日本一短い「母」への手紙のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ニ行
 > 日本一短い「母」への手紙
 > (レビュー・クチコミ)

日本一短い「母」への手紙

[ニホンイチミジカイハハヘノテガミ]
1995年【日】 上映時間:117分
平均点:5.40 / 10(Review 5人) (点数分布表示)
公開開始日(1995-11-23)
ドラマ小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2022-02-15)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督澤井信一郎
助監督香月秀之
キャスト十朱幸代(女優)水島多恵
裕木奈江(女優)前原真紀
原田龍二(男優)前原宏
末永遥(女優)前原真紀
鈴木砂羽(女優)吉村由美子
天宮良(男優)篠原
別所哲也(男優)坂田裕二
原日出子(女優)坂田光子
藤田敏八(男優)斉藤教授
勝野洋(男優)医師
江守徹(男優)川田
村井国夫(男優)島村
淡路恵子(女優)房江
加藤治子(女優)清水郁江
小林稔侍(男優)前原道夫
脚本澤井信一郎
音楽坂田晃一
作詞さだまさし「秋桜」
作曲さだまさし「秋桜」
主題歌山口百恵「秋桜」
撮影木村大作
企画坂上順
配給東映
美術桑名忠之
編集西東清明
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.作るほうは一生懸命でも、見てる方は思い切り脱力しました。なんかこの時代の邦画ってこんなのだったんだなあと思い出しました。
紫電さん [DVD(邦画)] 2点(2022-02-14 17:16:19)★《更新》★
4.子供の頃に分かれた母親と父の死をきっかけに再開するが,なかなか素直になれない娘・・・みたいなありがちなパターンではあるが,結構良かったです.十朱幸代のおかげでしっかりとしたドラマに仕上がっています.
マー君さん 7点(2004-06-16 20:28:50)
3.裕木奈江の演技はあれでいいんでしょうか?(苦笑)話的には嫌いじゃないけど、(母子ものに弱い)でも本を読んでたほうがずっと奥行きがあって良いです。あの程度なら映画にした意味ないです。はい。
もちもちばさん 5点(2003-07-16 02:27:47)
2.何より嬉しかったのは、裕木奈江が主演だったってこと。全く前情報を得ずに観たんですが、その点に関しては全くの儲けものです。でも個人的にはこう言う作品、苦手なんだよなぁ~~~
イマジンさん 6点(2002-02-14 20:28:08)
1.なんかタイトル的にも感動ものっぽいでしょ?そーなんです。けっこう感動のセリフやシーン、パターンなど定番通りでおもしろいですよ。原田龍二演じるヒロシはやさしくていいやつすぎです。お姉さん役の人も綺麗なひとです。全体的には女性陣のレベルはけっこういい線です。主題歌が山口百恵なんですがけっこういいです。はじめて彼女の歌聞きました。最後にまとめるとやっぱりお母さんはいいもんだよねっていう映画です。
バカ王子さん 7点(2002-01-07 17:52:01)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 5.40点
000.00%
100.00%
2120.00%
300.00%
400.00%
5120.00%
6120.00%
7240.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS