恋はデジャ・ブのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > コ行
 > 恋はデジャ・ブ
 > (レビュー・クチコミ)

恋はデジャ・ブ

[コイハデジャブ]
Groundhog Day
1993年【米】 上映時間:101分
平均点:7.58 / 10(Review 116人) (点数分布表示)
公開開始日(1993-10-23)
ドラマラブストーリーコメディ
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2014-02-27)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ハロルド・ライミス
キャストビル・マーレイ(男優)フィル
アンディ・マクダウェル(女優)リタ
クリス・エリオット〔男優〕(男優)ラリー
スティーヴン・トボロウスキー(男優)ネッド
ハロルド・ライミス(男優)神経学者
ブライアン・ドイル=マーレイ(男優)
デヴィッド・パスクエジ(男優)精神分析医
アンジェラ・ペイトン(女優)ランカスター夫人
ウィリー・ガーソン(男優)
マイケル・シャノン〔1974年生〕(男優)フレッド
原作ダニー・ルービン(原案)
脚本ハロルド・ライミス
ダニー・ルービン
音楽ジョージ・フェントン
作曲ウォルフガング・アマデウス・モーツァルトピアノソナタ第15番K.545 第1楽章
セルゲイ・ラフマニノフパガニーニの主題による狂詩曲第18変奏
挿入曲レイ・チャールズ"You Don't Know Me"
撮影ジョン・ベイリー〔撮影〕
製作ハロルド・ライミス
コロムビア・ピクチャーズ
トレヴァー・アルバート
製作総指揮C・O・エリクソン
配給コロムビア・ピクチャーズ
字幕翻訳戸田奈津子
その他C・O・エリクソン(ユニット・プロダクション・マネージャー)
あらすじ
天気予報官のフィルは2月2日の聖燭祭の取材でペンシルバニアを訪れていた。毎年恒例の取材も終り、一行が町から引き上げようとするが、吹雪のために道路が封鎖され足止めを食らう。仕方なく町でもう一泊することになったが、翌朝起きてみるとまた昨日と同じ2月2日だった。そして次の日も、またその次の日も2月2日。永遠に同じ時間を繰り返す羽目になったフィルに、果たして明日は訪れるのだろうか?
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
116.《ネタバレ》 ここを含め映画サイトでやたら評価が高いので見てみたかったものの
近所のレンタル屋にはなかったのでBD購入。

いわゆるタイムリープものだが、
最近のアニメで多用されるような一回一回の重みはないくらいに
何百回何千回とタイムリープしてるだろ主人公、と思わせる。
主人公はタイトルにもなっている「グラウンドホッグデイ」という一日を
正確にはその日の午前6時から翌日午前5時59分までを何度も繰り返す。
主人公も見る側も「彼女を口説き落とせれば翌日になるんじゃね?」
と思うのだが。。。

実際には彼女を惚れさせたから次の日が訪れたのではなく
彼が改心して、さらには街の住人一人一人を誰よりも理解したから
次の日が訪れたのではないだろうかと思わせる。
この町に神がいるとすれば、その神はこの愚者を理性ある男にして
さらには町に住まわせよう、そんな風に考えたのではなかろうか、とか。
にんじんさん [ブルーレイ(吹替)] 9点(2019-06-02 23:21:03)★《新規》★
115.《ネタバレ》 うまく行き過ぎる終盤は観ているこっちが恥ずかしいわ。
ガブ:ポッシブルさん [DVD(吹替)] 6点(2017-09-22 10:16:16)
114.《ネタバレ》 この映画は、あれです。元祖ギャルゲー「ときめきメモリアル」です。

なぜか同じ1日をループする事になった主人公。
何度でもリトライできるため、女性は落とし放題、悪事はし放題、死に放題。
なにしろ何をやってもまた2月2日の午前6時からリスタートできるわけですから。
しかも前回の記憶も残ってるしそこで身につけたスキルも残っています。
ループを繰り返すたびに失敗を修正してなんでも可能にできるのです。
しかし、そんなにがんばってもメインヒロインは落とせません。
他の女は落とせるのに、ヒロインは例の「一緒に帰って噂されると恥ずかしいし」状態です。
拗ねた主人公は(なぜか)ピアノなどのスキルをあげ、街の人に善行を繰り返し、いつしか一日で街の人皆に称えられるスーパースターになりました。
すると、なんという事でしょう。
そこまでパラメータを上げた主人公に今度はヒロインが惚れて、そしてついにループから脱出する事ができたのです。

つまり、
同じ日常を繰り返してパラメータを上げながら個々のヒロインを攻略。
さらに全パラメータをカンストするほど上げるとついにメインヒロインが攻略できる…

まさにこの構造は「ときめきメモリアル」そのものです。
なぜ同じ日常がループするのか、なぜ突然クリアするのか、映画中には全く説明がありませんが、それも簡単。
ゲームの中だからです。
だってそう考えないと全く説明がつきません。
映画中になんの説明もないわけですから。

さて、そうなると問題は、そこまでパラメータをあげてやっと攻略できるメインヒロインです。
パラメータカンストしないと攻略できないヒロインとなると相当なレベルを期待するわけですが、実際はかなり脳みそお花畑なキャリアウーマンで、理想の男性のタイプにしても結婚相談所で「もっと現実を見なさい」と説教されそうな事を平気でのたまうような女性です。

どう考えても街に数多いるほかの女性の中にもっと素敵な女性がいそうな気がします。
その程度のヒロインのためにカンストするまでがんばるとか…全く努力にみあいません。

そしてそんなゲームの事を世間ではこういうのです。
「クソゲー」

そもそもこの映画の中で誰が一番得したのかをよく考えてみてください。
それは労せずして割と理想の彼氏をゲットしたメインヒロインです。
メインヒロインから見ればこのおいしい展開は全くもってクソゲーではありません。

そう考えると、このループの黒幕が誰なにかも明らかです。
メインヒロインです。それしかありません。

なんて恐ろしい娘!

…最後にマジレスすると、ループの理由の説明等まったくない上に主人公の行動原理にも説得力がなくしかも妙に説教くさいだけのこの映画は個人的にあまり好きではありません。そんな映画になぜかこんなラブコメと勘違いしそうな邦題をつけた配給元は一種の詐欺ではないでしょうか。まぁ邦題詐欺はよくある事ではありますが。
あばれて万歳さん [DVD(字幕)] 5点(2016-12-28 23:04:42)
113.《ネタバレ》 ○無事に2月3日を迎えられる要素がかなり曖昧で、映画内でなんとなく決められた要素をクリアしたんだろうが、どうもしっくりこない。○ただ良いことして自然と彼女の気を引くという流れは良かった。○アンディ・マクダウェルも非常にキュートで適役。映画デビューが遅かったのもあってこういう役は少ないのが残念。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2016-08-17 21:47:38)
112.《ネタバレ》 噂には聞いていた傑作。やっと見れた~。
ただ、期待通りとはいかなかったなあ。
結局、最後まで「大人のズルさ」から抜け切れていないように思えたから。
自分も少しヒネた大人だから、「ヒロインは本来、カメラマン氏と結ばれる運命だったんじゃないか。
カメラマン氏の幸せを奪ってしまったんじゃないか」なんてことを考えてしまったし。
こういうのはやっぱりピュアな若い人主演で作るべきではないかなあ。
ただね、この映画、ヒロインが少しずつ綺麗になっていくんですよ。
「こういうオシャレさは、なかなか日本映画じゃ真似できない。うまいなあ。」って思った。
まかださん [DVD(吹替)] 6点(2015-12-05 21:54:14)
111.《ネタバレ》 公開当時から「隠れた名作」扱いされていた記憶があった本作、やっと見ました。2月2日を永遠に繰りかえすというファンタジー的なストーリーながら、そこで描かれるのは1人の人間の人生そのもの。何が人生を豊かにするのか? うまいことやって美女と付き合うこと?お金?名声?芸術? そういうテーマを、アメリカの田舎町のちょっとした1日のなかに落とし込んだ脚本は見事。最初の1日が終わったとき、え?これでどうやって映画にするの?と思ったけど杞憂でした。大きな事件が起こるわけでもなく、淡々と、でもどこか共感できる主人公の試行錯誤ぶりはとっても味がある。まわりを幸せにすることで自分も幸せになる、そういうベタなメッセージでもこういう変化球で伝えられるとジーンとなります。
ころりさんさん [DVD(字幕なし「原語」)] 7点(2015-02-10 08:55:45)
110.《ネタバレ》 B級っぽさ、馬鹿らしさの要素に溢れたラブコメディなのに、さらっと哲学的で重たい、凄い映画だと思いました。「君たちならどうする。1つの場所から出ることもできず、毎日が同じことの繰り返しで、何一つ変わらないとしたら。」「俺はそういう暮らしだよ。」このやりとりは印象的でしたね。吹き替えが非常に良い出来だったのも嬉しかったです。
川本知佳さん [DVD(吹替)] 9点(2014-12-07 22:19:57)
109.《ネタバレ》 アイデアはとてもいいし、同じ一日をバリエーション豊かに現している。でも主人公の良い方向への変化や、一日で街の人気者になっている状況など、少し描写が足りなかったり行き過ぎだったりを感じた。あれだけ引っ張っておいての時の進ませ方もやや拍子抜け。
nojiさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2014-09-10 20:07:05)
108.《ネタバレ》 何度もやり直しのきく人生、羨ましいですね。主人公の心と行動が徐々に変わっていく様子が、限られた時間の中でメリハリを付けて描写されているので、物語の中にもすんなり入っていけました。田舎の住人と都会人とのかみ合わない会話もとてもコミカルで、ラストにも期待しましたがオチは平凡でした。
ProPaceさん [地上波(字幕)] 8点(2014-08-27 21:18:35)
107.《ネタバレ》 同じ日がずっと続き、それでも成長していくという発想は面白い。
ラブストーリーと絡めるのがいいのかどうかは分からないけど、最後の雪一面の中が凄く気持ちいい。一度だったら(?)こんなこともやってみたい。
simpleさん [地上波(字幕)] 7点(2014-08-24 19:12:04)
106.《ネタバレ》 何気なく日々を送ることに罪悪感を覚えてしまう映画。軽い映画のふりして実はとっても重い映画。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 9点(2014-08-06 01:34:44)
105.《ネタバレ》 もし同じ1日を何度も繰り返すことになったら――。
やり直しが何度もできるメリットと、明日につながらないデメリット。
おもしろいアイデアだったけれど、少し中だるみがある。
ラストのオチは読めたが、生まれ変わったから次の朝を迎えられたということに説得力が伴っていない。
SFだからそれでいいのかもしれないけど。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 6点(2014-03-26 22:53:08)
104.《ネタバレ》 古くさいだけで平凡で面白味のない演出。古くさいだけで平凡で面白味のないジョーク。無意味なカーアクションが2度もあったことも印象が悪い。
フィルの序盤の印象を含め美人に一目惚れしただけの恋を応援する気持ちにもなれず、80分ぐらいまではただただ不愉快なだけでした。リタに関してもたった1日で同棲まで関係が進むのは安い。
反則技で実った1日未満の即興的な恋には感動を覚えない。
演出と内容共に邦題からイメージされる安っぽいラブコメそのものでした。
エウロパさん [DVD(字幕)] 5点(2013-12-21 23:19:57)
103.すっごく面白い! というワケでもないし、超感動! というワケでもないが、それなりに上手くまとまった佳作。むしろココがえらい高評価なんでちょっとビックリ。w アイデア自体は、『リプレイ』や『振り出しに戻る』等など、ファンタジーやSFではよくある話なんだけれど、脚本とビル・マーレーの上手さかな? 鑑賞後はちょっと気持ちがほっこりする。ただ、同じ町で同じ日が繰り返されるという設定上、主人公が半年も同じ1日を過ごしてるという時間の経過が分かり難いのがちょっと残念。
TERRAさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-06-26 18:59:18)
102.《ネタバレ》 おもしろい。
何回も同じところを繰り返すのに全く飽きない。
最初は自分のために使うのにだんだんと変わっていくところがみもの。
個人的には、おじいさんの死に直面したのが転機だったのかなあと思った。
ラスト、思いが叶って自分自身も生まれ変わって夜が明けるのはちょっと感動しました。
らんまるさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-04-22 22:05:54)
101.《ネタバレ》 久々に唸らせていただいた“アイデア一発勝負”脚本でしたね。なんの説明もなく、ループの世界に落ち込んだ不条理さがいいです。「もし眠らなかったらどうなるんだろうか?」なんてつまらないことつい考えてしまいましたけど、良くできたお話しです。ゲームをしくじったからリセットするのとは違って、今の人間性が変わらない限り一日が進まないというのはけっこう怖いところです。だから『三人のゴースト』や『素晴らしき哉人生』を思い出したという皆さんとは違って、わたしが彷彿させられたのは、古い映画ですがタイムスリップものSFの元祖といえるイブ・メルキオールの『タイム・トラベラーズ』だったりします。 ちょっと微妙な邦題のせいもありますが、俗に言う“隠れた傑作”に数えられてもいいんじゃないでしょうか。しかし、あんだけ保険に加入しちゃったら、支払いが大変だろうな(笑)。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2013-04-18 23:53:45)
100.この映画で原題にもなっている「グラウンドホッグデー」を初めて知った。元々は街の小さなイベントだったが、マスコミ報道等によって年々さかんになっていったらしい。もちろんこの映画も大いにその役を買ったに違いにない。映画はその日2月2日が毎日繰り返される訳だが、その繰り返しをどう使うか、どう考えるかであろう。主人公フィルは初めは自分のためだけに好き勝手に使ってたのだが、徐々に変化していく。その過程が何ともおもしろい。ただピアノが上手に弾けるようになったり、見事な氷の彫刻のできばえはできすぎかも。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 7点(2013-03-03 11:00:03)
99.《ネタバレ》 私も邦題の駄作感に騙されて今まで見逃してたクチでしたー。観られて良かった作品。確かに同じくビル・マーレイの『3人のゴースト』に似た物語運びのストーリーだけど、煩悩だらけの自己中心男があれだけの修行をして悟り(?)を開くまでの過程が単純そうでよく練られた脚本。繰り返される事をうまく飽きさせずに観せてくれた。初めての同じ朝が来るまではグッダグダですが、そこからが面白かった。果たして何日かかったのかなー。
movie海馬さん [地上波(字幕)] 8点(2013-01-17 23:48:58)
98.《ネタバレ》 ラヂオで劇団ひとり氏がオススメしていたので鑑賞。
 ラブ・ストーリーはあまり好きでなく殆ど見ないので、途中ちょっとダレたが、まあまあ面白かった。SFでよくある、何回も同じ日を生き直す、タイムループの話。でも、変にSFチックに種明かしが無いのが良い。何度も無謀な(または自殺の)一日を繰り返す部分は、もうちょっと短くできて、しかもそのほうが良いと感じた。
 予め何度も予行演習したり、有り余る時間をかけて、数々の技術を習得したり、予め知っている災難を救ったりして、意中の女性の心をつかむ。…なんか、するいよなあ。ま、普通に考えると、その限り無い努力(情熱?)によって、ついに思いが成就して、やっと彼の人生は先へ進めるって事なんだろうけど。

 さて、原題はそっけない。やっぱり、自分の影を見て、ふたたび巣穴に戻る、というあたりが、もう一度同じ日をやり直す、という状態に掛かってるっぽいけど、ちょっと良くわからない。それにしても「もう6週間冬」と「もうすぐ春」の二択って、大雑把な占いだな。
Tolbieさん [DVD(字幕)] 6点(2012-08-16 16:51:10)
97.十分おもしろいのですが、世にも奇妙な物語やトワイライトゾーンの一話を引き伸ばしたような感じなので、ひとつのアイデアで100分だと少し中だるみしてしまう。
長谷川アーリオ・オーリオさん [DVD(字幕)] 6点(2011-12-21 13:03:01)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 116人
平均点数 7.58点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
443.45%
532.59%
61714.66%
72824.14%
83631.03%
91815.52%
10108.62%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 2.31点 Review16人
2 ストーリー評価 8.33点 Review15人
3 鑑賞後の後味 8.18点 Review16人
4 音楽評価 5.90点 Review10人
5 感泣評価 5.71点 Review7人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS