つぐみのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ツ行
 > つぐみ
 > (レビュー・クチコミ)

つぐみ

[ツグミ]
1990年【日】 上映時間:105分
平均点:5.13 / 10(Review 23人) (点数分布表示)
公開開始日(1990-10-20)
ドラマ小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2020-10-04)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督市川準
助監督月野木隆
キャスト牧瀬里穂(女優)つぐみ
中嶋朋子(女優)まりあ
白島靖代(女優)陽子
真田広之(男優)恭一
財津和夫(男優)恭一の兄・高橋
安田伸(男優)つぐみの父・正
渡辺美佐子(女優)つぐみの母・政子
あがた森魚(男優)まりあの父
高橋源一郎(男優)ケーキ屋店長
下絛正巳(男優)医師
吹越満(男優)不良グループのリーダー
原作よしもとばなな「TSUGUMI」
脚本市川準
音楽板倉文
撮影川上皓市
製作奥山和由
鍋島壽夫
松竹富士
プロデューサー吉田多喜男
配給松竹
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
23.《ネタバレ》 市川準って最初はCM風で違和感あるんだけど、観てるうちにいつの間にか
映画体験させられてるんだよなぁ~。スゲェ。

牧瀬里穂が強情娘の表裏を見事に表現してます。
いますよね~、こういう娘さん。
真田広之との恋愛のその後を見たかった気もします。
でも市川準らしくていいです。
恋愛を深入りして描くタイプの監督じゃなかったですもんね。
トントさん [ビデオ(邦画)] 7点(2019-08-04 23:35:40)
22.思い切ったナレーションの多用。言葉で分かる部分は言葉に任せちゃって、画は画でいこうって腹みたい。細かいエピソードの連続でいこうという腹でもある。映画としてのうねりは放棄しているようなので、それについて文句を言ってもしょうがない。「最後のひと夏」ってことが重要だと思うんだけど、イメージが過去に戻ったりするから「ひと夏」って切実さがあんまり出てこない。輪郭がぼやける。つぐみは外面は普通の子やってて、家の中では「後味悪いぞー」などと毒づく(あそこはいい)。そこが面白いんで、その違いはキッチリしたほうがいいのに、無頓着だったような気が。牧瀬嬢はかわいいすよ。
なんのかんのさん [映画館(邦画)] 5点(2014-03-07 09:47:55)
21.久し振りに観た。吉本ばななの小説を映画化するのは難しかっただろう。正直言ってかなり退屈な作品だ。しかし、西伊豆の美しい自然と牧瀬里穂の美少女ぶりにそんなことはどうでもよくなる。牧瀬は基本演技が下手くそで台詞回しも独特なのだが、本作ではそれがむしろ合っているように思える。
フライボーイさん [DVD(邦画)] 6点(2011-11-20 21:29:39)
20.なんともいえない独特な世界観が印象的な映画。
この作品を見ながら思ったのは、そうか自分はゆったりとしたセリフや情緒溢れるシーンが好きだったんだなあということ。
まだ初々しい中嶋朋子の独り言のようなナレーションや、美しい西伊豆の港の風景、
万灯会や花火や牧瀬里穂の詩のような手紙が尻をたたく少年(笑)を含めて心に響くのだなと妙に納得した作品だった。
真田広之「でもどこにでも行ければいいってもんじゃないんだよ、つぐみ。ここには山も海もある。
お前の心は丈夫だし。ずっとここにいても、世界中を旅しているやつよりたくさんのものを見ることができるよ。」
海を離れて心ここにあらずの中嶋朋子の心情に共感したこともあり、7点献上。
mhiroさん [ビデオ(邦画)] 7点(2011-01-26 13:54:04)
19.《ネタバレ》  もともと中島朋子も牧瀬里穂も大好きだった時期があるので、若い二人の姿を見るだけで楽しくて、また前半部分の一種の避暑地を感じさせるゆったりした雰囲気は快かったです。
 ただ、後半の真田が登場してからのあまりにとりとめのないストーリー展開に観続けるのが少し苦痛になりました。
 自分には純文学は無理ですね。異常な人間のあり得ない言動から何かを読み取るとか、
面倒くさくてw
rhforeverさん [DVD(邦画)] 5点(2010-07-19 10:55:27)
18.《ネタバレ》  牧瀬里穂の魅力を上手く引き出していると思います。ただ、それ以外の印象があまり残らない作品ではあります。
 ラストは、アラン・パーカーの「バーディ」みたいでしたね。
TMさん [ビデオ(邦画)] 6点(2008-09-29 19:22:37)
17.牧瀬里穂がとにかく魅力的。
性格のひねくれた美少女って 最強でしょ?
puharaさん [ビデオ(邦画)] 8点(2008-03-26 20:45:23)
16.牧瀬里穂はいい表情してますね~。感情豊かなツグミを見事に演じていたと思います。するどい目で睨みつける表情から一瞬で涙を流すシーンは感心しました。深刻になりそうだなと思ってもコロッと呆気ないくらいの展開を見せたり、まるでツグミの性格のような描写も面白かったです。
カリプソさん [ビデオ(邦画)] 6点(2008-03-01 03:03:11)
15. レビューの数が意外と少ないですね。しかも意見が分かれています。私は好きです。最後のつぐみの憎らしい笑顔も良かったと思います。一番お買い得感が高かったのはイヤーな男を演じていた吹越満さん。どこかで見た顔だと思っていたのですが、最後に名前が出ていたのでようやくわかりました。どういうわけかここのサイトのキャストには入っていなかったんですが……。最近じゃ真田さんも吹越さんも「たそがれ清兵衛」なんていい作品に出てるわけですね。
海牛大夫さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2007-05-04 15:16:25)
14.牧瀬里穂を初めて知った映画..子供のおしりをけっ飛ばすシーンだけ印象に残る...
コナンが一番さん [ビデオ(邦画)] 2点(2006-06-27 12:36:17)
13.牧瀬里穂は声質が個性的過ぎるので、こういう寡黙、わがまま、ぶっきらぼうな役柄が実は一番合ってるんですよね。原作は未読だけど、この役は彼女の数少ないはまり役だったと思います。映画のポスターに使われた、真田広之と一体化したような座り方が印象的でした。当時付き合ってたコとよく真似などをしてみたもんです。そんなバカップルは私だけですね、ええそうでしょうとも。
放浪紳士チャーリーさん [映画館(邦画)] 7点(2006-04-03 14:50:06)
12.丁度本の方を読み終わる頃に見つけたので、ちょっと期待して借りてみたんですが・・・イメージと全く合いませんでした。
鳩の豆鉄砲さん 1点(2004-10-21 18:18:44)
11.《ネタバレ》 牧瀬里穂さんの役ような女性は何を言われても憎めないです。原作を読んでいないからかもしれませんが、大変おもしろかったのです。二回連続で見た数少ない映画のため10点です。
シネマパラダイスさん 8点(2004-10-09 03:00:05)
10.主演が牧瀬里穂ですが、私には「りほ」という名前の妹がいます。なので、一緒に見ようと借りてみました。しかし妹は「別に見たくない」。……一人で見ました。小説は既読でしたが、イメージが壊れるということはなかったです。特に、旅館はイメージ通りだったし。でも、何故か、面白くない・・・。何の起伏もない、ただの平坦な映画になってしまっている気がしました。
IKEKOさん 4点(2004-02-28 02:23:13)
9.小学生の頃、吉本ばななの小説ばかり読んでいる不気味な子供だった。今は不気味な大人です。あの人の小説は結構本質は深くグロい。文章が平易だから騙されるけれど。だから安易に映画化をしたところでどうせ失敗するだろうというのは目に見えていたのですが、結局観てしまいました。牧瀬里穂がとても若くて綺麗だった。若くて尊大な感じがとても良かった。でもやっぱり映画自体の雰囲気がちょっとダサい。そして決定的なことに、深みが全然ない。やっぱり失敗作だと思う。てゆうかエンディングの歌がひどすぎると思いました。総合すると、残念ながら、センスがない作品だと思いました。
ひのとさん 3点(2004-01-26 23:54:30)
8.あの牧瀬里穂の演技を見てビデオを止めてしまいました。つぐみのイメージに全然合わない。そこら辺にいるただの女になってしまっていたし。それと、もし「つぐみ」をとりたいなら、海がキレイにとれる監督じゃなきゃダメです
しゃぼんだまさん 1点(2003-08-06 12:44:44)
7.何か退屈でしたねえー。牧瀬さんはかなり若かったのしか印象に無いのが残念だなあ。邦画としてはやはり失敗です!TVでいいと思いました。
ピルグリムさん 5点(2003-05-11 21:53:51)
6.トレンディーな真田広之が見られる。と茶化してはみたものの、なかなか面白かった。牧瀬里歩が◎
クーさん 7点(2003-03-23 10:01:07)
5.暇だった。それにしてもたった十数年前なのにやはり時代を感じる…う~む。違う意味で笑えてしまいます。この時代ならではのモノってゆーか、なんとゆーか。まぁ原作を読んでからは見ない方が良いと思う。
西川家さん 1点(2003-02-26 21:35:30)
4.邦画にしてはまぁよかったのではないかと思う。やっぱり原作に負けてしまうのは仕方ないんでしょうね。
ayaさん 6点(2003-02-06 15:19:56)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 23人
平均点数 5.13点
000.00%
1417.39%
214.35%
314.35%
414.35%
5313.04%
6417.39%
7626.09%
8313.04%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 10.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review1人
4 音楽評価 10.00点 Review1人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS