ルパン三世 DEAD OR ALIVEのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ル行
 > ルパン三世 DEAD OR ALIVE
 > (レビュー・クチコミ)

ルパン三世 DEAD OR ALIVE

[ルパンサンセイデッドオアアライブ]
1996年【日】 上映時間:97分
平均点:5.30 / 10(Review 53人) (点数分布表示)
公開開始日(1996-04-20)
アクションコメディアドベンチャーアニメシリーズもの犯罪ものハードボイルドTVの映画化漫画の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2021-06-04)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督モンキー・パンチ
矢野博之(アニメーション監督)
演出篠原俊哉
矢野博之
栗田貫一ルパン三世
小林清志次元大介
井上真樹夫石川五ェ門
増山江威子峰不二子
納谷悟朗銭形警部
高山みなみオーリエンダ
古谷徹パニシュ
銀河万丈首狩り将軍
野沢那智クライシス
横山智佐エメラ
千葉繁スパンキー
渡辺美佐〔声優〕
辻村真人
緒方賢一
茶風林
大友龍三郎
小形満
くじら
水内清光
西川幾雄
原作モンキー・パンチ
脚本柏原寛司
飯岡順一(文芸ディレクター)
音楽根岸貴幸
鈴木清司(音楽監督)
大野雄二(メインテーマ)
作詞松井五郎「Damageの甘い罠」
撮影長谷川肇
スタジオコスモス
野村隆(撮影)
製作日本テレビ(「ルパン三世」製作委員会)
武井英彦(「ルパン三世」製作委員会)
加藤俊三(「ルパン三世」製作委員会)
トムス・エンタテインメント(キョクイチ)(「ルパン三世」製作委員会)
中谷敏夫(「ルパン三世」製作委員会:実行委員)
企画武井英彦
制作東京ムービー(アニメーション制作 キョクイチ東京ムービー)
配給東宝
作画矢野博之(絵コンテ)
篠原俊哉(絵コンテ)
西村貴世(原画)
江口摩吏介(総作画監督)
白土武(原画)
梅津泰臣(原画)
前田実(作画)(原画)
山口晋(原画)
美術サンライズ(背景:サンライズ深川オフィス)
編集瀬山武司
録音東北新社(音響制作)
加藤敏(録音監督)
その他東京現像所(現像所)
石ノ森章太郎(モンキー・パンチ応援団)
永井豪(モンキー・パンチ応援団)
竹宮恵子(モンキー・パンチ応援団)
ちばてつや(モンキー・パンチ応援団)
北条司(モンキー・パンチ応援団)
水島新司(モンキー・パンチ応援団)
矢口高雄(モンキー・パンチ応援団)
弘兼憲史(モンキー・パンチ応援団)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
53.《ネタバレ》 シリーズ第6弾。原作者モンキー・パンチ自らが監督。しかし、その質の低さはテレビスペシャル並み。駄作。
獅子-平常心さん [DVD(邦画)] 5点(2020-10-30 01:07:56)
52.《ネタバレ》 モンキーパンチが監督を務めたという作品だというので視聴。
かなりキャラデザが今までに比べると濃くて、好き嫌いは分かれるかもしれないけど、これはこれでアリですね。

そんな訳でお話はある国の革命物語。
殺されたはずの王子パニッシュとその恋人の工作員オーリエンダーを中心に扉の向こうのお宝のためにルパンが奔走する。
まぁ大筋はルパンが殺し屋に狙われたりなど毎度の事なのだけど、革命の扇動する王子の正体には驚きました。えっ?マジで今までのパニッシュは全部ルパンと次元だったの?と、もう一度見たくなるもの。

大筋のドラマもそこそこだが本作のアクションは結構凄い。銭形警部も現地の警官を一捻りで倒すシーンは今までのイメージとはかなり違い、めちゃカッコ良い。
それにルパンをはじめとした持つ銃器の描写はやたら細かく、見ごたえたっぷり。
終盤のサイバーパンクよろしくなナノマシンの猛攻もかなり凶悪に描かれているのもたまらない。
そしてなんといっても今回の親玉である首狩り将軍の悪さと強さも光っていて終盤のバトル、動きまくりますし、ルパンの銃弾によるトドメの刺し方も今までどの映画でも見たことのないもので最高でしたね。
更に最後の足掻きの如く出てくる将軍を四人で倒すシーンもこれでもかとカッコいいです。

それと所々コブラやら釣りキチやらが登場していて何事かと思ったら、クレジットにモンキーパンチ応援団ということで大御所漫画家たちが軒を連ねていて笑っちゃいました

ちょっと矛盾点や不思議なところも多いですが、マモーほどシュールにならず、カリ城のような優しさは無い、大人で骨太でカッコいいルパン映画に仕上がっていて大満足の一本でした。
えすえふさん [DVD(邦画)] 6点(2020-01-31 00:28:38)
51.《ネタバレ》 劇場用映画第6作。どういういきさつで担ぎ出されたのか、モンキーパンチ本人が監督するということで話題になっていたものだが、これは初見。
そもそも原作のテイストはよく知らないものの、この映画はもっと硬派でアダルトな感じだと勝手に思い込んでいたが、序盤からオカルト風SFみたいな突飛な味付けでずっこける。
舞台となるのは架空の独裁国家で、何でもありのやりやすい設定なのだろうからそれはそれでいいが、そこで行われる争いと漂流島の超科学な感じがあまり繋がらないし、変装ネタや最後の将軍のオチなど意外性はあっても釈然としない。
アニメとしては、キャラデザの違和感のせいもあるかもしれないが、演出や声の演技と動きの連動がどこかチグハグで、表現がこなれていないように感じるシーンも多いものの、基本よく動いている。
また、捕まえたルパンが偽物だと気付いて銭形が驚くシーンとか、ところどころどうしてそこに妙に力が入っているのか不思議な部分があって、こだわりどころがちょっと面白い。
みこらそんさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2017-12-03 19:36:37)
50.《ネタバレ》 これもまたルパン。
つうかこれこそ?ルパン。
山田康雄ルパンの最高が「カリオストロの城」や「複製(クローン)人間」といった諸作なら、栗田貫一ルパンの最高は本作と「ワルサーP38」で決まり!

でも原作よりイケメンすぎ(ry
ハードな作風も相まってクリカンの演技も重きを置いた感じでgood.

冒頭の変装を解き煙の中から現れるルパンが最高にカッコイイし、野性的な不二子のファイティング、など文字通り“生死を問わない”激しいバトルの数々。

凝りに凝った演出で最後まで見てしまった。ルパンの変装も今回はかなり凝ってます。

敵の正体もマモーとかあの変の変態(褒めてる)共の事を考えるとOKすぎる。

クライマックス、柱にねじこまれた弾丸を“放つ”瞬間が最高!

俺のマイ・フェイバリット・ルパンの1本。
すかあふえいすさん [DVD(邦画)] 9点(2014-12-20 21:34:14)
49.《ネタバレ》 モンキーパンチ的な作画にちょっと感動した。
ファーストシーズンのような固めの絵に、心躍ったがそれは長く続かない。
ストーリーが年に一回のテレビムービーのようで、全然新しさが無かったからだ。

カリオストロを後にした、泥棒としては焼きが回ってしまった1968年のルパンではない、年を取らないルパンの方にはどうも違和感を感じてしまう。キャラクター原案をしたモンキーパンチは、ルパンのキャラクター造形に一つのこだわりがあるようなのだが、自身が作り出したかつての大泥棒で荒くれだったルパンはここにはいない。
アニメ版のルパンを作るために、ルパンに詳しい漫画家をお招きして、アニメ版の雇われ監督としてそれ以上のことはしてもらわなかった。そういう雰囲気だったのが残念。

作り出したルパンというキャラクターをテレビアニメが育て、育てた者達の手を離れ制御不能になりかけたルパンに、宮崎駿と大塚康生がそっと幕を引いた。育てた彼らは道化や猿回しの猿になっていくルパン達に我慢が出来なかった。
その結末に納得がいかなかったのか、それとも元の、昔のルパンにもう一度会おうとしたのか、モンキーパンチは奮闘したけれどうまくいかなかった。

大人の事情って怖い。
黒猫クックさん [DVD(邦画)] 6点(2012-04-29 08:29:11)(良:1票)
48.《ネタバレ》 テンポが悪く、中身も薄い。見事に見所がない作品です。銭形のとっつぁんが強い。
いっちぃさん [地上波(邦画)] 3点(2011-10-03 19:31:27)
47.本作は原作者のモンキー・パンチが初監督ということで
随分と期待したのだが、残念ながらルパンの面白さはまったく伝わってこなかった。
映画だけにスケールが大きくなるのは致し方ないが、設定が大袈裟過ぎて無茶だし、
ストーリー自体もつまらない。TVのスペシャル版とほとんど変わらない内容で、
登場キャラたちの顔もかなり違和感を感じる。
「カリオストロの城」のヒット以降、まるでヒーローのような位置づけのルパンが
定着してしまった感があるが、彼の個性的かつ魅力的なキャラありきから
ストーリーを考えた方がいいんじゃないの?
MAHITOさん [ビデオ(字幕)] 2点(2011-08-11 09:15:03)
46.《ネタバレ》 次元、五右衛門の活躍が少ない。パニシュは生きていた方が良かった。ルパンの変装ってのはかなり残念。
真尋さん [DVD(邦画)] 5点(2011-07-17 06:17:50)
45.《ネタバレ》 アタシはけっこう好きよ、これ。 近年のルパンの中では一番ルパンらしいわねーと思ってたら、原作者モンキー・パンチが監督だったのね。 道理で。 不二子ちゃんが格闘家のようにガンガン闘っちゃうあたりはアタシ的にはあんまり…なんだけど(不二子ちゃんは色気で勝負よ!)、基本的にキャラクターが基本に忠実でしっかりしてたんで良かったわ。 ただナノマシンが意外にショボいってのは皆さん仰ってる通りね。 あんなにすごいシステムなのにルパンの変装を見破れないってのはさすがに無理があるわよね…。 でもまあ楽しませてもらったわ。
梅桃さん [地上波(邦画)] 7点(2011-06-26 15:52:36)
44.《ネタバレ》 これはなかなかのクールルパン。首狩り将軍も存在感があって良い。ナノマシーンについてはクライシスはあっさり殺したのに、ルパンや不二子には遠慮してるように感じられるのがいわゆる主人公補正というやつで少し残念に思います。
リーム555さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2011-05-19 18:30:45)
43.ナノマシーンの発想はすごい。ただ、アニメとして楽しめるかどうかは別の話。
たこちゅうさん [地上波(邦画)] 6点(2011-05-07 10:38:32)
42.《ネタバレ》 う~ん、面白くない。しかし決定的に面白くない訳ではない。よって4点で。このストーリーって終盤まで別にルパンじゃなくていいじゃんと思ってしまうところが一番の問題だと思います。それで終盤にあのオチは納得できないなー。超ハイテク技術として登場するナノマシンが見た目だけで王子と判断するってどうでしょう?あれだけのテクノロジーなのに網膜やDNAを使ったセキュリティーは無いんですね。それからモンキーパンチって宮崎駿の「カリ城」をあんなのルパンとは呼べないとか批判してますよね。でも本作ではルパンはしっかり女の子助けてますよね、自分の身を挺してまで。言っていることと、やっていることが逆でしょう……。
民朗さん [地上波(邦画)] 4点(2011-04-30 08:11:05)
41.《ネタバレ》 ウチに、パンフレットがあるが、何故か内容を一つも覚えていない。幾多あるTVスペシャルや、劇場版と基本的に大差ない内容だから、記憶に残っていないのかも知れない。
確か公開時、モンキー・パンチの監督作だからと期待したと思ったのだが・・・
基本キャラの絵はやっぱりパンチさんが直接関わっているだけあって、充分満足したが、いかんせん話が「いつもどおり」で、面白みがない。中途半端にSFっぽく、でも生体認証らしき例の認証をルパンが変装で解決するのは、如何にもお粗末だし、ナノマシーンも非論理・非現実的すぎる。それでいて、ルパンと別行動の不二子が、お姫様を逃し、結局ルパンと合流するあたり、カリオストロのまんまじゃないかと思ったりもする。
結局、『名探偵コナン』みたいに、毎年やる=いつもの事件の連続の一コマというコンセプトをも持っていない、でも一つながりの物語の最高のエピソードとしての映画版という「特別さ」もない今の劇場版ルパンには、『カリオストロ』が活劇としてほぼ完璧なだけに、どうしても比較してしまい、それ以上心動かされる要素がない、と思う。
原作そっくりの作画に3点、たぶん不慣れだったろう監督業のモンキー・パンチの活躍に1点で、4点献上!。
Tolbieさん [地上波(邦画)] 4点(2011-04-29 23:44:30)
40.《ネタバレ》 ルパンは好きなんですよ、ルパンは。世界のどんなアクションスターよりも、魅力的と思っています。でもなあ、これ、絵がものすごいことになってるし、ストーリーも、これだけなんでもありだとなぁ…。いや、でもホント、ルパン大好きなんですよ、監督。
なたねさん [地上波(邦画)] 3点(2009-11-01 17:27:42)
39.《ネタバレ》 序盤のエメラの監禁状況が、カリオストロの城と同じシチュエーションであり、その奪還方法が本家ルパンらしく格の違いを感じさせる。 レジスタンスの中に、冒頭に脱獄させたのと同じと思われる人物がいる(覆面をしているが特徴的な髪型が同じ)ので、あの脱獄の目的はスパンキーだけではなく、レジスタンスを組織するためだったのか? 実際、レジスタンスの活動によって、首狩りはルパン対策に軍を動かせなくなり、殺し屋に頼らざるを得なくなった(ルパンが行動しやすくなった)ワケだし。 意図的に謎を残したと受け取るか、説明不足の作品と受け取るかで、評価が変わる気がする。 自分は、モンキーさんの監督作品なので前者だと思うことにした。
KAZYさん [映画館(邦画)] 7点(2009-02-11 14:39:09)
38.《ネタバレ》 冒頭の監獄のシーンやオープニング曲、
部分的ですが賞金稼ぎとの戦いの中で
ルパンがマガジンを交換するところが気に入ってます。
格好良い銭形を見れる作品でもあります
(結局ルパンを逮捕できないけど)。
ただ全体的に設定やアイデアが活かされてないというか、
空回りしてる感じがします。
タイトルにもあるDEAD OR ALIVEも、あまりピンとこないし。
最後の金の首狩将軍もよくわかりませんでした。
モンキー・パンチ氏のこだわりが見えたのは悪くはないのですが…。
映かったーさん [DVD(邦画)] 6点(2009-02-02 21:11:11)
37.《ネタバレ》 峰不二子の格闘家としての強さを感じる本作。 作画には違和感あまり感じなかったです。ナノマシーンをかわしまくる身体能力はやりすぎ感がありますし、ルパンの変身能力のレベルを上げすぎ。ラストの将軍が金になる過程がよく分からないし、不要。姫が途中で完全に退場してしまったのも不思議でした。全体的に中途半端に仕上がっている感があり、入りきれなかったです。
マーク・ハントさん [地上波(字幕)] 7点(2008-01-07 04:47:13)
36.最近のルパン映画で、初期のルパンぐらいおもしろい作品を期待するのだが、期待はずれが多いのですこし残念。
ホットチョコレートさん [地上波(邦画)] 5点(2008-01-03 19:28:17)
35.ナノマシーンよりもラブマシーン
くまさんさん [地上波(邦画)] 5点(2007-12-29 15:59:11)
34.原作に近いタッチの画に少し違和感が・・。
あるまーぬさん [ビデオ(邦画)] 6点(2007-07-25 18:33:45)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 53人
平均点数 5.30点
023.77%
111.89%
235.66%
359.43%
4815.09%
5815.09%
61018.87%
759.43%
8815.09%
923.77%
1011.89%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.50点 Review4人
2 ストーリー評価 6.33点 Review6人
3 鑑賞後の後味 6.16点 Review6人
4 音楽評価 6.50点 Review6人
5 感泣評価 5.00点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS