月とキャベツのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ツ行
 > 月とキャベツ
 > (レビュー・クチコミ)

月とキャベツ

[ツキトキャベツ]
1996年【日】 上映時間:100分
平均点:6.25 / 10(Review 53人) (点数分布表示)
公開開始日(1996-12-21)
ドラマラブストーリー音楽ものロマンス
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2013-09-16)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督篠原哲雄
助監督アベユーイチ
キャスト山崎まさよし(男優)花火
真田麻垂美(女優)ヒバナ
鶴見辰吾(男優)理人
ダンカン(男優)木村
中村久美(女優)森崎
原作鶴間香原案「眠れない夜の終わり」(第二回さっぽろ映像セミナー入選作)
脚本篠原哲雄
真柴あずき
音楽山崎まさよし
作詞山崎まさよし「One more time, One more chance」 「月明かりに照らされて」
作曲山崎まさよし「One more time, One more chance」 「月明かりに照らされて」
編曲山崎まさよし「月明かりに照らされて」
主題歌山崎まさよし「One more time, One more chance」
挿入曲山崎まさよし「月明かりに照らされて」
撮影上野彰吾
製作原正人
黒井和男
配給シネセゾン
美術都築雄二
赤松陽構造(題字)
編集冨田功
照明矢部一男
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
53.切ないファンタジー。
なんだけど、どこかで見たような話で退屈だった。
こういう話ならヒロインの女の子に圧倒的な存在感があればまた違っただろうけど、それほどではなかったし。
山崎まさよしファンには歌もあるしたまらないかも。
飛鳥さん [ビデオ(邦画)] 3点(2014-04-24 18:33:47)
52.一歩間違うとへんてこファンタジーになるところだけど、とにかくピアノとダンスシーンだけで切ない物語になっている。
nojiさん [地上波(邦画)] 7点(2013-06-08 11:41:36)
51.《ネタバレ》 確かダンカンが登場するシーンを観て、「この映画、ヤバイかも・・・」と思ったら案の定でした。オチもトホホだし、評価できるところは何ひとつありませんでした。
ramoさん [ビデオ(邦画)] 0点(2011-07-05 00:25:03)(笑:1票)
50.《ネタバレ》 One more time,One more chanceが大好きなので観賞してみましたが…
最後の歌唱はやはり素晴らしいし
雰囲気もあり主演のまさよしさんも所々でいい味を出してはいたと思うんですが
話の展開(というかオチ?)は正直最初の何分かで分かってしまうし
長いプロモだったとしても曲や歌詞とは印象が少々異なり
納得いかない感じがしました。
せめてヒバナの女優がもう少し魅力的ならば…
なこちんさん [DVD(邦画)] 5点(2010-12-14 05:12:10)
49.「one more time, one more chance」のできるまでを描いたファンタジー。田舎とキャベツ畑、バレリーナの美少女、落ちぶれ気味のミュージシャンと、素材は完全に野暮ったい。お話自体も野暮ったい。しかし、それと同時に実に美しい。これで、音楽がヘボかったらダメダメなんだろうけど、これは完全に曲の勝利。山崎まさよしに主演たる存在感があったのも大きい。でも、この曲ってもっと都会的なイメージだったんだけどな。
すべからさん [DVD(邦画)] 7点(2009-08-02 23:35:36)
48.火花の子は良かったと思いますよ
マーガレット81さん [地上波(邦画)] 5点(2007-03-05 16:35:41)
47.長いPVだな。
話はそんなに面白くはないけど、山崎まさよしの演技が意外にも良くて、
いや、別に上手いというわけではないんだけど、なんか自然体な感じで嫌味がない。
そんなわけで、見るのが苦痛ということもなく、粛々とラストを迎えるのだけど、
やっぱり名曲ってのは心を揺さ振りますね。
曲だけの評価なら満点、作品全体としてもそんなに悪くはないと思います。
もとやさん [DVD(邦画)] 6点(2007-03-04 22:58:34)
46.《ネタバレ》 エンディングシーンで「One more time、One more chance」を
使いたいから作った作品に思えた。こういう雰囲気で作りたいだろうなぁとは
分かるけど物足りない感じがする。
なにより主役の二人が演技が素人なので入りこめなっかった....
ビバ!ロック!さん [DVD(吹替)] 3点(2006-12-20 11:05:35)
45.まさやんの歌にはシビレタ~。
ジマイマさん [ビデオ(邦画)] 6点(2006-08-25 12:42:35)
44.年末の紅白で久しぶりに「One more time,One more chance」を歌う山崎まさよしをみて、改めて感動した。名曲というものは、時間が経っても色あせないものだということを実感しました。山崎まさよしの自然体の演技がとても良かったように思います。映画の出演が決まってからつくったのでしょうか、映画の内容にとてもぴったりはまっていて、まさにこの名曲のための映画ですね。人を本当に好きになったときの切ない気持ちを思い出させてくれます。恋愛映画としては使い古されているストーリーだったように思うけど、この映画はなんと言っても山崎まさよしによる山崎まさよしのための映画なので、ファンであれば一度はみておくべきでしょう。
稲葉さん [DVD(字幕)] 5点(2006-01-30 11:15:02)
43.「One more time,One more chance」やっぱりいい曲だ。山崎まさよしの朴訥な演技もなかなか味わいがありますが、鶴見辰吾の演技力には舌を巻きました。特に大きな起伏があるわけでもなく、淡々と流れるストーリーが良いです。土曜の夕方にぼんやりと観ていたい、そんな作品。
ライヒマンさん [ビデオ(字幕)] 7点(2005-11-27 22:41:58)
42.《ネタバレ》 山崎まさよし大好きです。映画を見るより先に「One more time~」の曲を知っていたので、曲を聴く度に映画を思い出すことにならずにホッとしました。大好きな曲なのでイメージがつくと淋しいですから。このテーマ曲の歌詞はストーリーとミスマッチです。お話は大島弓子的で火花が出てきたときに、来たなとオチが見えてしまいました。音楽に合わせて踊るシーンきれいでしたが、急に音楽が聞こえると反射的に踊ってしまう、いなかっぺ大将の大左ェ門を思い出してしまい、音楽が始まる→踊るぞって感じで、真剣に見られなくなりました。
omutさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2005-09-27 20:48:47)
41.《ネタバレ》 終始退屈で途中で見るのをやめようと思ったけど、不覚にも最後の花火の熱唱に泣きそうになってしまった。山崎まさよしの少々長いPVとして見たら出色の出来と言えるかも。
NINさん 5点(2004-11-26 15:51:35)
40.行き詰ったミュージシャンが謎めいた美少女に出会い、田舎の自然の中で再起を遂げていく物語。恐ろしく長い「One More Time, One More Chance」のビデオ・クリップって感も無きにしも非ずですけど、また、山崎まさよしがアイドルなのかどうかも別として、本作みたいな映画こそが「アイドル映画」と呼ばれるジャンルの基本形でしょう。ミュージシャン本人の歌を物語に絡め、その歌うシーンがクライマックス。全く新味も捻りも無いつまらない話ながら、ファンも満足の仕上がりだと思います。これでヒロインが蒼井優だったらと思うのは、無い物強請りとゆーものでしょうか、5点献上。
sayzinさん 5点(2004-10-29 00:34:25)
39.好きです、この映画。
あしたかこさん 8点(2004-09-17 17:34:53)(良:1票)
38.この映画を見てずいぶん時間がたった今でもこの映画の風景を思い出す。あの美しい自然の中でおりなす、ありそうでない二人の生活がとても理想的なもののように感じた。ラストの「one more time,one more chance」の曲ですべてが繋がり、淡い恋のような切なさにとても感動した。俳優の山崎まさよし、とても自然で最高です。
はげねずみさん 10点(2004-08-15 02:29:20)
37.音楽がよかった。まさよしくんもいい味だしてました。
原っぱの絵とか、いろいろきれいな絵があってすごく好きだった
個人的にはもうちょっと、女の子を可愛い子にして欲しかった。あの子もかわいいけど、もうちょとちがった可愛さが欲しかった
ellyさん 7点(2004-06-11 10:36:23)
36.別に山崎ファンじゃなくても楽しめると思うんだけどなぁ。ロケーションが良い。2人の関係も良かったし。ラストシーンはやっぱ泣けるよなぁ。何度見ても胸が締め付けられる
切ない作品ですね。
KINGさん 8点(2004-06-08 22:54:49)
35.《ネタバレ》 うーん、そうですねー。月=少女=神秘、キャベツ=花火=生ってことで、想いを胸にキャベツに羽根をつけるためにやって来る少女。地球の鼓動を表現したダンスは、キャベツの成長=花火が曲を作ることへの祈り。勝手にそう解釈しましたが、確かにラストの「one more time,one more chance」は、ほっといても切ないこの曲がさらに切ないです。しかし・・・落ち着いて美しい映像表現には見るべきものはありますが、山崎まさよしPV感は脱却できるものではないですね・・・。
彦馬さん 5点(2004-05-16 20:15:19)
34.ストーリー的にはありがち。あまりひねりがない。だけど、彼の歌が最高に良い。こんなにもこころにひびく歌ってないよ。この映画のなかで初めて聞けて良かったと思います。
ちゃこさん 7点(2004-04-15 20:12:02)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 53人
平均点数 6.25点
011.89%
123.77%
211.89%
335.66%
423.77%
5713.21%
6815.09%
71528.30%
8713.21%
947.55%
1035.66%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.50点 Review2人
2 ストーリー評価 4.60点 Review5人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review4人
4 音楽評価 8.42点 Review7人
5 感泣評価 5.75点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS