マーズ・アタック!のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > マ行
 > マーズ・アタック!
 > (レビュー・クチコミ)

マーズ・アタック!

[マーズアタック]
Mars Attacks!
1996年【米】 上映時間:105分
平均点:5.79 / 10(Review 243人) (点数分布表示)
SFコメディパニックもの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-12-16)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ティム・バートン
キャストジャック・ニコルソン(男優)ジェームズ・デイル大統領/アート・ランド
グレン・クローズ(女優)マーシャル・デイル
ナタリー・ポートマン(女優)タフィー・デイル(大統領の娘)
アネット・ベニング(女優)バーバラ・ランド
マーティン・ショート(男優)大統領報道官ジェリー・ロス
ロッド・スタイガー(男優)デッカー将軍
ポール・ウィンフィールド(男優)ケイシー将軍
ピアース・ブロスナン(男優)ドナルド・ケスラー教授
サラ・ジェシカ・パーカー(女優)ナタリー・ウェスト
マイケル・J・フォックス(男優)ジェイソン・ストーン
ジム・ブラウン(男優)バイロン・ウィリアムズ
パム・グリアー(女優)バイロンの前妻ルイーズ
ダニー・デヴィート(男優)ギャンブラー
トム・ジョーンズ(男優)歌手(本人役)
バーベット・シュローダー(男優)モーリス仏大統領
J・ケネス・キャンベル(男優)火星人を解剖する博士
ランス・ハワード(男優)テキサスの投資家
リサ・マリー(女優)火星美女
クリスティナ・アップルゲイト(女優)シャローナ(ビリーの恋人)
ルーカス・ハース(男優)リッチー・ノリス
ジョー・ドン・ベイカー(男優)リッチーの父親
ジャック・ブラック(男優)ビリー・グレン・ノリス(リッチーの兄)
シルヴィア・シドニー(女優)フローレンス・ノリス(リッチーの祖母)
ブライアン・ヘイリー(男優)ミッチ(大統領護衛官)
イエジー・スコリモフスキ(男優)
オーラン・ジョーンズ(女優)
壤晴彦ジェームズ・デイル大統領/アート・ランド(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
吉田理保子マーシャル・デイル(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
小島幸子タフィー・デイル(大統領の娘)(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
佐々木優子バーバラ・ランド(日本語吹き替え版【VHS/DVD/テレビ】)
森功至ドナルド・ケスラー教授(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
樋浦勉デッカー将軍/ギャンブラー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
宮本充大統領報道官ジェリー・ロス(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
雨蘭咲木子ナタリー・ウェスト(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
水島裕ジェイソン・ストーン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
宝亀克寿バイロン・ウィリアムズ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
一城みゆ希バイロンの前妻ルイーズ/リッチーの母親(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
小山力也ビリー・グレン・ノリス(リッチーの兄)/ミッチ(大統領護衛官)(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
石田彰リッチー・ノリス(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
稲葉実リッチーの父親/モーリス仏大統領(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
瑳川哲朗ジェームズ・デイル大統領/アート・ランド(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
藤田淑子マーシャル・デイル(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
根谷美智子タフィー・デイル(大統領の娘)(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
小杉十郎太ドナルド・ケスラー教授(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
青野武ギャンブラー(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
富田耕生デッカー将軍(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
堀内賢雄大統領報道官ジェリー・ロス(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
井上喜久子ナタリー・ウェスト(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
森川智之ジェイソン・ストーン(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
有本欽隆トム・ジョーンズ(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
銀河万丈バイロン・ウィリアムズ(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
桜井敏治ビリー・グレン・ノリス(リッチーの兄)(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
池田勝ケイシー将軍(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
辻親八リッチーの父親(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
日野由利加リッチーの母親(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
京田尚子リッチーの祖母(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
野沢由香里バイロンの前妻ルイーズ(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
編曲スティーヴ・バーテック
マーク・マッケンジー(追加編曲〔ノンクレジット〕)
撮影ピーター・サシツキー
製作ティム・バートン
ラリー・J・フランコ
ポール・ディーソン(製作補)
ワーナー・ブラザース
配給ワーナー・ブラザース
特殊メイクブライアン・ペニカス(ノンクレジット)
特撮マイケル・ランティエリ(特殊効果スーパーバイザー)
ILM/Industrial Light & Magic(視覚効果)
ドナルド・エリオット(特殊効果)
美術ナンシー・ハイ(セット装飾)
ウィン・トーマス(プロダクション・デザイン)
ロバート・ドーソン[タイトル](タイトル・デザイン)
衣装コリーン・アトウッド
ヘアメイクヴェ・ニール(メイクアップ・アーティスト)
編集クリス・レベンゾン
録音ランディ・トム
ゲイリー・サマーズ
字幕翻訳新村一成
動物チワワのパピー
スタントトーマス・ロサレス・Jr
ジミー・オルテガ
パット・ロマノ(ノンクレジット)
その他ポール・ディーソン(ユニット・プロダクション・マネージャー)
あらすじ
ある日突然、火星から「プラン9」風の円盤の群れが地球にやって来た。最初は友好目的で来たと思われたが、奴らの目的は殺戮だった! こうして異星人との出逢いに浮かれる地球人どもを、彼らは丸焦げのジャック・スケリントンに変えていくのだった・・・
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910111213
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
243.《ネタバレ》 ちょっと悪趣味が過ぎる感じです。犬と人間の頭を入れ替えるところとかは不快感が募ります。馬鹿馬鹿しいノリは嫌いではないですけど、映画を楽しみたいところに自分にとって不快な描写があるのは残念です。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2019-11-12 22:51:50)
242.最高のナンセンス映画。大好き。

低評価レビューに負けず、とにかく見てください!
にゃんさん [DVD(字幕)] 7点(2017-10-04 20:06:37)★《更新》★
241.日本公開当時は期待し過ぎたせいかひじょうにガッカリしたけど、あれから約10年。
内容を知ったうえであらためてDVD鑑賞(吹替え版)してみるとかなり面白い!
期待は映画をつまらなくするスパイスだと思ったよ。
ガブ:ポッシブルさん [DVD(吹替)] 6点(2017-10-01 07:00:45)(良:1票)
240.必殺の光線銃、人間と犬の頭部を交換、間抜けすぎる弱点。馬鹿で笑えるSF映画です。馬鹿すぎて地球人と火星人どっちが勝とう負けようがどうでもよくなったのは残念でした。
次郎丸三郎さん [DVD(字幕)] 5点(2015-06-05 23:16:45)
239.《ネタバレ》 はい、ティム・バートンが決めつけた火星人像ですね。でもこれでいいのか ホントだったら地球人よりかよっぽどシュッとしたイケメンなのかもしれないのに 決め付けとは恐ろしいもの。スティーブン・スピルバーグ君といい、ティム・バートン君といい どうして地球外生物の存在を醜く描きたがるかな まあ、スピルバーグ君と違って異星人に服を着さしてあげてる時点でティム君のほうが少しは優しさ見えてくるけど しかし、火星人だからってあんなキチガイみたいな顔させとっては こりゃ問題ありでしょ イケンでしょ。
3737さん [CS・衛星(字幕)] 3点(2015-01-07 20:53:18)
238.憎い。嫌いを通り越して憎いです。デザイン全般が嫌い。下品でバカバカしいユーモアが嫌い。この映画を巡る嫌な思い出もあります。
賞賛してる日本人が少なくないことが理解できないです。この映画のユーモアは日本人の感覚の中にあるものでしょうか?笑えますか?
下品でバカバカしいのに社会風刺が効いてるところが知的でイカしてると感じるとか?
勉強できるのに授業さぼってタバコ吸ってるのがかっこいいとか?
この映画が好きな人はスターシップ・トゥルーパーズも好きそうなイメージです。
作家性が強い作品を制作できたことに関しては賞賛せざるを得ないので1点はあります。
エウロパさん [映画館(字幕)] 1点(2013-07-14 12:25:10)
237.身も蓋もない言い方をすれば、よくある「わざと作ったクソ映画」に分類されるんだけど、他の多くの"そうした映画"が低予算で作られているのに対して、この作品はやたら金をかけて作られてる。亡き心の師匠(?)エド・ウッドの弔い合戦でもするつもりだったんだろうか。いや、結構なことだけども。

最低限、アタック・オブ・ザ・キラートマトやプラン9・フロム・アウタースペースあたりを見ておいてから観賞しないと、楽しむのはツラいと思う。
あとジョージ・パル版の宇宙戦争(50年代のやつ)か。

感覚的にはホット・ショットみたいなパロディ映画と同じような気持ちで見る作品。予備知識が必要。
肛門亭そよ風さん [DVD(字幕)] 6点(2013-03-28 04:15:01)
236.《ネタバレ》 できそこないかつ悪趣味な映画を見ちゃったなって感じにさせてくれる。何がいいたいのかよくわからんし。火星人の声が「アフラック!」ってどこぞのガチョウの声に聞こえておかしかったけど(……)。
空耳さん [インターネット(字幕)] 4点(2013-03-26 03:02:18)
235.悪い意味でのバカバカしさ以外、何も感じられない作品... ティム・バートンは嫌いではないがこれはどうしてもダメ。グレンクローズの死に方だけは笑った
j-hitchさん [DVD(字幕)] 1点(2013-03-03 00:03:39)
234.これは合いませんでした・・・。
movie海馬さん [DVD(字幕)] 3点(2012-09-09 01:18:11)
233.《ネタバレ》  コメディ系の映画かと思いきや、意外や意外。
 火星人到着後、いきなりはじまる殺戮ショー。ここまではスケールこそ違えど、「インディペンデンスデイ」や「宇宙戦争」と同じですね。
 猟奇的な描写はきらいではないので、宇宙船につかまった二人がいろいろと人体改造されるシーンは楽しめました。特にチワワと体を交換されたのは・・・「死霊のしたたり2」を思い出します。
 最後のオチは、この映画の場合あれで良かったと思いますね。あんなしょーもないことで頭が爆発するとは。今まで被害にあった地球人のみなさんが浮かばれないですね。
 ホラーは好きだけど、ブラックユーモアはちょっと苦手という人には向かないタイプの映画です。
 でも宇宙人が出てくる映画って、地球人が友好的に構えていると宇宙人は侵略する気満々だし、逆に宇宙人が友好的だと地球人は宇宙人解剖することしか考えていなかったりするし、どちらも友好的なパターンってなかなかないですね。
 もしくはどちらも最初から戦う気満々ってのも意外とない・・・
たきたてさん [DVD(字幕)] 6点(2012-05-07 23:44:08)
232.《ネタバレ》 前作で、史上最低の映画監督として名高いエド・ウッドの生涯を描いたティム・バートンが、彼の下らない映画に最大限のリスペクトを込めて作ったお馬鹿映画。ずっとお金に苦労してきたエド・ウッドの無念を晴らすかのように、才能溢れるバートンだからこそ湯水のようにお金をつかっていてかなり爽快な映画に仕上がっております。特にこれだけの科学力を持つくせに、とてもお馬鹿な火星人の描かれ方が僕には妙につぼでした。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 8点(2012-05-07 06:39:28)(良:2票)
231.軽いのりの割りに面白味も少ない。
たこちゅうさん [地上波(吹替)] 5点(2011-12-31 11:27:46)
230.《ネタバレ》 この映画はティム・バートン監督を好きか嫌いかの試金石になる映画だと思う。で、僕はこの映画が大好きなのだ。
良い意味でも悪い意味でも、この映画をB(C?)級映画と表現する人は多い。しかし、それに対しては、僕は明確に異を唱えたい。この映画のチープさや荒唐無稽なあらすじは既存のB級SF映画へのオマージュであると同時に、人間社会に対する痛烈な皮肉であり、諷刺であるからだ。この映画で監督が訴えたかったことは「愛」や「勇気」や「優しさ」の大切さといった非常に普遍的な「価値」である。そういう意味でこの映画がB級と評されることはあってはならないと僕は思う。彼は既存のB級映画のスタイルを単に「借りた」だけなのだ。
さて、この映画で、彼は自らの信念や道徳観をあからさまに開示しており、異論を一切差し挟ませない。この映画で生き残る人間は彼のお眼鏡にかなった人々だけだ。見栄やカネ、権力に固執する人間は死に絶え、先ほど挙げた愛や勇気を持つ人々は救われる。火星人のやり口は悪辣の限りであり、それはコミカルであると同時に禍々しいが、最終的に彼らは全滅してしまう。火星人との戦争の過程は清清しいほどに確信犯的ご都合主義で描かれる。彼が後に映画化するロアルド・ダール原作である「チャーリーとチョコレート工場」とこの作品は、徹底的に作者の価値観に基づいてストーリーが進行するという部分が実によく似ている。この作品はティム・バートン監督が初心に戻って制作した大人向けの童話なのだ。そのストレートな物言いに僕は感激する。一方で、近年の彼の制作スタンスとこの作品を比較すると、少しさびしい気持ちになるのもまた事実だ。
枕流さん [DVD(字幕)] 9点(2011-11-26 20:48:00)(良:1票)
229.バカバカしくて面白かったです。今、見直すとあまりの豪華キャストにビックリしました。無駄に豪華!
アフロさん [地上波(吹替)] 6点(2011-09-29 17:03:21)
228.《ネタバレ》 けっこうお金かかってるぅ・・こんなモノに~。単独でも主役張れるクラスの大物さんがぞくぞくと登場、そしてばたばたと殉職(?)みなさん楽しそうにやってくれてます。J・ニコルソンなんか二役もやってる・・。G・クローズがいきいきと俗物っぷりを披露、器の大きさを感じるなあ。火星人がヒキョーすぎて笑えます。彼等の強いこと強いこと。ははは。こんなん勝てねえや。ギャグ魂満載の脚本と演技達者な役者さんたちにうまく乗せられて、楽しかったです。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2011-09-14 18:10:00)(良:1票)
227.当時、映画館で観たという友人が「糞映画!金返せ!」と憤慨していたけど
彼女はティム・バートン監督作品のどこに何を期待していたのだろうか。
あのタイトルとグロいポスターからシザーハンズ的な何かを見出そうとしてたならある意味すごいけど。
確かインデペンデンスデイとほぼ同時期に公開されて非常に対称的な出来栄えに
米国映画の幅の厚さに感心した記憶がある。
どぶん子さん [ビデオ(字幕)] 7点(2011-05-13 16:19:50)(笑:1票)
226.《ネタバレ》 独特の世界観やヴィジュアルは好きだが、ちょっと感情移入出来なかったですね。それにしても、超B級映画に豪華な出演陣を組み込みましたね。アネット・ベニングやナタリー・ポートマンが綺麗でした。火星人もリアルでインパクトがありますが、リサ・マリー演じる火星美女も不気味・・・。理不尽な殺戮に始まり、あっけない結末。柔らかい頭でこういったノリに付いていけるかが、ポイントなんでしょうね。このジャンルでは「宇宙戦争」の方が好み☆
マーク・ハントさん [地上波(吹替)] 5点(2010-03-13 16:45:41)
225.《ネタバレ》 トレーディング・カードからこんな作品を創造しちゃうティム・バートンは、やっぱり天才です。自分にはこれはツボにストライクでした。出演交渉されて、「どの役がやりたい?」と聞かれて「全部!」と答えたジャック・ニコルスン、さすが良く判ってらっしゃる。よく観ると、本作はスピルバーグの「宇宙戦争」に影響を与えていますね。冒頭で印象的な「暴走炎上牛」のシーンは、「宇宙戦争」でも似たようなシーンが思いださせてくれますよね。あとラストシーンなど、結構ニヤリとさせてくれました。
S&Sさん [DVD(字幕)] 8点(2009-07-26 23:30:01)
224.グロいので苦手です。笑いのツボが自分とは合わない気がしました。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 1点(2009-05-01 22:03:50)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910111213
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 243人
平均点数 5.79点
0135.35%
193.70%
272.88%
3197.82%
4249.88%
52510.29%
63313.58%
73413.99%
85120.99%
9177.00%
10114.53%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.80点 Review5人
2 ストーリー評価 6.36点 Review11人
3 鑑賞後の後味 6.72点 Review11人
4 音楽評価 7.33点 Review9人
5 感泣評価 4.75点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS