大病人のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > タ行
 > 大病人
 > (レビュー・クチコミ)

大病人

[ダイビョウニン]
1993年【日】 上映時間:116分
平均点:6.07 / 10(Review 14人) (点数分布表示)
公開開始日(1993-05-29)
ドラマコメディ医学もの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2021-04-05)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督伊丹十三
助監督中嶋竹彦
中村隆彦
キャスト三國連太郎(男優)大病人(向井)
津川雅彦(男優)医師(緒方)
宮本信子(女優)妻(まり子)
木内みどり(女優)看護婦
高瀬春奈(女優)愛人(綾)
熊谷真実(女優)ミッチャン
田中明夫(男優)プロデューサー
三谷昇(男優)老人
高橋長英(男優)瀕死の病人
左時枝(女優)瀕死の病人の妻
渡辺哲(男優)助監督
村田雄浩(男優)医師
山内としお(男優)医師
加藤善博(男優)レントゲン医師
上田耕一(男優)麻酔医
久遠利三(男優)映画のスタッフ
藤浪晴康(男優)看護士
有薗芳記(男優)映画スタッフ
天田益男(男優)映画スタッフ
櫻井淳子(女優)自転車の少女
脚本伊丹十三
音楽本多俊之
立川直樹(音楽監督)
黛敏郎(「カンタータ 般若心経」作詞・指揮)
作曲小川寛興「さよならはダンスの後に」
撮影前田米造
沖村志宏(撮影助手)
製作玉置泰
鎌田賢一(製作担当)
プロデューサー川崎隆(プロデューサー補)
配給東宝
特殊メイク江川悦子
特撮島村達雄(デジタル合成)
山崎貴(デジタル合成)
渋谷紀世子(デジタル合成)
美術中村州志
金勝浩一(美術助手)
編集鈴木晄
録音小野寺修
白取貢(録音助手)
渡部健一(録音効果)
照明矢部一男
赤津淳一(照明助手)
その他IMAGICA(現像)
あらすじ
俳優であり映画監督の向井は、わがままで、傍若無人な性格。共演女優を愛人とし、妻とは離婚寸前。そんな向井が、愛人綾とホテル情事後吐血する。妻は、大学の同級生の外科部長の外来に依頼し、胃がん(進行度Ⅲ)が発見される。向井には告知が行わず胃潰瘍として第1回目の手術が行われる。一旦退院するも再発、二度目の手術が行われる。自分の病名に疑いを持ち、がんの痛みに苦しむ向井…。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
14.皆さん意外と辛口のコメントなんですね、、

私は、何シーンかで泣いてしまいました。
確かに、他の伊丹作品とは風味が少し違いますが、監督・脚本以上に、役者さんのレベルが最近の作品とは違います。
マーロン・ブランド級の三國連太郎さんは当然圧倒的な存在感ですが、津川さん、あんたイヤらしい位にウマいよ。

伊丹作品の中では、タンポポが殿堂ですが、これも捨て難い佳作ですよ。
身近で、人の死をたくさん見た方ほど共感出来るのではないでしょうか??
まるまだっちさん [DVD(邦画)] 9点(2019-03-11 12:26:53)
13.自分ならすぐにちゃんと告知してほしい。
ケンジさん [DVD(邦画)] 7点(2013-06-19 19:05:09)
12.お葬式を映画にしたかと思うと、今度は死んでいく大病人を映画にする。こういうところがいかにも伊丹十三監督。映画はコメディに見えたり、医学ドラマに見えたりもするが、やっぱり社会派人間ドラマだと思う。医者、患者、看護婦さん、妻、愛人など人間と人間がぶつかり合うシーンはリアルであり、滑稽であり、はたまた感動的であり、考えさせられたりもする。私は好きな映画だし、三國連太郎の役者ぶりには拍手を送りたい。
ESPERANZAさん [DVD(邦画)] 8点(2013-02-09 13:08:05)
11.《ネタバレ》 伊丹十三監督らしく社会問題を含んだ作品。
末期がんの映画監督(三国連太郎)が、自分の病名を悟っていく過程が痛々しい。
あの幽体離脱と臨死体験はどうなのって思うけど。

「死を敗北と思いたくない。やりたいことをやった後の安らかなエンディングと思いたい」
いたずらな延命処置を拒み、映画の完成にかける姿には、死への敗北感などない。
般若心経の演奏はどうなのって思うけど。
飛鳥さん [ビデオ(邦画)] 5点(2012-12-16 00:18:41)
10.《ネタバレ》 人間は必ず死ぬんだし、たまには死に向き合うのもいいかもしれません。
とくに病院での死は現代人の大半が関わることでしょうし。
ドキュメント性が少ないような印象も受けますが、告知問題や延命治療の問題など、この頃くらいから言われだしたのかなぁと、妙に感心しながら観られました。
実にサッパリとした表情で最期を迎えた三國さんの演技のお陰で、『お葬式』も観たくなりました!
ろにまささん [CS・衛星(邦画)] 6点(2012-06-21 19:15:35)
9.いつもの情報映画ではなく、フツウの映画を志したようだが、そうすると一本の作品としてのうねりが出せない。唐突な臨死体験、ラストの般若心経も浮く。やはりこの人は情報を陳列していくのが向いている。逆に脚本を他人に任せてみれば良かったかも知れない。作者にとっての中心ポイントはどうも医者の改心らしいんだけど、これがあまりにも「文章的」でこなれていない。中の映画もなにか全然別の方向から死にアプローチするものをはめ込むべきだったんじゃないかな。顔の皮膚が破けてトウモロコシが出てくるところなんか、丁寧に見せたら面白そうだったんだけど。この人、皮肉家かと思ってると平気で俗に走り、群衆の扱いが粗雑だったり、感情表現が大雑把だったりで、困る。
なんのかんのさん [映画館(邦画)] 5点(2011-10-18 10:02:27)
8.どういう流れで観たのか、子供の頃に観た覚えがある。前半の不倫のあたりで妙に嫌悪感を覚え、よく分からない展開に最後まで煮え切らない感じだった。よく最後まで観たな、幼き私。なんか往生際の悪い主役の男が哀れにみえた。ともかく今でも妙な嫌悪感のある作品。
えいざっくさん [地上波(邦画)] 3点(2005-07-11 18:08:01)
7.「お葬式」から始まった伊丹監督の監督人生、終末医療、QOLなど判り易く描き、この作品で伊丹監督は自らの理想の死を迎え、大勢の僧侶達が般若心経を唱え、オーケストラ、コンサート客、劇場での客を前にしての壮大な生前葬を行ってしまった。ここで一つ人生が完結してしまったのだと思う。あの世のCGがショボい云々は誰もあの世見たこと無いんだからいいんじゃないでしょうかね。実際あの世ってもっとショボいかもしれないしね。
亜流派 十五郎さん 8点(2004-03-28 18:16:36)
6.煮え切らない、というよりも判然としない物語の最後で、般若心経が字幕スーパーつきで出て来た時は、「あーやると思ったよ。」と思った。しかしこれだけウンチクにこだわりを見せる監督が、般若心経を引用するのはとても皮肉である。
神谷玄次郎さん 4点(2004-02-16 00:45:25)
5.延命を第一義にしてきた現代医療に疑問を呈し、クォリティ・オブ・ライフ(狭い解釈では「生活の質」と訳されていますが、厳密な意味は、治療後に予測される状態や生活を比較し、どれが自分に合うかを基準に医療を選ぶこと)に重点を置くべき、と主張している映画です。テーマはシリアスなのに、思いきり娯楽作にしようとがんばったことが、裏目に出てしまった、失敗作だと思います。人間くさく自己主張する患者に影響を受けて、医師も変わっていく、というプロットはよかったと思うので、とっても残念! 監督の相変わらずの凝りようには目を見張るものもありますが(私は医療従事者ではありませんが、訳あって医療にはほんの少しだけ詳しい)、封切頃の一般的な知識ではその凝り方の「妙」がよくわからなかったのではないか、という気がします。表現が「早すぎた」のではないか、と。CG部分の唐突さ、ショボさは、感動よりむしろ可笑しい表現になってしまっているので、そこも考えると4点くらいが妥当かとも思うのですが、終末期医療について一石を投じたかったのに果たせなかった、監督の無念さもあるに違いないと思うので、オオアマで6点です。あまり期待せずに見れば、案外ひろいものかもしれません。
おばちゃんさん 6点(2003-12-30 14:19:24)
4.いつもの伊丹「社会派ドラマ」で安心して見られる。「病院で死ぬということ」などの参考図書にかなり忠実に考証された作品であり、当時のがん末期医療の状況を、脚色を交えある程度正確に伝えている。◆伊丹作品の中では、暴漢に襲われ送った入院生活と、自殺に至る死生観との中間にある重要な作品。その分、分かりにくい(三國連太郎が、監督の意図がよく分からなかったというコメントが伝えられている)。◆1992~3年は、邦画で病院モノが集中した年。それだけ、医療のあり方に注目を集めた年なのでしょう。一昨年、父をがんで失いましたが、この時代とは「がん死」の扱いが相当変わってきていました(理由があって、主治医を変えましたが、どちらの主治医も告知に拘り、一切延命処置をしなかった)。この10年間、相当事情が変わってきていますね。
みんな嫌いさん [ビデオ(邦画)] 4点(2003-12-14 20:23:18)
3.伊丹映画は好きな方ですがこれはとても痛々しく伊丹演出のくどさもあって全然、良く感じられなかったです。
劇場で観た当時、伊丹さんどうしちゃったの?と思いました
演じてる三國さんはインタビューでこの作品を「伊丹監督の意図が分からず90%辛い仕事でした。」という風に言ってました。
まりんさん 3点(2003-11-02 14:12:25)
2.死ぬと分かった時点から、以後の人生をどう過ごすか。難しいテーマですね。主人公が恐怖で大暴れするところなどは胸が痛くなりました。ただ、この人の場合はかなり恵まれているんですよね(死ぬけどさ)。あんな自分を慕う大勢の人々に看取られながら逝ける方なんてそう多くはないでしょう。彼は映画を完成させて満足して人生を終えることができましたが、そういう課題もなく、孤独に死んでいく場合もある。それはそれで一本の作品になりそうですね。 (追記)主人公が観た死後の世界のイメージ、その直前の津川雅彦との口論シーンは癖になる。
次郎丸三郎さん [DVD(邦画)] 9点(2003-07-02 18:12:07)
1.なかなか難しいテーマですが、こんな風に描ききってしまうから伊丹作品は素晴らしいんでしょう。個人的には伊丹監督の中でも上位を占める作品です。一方、臨死体験として登場するCGは如何でしょうか?出来が素晴らしいだけに、観ていて戸惑いを感じてしまいました。あとモルヒネですか?学術的に、また医学の現場ではどうか分かりませんが、少なくとも患者の視点から作られたことについて共感を持ちました。
イマジンさん 8点(2001-11-06 12:27:09)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 14人
平均点数 6.07点
000.00%
100.00%
200.00%
3214.29%
4214.29%
5214.29%
6214.29%
717.14%
8321.43%
9214.29%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 8.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 10.00点 Review1人
4 音楽評価 10.00点 Review1人
5 感泣評価 8.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS