。見る前に某ハンドブックでネタばれされていたのが惜しい(でなければ興味持たなかったかも)。記憶を消して、後半のぶっ飛び加減を共有してみたい。
Cinecdockeさん [DVD(字幕)] 8点(2014-12-21 12:00:21)
197.《ネタバレ》 イカれたアウトロー兄弟によるクライムサスペンスかと真剣に見入っていたら、よもやの後半に呆気にとられた。
そこには整合性など何もない。
そんなものクソ食らえとばかりにあえて整合性をぶち壊しているようにも見える。
クライムサスペンスが突然バンパイアものになったこともだが、主人公の凶悪犯がいつの間にか善人のようになっているのもそう。
その凶悪犯と人質にされた姉が、最後はロマンスでも芽生えそうないいムードで、家族が死んでいる状況にもかかわらず男を慕って付いていこうとまでする。
もう「何でやねん」のオンパレードで、やりたい放題。
思い返せば、フラーの子供二人の姉のほうが白人で弟が東洋人(ハーフにも見えない)というところから変だった。

なんともハードロックな反逆心を感じる作品だが、残念ながらこういうハチャメチャを許せる度量を持ち合わせていない。
まるでタトゥーに鼻ピアスの連中を遠目で見るかのように、眉をひそめる結果に。
イカれた兄弟のキャラが立っていただけに(特に弟役のタランティーノが秀逸)、クライムサスペンスで通したものが見たかった。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 2点(2014-11-19 20:56:22)
196.《ネタバレ》 ご存知究極のハイブリッド・ムーヴィー、まるで一本で二本の映画を観た様な気分になれます(笑)。タランティーノとロドリゲスがコンビを組んだ映画の中では本作がいちばん面白いんじゃないでしょうか。冒頭の酒屋のシークエンスから、タラお得意の緊迫感あふれる展開で痺れてしまいます。東の三池崇史か西のロドリゲスかと言われるぐらいやり過ぎるロドリゲスの事ですから、後半のバンパイア編はもう無茶苦茶でございます。でもあのお店ティティー・ツイスターはバンパイアさえいなければ実に楽しそうですね。私もセス・ゲッコーじゃないけど毎日でも通いたいぐらいです(笑)。 でもいろいろ言われますけど前半のクライム・バイオレンスと後半のスプラッター・ホラーの相性は悪くないないので観終わってしまうと不思議と納得してしまうところもあります。ここら辺はさすがタランティーノ、バカやってる様に見えて深い計算のうえで書かれた脚本なのです(本当か?)。
S&Sさん [DVD(字幕)] 8点(2014-10-18 22:51:05)
195.この映画、いったい何なんでしょうか。。ここのレビュー読んでこういう映画が楽しいという人が多いことにびっくりしました。まぁ話のネタはなりそうですが。この映画、本当になんなんだか。。。この映画に10点、9点つけるような人とは同じ映画好きでも映画談議に花が咲くことはないと思います。
珈琲時間さん [ブルーレイ(字幕)] 4点(2014-10-13 15:09:15)
194.《ネタバレ》  前半8点、後半7点、合わせると6点という不思議な映画でした。
 前半のひりつくような緊張感。後半のばかばかしくも面白おかしいホラーアクション。
 まったく異なるジャンルの映画を、1本の映画として融合させる試みはすごい好きです。やってみたくなる気持ち、なんかわかります。
 今回は前半の本気度と、後半の肩の力の抜き具合のバランスがうまく融合しなかったので、前半を台無しにされた残念な気持ちが残っちゃいましたが、こういう映画は全然有りだと思います。こういう作品がたくさん作られる中で、きっと今までにない新感覚、新ジャンルの映画が生まれてくるような気がします。
 《追記》
 そういえば、本当に偶然、フェティッシュと一緒にこの作品を借りて、しかも2本続けて見てしまいました。ただ知らなかったので、先にフェティッシュを見て、その後に本作を観てしまったのですが。一瞬あれ?って思って、途中でフェティッシュの最初のほうもう一回見て確認して、やっぱりこの事件のこと?って思いながら、そんなことあるんだーっていうわけのわからん感慨を感じながら鑑賞しました。
たきたてさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2014-04-15 05:01:31)(良:2票)
193.【注意!!】【未見の方で、この映画を観る前にここのレビューを覗いた人へ!】

悪いことは言いません、このページを閉じ、まず映画を観ましょう。この映画は何も情報を入れずに観た方が楽しさが倍増します。実際私はこの映画のビデオが出た当時、何の予備知識もなく観れたおかげで、新鮮な驚きを存分に感じることができたからです。

ストーリーに触れずにレビューを書くと、これはとにかくジョージ・クルーニーに惚れる映画だと思います。もうね、終始格好良すぎでしょ。この映画で一気にブレイクしたのも頷けます。あと、対照的にタランティーノがまた変態すぎて良い。ジュリエット・ルイスが登場するなりガン見だし、サルマ・ハエックに足を自分の口に突っ込ませたりする等、自分の欲望の赴くままに脚本書いただろってツッコミを入れたくなります。

余談ですが、近所のレンタル屋でこの映画が”ホラー”の棚にあったので、そっと”アクション”コーナーへと移動させておきました(笑)
ヴレアさん [DVD(字幕)] 8点(2013-11-16 18:06:09)
192.《ネタバレ》 僕はこれまで数々の映画を観てきたのだけど、ここまで馬鹿馬鹿しくて、そしてここまでカッチョ良い映画を観たことがありません。若いころにロドリゲスがさんざん観てきたであろうZ級映画(その場のノリで途中から全く違う映画になっちゃったけど、まぁいいかぁな作品とかね)への深いリスペクトが最高です!これまでの展開はいったいなんだったんだ!な、あの有名な突然のバンパイア襲撃とか、もう何も知らない友達たちに見せて、そのびっくり具合を隣で何度も楽しませてもらいました。この猥雑で下世話でエロくってグロくって、それでも最高にクールな映画、大好き!ジョージ・クルーニーも若くてワイルドで最高だぜ!
かたゆきさん [DVD(字幕)] 9点(2013-05-09 17:20:31)
191.《ネタバレ》 もうロバート・ロドリゲスワールド全開。強盗の兄弟が人質取って逃避行―のはずが1時間経つとモンスターパニック映画に、おっぱいパブが妖怪屋敷に変化。一晩のモンスターパーティー、ぶっとびすぎて唖然。チョイ若き頃のジョージ・クルーニーが意外にもクレイジーな強盗役、若い頃はトガってたんですかね。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 5点(2012-12-31 20:45:09)
190.まるで教科書のような良質のクライム・ムービー。ちょっとした弾みでも人を殺す危うい犯人たちと、人質にされた善良な家族との間に漂う緊張感が、観る者の心臓をキリキリと締めつけてくる。この脚本と構成力は……ってアホか!! 9点。
肛門亭そよ風さん [DVD(字幕)] 9点(2012-12-29 01:50:44)(笑:2票)
189.小学生の創作した物語を映像化したら、同じくらい荒唐無稽な作品ができあがり気がする…。まぁ、考えないで楽しめました。
SINさん [DVD(吹替)] 6点(2012-10-21 22:09:08)
188.まさかのストーリー展開で正直ここまで驚かされるとは。もはやなんでもあり。最初の数十分とラストは180度以上違い、本当にびっくり。もう後半はやっつけ感もあるが爽快感は抜群。キャストも充実しているので、本当に気楽に楽しく鑑賞できると思う。
バトルコサックさん [DVD(字幕)] 7点(2012-05-29 02:51:31)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 207人
平均点数 6.79点
020.97%
152.42%
241.93%
383.86%
483.86%
5188.70%
63215.46%
74923.67%
83918.84%
92110.14%
102110.14%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.72点 Review11人
2 ストーリー評価 6.26点 Review19人
3 鑑賞後の後味 7.18点 Review16人
4 音楽評価 7.33点 Review12人
5 感泣評価 3.60点 Review5人
chart

【ゴールデンラズベリー賞 情報】

1996年 17回
最低助演男優賞クエンティン・タランティーノ候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS