リトル・ブッダのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > リ行
 > リトル・ブッダ
 > (レビュー・クチコミ)

リトル・ブッダ

[リトルブッダ]
Little Buddha
1993年【英・仏】 上映時間:141分
平均点:6.02 / 10(Review 45人) (点数分布表示)
ドラマファンタジーミステリーファミリー
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-05-27)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ベルナルド・ベルトルッチ
キャストキアヌ・リーヴス(男優)シッダールタ王子
ブリジット・フォンダ(女優)リサ・コンラッド
松橋登シッダールタ王子(日本語吹き替え版)
塩田朋子リサ・コンラッド(日本語吹き替え版)
小林昭二ラマ僧ノルブ(日本語吹き替え版)
田中秀幸ディーン・コンラッド(日本語吹き替え版)
伊藤隆大ラジュ(日本語吹き替え版)
伊藤淳史(日本語吹き替え版)
田中敦子〔声優〕(日本語吹き替え版)
成田剣(日本語吹き替え版)
青森伸(日本語吹き替え版)
落合弘治(日本語吹き替え版)
音楽坂本龍一
撮影ヴィットリオ・ストラーロ
製作ジェレミー・トーマス〔製作〕
配給東宝東和
字幕翻訳戸田奈津子
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
45.死というものへの概念を変化させる。
映像はとても綺麗。
それ以外の所感なし。
にじばぶさん [DVD(字幕)] 5点(2020-10-13 19:54:59)
44. あの坊さん達、冷静に考えればかなりむちゃなことを言っているのだけれど、・・・妙に説得力があるなぁ。
海牛大夫さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2020-07-06 23:18:16)
43.《ネタバレ》 ベルトルッチが亡くなってしまった。
追悼の意を込め、自分が観られる範囲での、まだ観てなかった最後のベルトルッチ作品を鑑賞した。
カメラマン、ストローラとの最後のタッグ作品である。
これ以降、ベルトルッチは小作品(でもどれもスゴイ作品ばかりなのだけど)を撮ることになる。

見応え充分!嫉妬すら覚える、このブッダへのアプローチの作家的感性。
何十年に1人の逸材だろうなぁ。
観ながら、スコセッシがキリストの伝記を「最後の誘惑」で忠実に創ったのを思い出した。
さすがベルトルッチ、彼と同じようなアプローチはたどらない。
高僧がブッダの生まれ変わりの子どもを探し、3人候補が上がる。さて、一体どの子が・・
という話にしてしまい、それを観応えある映像で魅せる。

どの作品も好きだったベルトルッチ。
ただ才気あふれる彼も、自伝のような「ドリーマーズ」でだらしない性を描いた後、
遺作となる「孤独な天使たち」との間にかなりの時間が経っている。
闘病してたんだろうが、この間の彼の心が何を感じ、何を想っていたか、興味ある。
「孤独な~」を観ると、若い世代への信頼感が感じられる。
もう老境の域だったんだろうか・・
素敵な詩的な大監督、安らかにお休みください。
トントさん [ビデオ(字幕)] 10点(2019-03-10 20:45:27)
42.《ネタバレ》 うーん、、、。残念ですが私、セブンイヤーズインチベットが好きでして、、、。
lalalaさん [DVD(字幕)] 4点(2014-09-28 19:17:37)
41.選ばれた3人の展開はもっとエンタメ性を選べば面白くなったかも。まあそういうのは求めてないんだろうけど。
とまさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2012-02-29 23:24:45)
40.もっと難解な作品だと身構えていたのですが、王子が悟りを開いていく物語は分かり易く、映像の美しさ、キアヌの意外なハマリ具合もあって予想していたより楽な気持ちで見ることが出来る作品です。神秘的で美しいおとぎ話のような世界。西洋の人間の目には東洋の仏教の精神世界はそれ自体神秘的なものに見えるのでしょうか。もっと難解で見づらい作品になっても仕方が無いテーマの作品ですが、おとぎ話のような美しい世界観と現代の子どもの目線を取り入れたこともあり、長さは感じますが見やすさがある作品でした。
とらやさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2012-01-10 21:25:08)
39.画調はちゃんとストラーロで格調高いんだけど、展開していることは、ときにセシル・B・デミルだったりして、いっそおとぎ話ならおとぎ話に徹しフェリーニ的に造形してくれれば、まだなんとかなっただろう。そりゃね、西洋人に東洋は分からん、なんて言うつもりはないよ。私だってブッダとの距離は、たぶん平均的西洋人とさして違わない。でもあちらの映画に出てくる東洋的なるものって、なんか引っかかるんだよね、東洋の売りは「精神」だけなのかなあ、とか。非合理的である、ってだけで尊重されるのは困るんだ。あちらの人が、合理合理でいって疲れたときの、いっときの椅子がわりに東洋を持ち出されているみたいで。シッダルタが町へ出ていくあたりは嫌いじゃない。善きもののみを見ていた世界に厚みが加えられるところ、奥行きと言うか。少年が迷い込んでいくところで繰り返される(ロクロ台まわし)。西洋人がオリエンタルの中へ迷い込んでいく雰囲気は『シェルタリング・スカイ』の流れ。東洋と西洋、男と女と、うまく分担して再生していくわけ。
なんのかんのさん [映画館(字幕)] 6点(2010-12-21 10:11:09)
38.《ネタバレ》 ラマ教の事は全然知らないので新鮮でした。本当のダライ・ラマの生まれ変わりもはるばる世界中から探して見つけるのだとうか?とちょっと調べたくなりました。中盤ちょっと眠くなりましたが、ラストはすがすがしかったです。でもキアヌは前もって知ってないとわからないですね。
HOPUKOさん [ビデオ(字幕)] 6点(2008-01-14 01:30:37)
37.《ネタバレ》 西洋人にわれわれの知らないアジアを教えられるっていうのもちょっと不思議な感じがします。ストーリー的に心踊らされる部分がなく、その分見ていてちょっとつらいけど、でも、そんなに不愉快ではなかった。
ほかの方も書かれてますが、キアヌ・リーブスは見事にアジア人になっていて(英語の発音もインド人の英語のように聞こえる)確かにいわれないと気づきませんね。
歴代のダライ・ラマも、実際、あんなふうにして生まれ変わりの後継者探しの末に選ばれるのだそうですね。
いのうえさん [地上波(字幕)] 6点(2007-01-25 23:22:44)
36.西洋人が東洋のことを描くのってむずかしそう。映像の良さで頑張ってる感じ。そしてちょっと退屈。
Michael.Kさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2007-01-20 04:13:38)
35.キアヌに気が付かず。後で知りビックリ。
ご自由さんさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2006-05-14 19:28:23)
34.《ネタバレ》 子供はともかく、親が何でネパール(?)まで行く気になったのか全く理解できない。
生まれ変わりの子が3人出てきたあたりから、多少ストーリーの展開に期待を持たせるが、オチはなく、がっかり。
 西洋人向けに仏教(というかブッダの伝説)を紹介する映画かとも思われるが、それなら、リトル・ブッダではなく、最初からブッダ伝を映画化すべきでは?
フロッグマンさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2006-04-24 23:23:28)
33.映像の美しい作品でした。仏教とか宗教には疎いですが、鑑賞後は雰囲気に浸って、安らかな気分になりました。両親といい、僧侶たちといい、唐突で訳のわからない物事でも結局は受け入れる、そんなところから優しい雰囲気がこの映画全体に溢れていました。観ていて安堵できるスケールの大きい作品。
サイレンさん [ビデオ(字幕)] 8点(2006-01-07 07:00:44)
32.いきなり得体の知れない東洋人が現れ、「あなたの息子さんは我が師の生まれ変わりです」なんて言われたら、絶対こんな反応はしない。「オードリー・ローズ」でアンソニー・ホプキンスが「お宅の娘さんは私の娘の生まれ変わりだ!」と押しかけてきた時と全然リアクションが違うゾ(その前に比べる映画が違うってか?)。このオープニングから、アメリカ人の視点で進むオカルト風ストーリーかと思いきや、真正面からブッディズムを描いた大変真面目な作品でした。仏陀の話が凄く美しく映像化されてて、この部分は西洋人の「視点」と「資本」ならでは。現在の日本人にとっては充分勉強になる内容だとも感じました。また、西洋的な絶対思想に対する東洋的な無常思想は、今の時代こそ必要とされていると思います、6点献上。
sayzinさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2005-11-15 00:07:49)
31.ベルトリッチの映画ではいちばん好き。輪廻転生した子供たちがみんないかにも賢そうなのよ。
mimiさん 7点(2004-11-22 01:40:59)(良:1票)
30.キアヌ若いです。でもキアヌがブッダ~?って違和感ありまくり。ストーリー的には、アメリカの少年と、ラマ僧とのやりとりが心あたたまりよかったんですが。でも、ちょっと物足りないかな。画面は極彩色な鮮やかさで綺麗です。
tantanさん 6点(2004-09-03 22:31:57)
29.テーマが仏教ってことで、本当のところはよくわかりませんでしたが(笑)観た後に爽やかな印象でした。こういうのもイイ。キアヌ・リーブスがクリーンでよい味を出しています。
★ピカリン★さん 5点(2004-06-19 16:28:18)
28.キアヌ若~、ちょっと退屈な作品ではあります。仏教の勉強にどうぞ。
ボバンさん 4点(2004-05-02 00:20:22)
27.「無常観」ってのは、我々にとっては理屈ではなく、体感としてわかるものだと思うが、この作品でどこまでそれが西洋人に伝わるのだろうか?という疑問が残る。が、別に伝わらなくとも、東洋には西洋には判らない独自の考えがあるという事が伝わるだけでも大きな意味があると思う。
東京50km圏道路地図さん 8点(2004-04-04 16:24:09)
26.ほおお・・・何だか美術作品を見せられて、感想文書かされてる気分。良くも悪くも、東洋の神秘に憧れる西洋人から見た東洋です。眠くなっちゃったので7点です。そして触れてる方もいますが、エンドロールで、更に「ほおお」です。そういえば夫婦役の2人、あまり見なくなったなあ。
へろりうしオブトイジョイさん 7点(2004-03-27 05:57:14)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 45人
平均点数 6.02点
000.00%
124.44%
200.00%
312.22%
4715.56%
5817.78%
61124.44%
748.89%
8715.56%
924.44%
1036.67%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 5.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 3.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 1.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS