ブルース・リー/死亡遊戯のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > ブルース・リー/死亡遊戯
 > (レビュー・クチコミ)

ブルース・リー/死亡遊戯

[ブルースリーシボウユウギ]
Game Of Death
(死亡遊戯)
1978年【香・米】 上映時間:100分
平均点:5.74 / 10(Review 68人) (点数分布表示)
公開開始日(1978-04-15)
アクションカンフー
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-07-02)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ロバート・クローズ
ブルース・リー(ノンクレジット)
サモ・ハン・キンポー(ノンクレジット)
演出ブルース・リー(武術指導)
サモ・ハン・キンポー(武術指導)
キャストブルース・リー(男優)
ギグ・ヤング(男優)
ディーン・ジャガー(男優)
コリーン・キャンプ(女優)
ダン・イノサント(男優)
カリーム・アブドル=ジャバール(男優)
ボブ・ウォール(男優)
サモ・ハン・キンポー(男優)
ジェームズ・ティエン(男優)
ロイ・チャオ(男優)
ユン・ピョウ(男優)
チュン・ファト(男優)
マース(男優)
津嘉山正種(日本語吹き替え版)
土井美加(日本語吹き替え版)
大木民夫(日本語吹き替え版)
森山周一郎(日本語吹き替え版)
仲木隆司(日本語吹き替え版)
筈見純(日本語吹き替え版)
田中崇(日本語吹き替え版)
寺田誠(日本語吹き替え版)
石森達幸(日本語吹き替え版)
藤本譲(日本語吹き替え版)
宮川洋一(日本語吹き替え版)
出演ユン・ワー(ブルース・リーの代役)
ユン・ピョウ(ブルース・リーの代役)
タン・ロン(ブルース・リーの代役)
チャック・ノリスコルト(映像出演)
音楽ジョン・バリー〔音楽〕
撮影西本正クレジットは賀蘭山(ホー・ランシャン)
製作レナード・ホー
ゴールデン・ハーベスト
製作総指揮レイモンド・チョウ
配給東宝東和
字幕翻訳清水俊二
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
68.ほんとストーリーはつまらないし、リーの代役のシーンはカット割りが不自然すぎるし、無理矢理作った感が思いっきり伝わってくる。
それでも本人が出演しているフィルム見たさに最後まで見てしまう。途中耐えた分だけ、やっと本人が登場するや否や拍手で迎えてしまう自分がいた。
全部リー本人で撮っていたらどんな作品になっていただろうか。実に惜しい作品である。
ヴレアさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2017-07-21 20:38:39)
67.《ネタバレ》 最後のリー本人が出ているシーンとロッカールームの格闘シーンと音楽以外は糞。
festivaljapanさん [DVD(字幕)] 2点(2016-07-23 17:46:32)(良:1票)
66.感情的で、頑固で、いらん行動で事態を悪化させるという、苛立たしいヒロインの諸要素を余すところなく備えたヒロインにげんなり。それから、出てくる格闘家が皆やたらにタフで、一つ一つの闘いが長くて飽きる。基本的にはケンシロウじみた「俺つえー」でいってもらって、苦戦するのは大ボスだけにしてもらいたかった。それとこれは重箱の隅のようだけど、マフィアの部下が雁首揃えてひとりも銃を携帯してないのはやっぱりおかしい。その点、『燃えよドラゴン』は上手かったのにね。
C-14219さん [地上波(字幕)] 3点(2015-07-22 15:20:02)
65.つくり方自体がアウトテイクのかき集めみたいなものなので、その時点で映画作品として成立していないが、その点を抜きにしても、延々と続くじめじめした雰囲気がもたらす脱力感は、拭いようがない。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 2点(2015-07-02 18:43:42)
64.《ネタバレ》 ブルース・リー本人の撮影分がラスト十数分ほどで、後は代役と編集を使って強引に映画にしたものだから、いくら苦肉の策で変装や編集でごまかしたところで無理がある。シリーズが替わって役者が替わったり、年代の違いで二人の役者を使い分けるならわかるのだが、一つの作品で違う人物が同じ役をやったので何とも珍妙な仕上がりに。代役と丸わかりなのに、本人のカットを時折り編集で挟むものだから、ものすごい違和感。コロンボの吹替えでドラマ中に声優が時折り入れ替わる回があって、それも気持ちが悪かったが、本作はそれ以上に違和感が強い。無理に映画にせずに、本人の格闘シーンはドキュメンタリーとして使えば良かったのに。
飛鳥さん [CS・衛星(字幕)] 3点(2015-06-25 23:33:09)
63.《ネタバレ》 ○終盤のアクションシーンしか残っていないのによく映画化したな。いろいろ言いたいことはあるが、別の形で映像化すべきだった。○ストーリーなど悪くないものの、代役俳優も大変だっただろう。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2014-10-20 22:42:19)
62.《ネタバレ》 ブルースリーは大好きだけど、映画は過大評価されてるが持論やったんですが映画館で大スクリーンで観るといいやないですか。
ブルースリーが亡くなってから生前のフィルムとそっくりさんにやらせたアクションを切り貼りして無理やり作った一本。
かなり昔テレビで観た時は雑な編集に、でっちあげるならもっと上手くやれと怒りのあまりラストのファイトシーンだけ観た思い出が。
今回初めて全編観たんやけど意外に「ブルースリー映画の中では」しっかりした内容やった。代役も頑張ってたし、ヒロインの歌も悪くない。しかしやっぱラストファイトが素晴らしすぎる。
武器持ち相手ならこう、組み技主体のやつはこう、デカイやつはこうとちゃんと戦い方にコンセプトがあってかつちゃんとエンターテイメントとして成立しとる。
ブルースリーはアクション俳優として革命的やったしアイディアマンとしても偉大。
ほんま生前に作られてたらな。。。
そっと・・・チタラダさん [映画館(字幕)] 8点(2014-07-02 19:29:08)(良:1票)
61.とにかくジャバーとの戦いとトラックスーツが印象的。惜しい人物でした。
nojiさん [ビデオ(字幕)] 7点(2013-05-04 11:07:17)
60.ブルース・リー、愛されてたんだなあということはひしひしと伝わりました。
ぬんちゃくの武器としての有効性にはなはだ疑問を抱いたのですが。最後蹴ってたし。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2011-12-27 16:20:10)
59.ブルース・リー出演の最後の映画で、監督は「燃えよドラゴン」のロバート・クローズ。
リーさんが生前撮影したフィルムは格闘シーンのみ。時間にすると1時間半ほどらしい。
前半は代役やこれまでリーが出演した作品からのシーンを繋ぎ、
ラストに向けての懸命なストーリー作りが垣間みれる。
だが代役のシーンは顔をはっきり見せないように撮影されているため、雰囲気がもの凄く重い。
フラストレーション溜まりまくりでリーさん登場の場面では、心がすっと軽くなった。
三人の術者との格闘シーンはさすがに秀逸。リーさんの魅力を再認識させてくれるのだが、
そのシーンもわずか10分ちょっとで終了してしまう。
映画監督としてちゃんとした作品を作りたいという気持はわかるが、
彼の勇姿をもっと見たかったというファンとの間に、温度差があった感はどうしても否めない。
今ならCGを使って、もっとまともな作品が撮れただろうに、と思うと残念。
MAHITOさん [映画館(字幕)] 4点(2011-07-27 04:23:02)
58.ラストのブルース・リー本人によるアクションシーンのみが見所の映画。

黒人の巨人がとにかく印象的。
カリーム・アブドゥル=ジャバーという、伝説的バスケットボール選手らしい。
身長はなんと218cm!!
でも、あの動き!
異常なほどの身体能力だ。

同じく、異常なほどの身体能力を持ったブルース・リー。
この二人の激突!
だからこその迫力。

この二人に言えることだが、あの速さは超人的。
二人のスピード・スターによる競演こそが、この作品の最大の見所だ。
にじばぶさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2011-03-19 22:14:30)
57.《ネタバレ》 (本物の)ブルース・リーが登場するまでの80分は見るに耐えない代物だが、黄色いトラックスーツに身を包んだ(本物の)リーが「ジャジャーン!」と現れた途端、そんなことはどうでもよくなる。ジョン・バリーの音楽が無駄に格好良い。
フライボーイさん [DVD(字幕)] 5点(2010-12-13 20:25:28)
56.《ネタバレ》 最後の戦いの場でブルース・リーの魅力を存分にアピールする・・・そのための映画だと思います。各階層での戦いは、日本でも漫画やTVゲームでお馴染み。この作品の与えた影響は大きいと思います。ただし、最後の最後で悪人とはいえ年寄りを虐めて終わるのはいただけない。突っ込みどころは多いけど、この作品でそれは言いっこなしにします。
けれども、死んだことにしたことがほとんど無意味でしたからストーリーは0点。せっかく一度死亡したことにしたのだから、それを生かしたストーリーにしてもらいたかったです。
牛若丸さん [CS・衛星(字幕)] 3点(2010-09-18 14:04:30)
55.《ネタバレ》 当時とすれば、きっといろいろな力が働いた結果出来上がったものだとは思います、 が!とても観てられない造り 強引でメチャクチャな編集 ホント最後の20分だけ …皆さんのレビューのまんまですね(苦笑) はたして本当はどんな内容になっていたのでしょうか 観てみたかったなぁ  もう二度と出てくることのない天才カンフーアクションスター☆ブルース・リーよ永遠なれ
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2010-07-30 08:17:04)
54.《ネタバレ》  他にやることもなく、何となく観てしまった。100円で売ってる中古ビデオをイメージさせる内容。でも途中まで観てしまうと、どうしても最後の有名なシーンまで我慢して観てしまう自分。私だけではないと思う。
 子供の頃観た時以上に敵は予想以上に弱い。
 映画が終わった後、ショコタンの「萌えよブルース・リー」なんていうミニ番組で知ったのだが、最後の撮影シーンは日本人の協力の元、40分間の映像が残っているという。
 実際にブルースが生きていたら、こんなヘンテコリンなシナリオにはなっていなかっただろう。一度そのへんを追求した特集番組を作ってもらいたい。
クロエさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2010-07-29 23:39:46)
53.《ネタバレ》 確かに編集は酷い。いくら当時とは言え、これは無いだろと思う所も多々。
でも、でもっ、リー作品の中で一番好きなんです。
黄色いトラックスーツのリーの姿には、神々しさすら感じます。
カリム戦ラストの締上げシーンは、他のリー作品には無い恐ろしさがあります。


でも、「これがもし全編リー出演だったら・・・・凄かったろうなー。。」とも思ったりします。
夜光華さん [ビデオ(字幕)] 8点(2009-09-22 20:39:39)(良:1票)
52.ブルース・リーが生前に撮影を終えていたアクションシーンを公開したかったという言い訳は聞いてあげるけど、もう少し違う見せ方があったんじゃないか…。自分は彼のアクションに対する冒涜と受け取る。
アンドレ・タカシさん [地上波(吹替)] 0点(2009-04-07 04:12:11)
51.最後の塔の死闘場面を見せるためだけにある映画なんですね。それを知らないで観たのでだいぶガッカリしました。最後のシーンを何とか映画として見せたいなら、こういう苦し紛れの作り方ではなく、むしろ本人不在の中「俺こそブルース・リーだコンテスト」が行われ、そこから選ばれた何人ものパチモンが最後の塔に挑むが跳ね返され、そこを修行から戻ってきた本物が最後の挑戦者として挑むとかにしちゃえば良かったのにと思います。20分もホンモノが出ていないのにそこそこのレビュー点を稼いでいるのを見ると、ブルース・リーを想うファンの気持が伝わってくるようでそこは素晴らしいなと思いました
まさかずきゅーぶりっくさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2006-07-19 14:52:43)
50.今観たら、6点。こんなもんだと思います。
H.Sさん [ビデオ(字幕)] 6点(2005-12-23 19:39:09)
49.死なないで欲しかった。。。(T_T)  これが全編リーならば。。。。。 ほんと惜しくて惜しくてたまらん。
とっすぃさん [ビデオ(字幕)] 6点(2005-11-17 02:56:07)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 68人
平均点数 5.74点
011.47%
122.94%
222.94%
368.82%
434.41%
51725.00%
61116.18%
7913.24%
81522.06%
900.00%
1022.94%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.75点 Review4人
2 ストーリー評価 3.00点 Review7人
3 鑑賞後の後味 4.87点 Review8人
4 音楽評価 6.00点 Review8人
5 感泣評価 2.75点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS