花園の迷宮のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > 花園の迷宮
 > (レビュー・クチコミ)

花園の迷宮

[ハナゾノノメイキュウ]
1988年【日】 上映時間:118分
平均点:4.00 / 10(Review 6人) (点数分布表示)
公開開始日(1988-01-15)
ドラマサスペンスミステリー小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2021-10-22)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督伊藤俊也
キャスト島田陽子(女優)秋元多恵
工藤夕貴(女優)冬実
黒木瞳(女優)百合
白木万理(女優)お徳
丸平峰子(女優)お民
中尾彬(男優)秋元市太郎
中島葵(女優)中村
高並功(男優)関口
野口貴史(男優)遠藤
岩尾正隆(男優)吉本
菅貫太郎(男優)軍需成金
西田健(男優)海軍将官
名高達男(男優)武宮中尉
伊武雅刀(男優)高木捜査主任
寺田農(男優)原田
江波杏子(女優)秋元キク
内田裕也(男優)三谷荘介
脚本松田寛夫
音楽池辺晋一郎
撮影木村大作
企画日下部五朗
プロデューサー本田達男
配給東映
美術西岡善信
編集市田勇
照明増田悦章
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
6.《ネタバレ》 20年くらい前か、夜中に放送してたロードショウで鑑賞。役柄も地も、お淑やかぶってた島田陽子を本編撮影を進めるにつれお淑やかでいられなくさせてやった監督の手腕は大したものと思う(取調べでバケツ水をぶっかけるあたり、遠慮ないね)。戦争直後の貪欲な世界観と人間模様が生々しい。それと、およそ画面で見る限り演技なのか地なのか何を考えてるんだかさっぱり解らない内田裕也の存在は不気味なことこの上ない。これらの印象を与えたこの映画、これがこの時代に言われた【エロ・グロ・ナンセンス】というヤツですか。いやー後味悪い。
FBIの滝さん [地上波(邦画)] 5点(2011-01-27 21:26:20)
5.話題にはなったけどつまらない映画でした。
たかちゃんさん 3点(2004-08-03 10:44:39)
4.これねえ、バカつまんないんだけど私はけっこう好きでしたね。耽美主義と言い張るには美しさに欠けるし、ミステリーとしては破綻しまくり、あるのはもうただひたすらノスタルジーのみ、という内容なんですけど。たぶん内田裕也の背中に弱いんだナ。内田裕也ってある種の女性にはどうしようもなく魅力的だったりするのですが残念ながら不特定多数にウケるタイプではないと思うので、裕也さん好きっ!っていうアホ以外はこれ見ても苦痛以外の何物でもないと思います。私は裕也さん好きっ!派なのでこの映画は嫌いなんだけど妙に好きです。つまんなさが芸になってるし。映像的にも日本映画にありがちな一人よがりの思い込み系、大物がやったら「スタイリッシュ」と言われかねないアレです。でもこういう突き抜けたこだわりを感じる映像って最近ではなかなか観られないので私はけっこう好きです。
anemoneさん 5点(2004-01-11 13:23:41)
3.この映画の後、内田と島田付き合ってたんだよねェ。映画はまるでつまらん映画でしたね。
亜流派 十五郎さん 2点(2003-09-12 20:19:39)
2.内田 裕也が出ているというだけでその作品は異色作になってしまう。
本間さん 4点(2002-11-12 23:45:32)
1.まあ今までの遊郭ものと大差無い気がしますが、一番印象に残ったのは、江波杏子が若い新人さんの顔に跨り、早よやってぇやぁ!ってノリでしょうか。あとラストに上映前話題になっていた島田陽子の脱ぐシーンなんてありますが、それ以前にその相手が内田裕也ってのが掟破りですよね。まあ工藤夕貴が脱がなかったから、当時はホッとしたってのが印象に残ってます・・・・・?
イマジンさん 5点(2002-01-08 12:28:24)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 6人
平均点数 4.00点
000.00%
100.00%
2116.67%
3116.67%
4116.67%
5350.00%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS