洗濯機は俺にまかせろのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 セ行
 > 洗濯機は俺にまかせろの口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

洗濯機は俺にまかせろ

[センタクキハオレニマカセロ]
1999年上映時間:102分
平均点:5.58 / 10(Review 12人) (点数分布表示)
ドラマ小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2024-03-02)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督篠原哲雄
キャスト筒井道隆(男優)木崎敏郎
富田靖子(女優)片桐節子
橋本功(男優)片桐喬
入江若葉(女優)片桐千栄子
根岸季衣(女優)スナックのママ
山崎一(男優)ビデオを買う若社長
しみず霧子(女優)ビデオの妻
鶴見辰吾(男優)離婚しそうな夫
菅井きん(女優)おばあちゃん
小林薫(男優)大紙泰司
飯島大介(男優)
配給スローラーナー(配給協力)
美術金勝浩一
鈴村高正(装飾)
照明矢部一男
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
12.《ネタバレ》 東京の商店街は西の練馬や中野にもあるのに、とかく東部が映画の舞台になりがちなのは、きっと土手があるからに違いない。葛飾区と言っても、寅さんの江戸川のほうではなく、荒川のほう。大売り出しの回覧板がまわってくる密度の高さがある一方、ちょっと行方不明になれる土手がある。土手はサックスの練習場にもなる。土手があるだけで、話も風景も広がりやすい。青春もの。洗濯機という機械自体、何か内側でウンウン唸っていて、時に煙を出したりして、青春っぽい、やや夢薄れて中古になったり。冨田靖子が酔っ払って帰ってきて、寝っころがって「牛乳、牛乳」とリズム付けて繰り返すとこと、菅井きんが「ここでポックリいけたらいいんですけどね」と言ったあと静かになってしまうとこが好き。
なんのかんのさん [映画館(邦画)] 6点(2008-10-06 12:10:02)
11.《ネタバレ》 80年代を背景とした作品だという。そのころ確か、世の中はバブリーな景気にあふれていた、ように記憶している。「新しければ新しいほど良し」「高価なものほど良し」という価値観が、乱立する各種新店舗や、ビルや、都内にあふれる外車にもあらわれていた。と思う。
この映画には、ツルピカした新しいものや、ゴージャスなものが、全く出てこないし、人間もそうだ。そういう確かな美意識に裏打ちされ、新しいものを慎重に排除して、作られている。
で、出てくる人は誰も彼もなんとなく貧乏な雰囲気で、「バブルはどうなっていたのか?」とも思うのだが、そういうリアリティを求めた映画ではないんだろうたぶん。
富田靖子も「きれいな人だから」では全然なかったし、ラブシーンとて不発。各登場人物も、裏ビデオで拘留とか借金まみれとか不景気な話が続く。
では「ツルピカしたものやゴージャスなものが無い状態を楽しむ」以外に何かいいところがあるのかというと…なんていうか筒井道隆の木崎を見ていると、「過去に自分の知っていたいろんな男性(恋愛感情の有無問わず)」のことを、筒井が何かするたんびに思い出してしまった。「そうそう、こういうこと言う(男って)」「そうそう、こういう態度とるよね(男って)」。
木崎っていうのは、「次にこうする(言う)だろう」という予想をことごとく裏切らないやつなんです。木崎ってのは、いわば「男の最大公約数」なヤツ。「ザ・普通の男」。
ほのぼのしてていいんだけれど、私はこれはわざわざ映画にしなくても、という気もする。TVドラマで充分な内容ではないだろうか。なぜ映画化したんだろう…?というくらいドキドキも発見もない映画。
パブロン中毒さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2007-11-10 20:14:09)
10.リサイクル電器店で中古家電を修理・再生する男が、出戻りの中古女の心も修理・再生しちゃうという話(か?)。淡々とした日常をホンワカと描いた、篠原哲雄らしい癒し系のラヴ・コメディになってます(彼の作品の中では出来の良い方だと思う)。方向性の定まってない優柔不断で優しいだけの男を、抜群の雰囲気で筒井道隆が好演。同時に、富田靖子の大袈裟な演技を中和する役目も果たしてたと思います。私は80年代のラヴコメという印象は持ちませんでしたけど、少なくともダラダラした相米慎二の「翔んだカップル」よりは遥かに面白いと思いますよ。そんな訳で、6点献上。
sayzinさん [地上波(字幕)] 6点(2005-12-28 00:01:45)
9.飽きることなく楽しめました。最近の作品だけど80年代のテレビドラマや恋愛マンガ(飛んだカップル)を思い出しました。とても味わい深いイイ作品だと思います。富田靖子が普通の女の子っぽくて、とてもかわいい。こんなにいい役者だったのですね!。。ラストが切ないけど、心の洗濯にイイ作品です。(笑)
レンジさん 7点(2004-08-31 09:05:29)
8.特に盛り上がるでもなく、リアリティに徹したというわけでもなく、淡々と物語が進んでしまう。タイトルに引かれて見てみたものの。うーん…、つかみ所がない。
虚学図書之介さん 3点(2004-08-02 01:56:56)
7.篠原映画はやっぱり雰囲気良いですね。話に変に起伏があるでもなく、日常的な非日常を描いていると思います。何年かに一度見たい作品。
KINGさん 7点(2004-06-16 08:16:23)
6.篠原監督作品なので観ました。何と云ってもタイトルが良いですね。筒井くんのボケーっとした感じが好きです。でも何か少し物足りなく感じたのも事実ですが、それが何かは分かりません、、、
n@omiさん 5点(2004-03-25 00:36:54)
5.主人公が好演してますな、人のよさそうな兄ちゃんといいますかなんといいますか。年上の憧れの人に心奪われるってのもベタだけどイイ!確かに魅力的なんだわ、この人。めちゃくちゃおもしろい訳じゃないんやけど、こういう映画好きだな~。
ふくちゃんさん 6点(2004-03-10 14:47:38)
4.富田靖子に尽きる。とりあえずあの濡れ場にサプライズ。どう感情表現したらいいのかわからなかった。理不尽とは、ああいう状況のことを言うんだなとしみじみ理解した。まあ、作品としてもそんなに悪くないと思うので、この点数。
もとやさん 6点(2004-03-09 17:20:21)
3.下町を舞台にした、中古電気店の店員が主人公っていうのが良いですね。筒井道隆の普通っぷりがはまってるし、富田靖子のヒロインも可愛くて魅力的。ただ、途中からまるで80年代のラブコメ(優柔不断で優しいだけしか取り柄がないような奴が主人公で、なぜか複数の美少女に惚れられたりするやつ)みたいになってきちゃって、個人的にかなりマイナス。特にDJのシーンとか、正直痛い。でも富田靖子のベッド(布団?)シーンは結構良かった。
ぐるぐるさん 5点(2003-12-12 18:45:44)
2.久々に題名に惹かれました。「洗濯機は俺に ま か せ ろ」ですよ!もう観ずにはいられないでしょう?内容もなかなかです。中古家電屋のニイチャンの一週間、何が起こるわけでもないのに、観終わった後、明日からも真っ当に生きていこう!という気になります。京成金町駅とか妙にカルト?な設定もイケテマス。
クロマスさん 6点(2003-01-17 00:35:00)
1.セリフ回しが面白く、なかなかの良作。観終わった後、ちょっと元気になれるかな?ちなみに、葛飾区堀切7丁目商店街付近の住民は必見(笑)。
松下怜之佑さん 5点(2001-11-08 11:17:32)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 12人
平均点数 5.58点
000.00%
100.00%
200.00%
318.33%
400.00%
5433.33%
6541.67%
7216.67%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 7.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 Review0人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS