ユージュアル・サスペクツのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ユ行
 > ユージュアル・サスペクツ
 > (レビュー・クチコミ)

ユージュアル・サスペクツ

[ユージュアルサスペクツ]
The Usual Suspects
1995年【米】 上映時間:105分
平均点:7.48 / 10(Review 545人) (点数分布表示)
公開開始日(1996-04-13)
サスペンス犯罪ものミステリー
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-06-11)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ブライアン・シンガー
キャストスティーヴン・ボールドウィン(男優)マイケル・マグナマス
ガブリエル・バーン(男優)ディーン・キートン
チャズ・パルミンテリ(男優)NY関税局特別捜査官 デヴィッド・クイヤン
ケヴィン・ポラック(男優)トッド・ホックニー
ピート・ポスルスウェイト(男優)コバヤシ
ケヴィン・スペイシー(男優)ロジャー・"ヴァーヴァル"・キント
スージー・エイミス(女優)刑事弁護士 イーディ・フィネラン
ジャンカルロ・エスポジート(男優)FBI捜査官 ジャック・ベア
ベニチオ・デル・トロ(男優)フレッド・フェンスター
ダン・ヘダヤ(男優)サンペドロ警察 ジェフリー・“ジェフ”・レイビン巡査部長
クリストファー・マッカリー(男優)尋問する警官(ノンクレジット)
ピーター・グリーン〔男優〕(男優)闇取引仲介人 レッドフット(ノンクレジット)
江原正士マイケル・マグナマス(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
津嘉山正種ディーン・キートン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
金尾哲夫デイブ・クイヤン(デヴィッド・クイヤン)(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
小杉十郎太トッド・ホックニー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
大木民夫コバヤシ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
宮本充フレッド・フェンスター(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
大塚芳忠マイケル・マグナマス(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
大塚明夫ディーン・キートン(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
小川真司〔声優・男優〕デイブ・クイヤン(デヴィッド・クイヤン)(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
田中秀幸ロジャー・"ヴァーヴァル"・キント(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
天田益男フレッド・フェンスター(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
荒川太郎トッド・ホックニー(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
黒沢良ヴァーバル・キント(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
脚本クリストファー・マッカリー
音楽ジョン・オットマン
挿入曲クロード・ドビュッシー前奏曲集 第1巻より「音と香りは夕暮れの大気に漂う」
撮影ニュートン・トーマス・サイジェル
製作ブライアン・シンガー
製作総指揮ロバート・ジョーンズ[製作]
美術デヴィッド・レイザン
ロバート・ドーソン[タイトル](タイトル・デザイン)
編集ジョン・オットマン
録音エリオット・タイソン
ロバート・J・リット
あらすじ
サンペドロ港でコカインと9100万ドルを積んだ船が爆発する事件が起こる。実行犯は6週間前に面通しを受けた5人の男、その影にはカイザーソゼがいた・・・絶対に予備情報なしで見てください。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
2122232425262728
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
545.2度目の視聴で投稿。
初見で見たときは、素直にだまされました。
もう有名になりすぎた感があり、感動が薄いかも知れないけど、
観るべき映画だと思います。
samegameさん [DVD(字幕)] 7点(2019-04-06 23:33:43)
544.もったいぶってる割に大して面白くもない映画。たぶん明日になったら見たことを忘れるだろう。オチ、とっくにわかってたよ。かいざーそぜ…(笑)
イサオマンさん [地上波(吹替)] 0点(2019-02-01 20:54:39)
543. すべてはラストシーンの「どんでん返し」に収斂されるが、それほどの衝撃はない。
 ポイントはカイザー・ソゼは実在するか?実在するなら誰か?だろう。虚実ないまぜのヴァーヴァルの証言を映像で見せ、その名さえ意味を持たせようという演出のあざとさ。キートン射殺を誰がやったのか?ロープの束を見せるシーンがカギを握る。陰に誰かがいるのかいないのか思わせぶりだが、“ご飯論法”を使われたような後味の悪さが残る。
 回想と嘘を織り交ぜた構成で、伏線をあちこちに張って観客を煙に巻く手法が優れた演出とは思わない。
風小僧さん [CS・衛星(字幕)] 2点(2018-12-23 10:57:57)
542.《ネタバレ》 変な歩き方から普通の歩き方に戻るラストはほんとにいい。
たろささん [インターネット(字幕)] 6点(2018-03-22 23:08:08)
541.《ネタバレ》 あぁ、とは思うものの、長い時間付き合わされるほどのものでもない。
まぁそんな感じ。
ろにまささん [CS・衛星(字幕)] 6点(2017-10-08 21:16:33)
540.《ネタバレ》 2度目の鑑賞。やはり1度目の衝撃はなく2回観る作品ではない。ただ、私の映画鑑賞史において間違いなくターニングポイントの一つとなった作品であり、所見であれば衝撃を受けること間違いなし。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2017-10-07 12:15:22)
539.《ネタバレ》 二度目の鑑賞です。忘れっぽい性格なので細かい設定は忘れていました。初見のような気持ちで見ることが出来ました。やっぱり面白い!ラストに向かって明かされる謎解き、特有のゾワゾワ感を味わいました。また十年後あたりに見ようと思います。伏線回収ではなく、純粋にみたいと思えるこういった(ネタバレが分かっている)作品は、他ではあまり無いかなと思いますし。
西川家さん [DVD(吹替)] 9点(2017-07-12 12:39:38)
538.《ネタバレ》 映画にしておくにはもったいない映画。映画館で1度しか見ないとすれば、よほど記憶力や注意力の高い人でもないかぎり、全容を掴むのは難しいんじゃないでしょうか。2度も3度も見返すことで、伏線や前フリがわかってアタリメのように味わいが出てくる気がします。その意味では、DVDとかテレビ録画向きかなと。
私も最初に見たときは、〝衝撃のオチ〟に愕然とするばかり。しかしざっくり見返して伏線を拾っているうちに、別の感情が湧いてきました。バカで弱いと蔑まれ続けた男が、最後の最後に一発逆転をかまして去る。この爽快感たるや、なかなか凄まじいものがあります。実生活も、かくありたいものです。
眉山さん [CS・衛星(字幕)] 9点(2017-04-06 23:33:56)
537.《ネタバレ》 あえて話を分かりにくくしている演出はどうかと。
この話は二度見ないと分からないだろうと言う前提はあり
前半で違う結末を想像させるトラップがあるものの結末を知っても驚くほどの意外性が無く、
前半も退屈な為あえて二回見て深く知ろうとまで思わない。
自分にとってはあまり楽しめない凡作だったかなぁ。残念。
デミトリさん [インターネット(吹替)] 5点(2017-03-13 23:28:40)
536.カイザーソゼ、ホント恐いヤツ。
ケヴィン・スペイシーの際立つ演技あってこその恐怖。
Mighty Guardさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2017-01-23 13:03:14)
535.中盤あたりからのひょっとしたらがどんどん色濃くなってラストはやっぱり。しかし随分回りくどい脚本だねぇ、映画なんだからリスクなんて目じゃない感がアリアリ。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2016-11-14 22:41:36)
534.最後のシーンを含め、面白い映画なのは間違いないが、途中までは退屈というか分かりにくい。
そのため、評価がし難い。ただし、もう一度観て評価したいと思わせる珍しい作品。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2016-11-03 13:18:37)
533.《ネタバレ》 時間軸が分かりにくいところもあるし、作り話っていうのはズルい!
ラスト10分は謎が明るみになって面白いし、2回目の視聴も分からなかったところが解けて楽しめた。
引きずって歩いてた足が普通に歩くように変わったカットが好きで印象に残っている。
さわきさん [DVD(字幕)] 5点(2016-10-21 15:46:34)
532.《ネタバレ》 10年以上前に観て、正直オチがよくわからなかったのだが、今回見直しても大して変わらなかった。何度観ても解らないシーンが何箇所かあって、面白いが腑に落ちない。(船で隠れててカイザーソゼに2発撃たれるシーンがあるが、何故大やけどで助かったのか?等)こういった終わり方もあるのかも知れないが、私は納得いかないですね。最初から最後までダレることなく観れる名作なのに、最後まで謎が多すぎるのは如何なものか?
SUPISUTAさん [DVD(字幕)] 7点(2016-07-31 17:42:31)
531.まんまと騙された。万人におすすめできる娯楽作だ。ケヴィン・スペイシーの恐ろしさを痛感させられた。
カニばさみさん [インターネット(字幕)] 8点(2016-02-25 14:06:27)
530.《ネタバレ》 2007.6月 DVD鑑賞。どんでん返しがもう一つ不明。特に船上での出来事との結びつき・・・。6点。
usual suspectとは 容疑者としていつも名前が挙がる人、札付きの意。
2016.02/09 2回目鑑賞。初鑑賞時結構面白く楽しめた記憶ありも展開の妙と犯人探しに終始していた記憶あり。今回も肝心のラストシーン近くのカイザー・ソゼが誰かに気付くシーンの理由が私には解らないのが残念だった。そこでネットで調べると理解していた以上に詳細の伏線等解りスッキリ。またアメリカン・スナイパーに「カイザー・ソゼ」の名が挙がっていたとは?? アカデミー脚本賞受賞も理解。
ご自由さんさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2016-02-19 18:57:35)
529.《ネタバレ》 気持ち良いドンデン返し。
テンポ良く解かれていくストーリーに目は釘付け。そして強烈な男の登場でそれは更に加速していく。
そしてラストは「そうか、それで辻褄が合う…え?マジか?でも真相は?・・・えっ、え?えーっ!!」
ってな感じでカイザーの極悪非道超カリスマ物語の一端を見たのでした。
えすえふさん [DVD(吹替)] 6点(2015-12-08 19:24:21)
528.《ネタバレ》 カイザーソゼのミステリアスな存在感、
仕掛けられる罠の鮮やかさが見事な映画でした。
キャラクターが良くてクライムサスペンスとして面白かったです。
クライムサスペンスってぶっちゃけそんなにみませんが。
社会の影で重要な人物ほど存在を上手く消すことは実際にあると思いますが、
この映画でもそのようなことがあってそれを実感しました。
しゃべくりの演技は味わい深いです。
ゴシックヘッドさん [DVD(吹替)] 8点(2015-11-17 21:54:43)
527.《ネタバレ》 物語の終盤らへんでカイザー・ソゼの正体は薄々は気づくことができていたけれども確信ではなく、途中までは完全にカイザー・ソゼが容疑者以外の者であると思っていたので、もう一度最初から見てみたいというのが本音。なかなか初見では完全に理解するのが難しかった。2回めはより深い視点から味わえ、さらに楽しめると思う(7点以上に値するにちがいない)。序盤のシーンだけ見てみたが、あんなに伏線がたくさん仕込まれているとは・・・。やっぱり推理モノは、ひとつのセリフ・ひとつのシーンすらも気を抜けないから、まだまだ自分が読み取れてないと感じる。Mr.Kobayashiがあまり登場しないにもかかわらず、黒幕の手下感を出す存在感がすごかった。それにしてもこの映画、「黒幕は実は最も身近にいた」という王道をここまでナチュラルに描いたのがすごい。
カジノ愛さん [DVD(字幕)] 6点(2015-07-04 23:26:43)
526.評価漏れでした、いまさらすみません。未見の方には絶対お勧めです。
HRM36さん [DVD(字幕)] 10点(2015-06-29 16:33:07)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
2122232425262728
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 545人
平均点数 7.48点
040.73%
130.55%
240.73%
3132.39%
4203.67%
5397.16%
66912.66%
79517.43%
89617.61%
911320.73%
108916.33%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.53点 Review26人
2 ストーリー評価 7.50点 Review42人
3 鑑賞後の後味 7.80点 Review46人
4 音楽評価 6.33点 Review27人
5 感泣評価 2.88点 Review18人
chart

【アカデミー賞 情報】

1995年 68回
助演男優賞ケヴィン・スペイシー受賞 
脚本賞クリストファー・マッカリー受賞 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1995年 53回
助演男優賞ケヴィン・スペイシー候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS