Menu
 >
 >
 > 未知との遭遇

未知との遭遇

Close Encounters of the Third Kind
1977年【米】 上映時間:135分
平均点: / 10(Review 191人) (点数分布表示)
ドラマSFファンタジー
[ミチトノソウグウ]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2016-12-04)【イニシャルK】さん
公開開始日(1978-02-25
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督スティーヴン・スピルバーグ
演出バディ・ジョー・フッカー(スタント・コーディネーター)
キャストリチャード・ドレイファス(男優)ロイ・ニアリー
フランソワ・トリュフォー(男優)クロード・ラコーム
テリー・ガー(女優)ロニー・ニアリー
メリンダ・ディロン(女優)ジリアン・ガイラー
ボブ・バラバン(男優)デヴィッド・ローリン(通訳)
ランス・ヘンリクセン(男優)ロバート
カール・ウェザース(男優)MP
ショーン・ビショップ(男優)ブラッド・ニアリー
ジャスティン・ドレイファス(男優)トビー・ニアリー
メリル・コナリー(男優)チームのリーダー
フィリップ・ドッズ(男優)ジーン・クロード
ケイリー・グッフィ(男優)バリー・ガイラー
ロジャー・アーネスト(男優)ハイウェイのパトロールをしていた男
F・J・オニール(男優)ARPのプロジェクトメンバー
フィル・ドッズ(男優)ARPの音階演奏者
ランディ・ハーマン(男優)墜落した「19戦闘機」の隊員1
ハル・バーウッド(男優)墜落した「19戦闘機」の隊員2
マシュー・ロビンス(男優)墜落した「19戦闘機」の隊員3
デヴィッド・アンダーソン(男優)航空管制官2
ジョージ・ディセンゾ(男優)ベンチリー少佐
アレクサンダー・ロックウッド(男優)移住者1
リチャード・L・ホーキンス(男優)航空管制官2
ウォーレン・J・ケマーリング(男優)ワイルド・ビル
エイミー・ダグラス(女優)移住者2
エイドリアン・キャンベル(女優)シルヴィア・ニアリー
樋浦勉ロイ・ニアリー(日本語吹き替え版【1982年テレビ朝日】)
金内吉男クロード・ラコーム(日本語吹き替え版【1982年テレビ朝日】)
藤田淑子ロニー・ニアリー(日本語吹き替え版【1982年テレビ朝日】)
仲村秀生デヴィッド・ローリン(日本語吹き替え版【1982年テレビ朝日】)
小原乃梨子ジリアン・ガイラー(日本語吹き替え版【1982年テレビ朝日】)
山寺宏一ロイ・ニアリー(日本語吹き替え版【1999年テレビ朝日】)
松橋登クロード・ラコーム(日本語吹き替え版【1999年テレビ朝日】)
仲野裕デヴィッド・ローリン(日本語吹き替え版【1999年テレビ朝日】)
川田妙子(日本語吹き替え版【1999年テレビ朝日】)
銀河万丈ワイルド・ビル(日本語吹き替え版【1999年テレビ朝日】)
山野史人プロジェクトリーダー(日本語吹き替え版【1999年テレビ朝日】)
脚本スティーヴン・スピルバーグ
ハル・バーウッド(ノンクレジット)
マシュー・ロビンス(ノンクレジット)
音楽ジョン・ウィリアムズ[音楽・1932年生]
撮影ラズロ・コヴァックス(追加撮影監督)
ウィリアム・A・フレイカー(アメリカ班撮影)
ヴィルモス・ジグモンド
ダグラス・スローカム(インド班撮影)
ジョン・A・アロンゾ(追加撮影監督)
スティーヴン・ポスター(第二班撮影監督)
ニック・マクリーン(カメラ・オペレーター)
レックスフォード・メッツ(第二班撮影監督〔ノンクレジット〕)
ロビン・ヴィジョン(カメラマン助手〔ノンクレジット〕)
製作ジュリア・フィリップス
マイケル・S・フィリップス
コロムビア・ピクチャーズ
制作東北新社日本語版制作(日本語吹き替え版【1982年テレビ朝日/1999年テレビ朝日】)
配給コロムビア・ピクチャーズ
特撮スティーヴン・スピルバーグ(視覚効果)
ダグラス・トランブル(特殊撮影効果スーパーバイザー)
ケヴィン・パイク(特殊効果〔ノンクレジット〕)
デニス・ミューレン(UFO撮影)
リチャード・ユリシック(撮影効果班撮影監督)
美術カルロ・ランバルディ(異星人デザイン)
ジョー・アルヴス(プロダクション・デザイン)
ダン・ペリ〔タイトル〕(タイトル・デザイン)
編集マイケル・カーン
録音ケネス・ワンバーグ(音楽編集)
ロバート・ニュードスン
ジーン・S・キャンタメッサ
ドン・マクドゥーガル
日本語翻訳木原たけし(日本語吹き替え版【1982年テレビ朝日】)
スタントボビー・バス(ノンクレジット)
バディ・ジョー・フッカー(ノンクレジット)
クレイグ・R・バクスリー(ノンクレジット)
その他ジュリエット・テイラー(キャスティング)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
191.未知のものへの期待は共感できるが、単純に面白みがないし、訴えるものが分からなかった。
さわきさん [地上波(吹替)] 4点(2016-12-22 18:21:32)
190.《ネタバレ》 たんたんとストーリーが続き、メリハリが無く、本当にスピルバーグの映画かと思ってしまった。非現実的なストーリーに見えて、実は現実的な映画。幼稚な地球人どもよ、何を言わんとしているのか今に分かるであろう。

※この映画、画像が綺麗なのか、汚いのか分からん。
festivaljapanさん [DVD(字幕)] 5点(2016-11-06 06:20:05)
189.《ネタバレ》 劇場で観たのは中2の夏休み。美しい映像にびっくりして、当時の日本とアメリカの特撮技術の差に絶望したしたのははっきり覚えているんだけど、ずっとこう何というか釈然としないものが残りました。結局宇宙人たちは数十年前勝手に地球人を連れ去ったこと(これって拉致監禁って言うんじゃあ…)について何一つ謝罪はしない。そもそも連れてった理由も何もわからないし、今更解放しても遺族はもうみんな亡くなってるだろうし。(拉致した軍人たちが歳を取ってないのは相対性理論を意識しての演出だろうけど)そういう無礼極まりないエイリアンと平和的にコンタクトを取れたと勘違いして喜んでる地球側の科学者たちもどうかと思うぞ。その気になれば地球人なんかいつだって戦闘機ごと拉致できるんだぞっていう圧倒的な力の差を見せに来ただけなんじゃねーのかと思ってしまう。大統領に向かって「死ね」とのたまうインデペンデンスデイのエイリアンの方がよほど素直だと思うのだがどうか。ひねくれすぎでしょうか?
S.H.A.D.O.さん [映画館(字幕)] 4点(2016-10-27 23:47:28)(良:1票)
188.不思議な物語なので、公開当時に映画館で見ていれば、熱狂できたかもしれませんが、映像の面などでは現代の技術に置き換えれば、特に優れているということではありません。少しホラーチックな作りだといえます。誰が何の目的で行動するのか、そういったことが不明瞭ですので、物語としては物足りなさを感じました。
shoukanさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2016-10-09 20:06:02)
187.もちろん何回か観ている映画。
スティーヴン・スピルバーグは日常のちょっとしたことを描くのは上手いんだと思う。そして、彼にとって日常に非現実的な世界が入り込むことを表現することが重要なテーマとして浮かんでいたのだろう。
この作品は物語として考えるものではなく状況としての表現であって、それが不思議な調和をもたらしている。新世紀の始まりか。
終盤への期待とそれに応える展開に対してどう思うか、それが評価に繋がる。
simpleさん [CS・衛星(吹替)] 7点(2016-08-24 20:23:03)
186.《ネタバレ》 ああ。これを見逃してたんだなぁ。

「ソ・ラ・ファ・ファ(1オクターブ下)・ド」(≧∇≦)
JFさん [DVD(字幕)] 7点(2015-08-28 22:11:50)
185.《ネタバレ》 面白いか面白くないかと言われたら面白くはない。
ストーリーというより映像を楽しむSF映画じゃないかな。
眩しすぎてサングラス欲しかったもん。
あと宇宙人は出してほしくなかった、あちゃ~って感じ。
UFC196.さん [地上波(字幕)] 5点(2015-08-26 23:14:08)
184.《ネタバレ》 正直言って退屈したが、決してつまらない映画ではなかった。社会から爪弾きにされてしまった主人公が、執念でUFO・グレイと対面し、彼らに選ばれて地球を後にする。俺はお前らには嫌われてるけど、宇宙人には認められてんだよ!文句あるか!って感じですね。そうですよ。生きる道は自分で見つけないとね…。
カニばさみさん [インターネット(字幕)] 6点(2015-02-22 05:39:35)
183.何と言っても円盤の長写しシーンの荘厳な事。当時のSF映画の最高峰では有るけれど、今観ても遜色ないと思います。幼い頃にこれ観て初めて宇宙人も全てが悪者ではないのかもと思ったなぁ。
movie海馬さん [地上波(邦画)] 7点(2014-12-04 20:41:23)
182.《ネタバレ》 スピルバーグにしては少し退屈な映画だったが、あの宇宙船のインパクトは凄い。
キューブリックで言えば「2001年宇宙の旅」とも言える最も退屈な部類の映画であり、最も魅力的な一篇と言える。
ハワード・ホークスとクリスティアン・ナイビイが組んだ「遊星よりの物体X」を思い出すセリフやシーンがある。
ジョン・カーペンターは「遊星からの物体X」として地球外生命と戦う映画を継承したが、スピルバーグは「遊星よりの物体X」で研究資料として我が物にしようとする・・・いや、地球外生命との相互理解の可能性を模索したキャリントン博士の心持でこの作品を撮った。トリュフォーは正にキャリントン博士。しかし、劇中のトリュフォーは「話せば解り合える」という面持ちでコンタクトを試みる。まるで「野性の少年」と心が信じると最後まで願ったように。
「Watch the sky」のセリフも「遊星よりの物体X」に因む。
今までファースト・コンタクトを描いた作品の人類は、大抵襲われ、戦う事になる。
ロバート・ワイズの「地球が静止する日」ですら戦いは避けられなかった。
だが、スピルバーグはこの作品と「E.T.」で戦いの無い、“旅人と現地人の平和な交流”を描く事を選択する。こんなにも意味あり気に盛り上げておいて、ハッピーに終わらせるファーストコンタクトものはこの映画くらいか。
「蜘蛛巣城」を思い出す序盤で砂漠の中に現れる謎の物体。
「十戒」も「五戒」まで、この映画を「未知との遭遇寸前」まで見れた人間はけして多くないだろう。
ホラーテイストで未知の脅威を描いていく様子はスピルバーグのB級魂を強く感じる。
というより、B級とされる娯楽映画を超A級に押し上げたのはまぎれもなくスピルバーグです。
俺に言わせりゃジャン・ルノワールやハワード・ホークスといったアメリカ映画の傑作群の再評価を推し進めたのは、ゴダールやトリュフォーといったヌーヴェルヴァーグよりもスピルバーグやジョン・カーペンターの影響の方がよっぽど強いと思うのだけれど。
そんなトリュフォーとスピルバーグが組んだ同人的映画がこの「未知との遭遇」である。
UFOを追うトリュフォーの同人クラブ。
ファースト・コンタクトのシーンを見るだけでもこの映画を見る価値があるぜ。本当にデケえ。
「激突!」や「ジョーズ」で散々見えない恐怖を描いてきたスピルバーグが、この映画ではあっさりと映してしまう。
すかあふえいすさん [DVD(字幕)] 8点(2014-10-27 18:59:09)
181.《ネタバレ》 初鑑賞、古い作品なのでなかなか手が出ていなかったがもっと早くに見れば良かった。 
宇宙人との接触を描いた映画で、いつもいつも不満に思っていたのが一気に解消された。 
仮にエイリアンがいるとすれば人類とは比べ物にならないほどの知性・技術があって当然なのに、
多くの映画でエイリアン側は大抵馬鹿みたいな攻撃をしてきて、そして毎回人類にやられてしまうことに、いつも不満に思ってた。 
そして、人類側も科学的融和的なアプローチをせず、馬鹿みたいに戦おうとすることにいつも不満に思ってた。

こういう理知的で友好的な接触を描いた映画がなぜこうも少ないのか… 

ただ、難点をあげるとするとエイリアンの造形は陳腐だったかな。 
じゃあ、どういう姿形なら良いかと言われると他に思いつかないけども… 

あと演出は神がかっているから、30年以上前とは思えないほどの映像ではあるんだけど、
やはりUFOの描写など、現代のCGに見慣れてしまうとチープに見える部分があるのは否めない。
ポトフさん [ブルーレイ(字幕)] 9点(2014-09-22 03:21:18)
180.《ネタバレ》 As an opening act of another Film Forum series titled as "SON OF SUMMER SCI-FI, FANTASY & HORROR" in 2013. Thanks to the new 35mm print, the color quality was superb!

When I didn't understand the first sentence of this title's introduction on their brochure, which was "Five musical notes heard around the world", it has become clear that the fact that I haven't encountered this famous Spielberg title yet. This was released five years ahead of another story directed by him for "all generations". It was for sure that this one was for a bit more matured generations, it jumps around all sort of touchy subjects, such as family, religion, politics, and even psychiatric ones. I can understand whole a lot better now with the knowledge of the actual distance between Indiana and Wyoming. : )

My own trivia was one year younger "Apollo", Carl Weathers, as a military personnel. And also, I believe Vincent Schiavelli, who is famous as a subway ghost, was playing a policeman although he was not in the credit. Do I have to watch this again? Maybe, when I have to search for the importance of this finding. Remember his words whenever you feel an extra terrestrial implanted an image to someone's brain, try sculpting, not just drawing!! Some music skills will also a plus!!! : )
keiさん [映画館(字幕なし「原語」)] 7点(2014-04-16 09:23:03)
179.《ネタバレ》 劇場で観なければ、評価してはいけない映画

エンドロールを見ながら、なぜか涙が…
中3のとき劇場公開された作品。監督はスティーブン・スピルバーグ。前作「ジョーズ」で世界興行を塗り替えて注目された。その、ジョーズにつぐ新作は映画の内容を極秘にして公開された。
なぜなら、異星人とのリアルなファーストコンタクトを初めて描いた=観客に体験させる映画だったからだ。

衝撃音とともに暗闇から明転する冒頭から、超常現象的な恐怖さえ感じる前半、ドキュメンタリータッチでサスペンスフルな中盤、そして光と音、SFとファンタジーが一体となった壮大なファーストコンタクト。
まさに、ビデオ以前の時代だからこそ誕生した、巨大スクリーンと70mmフィルムの超大作シネラマ映画だった。

同じSFで、ほぼ同時期に公開された「スター・ウォーズ」も劇場で鑑賞したが、当時の私の評価は断然「未知との遭遇」が上だった。「スター・ウォーズ」は大ヒットしていて劇場は満員立ち見で印象が悪かったのかも知れないが。笑

さて、「未知との遭遇」の主人公のロイは勤勉な電気技師だがアニメや模型が好きだったりと子供のような一面がある。濃くはないがライトなオタク系だ。
アメリカの青年の中では立場の低いオタク系男子の成人した姿。それは監督自身の姿でもある筈。

映画が公開された1977年の日本は、まだアニメブームの夜明け前。とは言え、オタク文化の基礎は作られつつあって音楽やアート、マンガやアニメ、SFなどは急速にハイレベル化し専門の雑誌も創刊され、高校生、大学生に与える影響も大きくなっていた時期。
だが、高度成長期を生きてきた当時の親世代は財産を蓄え家族の安定を人生の目標としていたので、当然、ジェネレーションギャップが生じ「親たちの普通」へ子供を矯正しようとした。

ロイに起こった遭遇事件はスクリーンのこちら側の観客だけが知っている事実で、彼の言動は安定志向の妻や子供には理解されない。自分の夢を身近な家族に理解してもらえず孤立してしまう。
漠然と映画やアート系の仕事を目指していたけれど親の猛烈な抵抗にあった当時の私にとって、ロイ・ニアリーは心情的に共感できる人物だったんだと思う。

映画オタクだったスピルバーグ青年がスタジオシステムの中で「ジョーズ」を成功させるまでにも多くの抵抗勢力があったに違いない。
「障害を振り払い平穏を捨ててでも進まない限り、夢には到達できない。」と、映画を通してスピルバーグは叫んでいたのだと思う。それが、中3の私にも何となく伝わって涙がでたのかも知れない。
今の私の仕事はこの映画に遭遇した結果なので、個人的に貴重な作品。そういう意味でこの評価です。
墨石亜乱さん [映画館(字幕)] 9点(2014-04-07 18:34:31)(良:3票)
178.《ネタバレ》 主人公のロイは全ての大人が一度は抱くであろう憧れと恐怖の象徴だと思います。つまり家族も仕事も金も何もかも全てを捨てて新しい世界に旅立つという選択そのものです。実際には出来るわけない選択だし、それが正しい選択だとは思えないけれど、UFOと遭遇してしまってからの主人公のパラノイアを延々と見せられるので「そういう選択をしても仕方がないかも知れない」と思ってしまうところがこの映画の怖いところでした。
それにしても結局SF映画って魅せ方の問題ですよねー。CGなんて無い特撮だけの時代でも、これだけ古さを感じない画作りは可能なんだ。
民朗さん [DVD(字幕)] 7点(2013-06-04 00:12:54)
177.《ネタバレ》 結局何だったんだろう・・・。神秘体験だ。好奇心旺盛で攫われた男の子がいるが、あれはスピルバーグを投影してるんだろうなと思った。
VNTSさん [インターネット(字幕)] 8点(2013-03-18 21:06:10)
176.《ネタバレ》 ファイナル・カット版。E.T.もそうだし、友好的な宇宙人像をこれを初めて撮ってますよね。スピルバーグ監督、これだけ、攻撃も何もなく、平和裏かつ神秘的にに宇宙人との交信を行ったのはまれで、なんか、それだけかもしれないが、そこがいい。
minさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2013-02-04 20:56:03)
175.《ネタバレ》 SF巨匠の原点。音波によるUFOとの交信は異様ですが神秘的で印象に残るシーンです。エイリアンそのものの姿ははっきりと見せずシルエットで表現し不気味さを際立たせています。中身は薄いですが当時としてはよく撮れていると思います。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 6点(2013-01-06 23:07:22)
174.《ネタバレ》 スピルバーグで初めて面白い!と思った作品。最後の交信は忘れられない
amierさん [DVD(字幕)] 10点(2012-12-26 17:00:54)
173.『ジョーズ』の成功で映画を自由に撮れる立場となったスピルバーグが、自身のオリジナル脚本をスタジオに持ち込んで監督した唯一の作品(スピは他に『A.I.』の脚本も執筆しているものの、そちらはキューブリックのアイデアを具体化しただけのもの)。かけられた製作費は『スター・ウォーズ』の2倍、『ジョーズ』の3倍であり、当時としては史上最大規模のSF大作だったわけですが、若干30歳にして一大プロジェクトの陣頭指揮を執り、大勢のベテランスタッフを動かして映画を完成させたスピの手腕は驚異的だと思います。また、彼の演出も絶好調。それまでは『激突』や『ジョーズ』などサスペンスアクションの分野で才能を発揮していたスピが、はじめて大規模な見せ場を含むSFに挑戦した作品だったわけですが、初めての経験ながらも彼の演出は堂々たるものです。後の『ジュラシック・パーク』も『宇宙戦争』も本作の演出を繰り返しているのみであり、この時点でスペクタクル演出の基礎を完成させていたという天才ぶりには驚かされます。才能とは恐ろしいものです。。。
以上、スピ演出のレベルの高さは認めるものの、映画として好きかどうかと聞かれると、個人的にはそれほど好きな映画ではありません。リチャード・ドレイファス演じる主人公ロイがあまりにウザすぎたのがその原因で、子供を3人も抱え、美人で優しい奥さんがいるのにUFO追跡に固執し、騒動の最中に出会ったシングルマザーと良い仲になるという自己中心的な人物を受け入れることができませんでした。この主人公については、小学生だったスピを残して家を出た父親像が投影されており、あえて否定的に描かれているというフシもあるのですが、それにしてもこの人物のウザさは異常。彼が家庭をブチ壊す様を見せられた後にファーストコンタクトだ、宇宙の神秘だと言われても、素直に感動することが出来ませんでした。彼は脇役の一人に留めておいて、より観客が共感しやすい人物を主人公とすべきだったと思います。
ザ・チャンバラさん [DVD(吹替)] 5点(2012-08-06 01:07:21)
172.本当に遭遇しただけで終わってしまった。ストーリーはよく分からないシーンがずっと続き全く持って意味不明だし雰囲気だけで押されてるような印象。映像は綺麗だったけど今観るとなあ。30数年も前の映画にそんなこというのも野暮なんでしょうか。今観るにはちょっと辛い。
ケ66軍曹さん [DVD(字幕)] 4点(2012-03-30 05:48:11)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 191人
平均点数 6.72点
042.09%
121.05%
252.62%
352.62%
42110.99%
5178.90%
62010.47%
74221.99%
82814.66%
92010.47%
102714.14%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.30点 Review13人
2 ストーリー評価 6.33点 Review15人
3 鑑賞後の後味 6.23点 Review13人
4 音楽評価 7.21点 Review14人
5 感泣評価 5.81点 Review11人

【アカデミー賞 情報】

1977年 50回
助演女優賞メリンダ・ディロン候補(ノミネート) 
監督賞スティーヴン・スピルバーグ候補(ノミネート) 
撮影賞ヴィルモス・ジグモンド受賞 
作曲賞(ドラマ)ジョン・ウィリアムズ[音楽・1932年生]候補(ノミネート) 
視覚効果賞ダグラス・トランブル候補(ノミネート) 
視覚効果賞リチャード・ユリシック候補(ノミネート) 
音響賞ドン・マクドゥーガル候補(ノミネート) 
音響賞ロバート・ニュードスン候補(ノミネート) 
音響賞ジーン・S・キャンタメッサ候補(ノミネート) 
美術賞ジョー・アルヴス候補(ノミネート)美術
編集賞マイケル・カーン候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS