DOORのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ト行
 > DOOR
 > (レビュー・クチコミ)

DOOR

[ドア]
1988年【日】 上映時間:95分
平均点:5.23 / 10(Review 13人) (点数分布表示)
公開開始日(1988-05-14)
ホラーサスペンスシリーズもの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2009-09-25)【すぺるま】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督高橋伴明
助監督平山秀幸
キャスト高橋恵子(女優)本田靖子
堤大二郎(男優)山川
脚本及川中
高橋伴明
撮影佐々木原保志
製作ディレクターズ・カンパニー
配給ジョイパック
特殊メイク原口智生
編集菊池純一
あらすじ
 本田靖子は専業主婦。マンションの7階。3人家族で仲良く暮らしている。日々の生活の中、特に大きな問題はない。まあ強いてあげるなら、このマンションやたらセールスが多い。電話、訪問、DM・・・。今日もセールスマンがやってきた。「奥さん、話だけでも聞いてください。・・・そうですか、じゃあパンフレット入れておきます。」・・・ガン!・・・「痛い、奥さん!何するんですか。ひどいですよ。」これがすべてのはじまりはじまり・・・
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
13.《ネタバレ》 キチガイ狂った堤大二郎がドアを蹴り続けた回数、お暇なので数えてみました。計何回だと思いますか?
はい、119回でした。軽く100回越えてましたよ ギネス申請でもいたしますか (当社調べです。) 

さて次に、高橋恵子ご婦人とキチガイ大二郎がドアの郵便受け越しに新聞を引っ張り合ったあの長い時間、一体何秒間引っ張り合ってたのかと思いますか? 
はい、55秒です。長っ ってか惜しいっ! どうせだったらあと5秒引っ張れよな 1分までもうちょいだったのに (はい、これも当社調べです。) 

あ、さて次ですね 
結局あのキチガイ男が、死んだ回数って何回だと思いますか? 
はい、答えは一回です そりゃそうですよね(これも当社調べです。)
3737さん [CS・衛星(邦画)] 8点(2017-11-17 21:47:14)(笑:1票)
12.《ネタバレ》  奥さんのほうが怖えーよ。
 まったく躊躇なし。
 終わってみれば奥さんはかすり傷ひとつでほぼ完勝。
 男が一番怖かったのは、一番最初。
 エレベーターで降りるのかと思いきや、再びドアの前まで戻り、無表情でドアを蹴りだしたシーン。今の時代、何かの拍子にこうなるくらいストレス抱えている人たくさんいると思います。
 後半はちょっと日常離れしすぎて、現実感なかったのですが、序盤は日常生活に起こっても不思議ではないことばかりなので、精神的な恐怖感が伝わってきました。
 男がドアを蹴っているときに、近くの部屋のおばあちゃんがその様子をのぞき見てはいましたが、関わろうとはしなかったところにも何となく空恐ろしさを感じます。
たきたてさん [DVD(字幕)] 7点(2012-04-28 05:08:34)(良:1票)
11.ストーカーを題材にしたサスペンス。当時の流行ものですな。
まあまあ面白かったのは状況設定を描いた序盤までで、後はストーカー行為が徐々に・・・という、
誰もが推測できるようなお決まりのパターン。
映画というよりは、まるでテレビのサスペンス劇場といった雰囲気だが、
何かよほど面白い設定やストーリー展開を付加させないと、今ではこの内容ではキツいか。
MAHITOさん [ビデオ(邦画)] 2点(2011-07-25 19:49:40)
10.些細な事でセールスマンの恨みを買った主婦(高橋恵子)。嫌がらせ、いたずら電話。男のストーカー行為が始まります。ポイントは主人公に頼る人がいなかったこと。夫は仕事で忙しいし、ご近所付き合いもあまりしていない様子。幼い息子を抱えて、彼女は精神的に追い詰められていく。ストーカー男のソフトな口調と突如として顔を出す凶暴性のギャップが不気味。緊張感ある展開が続きます。中盤まではかなり楽しめました。包丁で脅され貞操の危機に陥る高橋!いや、団地妻!!(この方がエロいので言い直してみました)体は拒みながらも、「キレイだよ」と言われるのはまんざらでもない。このあたりの心のブレが何とも微妙。悪くないです。ところが、この後の展開がいけません。ストーカーVS母+息子の対決がコント並みにゆるい。気を許し過ぎる男。簡単にアドバンテージを放棄する妻。“チェーンソーVSフォーク&ローラースケートシューズ”って何だそりゃ。大いにダレました。決着が意味無く悪趣味になっているのも大幅減点です。
目隠シストさん [DVD(邦画)] 3点(2008-09-27 23:19:18)(笑:1票)
9.小学生の頃、地上波で観た作品。あれから十数年経ちましたが、今観てもあの時感じた怖さ・不気味さというのは変わりませんでした。内容はシンプルで、人妻を狙うストーカーの話なんだけど、作品全体に得体の知れない不気味な雰囲気が漂っている作品。高橋恵子の美貌っぷりも見所かな?
たけたんさん [DVD(邦画)] 6点(2008-05-27 21:56:29)
8.《ネタバレ》 何年前か分からないくらい大昔に観た記憶が。子供にしてはものすごく怖い話でした。その印象は今でも残っています。
獅子-平常心さん [地上波(邦画)] 6点(2007-01-31 23:24:20)
7.当時としては面白いアイデアだったのでは。ホラーに必要な要素、そう、高橋恵子のサービスシーンが充実していれば・・・。残念!
マックロウさん 6点(2004-06-14 18:21:11)
6.小学生の頃TVで観た記憶がある。当時は相当トラウマになった。何が怖いって、男が避妊具を開けるシーン。いや、ほんとに。なぜか子供心に、他のどのシーンよりも恐ろしかったのですよ。トラウマになる程怖がらせてくれたので、逆評価で2点。あんまり触れたくない映画なのであんまり点あげたくない(でも今観たら、そんなでもないんだろうな…)。「ストーカー」という言葉が市民権を得ていなかった頃のストーカーの話。
ひのとさん 2点(2003-12-23 20:46:31)
5.チョッとした事から殺人に発展してしまう現代、日常起こりかねない恐怖がリアルで、ありえないなどと笑っていられない。
亜流派 十五郎さん 7点(2003-11-16 11:26:15)
4.堤大二郎のストーカーぶりが怖いです。高橋恵子は美しい・・・でもトイレに隠れた高橋が、チェンソーにフォークで対抗するところは??でした。
セインさん 5点(2003-03-01 20:53:11)
3.主人公の最後に山を登るシーンは強烈だった
ぅどぃgさん 5点(2002-12-12 19:09:37)
2.古い映画だけど最近見た映画で一番面白かった
ドア人生さん 5点(2002-12-01 15:37:14)
1.高橋恵子が良いと思う人にはたまらないでしょう。個人的にはホラーと言うほどとは思いませんでした(どこかで観たことのあるシーンが連続だった気がしたもんで)が、堤大二郎のキレぶりは「花はおそかった」以来怖かった・・・・・?
イマジンさん 6点(2002-01-17 12:39:49)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 13人
平均点数 5.23点
000.00%
100.00%
2215.38%
317.69%
400.00%
5323.08%
6430.77%
7215.38%
817.69%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review2人
2 ストーリー評価 5.00点 Review3人
3 鑑賞後の後味 3.50点 Review2人
4 音楽評価 3.50点 Review2人
5 感泣評価 1.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS