狼よさらばのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > オ行
 > 狼よさらば
 > (レビュー・クチコミ)

狼よさらば

[オオカミヨサラバ]
Death Wish
1974年【米】 上映時間:93分
平均点:6.38 / 10(Review 45人) (点数分布表示)
アクションシリーズものバイオレンス
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2014-12-28)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督マイケル・ウィナー
助監督チャールズ・オークン(第1助監督)
ラルフ・S・シングルトン(第2助監督)
キャストチャールズ・ブロンソン(男優)ポール・カージィ
ホープ・ラング(女優)ジョアンナ・カージィ
ヴィンセント・ガーディニア(男優)フランク・オチョア警視
スティーヴン・キーツ(男優)ジャック・トビィ
ジェフ・ゴールドブラム(男優)暴漢
クリストファー・ゲスト(男優)ジャクソン・ライリー警官
ポール・ドゥーリイ(男優)警官(ノンクレジット)
オリンピア・デュカキス(女優)警官(ノンクレジット)
大塚周夫ポール・カージィ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】
中西妙子ジョアンナ・カージィ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
田中明夫フランク・オチョア警視(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
徳丸完(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
寺島幹夫(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
青野武(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
家弓家正(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
緑川稔(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
上田敏也(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
増岡弘(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
藤本譲(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
龍田直樹(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
玄田哲章(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
北村弘一(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
幹本雄之(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
平林尚三(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
脚本ウェンデル・メイズ
音楽ハービー・ハンコック
撮影アーサー・J・オーニッツ
製作マイケル・ウィナー(共同製作)
製作総指揮ディノ・デ・ラウレンティス
制作東北新社日本語版制作(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
配給コロムビア・ピクチャーズ
編集バーナード・グリブル
字幕翻訳野中重雄
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
45.どんなバカ映画のアホ役でも、役者さんが一生懸命に演じていて、頭が下がる思いがするのですが(笑)、いやいや変態チンピラ役だってあなどるべからず、こういう役でも一生懸命にこなしていれば、いずれはハエ人間になって巨大宇宙船を撃退するチャンスを手にする可能性だってあるワケですな。
そりゃまあ、こんな映画の主演をやっちゃったせいで、その後もこんなシリーズに出続けるハメになるスターもいるんでしょうけど。
というワケで、バラバラな邦題でお馴染みの、Death Wishシリーズ第1作。ブロンソンがエリートビジネスマンってのが、何でやねん、という感じなんですが、第1作なんだから仕方がない(という納得の仕方でよいのかどうかわからない)。妻と娘を暴漢に襲われたブロンソンが、世のすべての悪党どもを制裁すべく、銃を手に立ち上がる。フツーのオジサンがだんだんおかしくなっていく過程がちゃんと描かれていて、そういう点はまだマトモなんです第1作だから。
葬儀の場面では雪景色、狙った撮影なのかそれともたまたま撮影時に雪が積もっちゃったのか、いずれにせよ悪くないです。
ただ、まあ、何というか、ブロンソンひとりの活躍で犯罪が激減し、市民も彼に勇気を得て犯罪撃退に立ち上がり好循環、という実に乱暴で楽天的なこのオハナシ。褒められたもんではなく、やはり苦笑しながらひとり楽しむ作品かと。
映画そっちのけといった感じでさまざまな音楽を提供してるハンコックが、本作の珍品感を高めていて、影のMVPですね。
鱗歌さん [CS・衛星(吹替)] 6点(2016-05-01 09:39:38)
44.なにこれカッコイイ・・・!
ガブ:ポッシブルさん [DVD(吹替)] 10点(2015-10-14 20:54:56)
43.《ネタバレ》 ヒャッハーな暴漢に妻を殺された男の復讐劇。
ブロンソンが渋くてかっこいい。
娘は生きてはいるが陵辱されて精神的には殺されてしまったような状態。
なのに犯人は捕まらず、憎悪の対象はニューヨークで悪事を働くゴロツキどもへ。
一人で出かけては犯罪者どもをおびきだして狩っていく。
ゴロツキどもへの今までの鬱憤もあって、私刑が流行るのは共感できる。
ただ、家族を襲った犯人に復讐できなかったのはスッキリしない。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 5点(2014-12-29 20:22:06)
42.《ネタバレ》 ブロンソンのニューヨーカー振りがメチャカッコいい 冒頭、家族が強盗に襲われるが、その後あまり悲惨さを引きずらないし、殺される悪党達が極悪に見えないので退治された時のカタルシスが不足している 追いつめられた悪党が驚くとか怖がるとかのシーンがあれば、射殺する時のカタルシスがあるのに しかも実際に家族を殺した悪党はその後放りっ放しで最後まで出てこない これでは主人公が楽しんで不特定多数な悪党を退治してるように見える 主人公がクールなのもそれに拍車をかける 銃を手に入れるまでの小市民振りから一変したように見えた ならばどうせなら逆に嬉々として悪党を殺すとかの表現があればだいぶ違った映画になったんじゃなかろうか 現実的な復讐シーン(家族を襲った悪党)が無かったのは残念だ 39年も前の映画なので警察の描き方とか悪党の心理描写とか今と感覚がかなり違うのでピンとこない所も多い 警察が主人公の部屋の鍵を勝手に開けて捜査とか今は考えられない なによりも警察の義侠心ある捜査は物語としては有りだが今となっては理解しがたい ザ・フライのジェフ・ゴールドブラムがチンピラ役で出ていて驚いた ラストの警部との会話から空港でのエンディングは今見てもカッコいい
にょろぞうさん [DVD(字幕)] 7点(2014-01-08 02:27:07)
41.チャールズ・ブロンソン主演ということで、どことなくハードボイルドの雰囲気漂うが、
主人公の心情を核にした、一応人間ドラマのジャンルなのかな?といった内容の作品。
中盤以降の展開やラストの結末などは、合点がいかない人もいるかとは思うけど、
ちょっと考えさせてくれるドラマには仕上がってます。主人公に感情移入できるか否かも、
鑑賞者によってまちまちかと。映像演出は、昔のテレビ映画という感じで観易かった。
MAHITOさん [地上波(吹替)] 5点(2011-11-28 08:13:31)
40.本作がブロンソンの出演作の最高傑作とは思わないけど、昔はよくTVでやっていたこともあり、目の前に現われるワルどもを次々と撃ち殺すポール・カージーの姿は、ブロンソンと言われれば思い出す姿の1つです。続編も何作も作られており、やはり彼のハマリ役であると言えるでしょう。話としては非常に重いし、NYに帰ってきてからは夜の街をうろつき、ワルどもを処刑していくだけなのですが、面白い作品となっています。やはりブロンソンのシブい威圧感のある、その存在感があればこその作品。ただ、ブロンソンが普通の会社員のオジサンには全く見えませんが・・・。
とらやさん [DVD(吹替)] 6点(2011-06-03 22:37:50)
39.《ネタバレ》 C・ブロンソンの映画は初めてみるかも ワタシが小さいころ化粧品コマーシャルで有名(?)な人だったよなぁ で、内容はかなり粗い 肝心の犯人への復讐劇と思いきや全然関係ない人殺しすぎ;; 銃が飛行機をスルーしちゃってるのも気になるところ ほんでもってシリーズ化されてるのもすごい なんか時代を感じさせる造りであったかとオモイマス
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2011-02-09 13:56:17)
38.《ネタバレ》 これもニューシネマに属するのだろうか?今でこそ定着した復讐モノの、ハシリのような映画なのだと思う。でも何故かニューシネマ関連の本を見ても、この映画は取り上げられていない。ラストの政治絡みで主人公がニューヨークから出て行くラストもひねりが効いていて「ハッピーエンド?」って感じで面白いのに。不思議だ。有名な映画だったので、ストーリーはある程度知っていた。最初の幸福な家庭を描いている場面で、これが壊されるのかと思うと、怖かった。実際、壊される場面は酷い。この後、主人公がポーカーフェイスすぎて、普通の生活をするのがはがゆかった。もっと無茶苦茶に暴れてもらった方がすっきりするのに。犯人が分からないので、街のチンピラをすべて敵とみなして、それ故に「アマチュア刑事」として、市民から人気が出る演出はもっと派手にやってくれても良かった。何せ、この映画は盛り上がりに欠けている。ブロンソンのクール過ぎる演技に煮えきれぬものを感じたのが正直な感想。(レビュー読んでて知ったのですが、この映画シリーズもんなんですね。主人公の怒りに火がついた程度で第1作目は良かったのかもしれない。)チンピラにゴールドブラムに似てるのがいるなぁと思ってたら、本人だったのは驚きだ。彼のあのギョロッとした目はやはり中々いるもんじゃないなぁ。
トントさん [DVD(字幕)] 6点(2010-11-23 23:39:43)
37.《ネタバレ》 重苦しい雰囲気が全編を覆い尽くし、妻子の仇はそのままというところに後味の悪さが倍加します。ブロンソンの凶行に対する警察の決着のつけ方に、この国特有の「ご都合主義の正義」が見てとれました。
JAPANESE. 551さん [DVD(字幕)] 5点(2010-11-23 21:22:00)
36.《ネタバレ》 時代を感じさせますね。映画の完成度もそれほど高いとは思えませんが、最後まで退屈せずに見れてしまいます。直接の犯人ではないのだから何も殺すことは・・と引っかかってしまい入りきれませんでした。何をしたかったのだろう??
東京ロッキーさん [地上波(吹替)] 6点(2010-10-09 16:08:45)
35.《ネタバレ》 '10.8/14 鑑賞。続編の「ロサンゼルス」を先に観てしまった。「ロサンゼルス」は犯人を目撃しており、その復讐は一般的に理解できる。でもこの一作目の「狼よさらば」は犯人が判らない。その怒りが市民警察として街の悪の一掃に繋がってゆく。はるかに先行した日本のTVドラマ「必殺仕掛人」「必殺仕事人」の自作自演版。気持ちとして喝采も法的には殺人鬼・・・ああジレンマ。
ご自由さんさん [ビデオ(字幕)] 7点(2010-08-17 19:46:07)
34.《ネタバレ》 「マンダム」って男性用化粧品メーカーの名前なんですね。「男の領域」とかいう意味があるらしい。そんな(どんなだ?)「マンダム」ブロンソン氏の『デス・ウィッシュ』シリーズの記念すべき第一作。このシリーズ、実は結構続いているようなのだが、邦題が全部違うので、どれがどれだかよく分からない。以前はよくTV放映されていたのだが、最近はあまり見かけないな。たぶん第一作がいちばん面白いんだろう、と思われる。内容は結構シリアスでハードなのに、ブロンソン氏のしもぶくれの顔を見るとつい笑っちゃうので、思ったより不快な気持ちにならずに済みました。最初の殺人の後、「お~神よ!俺は何てことを!」なんて身悶えていたのに、数日後(?)にはあっさり暴漢を撃ち殺している(笑)DVDに懐かしの日本語吹き替え版が収録されているのも嬉しい配慮だ。
フライボーイさん [DVD(吹替)] 6点(2010-02-13 19:03:58)
33.《ネタバレ》 救われない映画だ。 たとえ何人殺しても死んだ妻は戻って来ず、廃人になってしまった娘は回復しない。真犯人(ジェフ・ゴールドブラム、若い!)への復習も叶わず、無罪放免となり新たな土地へ移っても、そこにも標的になりそうな奴らばかり。 最後、指ピストルで「ニヤリ」と笑う主人公の顔に若干救われた気はするが、何とも釈然としない思いが残る。 一方、視点を変えて本作をある一人の男が自らの「野生」を確立していく映画として捉えれば、続編の内容から見ても自然な流れなのかも知れない。
たくわんさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2009-07-23 12:54:43)
32.《ネタバレ》 殺しすぎ。
でも何となくわからないでもない。こういうことに巻き込まれたら自分が死んでもいいから殺してやろうと思う人もいるのかもしれない。
そういうもしかしたらあるかも、って思わせることができたところがヒットの要因なのかも。

imdbでも最近のレビューでもウケているようだけど、わかる気がする。
だってこんなめちゃくちゃなものどんな国の誰がいつの時代にみたって衝撃的でしょう。
70年代の淡々とした絵が妙に生々しいし、実際の作りよりもよくできて見える。
でもまぁ、こういう品質になっちゃったというのは何となく偶然なんでしょう。いろんな要素が折り重なっておもしろくなっちゃったみたいな。そういう味わいは貴重だ。

これはテレビで何度となく見てるけど、吹き替えのあの雰囲気もなんか異様でいい。
続編の暴れぶりもすごいと思う。ダーティハリーもそうだったけど、映画会社の都合でどんどん妙な味わいが追加されていくのもこういう映画の魅力だと思う。
黒猫クックさん [地上波(吹替)] 6点(2009-07-07 00:44:23)
31.《ネタバレ》 「殺してしまったあ」とか言って身悶えていた割には、相手にしっかりパンパンと止めを刺し、挙句の果てに最後はあのポーズ。おまけに実行犯は野放し。さすがブロンソン。実にいい加減というか、豪快というか、フツーはもっとおかしくなったり、暴走して止められないとか、殺ってくうちに楽しくなっちゃって、最後に返り討ちに遭うとか、そういう展開にするものだが、彼の場合はもう淡淡と仕事をこなすだけで、正義感でやってるんだか、憂さ晴らしなんだか、趣味なんだかよくわからないというのが恐ろしい。よって共感もできないし、正義とは何かとか、殺人とは何かとか、最初からそういう方向にさえ行かないというのが凄い。とはいえ西部で銃に目覚め、自警団としてヒーローに祭り上げられるというプロットは、アメリカならではである。この点で、しっかりアメリカの社会や歴史、伝統文化の本質を描いていることが、本作を単なるB級作品とは、一線を画したものにしているのだ。しかしこの後の暴走ぶりを考えると、やっぱり何も考えてないんだろうな。
わいえすさん [地上波(吹替)] 8点(2008-08-10 23:19:34)(笑:1票)
30.チャールズ・ブロンソンとマイケル・ウイナー監督の組み合わせ作品はいつもそこそこの完成度ですね。しかし本作は私刑ものの白眉と言ってよいと思います。荒い作りですが面白いです。まさか続編が作られるとは思いませんでしたが。あらためて見てみると、ジェフ・ゴールドブラムが出演していたのには驚きました。
ジャッカルの目さん [地上波(吹替)] 6点(2008-03-27 23:15:53)
29.《ネタバレ》 愛妻を殺され、娘を廃人にされたら、犯人を殺そうとする気持ちは理解出来ますが、
この映画のように幾ら無法者とはいえ、無差別に殺す、という発想はやはり米国的です。拳銃撲滅といっても、多分米国では絶対に不可能であることを示す映画でした。
「ツーソンではガンを持っているから夜歩ける」というセリフが発端だったような気がします。シカゴで拙宅のパーティに来た1人暮らしの女性が皆デリンジャー小型拳銃を持っていると聞いたときにはビックリした記憶が蘇りました。でも使用するのは怖い、とも云っていました。
亜酒藍さん [DVD(字幕)] 6点(2008-03-21 22:26:10)
28.《ネタバレ》 主人公がブロンソンだと「犯罪被害者の家族で普通の人」に見えないのが辛いですよね。見た目とオーラに迫力が有り過ぎます。決して詰まらない作品ではないのですが扱ってるテーマが重いだけにブロンソンより「弱そう」な役者を主人公にした方が良かったんじゃないかと思いました。
AIRSさん [地上波(吹替)] 6点(2008-01-30 20:12:31)
27.《ネタバレ》 お昼に放送している映画枠でみたので、娘のレイプシーンを観てあまりに衝撃的で、持っていたおにぎりを落としてしまった。家族が襲われたのに警察では進展ナシ、私も犯人が憎くて狼になってしまうかもしれない。そんな狼も悪者が標的ならヒーロー化されるというアメリカらしい話。ブロンソンが最後に空港で振り向いた時、笑顔だったのでようやく妻の死や娘の不幸を受け入れ、自分の進むべき道を見つけてくれた感じがしたので安心した。
りりあさん [地上波(吹替)] 5点(2008-01-30 15:47:45)
26.強盗に「おっさん」と呼ばれてしまったマンダム。
ケンジさん 7点(2005-02-03 20:51:50)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 45人
平均点数 6.38点
000.00%
100.00%
212.22%
312.22%
412.22%
5817.78%
61635.56%
7715.56%
8817.78%
912.22%
1024.44%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.60点 Review5人
2 ストーリー評価 6.75点 Review4人
3 鑑賞後の後味 6.75点 Review4人
4 音楽評価 6.66点 Review3人
5 感泣評価 5.66点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS