プリティ・プリンセスのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > プリティ・プリンセス
 > (レビュー・クチコミ)

プリティ・プリンセス

[プリティプリンセス]
The Princess Diaries
2001年【米】 上映時間:115分
平均点:6.30 / 10(Review 80人) (点数分布表示)
公開開始日(2002-01-26)
ラブストーリーコメディシリーズものファミリーロマンス小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2012-10-28)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ゲイリー・マーシャル
助監督エレン・H・シュワルツ
キャストアン・ハサウェイ(女優)ミア・サーモポリス
ジュリー・アンドリュース(女優)クラリス・レナルディ女王
ヘクター・エリゾンド(男優)ジョー
ヘザー・マタラッツォ(女優)リリー・モスコヴィッツ
マンディ・ムーア〔女優〕(女優)ラナ・トーマス
キャロライン・グッドオール(女優)ヘレン(ミアの母)
ロバート・シュワルツマン(男優)マイケル・モスコヴィッツ
エリック・フォン・デットン(男優)ジョシュ・ブライアント
サンドラ・オー(女優)教頭先生
キャサリーン・マーシャル(女優)シャーロット・キャサウェイ
ジョエル・マクラリー(男優)モターズ首相
ショーン・オブライアン(男優)パトリック・オコーネル
トレイシー・ライナー(女優)報道官 スペンサー
ラリー・ミラー(男優)パオロ(ノンクレジット)
パトリック・フリューガー(男優)Jeremiah Hart
甲斐田裕子ミア・サーモポリス(日本語吹き替え版)
谷育子クラリス・レナルディ女王(日本語吹き替え版)
永澤菜教リリー・モスコヴィッツ(日本語吹き替え版)
野島健児マイケル・モスコヴィッツ(日本語吹き替え版)
麦人ジョー(日本語吹き替え版)
原作メグ・キャボット「プリンセス・ダイアリー」(河出書房新社)
脚本ジーナ・ウェンドコス
音楽ジョン・デブニー
挿入曲マンディ・ムーア〔女優〕"Stupid Cupid"
アーロン・カーター"Little Bitty Pretty One"
バックストリート・ボーイズ"What Makes You Different (Makes You Beautiful)"
撮影カール・ウォルター・リンデンローブ
製作ホイットニー・ヒューストン
エレン・H・シュワルツ(共同製作)
マリオ・イスコヴィッチ
デブラ・マーティン・チェイス
ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
配給ブエナビスタ
美術キャティ・マキシー
ジェームズ・J・ムラカミ(セット・デザイナー)
衣装ゲイリー・ジョーンズ[衣装]
編集ブルース・グリーン[編集]
字幕翻訳細川直子
その他ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ(提供)
あらすじ
母子家庭で育ち、サンフランシスコの普通のハイスクールに通うミア(A・ハサウェイ)は目立つことが大嫌い。ディベートの授業でもスピーチができなくて、みんなの笑いものだった。そんな彼女にも憧れの男の子がいるのだが、勇気がなくて話しかけることすらできない。ところがある日、父方の祖母(J・アンドリュース)がミアに会いにくる。祖母はなんとヨーロッパの小国、ジェノヴィア王国の王女。そしてミアが直系唯一の王位継承権をもつという。そんなこんなでミアの地味な生活が一転、アメリカ中から注目を集めてしまうことに……。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
80.《ネタバレ》 この映画ではゲジゲジ眉毛のさえない高校生を演じていたのに、後に様々な映画に出演して評価される女優さんになるとは…と感慨深くなってしまう。
ゆっきーさん [DVD(字幕)] 6点(2018-05-04 17:38:45)
79.《ネタバレ》 アン・ハサウェイは可愛いけど、ただそれだけ。
プリンセス修行は適当だし、話が脇道に逸れて繋がりが悪い。
髪型を変えて、眉毛を抜いただけでプリンセスになれるわけじゃないはず。
そもそもプリンセスになるという本人の明確な意思も感じられず、キスや車の方が大切という有り様。
しかも、キスの相手はチャラい男で、車は無免許で破壊。
そんな状態じゃ応援する気にもなれない。
チャラ男からマイケルに乗り換えたのは進歩だと思うけど、感動的なラブストーリーになってたとは思えない。
ラストの決断に導いた手紙も唐突な印象で、いまいち重みが無かった。
良かったのはリリーと猫くらいで、小ネタで笑えたのはさけるチーズのみ。
もとやさん [DVD(吹替)] 4点(2016-01-29 20:27:42)
78.《ネタバレ》 いかにもなディズニー映画で安心してみれる内容のティーンエイジャーもの。はっきりした起承転結、良い友人、悪い同級生、そして陰で支えてくれた相手と最後はやっぱりというかんじのハッピーエンド。アン・ハサウェイがかわいいんだが、プリンセスになってもイマイチあか抜けない。これが若さか。
シネマファン55号さん [インターネット(字幕)] 6点(2014-09-08 13:02:44)
77.《ネタバレ》 ○さすがゲイリー・マーシャル。この手の映画はお手の物。べたながら盛り上げ方がうまい。○この映画の一番の魅力はやはりアン・ハサウェイ。かわいいのは分かっているが、あえてダサくしてからの変身はもはやずるい。○ジュリー・アンドリュースとのやりとりも面白い。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-12-22 20:47:27)
76.ブレイクする前のアンハサウェイが主演の映画という以上のものではない。
みんな嫌いさん [DVD(字幕)] 5点(2013-07-07 23:12:57)
75.ディズニーの実写プリンセスは「魔法にかけられて」の前にコレがあったね。 ゲイリー・マーシャルは目鼻立ちの大きな女の子を華麗に変身させるのがお得意、10代のアン・ハサウェイは変身前・後でちがう可愛さ。 ふつうの娘がお姫様になるにあたってゲジまゆをブチブチ抜かれるのは少女マンガにもあり、スッキリまゆ毛は美人の基本。 ミアが芸術家のママと住むおうちがポップで、デカ猫ルイがアクセント☆ ディズニー作品は「メリ・ポピ」以来というジュリー・アンドリュースの気品あるグランマが映画の格を上げて、最後の舞踏会ではミアより優美なデコルテが素敵です。 男性陣があまりパッとしない中で「プリティ・ウーマン」の支配人へクター・エリゾントが存在感ありましたが、お話は軽めなので90分くらいでいいかも。 ディズニーは少女たちにプリンセス幻想を与え続ける存在。
レインさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2012-05-01 07:00:00)
74.《ネタバレ》 内気なトリ頭のメガネっ娘が少しずつ王女の品格を身に着けていき最後は見違えるようなプリンセス姿を披露、アン・ハサウェイは好演でした。物語は単調であまり印象にありません。
獅子-平常心さん [地上波(字幕)] 6点(2010-11-11 01:09:13)
73.《ネタバレ》  なんか他の男性と根本的に感性が違うみたい。自分も男性(しかもおっさん)だけど、すごく楽しめました。
 ぶっちゃけ、こんなぬるい筋の話、好きだということ自体が恥ずかしいんだけど、好きなものはしょうがないw。
 まず、なんと言ってもアン・ハサウェイ 最初の方本当に上手く地味に見せてましたね。それで変身後とのギャップが素晴らしい。
 それから、女王とジョーの渋いカップルもよかったし、リリー・マイケル兄弟の地味さ加減も好き。
 とにかく、キャストが完璧なら、ちょっとやそっとの脚本のぬるさは充分カバーできるんでは、とまで言いたくなる映画でした。

是非、DVD購入をお勧めしたい作品。いや本編がどうのこうのと言うんではなくて、おまけ映像のメイキングが素晴らしい。
アン・ハサウェイという(敢えて言わせてもらう)大女優が、どのようにして見いだされ、どのように成長していったか、そしてまだ磨かれる前の素材の彼女を
ジュリー・アンドリュースやホイットニー・ヒューストンがどんな風に評価したか。
アン・ハサウェイに少しでも興味がある人間だったら是非見てほしいな
rhforeverさん [DVD(字幕)] 8点(2010-01-03 13:33:15)
72.内容薄いなぁ。全部が全部都合のいい方へいい方へといっちゃいましてアン・ハサウェイもこのころはまだまだ未熟者、ジュリー・アンドリュースの存在が何よりも頼りって感じがしました。ゲイリー・マーシャルは成り上がり映画を撮るのがお好きなようでいい加減飽きてきた感を個人的に感じました。おきなりあなたは王女様ですって言われてもなぁ。。うーん、おバカ映画っぽく撮ればもっと楽しかったと思うんだけど硬すぎなので・・・、ちょっと残念でした。
M・R・サイケデリコンさん [DVD(字幕)] 5点(2009-05-08 11:57:15)
71.アン・ハサウェイ見たさに鑑賞。
まるで少女マンガのよう。
起承転結がはっきりしててお手本のような展開。
王女様役のお祖母ちゃんがやけに綺麗でオーラ丸出しな方だなと思ったら、サウンド・オブ・ミュージックの家庭教師の方とはビックリ。
よくよく調べたら70オーバーということでまたビックリ。


ひで太郎さん [DVD(字幕)] 6点(2009-02-04 12:10:20)
70.《ネタバレ》 主人公の心理描写が甘い点がありましたけど、小ネタ(いじけた男爵が花瓶を懐の中へ→すぐに取り返される等)が色々あって楽しめました。質感も高めです。
山椒の実さん [地上波(字幕)] 8点(2009-01-12 17:53:52)
69.《ネタバレ》 王道中の王道コメディの割には、妙にテンポが悪くてもたもたしていて、同じところを行ったり来たりしている感じです。敗因の第一は、内面の迷いや成長をきちんと切り取って表現していない点。なので、最後のスピーチも予定調和なだけです。第二は、冴えない女子高生がプリンセスになるという変化の過程で、訓練やギャップのディテールにこだわってない点。結局、王女になったって言っても、別に対して変わってないんじゃない?という気さえしてきます。
Oliasさん [ブルーレイ(字幕)] 4点(2009-01-12 02:53:58)★《更新》★
68.こういう映画はけっこう好き。 昔の少女漫画にありそうな、この設定さえあれば、それだけで映画の1本できちゃうでしょうしね。
ジュリー・アンドリュースが綺麗でビックリしました。この当時60代後半というのが信じられないほど。
P5さん [地上波(字幕)] 7点(2008-12-31 19:12:53)
67.《ネタバレ》 サンフランシスコの街並が美しく、旅情をそそります。ミアと祖母(=女王)が立食いしてたホットドッグ美味しそうです。王女へと驚く変身をとげたミアに対し、猫さんは始終堂々とマイペースで敬服しました。
gatto_grassoさん [地上波(字幕)] 7点(2008-12-16 18:08:25)
66.久々に3度目の鑑賞。いかにもディズニー映画らしく安心して観ていられる内容。普通の、いや、ダサめな女の子が実はプリンセスだとわかり、どんどん洗練されていく・・・まさにシンデレラストーリーwでも女の子ってこのパターン好きですよね♪嫌いじゃないですww初めて観た当時、娘にも是非観させてあげたかったのですが、漢字の読めない年齢だったので吹き替え待ちかなぁと思っているうちに年月が過ぎ、今回しっかりとハマって観てくれました。(冒頭でちょこっとストーリー解説したらハマって見入っていました。しめしめw)ティーン映画な展開が娘の今の年齢にジャストマッチだったのでしょう。この先主人公と同じような年齢になってしまったら「こんなのありえねぇ~」とか言うようになってしまうのではないかと思うので、その前に一緒に観ることが出来た事に感謝してプラス1点、そしてジュリー・アンドリュースの品の良さと女王のキャラクターに更にプラスして8点献上です。「2」もこれから親子で鑑賞します。
みーはーふぁんさん [CS・衛星(字幕なし「原語」)] 8点(2008-12-15 23:31:58)
65.内容に関係なくて恐縮ですが、いじめっ子役のマンディ・ムーアが正反対の立場で出てる映画を観たばかりでちょっと可笑しかったです。脇役のキャラが立ってていいですね。
色鉛筆さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2008-11-24 19:33:39)
64.変身前の方が良いと思う私は変でしょうか?マイケルとの絡み(心惹かれるところ)をもう少し入れてもらいたかった。
きままな狐さん [DVD(字幕)] 4点(2008-06-09 19:01:14)
63.ストーリーは一本道ですが、っていうか他のレビュワーの人の言うように薄いですが…ミアがだんだんプリンセスになっていくのがわくわくしますねぇ。こういうの好き。アン・ハサウェイかわいいし、ジュリー・アンドリュースは上品。ジョーと首相には次作でも活躍してほしいです。楽しんで見ました。
CEDFさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2008-01-20 20:35:20)
62.えらく薄っぺらい作りですが主演の2人の印象がいいのでなかなか面白い作品でした。2はどんな展開になるのか楽しみです。やっぱりハザウェイは若い時から凛としていて「華」がありますね。
たかちゃんさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2007-12-13 12:43:54)
61.《ネタバレ》 夢が売り物のディズニー映画だから、内向的だけど実は可愛い女の子が洗練されたプリンセスへと成長していくそんな夢のある作品!かとてっきり思ったんだけどなんだこりゃ。ありきたりのちゃちい青春安モノムービーじゃないですか。あんなチャラ男にのぼせたりする男を見る目の無さ、身分が明かされ一躍有名人になったら子供にサインなんかしちゃうあたり、どーもあの主人公には好感持てなかったです。それに「(生まれながらの)プリンセスのほうがマスコミを目指す自分よりも世間に影響力がある」なんてたとえそれが真実でもそんな白けることをお友達に言わせて欲しくなかったしね。そのあたりがこの映画にのめり込めなかった原因かな。
だいたい私には最初のカーリーヘア(?)に眼鏡でおどおどしている彼女の姿が一番可愛らしかったような気がするし。ま好みの問題なんでしょうが・・・
こんなつまんない映画に出ちゃうなんて、なんかジュリー・アンドリュース、泣けちゃうよな・・・口直しにメリー・ポピンズかサウンド・オブ・ミュージックを見直したくなりましたよ・・・
ぞふぃさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2007-11-16 17:33:25)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 80人
平均点数 6.30点
000.00%
100.00%
211.25%
345.00%
4810.00%
5911.25%
62328.75%
71518.75%
81215.00%
967.50%
1022.50%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.60点 Review5人
2 ストーリー評価 6.40点 Review5人
3 鑑賞後の後味 6.83点 Review6人
4 音楽評価 7.40点 Review5人
5 感泣評価 4.66点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS